CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< UPCOMING EVENT | main | MR.DE' - A DETROIT STORY サブマージ:魂の還る場所 (ナウオンメディア:NODE-00002) >>
2007/03/23 TECHNASIA presents X PARTY @ WOMB
WIRE06では自分たちにアクシデントが起きた為、Joris Voornのライブが見れませんでした。そんな自分に幸運にも再度Jorisのライブを見る機会がもたらされた為、Technasiaが主宰するX PARTYに出かけて来ました。あ、でも今回も連れが遅刻したのでクラブに入ったのは一時過ぎ…殆どAmil Khanのプレイが終わりかけでした(泣)ところが今回の自分の中での山場は正にフロアに入った瞬間!なんとRed Planet"Journey To The Martian Polar Cap"→Jeff Mills"Detached"→Super-A-Loof"Night On The Promenade"とデトオタ悶絶のセットを披露していました。Amilはオープンからプレイしていたそうですが、一体どんなセットだったんだろうと非常に気になります。
で一時半からJoris Voornのライブが始まりました。知らない曲ばかりプレイしていたので、殆どが新作の"From A Deep Place"からだったのではないでしょうか。音的にはメロディーを抑えたミニマルな曲が多かったです。ぶっちゃけWIREでライブを見た知り合いから余り良くないと言う話を聞いていたのですが、正にその通りでどうも淡泊なライブでしたね。前半はスカスカのリズム中心で緩く引っ張って行くテクノ、そして中盤からは音数を増やしてドッカンドッカンのテクノも入れて、時折メロディアスなシンセも入ったりするのですが、何かが足りない。"Incident"もやったけどアレンジが温め緩めになっていて、非常に微妙な"Incident"に格下げでした。何がいけなかったんだろう?そつのないライブと言えばそうですが、余りにも優等生ぶって普通過ぎたのかな。全てが予想範囲内だったし、せっかくのライブなんだからもっとアグレッシブヴにはっちゃけても良かった気がしますが。あと新作リリース間近とは言え、"Future History"(過去レビュー)からももっとプレイしても良かったと思うのですが…。

消化不良に終わったJorisのライブ後は、シカゴハウス経由のテクノをプレイするCharles SieglingのDJでした。とは言え今回はハードでアッパーなテクノが多かった気がします。シカゴとの共通点を見出すならば、不良的ないかつい音と言うかハードでタフな音です。Charlesのソリッドでガツンと来るテクノサウンドに、疲れていた自分もなんとか踊る事が出来ました。途中寝ちゃったのですが起きた時にはJorisとBack 2 Backでプレイしていました。Charlesがハードな音なら、Jorisはヨーロッパ的な洗練された音。踊るならやっぱりCharlesの方がしっくり来るかな。ラストは当然お決まりの"Incident"をスピン!Jorisのライブバージョンより音が良かったですw。アンコールではまたまたお決まりの"French Kiss"も回していました。ファンサービスとして考えると、こうゆうのは好きです。

Joris Voornのライブに関しては今後の改善を望みますが、アルバムアーティストとしては超一流です。彼の才能に疑問など挟む余地もありません。新作"From A Deep Place"も楽しみにしています。まあ良いパーティーだったと思いますよ。

■Joris Voorn-From A Deep Place
Joris Voorn-From A Deep Place
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 09:00 | comments(4) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
私は先日の、大阪のパーティーに行ってきました。


そっちではアミルもいたんですね………大阪にはいませんでしたw



ヨリスはマチュさんのおっしゃられている通り、非常にベイシックなDJをしていました。

シグリングで躍らせてもらいました♪



…んで僕もちょっと寝てて目が覚めたらバックtoバックが始まってましたw


なかなかに楽しい気持ちにさせてもらいました。
| 7 | 2007/03/24 2:00 PM |
>7さん
アミールカーンのプレイは少ししか聴けなかったです、悔しい。
多分相当に熱いプレイだったと思うんですよね。

ヨーリスのライブはあんまり踊れなかったので、彼の場合DJの方が楽しめるかもしれないですね。
ただ何にせよ今回はベテランであるTechnasiaに軍配が上がっていたかなと言うのが正直な感想です。
| マチュ | 2007/03/25 12:04 AM |
はじめまして
レビュー凄く的確なコメントです。
人によっては、淡々がよかったなど、mixiでは
話があがっていますが、僕的には、
自分のカラーを前面に出した方が正解だと思います。

やっぱりアルバムやシングルの曲を聴いて
イベントに来ている人が多いので、
昨日のliveはちょっと残念でした。

でも、評価できる状況が見れるだけでも
良いと思いますね。

liveで駄目な人って多いから
それは、それでイベントに行った人が
理解すればいいから。

ただ、その場に居れたことと来日してくれた
ヨリスには感謝したいです。


| rou | 2007/03/25 12:53 AM |
>rouさん
はじめまして、こんばんわ。
やっぱりもっと彼の特色であるシンセをふんだんに使った、
キャッチーな曲をプレイして欲しかったですね。
新作からの曲ばかりだったのが惜しまれます。
勿論他のライブアーティストに比べると、まだまだだな〜と感じる点もありました。
まだ若いからこれからって感じですかね。
| マチュ | 2007/03/26 11:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/891
トラックバック
Womb
普段は六本木をホームにしていますが、ひさしぶりに渋谷のWombに行って来ました。最初はあまり乗り気じゃなかったんですよね…。それというのもテクノだって聞いていたから。日本でいう所のテクノって石野卓球やケン・イシイのイメージなのです。別に卓球が嫌いという訳
| 六本木クラブ難民 | 2007/03/26 10:59 AM |