CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Âme...Mixing (Sonar Kollektiv:SK096CD) | main | Burial - Burial (Hyperdub:HDBCD001) >>
2006/12/08 ESCAPE presents HI-TEK-SOUL JAPAN TOUR 2006 @ Space Lab Yellow
今月は毎週行きたいイベントがあって大忙しですね。つーことで一年半ぶりのDerrick Mayに行ってきました。あれ…よくよく調べたらYellow自体も一年半ぶりで、前回行ったのもDerrick Mayでした。何でこんなにもYellowに行ってなかったのか思い出すと、以前程テクノのイベントが充実しなくなったからなんだよね。他のクラブにブッキング負けてきてる気がする。新宿Liquidroomが無き今、Yellowには何とかがんばって欲しいんだけどな。まあそれはさておき久しぶりにYellowに入ってみると、やっぱりここの雰囲気は好きだわ。低い天井、最新とは言えない照明を逆に効果的に使用した暗いフロア、そして熱狂的に踊りに来ているお客、何もかもが他のクラブとは違います。やっぱりクラブの中ではYellowが一番好きだなーと実感。
前回に同じくDerrick Mayの前はRyo Watanabeがサポート。アッパーハウスからデトロイト風テクノまで、オプティミスティックに盛り上げてくれていたと思います。Derrick Mayが良すぎて、あまりRyo氏のプレイが思い出せないだけなんですけどね。でもフロアにしっかりと人を埋まらせて、Derrickの為にお膳立ては完璧でしたね。

で2時前からDerrick May登場です!その瞬間、一気にフロアの中で何かが変わった!これがDerrick Mayの貫禄!一気にボルテージは上がり、荒々しいシカゴハウスが流れてきます。これだよこれ、やっぱりDerrickからはこのハウス方面の音を聴きたかったんですよね(前回は割とファンキーなミニマルテクノが多かったのです)。低音が厚く重く、そしてスコーンと突き抜けるようなパーカッシブなリズムが最高にファンキーです!Derrickがこまめにミキサーをいじって、バスドラを抜き差し抜き差し、必要以上に何度も抜き差し抜き差し。その度に首振りヘッドの髭剃りの様に、自分の頭も揺らされます。じらされまくった所で一気にバスドラを入れてきて、どかーんとフロアが爆発!しょっぱなから盛り上がりますですよ!更に今回は前回よりも所謂クラシックスと言えるヒット曲を貪欲に回していました。Ron Trent「Altered States」→Kerri Chandler「Bar A Thym」、Quentin Harris「Let's Be Young」、Ame「Rej」→Theo Parrish「Falling Up (Carl Craig Remix)」、Paperclip People「Throw」→Joris Voorn「Believer」、Aril Brikha「Groove La Chord」→Carl Craig「The Climax」など、逆に豪華過ぎる位の選曲です。こういった大ネタを随所に散りばめて何度もフロアを沸かせるのですが、大味なプレイと言う訳でもなく上手く盛り上がりを作れていたかなと。中盤からはテクノ寄りの音に変わってきて、ミニマルかつパーカッシブな曲を早めのBPMで回し全然ダレさせる事がありませんでした。5時近くになって寝ちゃってそのまま6時前にはYellowを退出したのですが、ガツンと踊れて身も心もすっきり爽快です。Derrick May、最高でした!

■Derrick May-MIX-UP Vol.5(過去レビュー)
Derrick May-MIX-UP Vol.5
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 16:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 16:00 | - | - | |

コメント
Yellowと札幌のPrecious Hallは雰囲気が似てると聴くので
一度行ってみたいんです!
あと、ダブと聞きつけましたので
ブリアル、私もチェックしてみます♪
| hanae | 2006/12/11 11:29 PM |
>hanaeさん
プレシャスホールは東京でも名を聞く位結構有名ですよね。
秋頃には毎年どでかいイベントやってるし、羨ましく思っております。
一度は行ってみたいですね
| マチュ | 2006/12/13 9:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/795
トラックバック
地獄の黙示録
★ 先週の金曜日にデリックメイのイベントに行ってきた。思ってた以上に混んでたりして、二時ころに入ったときにはもうすでにデリックさんがまわしていた。  初っ端からあげあげな展開で少々きつかったけど、30分も経た
| Cybernoise | 2006/12/14 1:58 AM |