CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Villalobos - Fizheuer Zieheuer (Playhouse:PLAYCD021) | main | Holden - The Idiots Are Winning (Border Community:14BC) >>
Silent Poets - To Come (Rush Production:ACCR10050)
Silent Poets-To Come
Amazonで詳しく見る

私事ですが、那須湯元・那須塩原へ一泊二日の温泉旅行に行ってきました。いやー、那須はのどかで温泉一杯で本当に気持ち良かったです。更新が滞ってしまたのは申し訳ないですが…。

そんな那須旅行でほっと一息した自分が今日紹介するのは、ダウンテンポでまどろみの時間を提供してくれるSilent Poets。昨年6年ぶりの新作「Sun」(過去レビュー)で復活を果たしたのですが、その前作「To Come」こそ彼らの出世作。大傑作なのは間違いないのですが、契約の問題上ずっと廃盤になっていたのですね。そこをレーベルを移籍し「Sun」リリース後、なんと「To Come」もリイシューされたのが今年上半期の話。しかも未発表曲を足し、ショートフィルムを収録したDVDも付けての新装版です。彼らの音楽はダブ・レゲエの重く深い音楽性が元となっていると思うのですが、ただそれだけではありません。重い音楽の中にもストリングスを多様した荘厳な響きは、闇の中を裂いて光が照らす様です。その音楽はどっしりと重いリズムトラックが下を支え、上音は天に向けてすっと開放してゆき、ふわふわと体が宙に浮遊する心地よさです。年末に向けてしみじみとした感情を呼び起こすけだるい音ですが、決して重苦しいと言う訳でも無くむしろ心和ます「詩」なのですね。正に「静かなる詩人」と言う名前が相応しい音楽です。

試聴

Check "Silent Poets"
| ETC1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
正直新作ではあまり新しさというか、Silent Poetsなりの個性が見えなかったなぁというのが正直な感想。
でも過去の3作品「Firm Roots」「For Nothing」そして「To Come...」は神がかった出来栄えなので、マストですね。それぞれのremixも素晴らしいし。
| katt.jp | 2006/11/26 10:36 PM |
>katt.jp
残念ながら「Firm Roots」「For Nothing」は聴いた事ないんですよね。
欲しいんですけど廃盤で手に入りません。
昔の作品も聴いてみたいなぁ
| マチュ | 2006/11/28 10:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
サイレント・ポエツ 『TO COME...』
SILENT POETS 『TO COME...』 なんと申しましょうか、荘厳なエレクトロニカでございます。ダウンテンポで、身の引き締まる思いのするダブでございます。所謂テクノとは全く違った次元で鳴っている音でございます。  
| ACTIV-A 音楽による脳活性化計画 | 2006/11/27 9:16 AM |