CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< LTJ Bukem Presents Earth Volume Four (Earth:EARTHCD004) | main | Aphex Twin - 26 Mixes For Cash (Warp Records:WARPCD102) >>
Hiroshi Watanabe - Beatmania (King Records:KICA-7930)
Hiroshi Watanabe-Beatmania
Amazonで詳しく見る

狂っている訳でも無いですし、ふざけている訳でも無いですが、突然Beatmaniaのサントラを紹介します。Beatmaniaとはご存じゲームセンターにかつてあったリズム感を競うゲーム?で、J-POPやヒップホップ、トランス、テクノ、ハウスなどあらゆる音楽がゲーム中に流されていたのです。でなんと驚く事に今をときめくKaitoことワタナベヒロシさんが、Beatmaniaに楽曲を提供していたんですよね〜!その当時はQuadra、DJ FX、Nite Systemを言う名義を利用し秘かに活動をしていたみたいですけど、まあ意外と言えば意外でBeatmaniaに提供している曲って微妙なんじゃね?と正直思います。何はともあれアルバム通して聞いてみましたが、確かにワタナベさんっぽい流麗なメロディーは顔を出しているけれど、やはりゲーム音楽にありがちなアグレッシブさが逆に変な感じだな。中には幻想的で透き通るKaitoに通じるトラックもあるけれど、まだまだ現在ほど洗練されていないのは当然かな。勿論メロディーとかはなかなか美しい物が多いので、再度アレンジすれば今風のワタナベさんの曲が出来上がりそうですね。こうゆう時代もあったと言う事で、気になるファンの方が聞いてみると良いかも。

Check "Hiroshi Watanabe"
| TECHNO4 | 22:00 | comments(4) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
僕これはこれで十分楽しめました
200円投げ売りコーナーで前情報なにも無しでGETしたからなおさら嬉しかったのかもしれないですがw
| 山やま | 2006/10/24 9:28 AM |
>山やまさん
安い、200円ですか!さすがビートマニアのアルバムだけありますw
でもまさかビートマニアからKOMPAKTに繋がるなんて、誰も想像出来ないでしょうね
| マチュ | 2006/10/25 11:14 PM |
マチュくん、いつもありがとう。
久しぶりに見に来たらビックリしました!(笑)
このアルバムの件、是非補足させて下さいね。マチュくんはこのゲームはやられた事はありますか?当時は色々な見方もあったと思うのですが、とにかくクラブミュージック、ダンスミュージックという音楽そのものがこういう形でどこの街からもゲームセンターで鳴り響くという現象はとても面白かったものです。勿論ゲームとして成立しなくてはならないため、楽曲の内容は少々強引な転換だったり、大げさだったり、分かり易かっえたりと、それらは当然ですが楽曲制作において注文されている条件があります。流れとしては、もともとゲームで使われた楽曲が入ったサントラがあって、そして続きとして更にこの僕のアルバムがあると思って下さいね。そして、そのコンセプトはゲーム内で使われた楽曲のロングバージョンという事です。もともと1分半前後で完成されたゲーム音楽をある意味強引に引き延ばしている訳なのでその当時のその流れを知らなければマチュくんの様なコメントになってしまうのも仕方が無いですね。歌の入っている楽曲と1曲目以外はゲームで使用されていたものです。それと、僕のQUADRA,NITE SYSTEMなどの名義のものはそのまま使ってましたが(僕自身を知ってもらうために)それ以外の名義はゲーム音楽を作る上での事であるので、現在知られている様な僕の世界観とは違うのは当然なんです。ですので密かに活動していた訳ではないですからね!(笑)むしろこれらはある意味その当時全くクラブミュージックというジャンルを知らない別の畑の人たちへこういうものもあるよ!という呼び込みでもあった様に思いますよ。
制作側からいうとゲームという制約の中で何処までコアな事が許されるのかが当時の面白さでもありましたね。 
以上、補足でした!!!!(笑)
| ワタナベヒロシ | 2006/11/18 7:58 PM |
>ワタナベさん
お久しぶりです。
確かにゲーム音楽と言う制約があったので、その中での
ワタナベさんの出来る事を行った結果なのですね。
大変分かり易いコメントで、納得致しました。

応援しておりますので、これからも素敵な音楽をお待ちしております。
| マチュ | 2006/11/22 5:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/755
トラックバック
Hiroshi Watanabe / Beatmania 〜Beat indication
ゲーム・ミュージックと侮るなかれ。 KONAMIの人気ゲーム「ビートマニア」へ楽曲を提供したのは、ドイツKOMPAKTレーベルをはじめワールドワイドにディープで質の高いテクノ/ハウス作品をリリースしている日本人、ヒロシワタナベなのだ。今作にはQUADRA、DJFX、NITE SYS
| SINGSTYRO*musicblog | 2006/10/24 9:21 AM |
http://mick706.info/426561746D616E6961/
Beatmania『beatmania』(ビートマニア)はコナミが1997年に発売した業務用音楽ゲーム、またそれの続編として製作された一連の製品シリーズである。また同タイトルを冠する家庭用ゲームソフトや、携帯ゲーム、携帯電話用アプリケーションなども存在する。1998年初頭に始
| ゲームっていいね | 2007/09/29 10:56 AM |