<< Spirit Catcher - Night Vision (20:20 Vision:VIS144CD) | main | Blak Presidents - Fight The Future (Submerge Recordings:SUBJPCD-0012) >>
Fennesz Sakamoto - Cendre (Commmons:RZCM-45525)
Fennesz Sakamoto-Cendre
Amazonで詳しく見る

4月に入ってから新作ラッシュでしかも良盤が多い物だから、紹介するにあたって聴くのもしんどいし財政もしんどいっす。しかしまだまだ新作レビューは止まらないのです。で本作も激推薦盤なラップトップエレクトロニカは、世界の坂本龍一とアコースティックとデジタルの相反する要素を組み合わせたエレクトロニカアーティスト・Christian Fenneszの共作。Fenneszと言えばセンチメンタルな感情を涌き起こした大傑作「Endless Summer」(過去レビュー)で一躍時の人となったアーティストで、エレクトロニカと言う電子的な音楽をアコースティックな方面から取り組んで新たな路線を開拓させた事は記憶に懐かしいですね。坂本教授はと言えばエレクトニカアーティスト・Alva Notoと共作をしたりしていて、こちらの方もエレクトロニカ化している傾向があるようです。そして遂に機が熟したのか、Fennesz+教授の奇跡にも思える共作は想像以上に美しすぎるエレクトロニカ作品と、いやそんなタームに収まらない繊細で儚いサウンドスケープを描くのでした。Fenneszのギター、教授のピアノ、そして両方のラップトップ操作、これだけから成るシンプルな音楽は、静かな時間の中に点々と音の足音を消えゆくように残し行きます。まるで風の音か何か、自然界に生じる空間の音の様なラップトップで鳴らすノイズは、確かに雑音ではありますが耳触りな音ではなく、心地の良い自然界のパルスと勘違いしてもおかしくない程優しい音です。ピアノやギターは、そのノイズの上に情感を添えるように厳かにそして静かに鳴っています。アコースティックと電子楽器、全くコンセプトの異なる楽器がここまで自然に共存し、郷愁に満ちた一つの世界観を創り上げてしまったのです。かつてここまで儚く、ここまで情緒的な音楽はあっただろうか。天才二人によって2度目の「終わらない夏」が、ここに再現されたと言っても過言ではないでしょう。衝撃と感動、そして涙無くして聴けない大傑作です。

試聴

Check "Fennesz" & "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 22:00 | comments(4) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
これは自分も買いました。「終わらない夏が再現された」・・・まさにそうですね。さすがマチュさん、素晴らしい表現ですね。普段ロックを中心に聴く自分の耳にもこれは心地良く響きました。またこの名義で音源を出して欲しいですね。

余談ですが、NINとかBjorkもチェックされているんですか?Recommendにあったので気になったのですが。もしチェックされているのだとしたら、凄い守備範囲ですねぇ。恐れ入ります。
| Fafnir | 2007/04/11 11:00 PM |
>Fafnirさん
本作はロックファンもテクノファンも、特に聴く人を選ばないと思います。安易に言ってしまえば、ヒーリングミュージックが好きな人も聴きそうですね。とても心地良い音の流れです。

僕は元々ロック大好きだったので、今でも一部のロックとかは聴いていますよ。と言っても89〜95年位のロックが好きなだけで、それ以降は衝撃を受ける作品には余り出会ってないですね。
NINにはめっちゃめっちゃ衝撃受けましたね!
| マチュ | 2007/04/12 10:29 PM |
久々のコメント、恐れ入ります^^;


本作、よ〜やっと聴きました。(届くの遅…)


う〜ん正直『Endless Summer』越えちゃいました。自分の中で。

実は私は教授の楽曲がド真ん中ではなく(その才能に疑問の余地なしとは思っているのですが)、フェネスとて年に数えるばかりしか聴かないのですが、ど〜しても「フェネス=“終わらない夏”」の再来という勝手なイメージの誘惑に負けて…かつマチュさんのレビューに押されたんですが…いやぁ本当に良かったw

なんだかこう…少し温かな海の中を漂ってるような…そんな気にさせてくれる音像です。

久々に音聴いて涙がちょちょ切れそうになりました。
毎日更新楽しみにしてますので、これからも(勝手にw)よろしくです♪
| 7 | 2007/06/23 5:35 PM |
>7さん
もうすぐ夏がやって来るので、これからの季節にぴったりな一枚ですよね。
感動的と言うよりは情緒的でしみじみと涙が湧いてくる、確かにそんな作品です。
Endless Summerも良いけれど、それに輪をかけて本作も良いですね。
| マチュ | 2007/06/24 10:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/905
トラックバック
fennesz + sakamoto『cendre』
買ったのはちょっと前なんだけど、何にも書いてなかったので。 cendrefennesz + sakamoto ここ最近の坂本龍一はalva notoとのコラボレーション(「insen」他)が続いていたんだけど、今回はクリスチャン・フェネスとのコラボレーションで新たな音楽を作っていま
| Come Talk to Me | 2007/04/17 11:49 PM |
fennesz + sakamoto - cendre
cendrefennesz + sakamotoエイベックス・マーケティング・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る フェネスと教授のコラボ。 リンク先のアマゾンに本人解説が載ってるので、作業工程と、本人の感覚的な説明が確認出来ます。教授が後乗せしてるみたいですね。
| the shape of nikko to come | 2007/04/18 1:20 AM |