<< Nothin' But House Feat. NRK (KSR House:KCCD-210) | main | Louie Vega - Mix The Vibe : For the Love of King Street (King Street Sounds:KCD249) >>
Innervisions Where We At (Sonar Kollektiv:SK120CD)
Innervisions Where We At
Amazonで詳しく見る

今ドイツではハウスシーンに新しいムーブメントが生じていて、その中心とも言えるのがSonar Kollektiv傘下のInnervisionsです。テクノ、ハウス両シーン垣根を越えて大ヒットした「Rej」を作ったのは、Innervisionsに属するÂmeだし、ディープな奇才を発するHenrik Schwarzや、フランスからの親善大使・Alex From TokyoことTokyo Black Starも同じレーベルであります。レーベルカラーはディープハウスなのですが、感覚としてテクノやミニマルも織り込まれていて、いかにもドイツらしいエレクトロニックで温度を感じさせないクールなハウスに成っていますね。まだレーベルとしては9枚しかEPは出していないのですが、Chateau Flight、Franck Rogerらもリリースを行い、徐々にレーベルの質・量と共に充実して行きそうな予感がします。で、取り敢えず現時点でのレーベルの方向性を知る為のコンピレーションが今日紹介するアルバムです。メランコリックかつ覚醒的なアルペジオが特徴の「Rej」は当然入っているし、Tokyo Black Starのダークで煙でたくも不思議な高揚感のあるディープハウスも入っているし、奇天烈なシンセが派手に使われるChateau Flightのハウスも入っています。でも一番刺激だったのは、Henrik SchwarzとÂmeがボーカルにDerrick L. Carterを迎えた「Where We At」でした。シカゴハウスを思わせる不良っぽい音作りなのに、麻薬的に聴いてくるシンセサウンドが淡々と鳴り続けて中毒になりそうです。Carterのぼそぼそとした呟きも、ドスが効いてて不穏を煽り相当にヤバイ曲ですよ、これ。Innervisionsのハウスには黒人発祥である事を忘れさせる位、ヨーロッパ的な雰囲気に満ちています。今後注目しておくべきでしょう。

試聴

Tracklistは続きで。
1 Chateau Flight - Baroque
2 Âme - Rej
3 Tokyo Black Star - Deep Sea
4 Franck Roger - Back And Forth
5 Atjazz - For Real
6 Stefan Goldmann - Sleepy Hollow
7 Ame - Basic Track
8 Tokyo Black Star - Violent Rush
9 Tokyo Black Star - Blade Dancer
10 Marcus Worgull - Dragon Loop
11 Henrik Schwarz,Ame,Dixon feat. Derrick L.Carter - Where We At
| HOUSE3 | 23:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
MIFUNEさん、大変申し訳ないです。
間違ってコメント削除してしまいました。
お手透きであれば、もう一度書き込んで頂けると幸いです。
ほんとごめんなさい
| マチュ | 2006/12/23 12:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/809
トラックバック