<< John Beltran - In Full Color (Ubiquity Records:URCD142) | main | John Beltran - Americano (Exceptional Records:EXLPCD0201) >>
2006/08/18 CLASH14 feat. DRUMCODE 10TH ANNIVERSARY @ ageHa
半年ぶり以来かな、ageHaに行くのは。だってまともなイベント少ないし。でも今回はめちゃめちゃ楽しみにしていましよ。だってスウェーディッシュハードテクノの雄、Adam Beyer、Cari Lekebusch、Joel MullらDrumcode勢が揃いも揃って来日なんて、ハードテクノ好きなら行かない訳には行きませんよ。結論から言えば今回のイベントは、最高に踊れるイベントでした。あの場所に鳴っていた音は

REAL UNDERGROUND HARD MINIMAL TECHNO!!!

最近ハードミニマルテクノの栄枯盛衰なんて言われている気がしますが、実際これだけの面子が揃ってもアリーナーが激混みにはなっていませんでした(もちろんそれはアリーナがでかいせいもあるが)。彼らよりつまらないアーティストでももっと混む事もあるのですが、それだけこのジャンルも聴く者を選ぶと言う事なんでしょう。生半可な耳では聴く事が出来ないハードな音、ストイックなプレイ、それがハードミニマルテクノなのでしょう。ただあの瞬間アリーナー支配していた音には、駆け引きや小細工なしのハードミニマルテクノの反復・永続によって生まれる高揚感が存在していました。では各人のプレイはどうだったのでしょうか。以下に続きます。
まずはJoel Mull。名前は知っていてもDJプレイについては知識が無かったのですが、予想以上に素晴らしかったです。出だしは緩めのディープなテックハウス気味で、滑らかでハウシーなグルーヴで繋いでいきます。徐々に硬めの音やらクリッキーな音やらも混ぜだしますが、ハード一辺倒に偏る事なく緩急をつけていました。後半からは多少ハードなミニマルもあった気がしますが、あまり音数は多くなくて緻密で円熟味を感じさせるプレイだったかなと。地味だけれでも粘りのあるグルーヴで、最初から最後までしっかり引っ張ってくれました。口述のCari、Beyerに比べるとバランスの取れたプレイと言えました。

そして次はCari Lekebusch、一番僕が期待していた人ですが…やってくれましたね、Cariはw。予想通りのっけからゴリゴリゴリゴリ、ガツンガツンのハードミニマルテクノです。こいつは流行とかに関係なく、毎回こうなんだろうな。相当に分厚い音圧とめちゃ音数の多いハードミニマルテクノを連発して、テンション上げっぱなしでしたよ。イコライジングを多用して音の抜き差しでブレイクを作り、それで流れを作ってずっとハイテンションながらも飽きさせない構成でした。今回一番ハードだったのは、Cariさんだったと思います。

そして最後はBeyer、この人も期待を裏切らずにカッコイイプレイでした。Cariとは逆に流行を取り入れたクリックサウンドも使って、ハードだけれどもファンキーでもある。Mad EyeとかDo.Mi.No系の音に近い硬くて引き締まった曲も結構使われていたっけな?正直Beyerの頃にはヘトヘトだったので、結構記憶が曖昧だわ。Cariも分厚い音質だったけれど、Beyerもまた異なる分厚い音質で、同じハードミニマルでも色々あるんだなーとか思いました。ちょっと驚いたのは、Red Planetの「Stardancer」回してたよ、そりゃ反則だろw。

結局ハードミニマルテクノの一晩なのに、三者三様のプレイで地味だけれでも飽きを感じさせないプレイでしたね。メロディーは殆ど無くて反復するリズムによってグルーヴを生む音楽なのですが、単純にハードな音が格好良いです。無駄な甘さ、意味の無い明るさを徹底的に排除し、無機質で機械的なビートが何故もこう人を踊らせるのか。恐るべしハードミニマルテクノ。

Adam Beyerのプレイが気になる人は、以下のMIXCDをお勧めします。
■Adam Beyer-Fabric 22(過去レビュー)
Adam Beyer-Fabric 22
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 13:30 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:30 | - | - | |

コメント
私もこれ行きたかったんだけど、womb で Mexico さんのライヴがあるのでそっちに行きました。
きっとみんな ageHa に行っちゃって客集まんないだろうな、なんて話してなんだけど、そっちもそうでもなかったんですね。何でだろ?
私もレケブシュ見たかったっす!
| shooter | 2006/08/19 6:43 PM |
>shooterさん
メキシコとかワタナベヒロシも好きなんで、そっちのイベントも良いですね。
ただやはりドラムコード勢揃いなんで、やっぱりアゲハに行っちゃいましたね。
ハードテクノは流行が終わって、元々聴いていた人しか残ってないんじゃないでしょうか。
また一時期はEPがリリースされまくって、正直過多だったのかなと。
カリは彼のEPと同じで、悪く言えば金太郎飴ですねw
自分のスタイルを崩さない頑ななDJだと思いました。
| マチュ | 2006/08/21 10:10 PM |
おお、Cariさんのプレイ凄まじそう!
昔の作品を今聴いても全然格好良いですよね、このスタイルでずーっと行って欲しいものです。最近はクリックっぽいのが人気みたいですが、時代は巡るという事で。次はハードミニマルが・・!!
| N.V.K. | 2006/08/24 2:39 AM |
>N.V.K.さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
カリはクリックには流れないですよね、男気感じます。
EP中心なのでアルバムも時々リリースしてくれるとよいです。
ハードミニマルが再燃するのは何年後なのかな。想像もつかないですね
| マチュ | 2006/08/24 12:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/699
トラックバック