CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Ashra - New Age of Earth (Virgin Records:CDV2080) | main | Ken Ishii - Sleeping Madness (Sony Music Entertainment:AICT71~72) >>
DCPRG3(Date Course Pentagon Royal Garden 3rd) - GRPCD(General Representation Products Chain Drastism) (P-Vine:PCD24131)
DCPRG3(DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN 3RD)-GRPCD
Amazonで詳しく見る

あんまりこのバンド自体には興味ないけれど、CDVADERに借りて聴かしてもらったらなかなか良かったこのアルバム。菊地成孔率いるDate Course Pentagon Royal Garden(以下DCPRG)は、メンバー10数人から成る大型バンドでジャズやファンク、ロックを基にしたダンスバンドらしい。かなり昔にリキッドルームでライブを聴いた事があるんだけど、余りの混沌さに正直意味が分からなかったよw。さてそんなDCPRGだけど、このアルバムにはRei HarakamiやDJ Quietstorm、元DCPRGのメンバーの大友良英、Bayaka、Captain FunkことTatsuya Oeらが参加している。何がすげーってハラカミのリミックスが、神懸かり的にやばすぎ。15分にも及ぶリミックスなんだけど、前半は予想のつかないコラージュやボイスサンプルが色々入って、だんだんと普段のコロコロとした丸い音が出て来て、後半は完全にハラカミの曲に成っちゃってます。カオティックで不思議な世界から、爽やかで心地良い世界に変わるその変容が、奇妙ながらも妙に微笑ましいです。以前はめちゃファンキーだったオーエタツヤは、近年の流れであるエレクトロニカ風。淡々としたリズムと無機質なSEの固まりですが、まあ凡庸だな。Bayakaはジャジーな音とスピリチュアルな民族感が混ざり合い、厳格な精神世界を描き出している。あんまり知らないアーティストだけど、これは良かったです。DJ Quietstormはヒップホップアーティストだよね?横揺れのざっくりしたリズムと、ブルージー+スモーキーな男気溢れる音でこれもGOOD。他は結構インパクトが強いって言うか、変わったリミックスが収録されていて、素晴らしいと言うよりは不思議な世界観のする音が多いです。まあ元々のDCPRG自体が奇妙と言うかサイケデリックなバンドなので、そのリミックスも普通では無いのも当然かな。ただ一つ言えるのは、ハラカミのお仕事は本当に素晴らしすぎです。

試聴

Check "Date Course Pentagon Royal Garden"

Tracklistは続きで。
1 Catch 44.1 OE Reconstraction
2 Bayaka
3 Play Mate at Hanoi(Inu Ni Kirawareta: DJ Quietstorm Remix)
4 Play Mate at Hanoi (Olatunji Mix: Yoshihide Otomo Remix)
5 Circle Line (Dj Me Dj You Mix)
6 Catch22 (昭和Dub Mix: Kazunao Nagata&The City Connection)
7 Pan American Beef Stake Art Federations (Rei Harakami餅米Re−arrange(メッセージ付き))
| ETC1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
ハラカミさんのやつは、リリース当時かなり話題になってましたね。
店頭やネットでの試聴じゃ全然意味がわからない(笑)のがいいですね。
確か、菊地さんもお気に入りだったかと。
この時代の大江さんは、やたらと内省的な方向にすすんでたので好きじゃありません。
本人としては、OE(オーイーと読むらしい)名義とCaptain Funk名義は明らかにコンセプトは違うそうな。
| mats3003 | 2006/08/08 10:10 AM |
>mats3003さん
ハラカミのリミックスは確かに前半だけ聴いても、ちんぷんかんぷんですねw
オーエはもうダンスミュージックはやらないのかな?ほんと内省的な方面に走っちゃいましたね。
| マチュ | 2006/08/09 4:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/684
トラックバック