CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2007/01/05 GARCIA MARQUEZ PRESENTS GROOVIN HIGH "REEL UP NEW YEAR BASH!!" feat. ADAM BEYER @ WOMB | main | Rovo - Condor (Rovo Organization:WRCD-36) >>
Supercar - HIGHVISION (Ki/oon Sony:KSCL450)
Supercar-HIGHVISION
Amazonで詳しく見る

突然ですがスーパーカーのアルバムを紹介します。普段クラブミュージックばかり紹介しているブログですが、私も昔はロックばかり聴いていました。日本のロックはそこまで聴く訳じゃないけれど、スーパーカーは日本のバンドの中ではかなりお気に入りでした。と言うのも初期の頃はUKのRIDEを意識した轟音ギターを炸裂させて、尚かつメロディーは青春ポップと言う最高のフォーマットをしていたからです。そんな彼らの転機作がこの4枚目のアルバム。以前から兆候は見られていたものの、本格的にダンスミュージックを意識しはじめたアルバムなんですね。確かこの頃はメンバーがテクノとかクラブにはまっていた様な事を、某雑誌でコメントしていた記憶があります。その為かそう言った音楽が彼らの音楽にも影響を及ぼしていて、何とプロデューサーに砂原良徳とROVOの益子樹を迎えています。

何と言っても砂原が手掛けた「YUMEGIWA LAST BOY」が良い。いかにも砂原色を感じさせる原始的な電子音がふんだんに使用されて、リズムトラックは完全にテクノそのもの。元々スーパーカーは脱力系の曲が多かったけれど、電子化した事がその脱力感とマッチしてより快感を高めています。「STROBOLIGHTS」ではオール電子化して、人の出る幕は無し。ピコピコの8ビット風サウンドがダサカッコイイテクノポップで、フルカワミキのファニーな声が曲に彩りをもたらしています。あと僕が一番好きな曲「AOHARU YOUTH」は、人力グルーヴから徐々にハウスビートに変遷していく切ない曲。余りにも無垢で余りにも純粋で、しみじみと心の中に青春の甘酸っぱさを残して泡の様に消えていってしまいます。ちなみに上記のシングル以外は、そこまでダンスミュージックのビートは保っておらず、ロックと電子音楽を上手い塩梅で両立させた曲が多いかと。むしろ以前からある愛らしいポップさをメルヘンな感覚で包み込んだ、不思議の国のJPOP作品と感じます。どうせなら全編砂原良徳にプロデュースさせて、完全にエレクトロニクス一色化されたスーパーカーも聴いてみたかったですね。

試聴

Check "Supercar"
| ETC1 | 18:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - | |

コメント
これはもう傑作中の傑作ですね。ラストアルバム「Anser」がイマイチ、この後何処に行こうとしているのか分からない感じだったのですが、このアルバムには凄い意思が感じられますよね。

シングルに収録されて、ピンポンのサントラでも使われた曲が好きでした。アルバムには未収録だけど。
| katt.jp | 2007/01/10 12:29 PM |
>Kattさん
そうですね、僕も彼らのアルバムの中では一番好きです。
ラストアルバムが路線を迷ってしまった様な作品でいまいちで、あれで終わってしまったのが残念でした。
今はソロ活動してるけど、ナカコーのソロは微妙なのでさっさと再結成して欲しいです。
| マチュ | 2007/01/10 11:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
HIGHVISION / SUPERCAR
日本のいかしたダンスミュージック 第二十回目の作品は スーパーカーのHIGHVISIONです スーパーカーは青森県出身の4人組みのバンドで 初期の頃はギターサウンド全開な感じだったんですが 3枚目のアルバム「Futurama」から クラブミュージックというかエレ
| 日本のいかしたダンスミュージック♪ | 2007/03/08 1:11 AM |