CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Joris Voorn - From A Deep Place (Green:GR101CD) | main | Nine Inch Nails - Year Zero (Interscope Records:B0008764-02) >>
Manuel Gottsching - Live At Mt. Fuji (Music Mine:IDCQ1001)
Manuel Gottsching-Live At Mt. Fuji
Amazonで詳しく見る

Manuel Gottschingとはトランスだったのだ!

今更わざわざ説明するのも必要のないManuel Gottsching先生とは、ジャーマンプログレッシブロックのアーティストであり、数々のクラブアーティストにリミックスされた"E2-E4"(過去レビュー)のおかげでロックシーンよりもクラブシーンで人気を得てしまった不思議なお方であります。彼本人は多分クラブとの接点なんか求めていないはずなのに、エレクトロニックでミニマルな作品はクラブでこそ効果を発揮したのかもしれないですね。

さて前は置きはそれ位にして、2006年4月に行われた日本のフェスティバル「PRISM」でのライブを収録した本作は掛け値なしに素晴らしいです。PC,ギター、シンセサイザーでの完全に電子化されたライブは、音的にはかなりテクノに近寄りつつあります。まあビートはそれ程強調されていないのでガツンガツンに踊ると言うよりは、ゆらゆらと空中浮遊する感覚に溢れたトランスミュージックなのでした。ここで言うトランスとはジャンルとしてのトランスではなく、要素としてのトランス、つまりはミニマルな反復から生まれる恍惚感が最大限に発揮された音楽なのです。ジャーマンプログレと言うと空間を歪めるような圧倒的に重厚なサウンドでトランス感覚を生み出す物が多いのですが、Gottsching先生は完全に振幅と反復に依って意識を朦朧とさせて現実と夢想の世界を行き来するのでした。何も難しく複雑な旋律を奏でる事はなく、分かる通り(いや意外にも)Gottsching先生がロマンティストである事を証明する幻想的なフレーズが何度も繰り返されます。物静かな人の雰囲気はあるけれど、想像以上に彼の心は蒼く広大で、何事にも捕らわれる事のない自由性を持っているのでしょう。泣けるな〜、これ生で聴いたらきっと泣くよ。もうGottsching先生は、ジャーマンプログレから遠く羽ばたいて自由の音楽を奏でているよ。

試聴

Check "Manuel Gottsching"

Tracklistは続きで。
01. Sunrain
02. Saint & Sinner
03. Trunky Groove
04. Die Mulde
05. Shuttlecock
| ETC2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/920
トラックバック
Live At Mt. Fuji / Manuel Gottsching
「E2-E4」でおなじみのゲッチング翁(「o」の上に「・・」が付いたのをどうやったら表示させられるかわかりません)のライヴ盤。 えーと、彼が長い間続けてきていた音楽が「たまたま」時代とシンクロしてしまった、という感じなんでしょうか。 それがまた「たまたま
| 音盤収集病患者の館 − 裏 Monkey Dance on a "Rocking Horse" | 2007/05/10 10:59 PM |