CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2007/01/19 7by7 @ Unit | main | Larry Heard - Sceneries Not Songs, Volume One [Limited Edition] (Spiral Records:WQAW-1001) >>
Hipnotic - Naima (Laws Of Motion:LM020)
Hipnotic-Naima
デトロイトテクノ好きからクラブジャズファンまで、幅広く音楽ファンを魅了していると思われるIan O'Brien。UKのアーティストでありながらMad Mikeに深く感銘を受け「Mad Mike Disease」なる曲を作ったり、デトロイトテクノへの愛を隠さずに活動する前向きなアーティストです。何度も言わせて頂きますが、世知辛い今の世の中で必要とされるのは底抜けにポジティブな音。Ianはいつだって前向きで明るく、徹底的にオプティミスティック。彼が奏でる音楽は、人々の顔に笑みを浮かばせ心の中には光を灯す。こんな忙しく大変な世の中だからこそ、たまには何も考えずハッピーになれたら良いですよね。

さて、それで本日紹介するのは"Naima"と言う曲。元々はジャズサックス奏者・John Coltraneの曲ですが、それをHipnoticがカヴァーした物。生の演奏を多用した楽曲ながらも、腰砕きなグルーヴとスウィートなハーモニーがとても心地良く、ハウスシーンではどう聴いても大ヒットするような名曲。しかしそれを更に上回るのが、Ian O'Brienがカヴァーを更にリミックスしたバージョン。Nathan Hainesがフルートで参加し、Ianがプログラミングでリズムを組んだりコズミックなシンセなどを付け加えたこのリミックスは、スピリチュアルで未来的かつ宇宙的。テクノでありハウスでありフュージョンでもあり、これを聴くと宇宙に放り出された気分になってしまいます。どこまでも広がり行く高揚感、そして未来に対する大きな希望、そんな事を体一杯で感じてしまいます。あ〜なんて幸せな時間なんだろう、なんて感動的なんだろう。Ian O'Brienは何時だって音楽への愛を忘れないはずだ。

試聴

Check "Ian O'Brien"
| HOUSE3 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
マチュくん

おひさです。hanaです。
ひさびさ覗いてココを発見。
先日UNITでIANが回したとき行きましたか?
実はIAN、いま日本に住んでいるんですよ〜
奥さま日本人だそうです。
うちのカレがIANをサポートしてます。
今年は結構gigをやるはずです。
どうぞ遊びに行ってあげてくださいネ。
| hana* | 2007/02/07 9:58 PM |
>hana*さん
お久しぶりです。いつの間にかお母さんになるみたいですね。おめでとうございます。
イアン大好きなんで、何度も彼のイベントには行っていますよー。
今年も一杯イベントに出るなんて楽しみです。
| マチュ | 2007/02/08 11:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ネイザン・ヘインズ Nathan Haines - Sound Travel
Sound Travels ニュージーランド出身で西ロンドンを拠点に活動するサックス奏者、ネイザン・ヘインズのデビュー作。プロデュースはRestless Soul主催のフィル・アッシャーが担当。ほかにも、ヴァネッサ・フリーマン、カイディ・テイタムなど西ロンドンのクラブシーン
| Donkey Punch Blog ドンキーパンチ ブログ | 2007/09/11 11:13 AM |
Somethin' Else
一般的には1曲目に有名な「枯葉」が収録されているということで人気があるようですが、むしろマイルス・デイビスがハンク・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、アート・ブレイキーという名手と共演した、ということがすごいことだと思います。ジャケットはいたってシンプル
| ジャズ サックスの感動 | 2007/09/28 5:42 AM |