CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2007/02/24 REAL GROOVES VOLUME 16 @ Space Lab Yellow | main | Moebius & Plank - Rastakraut Pasta (CAPTAIN TRIP RECORDS:CTCD-575) >>
Cluster - Cluster (Brain:POCP-2385)
Cluster-Cluster
Amazonで詳しく見る(紙ジャケット仕様)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
テクノとの関連も深いジャーマンプログレッシブロックの名盤の数々が目出度く再発される事になったので、今日から当面はジャーマンプログレ特集を続けます。テクノが好きな方は是非ともこの機会にジャーマンプログレにも耳を傾けるべきでしょう。有名どころで挙げればKraftwerkやManuel Gottschingなんかは皆様ご存じだと思いますが、実は70年代初期には同じくドイツからエレクトロニクスを駆使した新世代のロックバンドが続々と生まれていたのです。彼ら新世代はロックとは言いつつも既存のフォーマットから外れた構成力と前衛的な実験精神を伴って、予定調和にならない電子音楽を生み出したのです。そしてそれら音楽はその後、テクノの活性化に伴い新たに日の目を浴びる事となったのでした。

さてジャーマンプログレ特集初日は、Dieter MoebiusとHans-Joachim Roedeliusの二人からなるCluster。ジャケットをまずは見て貰いましょう。星が無数に散りばめられているけれど、正にそんな感じのラリパッパーな音楽です。ビートとかリズムなんてものは存在しないし、明確なメロディーもありません。電子楽器が無機質で不安定な旋律をなぞり、この世とは思えない異次元の様な不思議な音を発しているだけなのです。ふらふらとふらつく電子音には浮遊感覚を覚えるのですが、それが快楽を生み出すかと言えばそうでもなく密閉空間に閉じこめられた如く陰鬱で重い空気が漂っています。ビヨンビヨンとかゴォォーとかずっとそんな感じで電子音が鳴っているだけで単調ですが、テクノだって単調なリズムが基本。そうゆう意味ではテクノ好きが最も好感を示すジャーマンプログレかもしれません。単純に電子音好きな人も聴く価値は有りです。

Check "Cluster"
| ETC1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
独プログレは興味あるけど何から手を付けていいのか見当がつかなかった
僕にとって、今回の特集はためになります。
このClusterのアルバムが面白そうなので、このあたりから聴いてみようかな。

アクセス数とか気にせず、どんどん好きなことやっちゃって下さい(笑)
| びびんば | 2007/03/03 1:00 AM |
>びびんばさん
ジャーマンプログレは面白いですよ。
テクノ好きな人こそ、聴くとその素晴らしさが実感出来るかと。
今から30年前にこんな変態な音楽を作っていたなんて凄いです
| マチュ | 2007/03/04 10:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック