<< Sessions Mixed By Derrick Carter (Ministry Of Sound:MOSCD110) | main | Cluster - Cluster (Brain:POCP-2385) >>
2007/02/24 REAL GROOVES VOLUME 16 @ Space Lab Yellow
友人の誘いでドイツ・Poker Flatのメンバーが集結するREAL GROOVES VOLUME 16に行ってきました。驚きだったのは1時過ぎにクラブに着いたのですが、外には行列が出来ているのです。結局着いてからクロークに荷物を預けるまでに45分位かかりまして、まともにフロアで音楽が聴けるようになったのは2時前でした。YELLOWって深夜になるといつもこんなに待つのかしら?しかも数年前にもYELLOWにSteve Bugが来たけれど、その時はガラガラだったから今回の混み様に異様な物を感じましたね。
フロアに入って最初に聴いたのは、IMACを使ったライブを行っていたGuido Schneider。PCでのライブだからまあプログラミングされた音楽をそのまんま流しているだけだと思うけど、音自体はパーカッシブでファンキーなミニマルテクノで格好良かったです。抜けの良いリズム音で重くもないが軽くもなく、パキパキとしたファンキーな鳴りはお客さんをものの見事に躍らせていました。

クラブに来る前に飲んできてクラブに着いてからも飲んでいた自分は、音の気持ち良さに任せて泥酔。3時前にPoker Flatの頭領・Steve Bugが登場したものの、あまりプレイの流れは覚えていません。音的にはファンキーなテックハウス中心だったと思います。Poker Flatはクリックハウス通過後のテクノを送り出している傾向があったので、今回のテックハウス中心のプレイには意外感もありましたが疾走感とクールなテクノ的サウンドは個人的にはお気に入りです。寝ていた時間が多くあまりプレイが聞けなかったが残念でしたね。なので今回のレポートはこれ位で終了。ちなみにSteve BugのMIXCDは以下のがお勧めです。

■Steve Bug - The Flow(過去レビュー)
Steve Bug-The Flow
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 18:53 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/866
トラックバック