<< Christian Smith - Ekspozicija 05 Tronic Treatment (Explicit Musick:EXPLICITCD005) | main | Vince Watson - Renaissance Ep (Planet E:PE65288-1) >>
Slam - Ekspozicija 04 Stardome (Explicit Musick:EXPLICITCD004)
Slam-Ekspozicija 04 Stardome
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
別にクリック寄りのMIXCDを紹介したいとは思っている訳でもないんですが、近年のテクノアーティストのMIXCDを買うとクリック/ミニマルハウスを取り込んだ物が多いから、どうしてもそういったジャンルの音楽の紹介が増えてしまいます。昨日に続き「Ekspozicija」シリーズの中で、UKグラスゴーのベテランテクノユニット・Slam様が担当した盤を紹介しましょう。つか既に紹介するのも面倒だな、こりゃ。前半のクリック〜エレクトロハウスの流れは、近年リリースされたMIXCDではよく聴く展開でもはや紹介するのも馬鹿らしい位。僕はSlamは本当に大好きなユニットで、デトロイトテクノとUKテクノの架け橋となるべき存在だと常々思っていましたが、彼らまでもクリック熱に冒されたかと思うと切ない気持ちが込み上げてきます。まあ中盤以降はクリックハウスを通過したハードテクノ(Adam BeyerやMarco Carolaなど)も投入されて、Slamらしいハードでファンキーな流れも出てくるから何とか救ってはくれましたが。予備知識も無しに聴けば熱を感じさせないクールでディープな音で、後半に向けて徐々に盛り上がってゆくプレイは確かにステキー!なんですけど、いかんせ僕はSlamに対してはデトロイトテクノを織り交ぜた音を期待しているからね…。ん〜Slamまでもこういった流れに取り込まれてしまう今のシーンには、ちょっと危機感を感じてしまうな。テクノと言う音楽は既に過去の物なのか?

試聴

Check "Slam"

Tracklistは続きで。
1 Layo & Bushwacka! / Life2Live(Loco Dice Remix)
2 Miek & Dot / Eiderdown
3 Audio Werner / Boogie With U.
4 Gaiser / Egress
5 Berg Nixon / The Depths
6 Kober & Fischer / Catch The Googoo
7 Hug / The Happy Monster
8 Alex Under / Una Aguja En Pajar
9 Mike Shannon / Consequences
10 Argy / Poke Her Flat
11 Dominik Eulberg / Der Totenkopfschwarmer Im Bienenstock
12 Thomas Schumacher / Brut Royal
13 Adam Beyer / A Walking Contradiction(Part 1)
14 Marco Carola / Sun City
15 Smith & Selway / Silver Bullet
16 The Separatists / Bug Rider
17 Paul Woolford Pres. Bobby Peru / Erotic Discourse
18 Johnlordfonda / Personal Jesus
19 Sascha Funke / To Be
20 Oliver Ho / Light And Dark Pt 8
21 Michel De Hey / Oil And Vinegar
22 The Separatists / Audiomer
| TECHNO4 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/787
トラックバック