CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Holden - The Idiots Are Winning (Border Community:14BC) | main | UPCOMING EVENT >>
Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue (Toy's Factory:TFCC86404)
Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る

世界を横断するスピリチュアルなDJ・井上薫。ハウスからディスコクラシック、テクノからエレクトロまで彼の手にかかれば、一晩で世界を駆け巡る音楽となってしまう。彼が中心となり偶数月の第一土曜日に行われるパーティーが、「Groundrhythm」。タイトル通り大地(地球)のリズムを感じさせる素晴らしいイベントですが、それをそのままCD化したMIXCD「Groundrhythm」(過去レビュー)も以前にリリースされました。今作はその第2段と言う事で、否應無しに期待していましたがやっぱり最高。序盤は緩めの土着サウンドで、アジアン〜中近東風の怪しい音色がたんまり。どこか謎めいた秘境の地に迷い込んで、原始的な時代に回帰した錯覚を覚える。中盤で流行のディスコダブ的なファンク色の強い流れになり、徐々に4つ打ちを形成してゆく。スモーキーな景色も少しずつ鮮明になり、解放的で晴れ晴れしい雰囲気になる。そして遂に10曲目からは強烈なビートが前面に打ち出され、インド、ブラジル、アフロなど様々な音楽が混ざり合い、高揚感溢れるトライバルハウスと成る。この時、音は煌めき、空気はざわめき、大地は振動する。世界の音が一つに成り、「Groundrhythm」を形成する。スピリチュアルハウスと使い古された言葉があるが、敢えてそう表現したい。井上薫はスピリチュアルなDJなのだ。

試聴

Check "Kaoru Inoue"

Tracklistは続きで。
1 Baka Forest People Of Southeast Cameroon - Yelli1
2 Transcendental Love Machine - Hypnotica (Darshanq Dholak Dub)
3 Racid Taha - Voila Voila (Lion Rock Orchestral Dub)
4 Ron Basejam - For The People, By The People
5 Ray Mang - To And Flo
6 Atlantic Conveyor Feat. Habibur Romman - Open Your Soul (Music Box Mix)
7 Jazzva - New Day (Welljam Mix)
8 Baka Beyond - Nahwia (Nah Nah Mix)
9 Ray Lema - Hut Of Fun
10 Kaoru Inoue - Keep On (Uzhaan Beats)
11 Chari Chari - Liberation (Instrumental)
12 Mental Remedy - Obatala (Sacred Rhythm Version)
13 Chieko Kinbara - Strings Of Life (Tigerstripes Remix)
14 Jebski & Yogurt - Balearic Field
15 Shinichi Osawa - The Samurai Theme (Dub)
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/784
トラックバック