<< The New Season (Archive:FILE3CD) | main | Fila Brazillia - Another Late Night (Azuli Records:ALNCD01) >>
T.Kolai - Teak All Eye (Chillifunk Records:CFCD011)
T.Kolai-Teak All Eye
Amazonで詳しく見る

Jerome Sydenham主宰のIbadan Recordsからリリースした1st EP"Exodus"がヒットした新世代ハウスユニット、T.Kolaiの1stアルバム。上記のEPはそこそこ有名なものの、その後はこれと言っていい程名前が挙がる事もなくフェードアウトした感がありました。ですがHMVでまたもやアルバムが格安で売っていたので、迷わず即購入。内容は予想通りJerome SydenhamとかJoe Claussell系のスピリチュアルと言うべき、生暖かくアコースティックなディープハウスです。大して売れてなかった様だしそんなに内容も期待してなかったのですが、思いの外平均に楽曲の水準は高くに耳に残るキャッチーなメロディーと哀愁漂うムードが好印象ですね。ギター、ピアノ、ストリングス、サックスなど生演奏を積極的に取り入れて、妙に湿っぽい音が心にじとじとと染みこんでいくみたい。アフリカンなパーカッションが効いた曲、スパニッシュなギターが郷愁を誘う曲、南国風のラテンハウスなど様々な要素が溶け合って、正にIbandaと言うべき音なのは間違いないですね。Jeromeらに比べると少し安っぽいと言うかまだまだスピリチュアルなぶっ飛び具合は足らないけれど、部屋の中でライトなBGMとして聴く分には事足ります。最近スピリチュアルハウスと呼ばれる音楽がめっきり減った気がするけれど、こう言ったハウスは今でも大好きですわー。

試聴

Check "T.Kolai"
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/848
トラックバック