<< Octave One Feat. Random Noise Generation - Off The Grid (Underground Gallery:UGCD-43001) | main | Reinhard Voigt - Premiere World (Profan:PROFANCD6) >>
A Year of Mule Electronic (Mule Electronic:med03)
A Year of Mule Electronic
Amazonで詳しく見る

Kompaktがディストリビュートする日本のレーベル・Mule Electronic。Koss(Kuniyuki Takahashi)、Dublee、Terre Thaemlitz、Code Eなどを擁する新興レーベルで、Kompaktの支援もあるせいかやはり音にもKompaktを思わせるミニマルで幻想的な空気が漂います。なかなか日本から世界に羽ばたくレーベルは出て来ませんが、Mule Electronicは今までのリリースを見る限りだと質は結構高いんじゃないかと思っています。2005年にレーベルは発足したのですが、2006年には早速レーベルの傾向を知る為のコンピレーションが登場しました。幕開けは塚本サイコに依る全くエレクトロニックでは無い、ピアノソロ曲。でもとても神秘的で美しく、静寂の中にゆったりとした時間が流れていくようで良い曲です。2曲目のKossは、ミニマルなリズムトラックにアンビエントな上物が載った浮遊感のあるテクノ。奥深さを感じさせる音響が心地良く、これまた素晴らしいですね。3曲目のDubleeはモロにクリックハウスで、この系統のお手本らしい作りです。6曲目はまたKossですがリミックスをKarafutoが行っていて、田中フミヤらしいスカスカのクリック+ミニマルになっています。都会的で上品、知的さを醸し出す彼らしいリミックスですね。7曲目はまたもDubleeですが、リミックスはなんとKompaktの御代・Thomas Fehlmann。悪い訳が無いのは当たり前、それ以上に研ぎ澄まされたシンセサウンドが薄いレイヤーの様に延びていき幻想的な世界を見せつけます。最後にはエレクトロニカで一時期注目の的だったWechsel Garland(懐かしいなぁ)ですが、意外にもテクノっぽい4つ打ちサウンドでそこに牧歌的な和やかさを取り込んだ愛らしい曲です。アルバムを一通り聴くとMule Electronicの音を言う物をはっきりと感じられましたか?やっぱりKompaktと通じるセンスを感じましたが、如何でしょうか。

試聴

Tracklistは続きで。
1.Saiko Tsukamoto / Water Echo
2.Koss / Ra 1030 In (Koss Snowing Remix)
3.Dublee / Eleven (Jeff Milligan Remix)
4.Microesfera / Freak Dancer Let's Go (Mike Shannon Remix)
5.Kosuke Anamizu /Yoja (Metaboman Remix)
6.Koss / Ra 1030 In (Karafuto Aka Fumiya Tanaka Remix)
7.Dublee/ Cliff (Thomas Fehlmann Remix)
8.Code E / Analysis And Evaluation
9.Pan/Tone / Thrill Ho
10.Dublee / The Sun Sets (Lawrence Remix)
11.Wechsel Garland / The Last Night Of L.Braun
| TECHNO4 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/844
トラックバック