CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Silicone Soul - Save Our Souls (Soma Quality Recordings:SOMACD53) | main | John Tejada - Cleaning Sounds Is A Filthy Business (Palette Recordings:PAL042CD) >>
Laurent Garnier, Carl Craig - The Kings Of Techno (Rapster Records:RR0063CD)
Laurent Garnier, Carl Craig-The Kings Of Techno
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Disco、Funk、Hip Hop、House、Jazz、Digginと続いた「The Kings Of 〜」シリーズに、遂にTechnoがやってきました!このシリーズ、過去のレアな名作を掘り出すと言うなかなか味のあるシリーズなのですが、なんと今作はヨーロッパからはLaurent Garnierを、そしてデトロイトからはCarl Craigを招いてコンパイルを行っています。コンセプトはヨーロッパから見たデトロイト、またデトロイトから見たヨーロッパをイメージしておのおのが選曲&ミックスをした様です。なので普段の様なフロアを意識したプレイとは違うのですが、二人のルーツや好みを感じられる非常に興味深い物となっています。Garnierの選曲は、テクノやエレクトロは当然として、ヒップホップのJay DeeやロックのThe Stooges、ファンクのFankadelicなどデトロイトの音楽をジャンルを越えて抽出しています。目玉はラストのURの「Amazon (Live Version)」!!Rex Club15周年記念に行われたURのライブ音源なのですが、なんとGarnierがMad Mikeに頼み込んで収録したそうです。Mad Mikeの語りも入った激ヤバ音源、これだけでも充分価値があります。Garnierも気合い入れすぎて、トラック分けは無し。最後まで聴いてやっと「Amazon (Live Version)」が聴けますよ。対するCarlさんは、しっかりトラック分けされているからご安心を(笑)。選曲はニューウェーブ、テクノポップ、インテリジェンステクノなど、確かにCarlさんのルーツがしっかり感じられる物が多いです。音は確かに過去の物そのものなのに、そこから発する景色は未来の物。また難解な音楽でも無く、楽天的な気持ちになれる良い意味でポップな曲が多いですね。TECHNOのMIXCDでは無いけれど、現在のTECHNOシーンで絶大な人気を誇る二人のルーツを聴いてみるのもまた一興。今ならアマゾンで2000円でお買い得です。

試聴

Check "Laurent Garnier" & "Carl Craig"

Tracklistは続きで。
CD1 / Laurent Garnier
1 Yusef Lateef / The Plim Blossom
2 Dabrye Feat. Jay Dee And Phat Kat / Game Over
3 Jay Dee/ Beej-n-Dem pt.2
4 Aretha Franklin / Rock Steady
5 Arpanet / NTT DoCoMo
6 BFC / Galaxy
7 Instinct / Just A Feeling
8 Carl Craig / No More Words
9 MK / Burning
10 Hamilton Bohannon / Me And The Gang
11 D.I.E (Detroit In effect) / Get Up
12 Adult / Don't Talk (Redox)
13 The Stooges / No Fun
14 Jeff Mills / Utopia
15 Funkadelic / Bettino's Bounce
16 Alice Coltrane feat. Pharao Sanders / Journey In Satchidananda
17 Underground Resistance / Amazon (Live)

CD2 / Carl Craig
1 Intro
2 Art Of Noise / Beatbox
3 Capricorn/ I Need Love (Instrument
4 Nitzer Ebb / Join In The Chant
5 Martin Circus / Disco Circus
6 Kano / It's A war
7 Yellow Magic Orchestra / Computer Games
8 Yello / No More Words
9 Liasons Dangereuses / Peut Etre Pas
10 Alexander Robotnick / Dance Boy Dance
11 Choice / Acid Eiffel
12 The Black Dog / Virtual
13 The Flying Lizards / Flesh & Steel
14 Balil / Norte Route
15 Visage / Frequency 7
16 Severed Heads / The Ant Can See Legs
| TECHNO4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/765
トラックバック
The Kings of Techno
こちらも BBE レーベルのコンピ。「The Kings of 〜」シリーズの最新作。 Laurent Garnier が「The Detroit Perspective」、Carl Craig が「The European Perspective」というテーマでセレクションするっていう企画。 これがスゴくカッコいいんですねえ。テクノじゃな
| 音盤収集病患者の館 − 裏 Monkey Dance on a "Rocking Horse" | 2006/12/11 10:10 PM |