CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 音楽とボクと、時々、花酒 | main | Le Nouveau Du Jazz (Irma:IRMA502437-2) >>
Vladislav Delay - Whistleblower (Huume:HUUME13)
Vladislav Delay-Whistleblower
Amazonで詳しく見る

今は懐かしChain ReactionやMille Plateauxから深遠で極限までアブストラクナなテクノをリリースしていたVladislav Delayが、2年ぶりに新作をリリース。と言ってもその間にLuomo、Uusitaloなどのハウス名義でもリリースしているので、久しぶりって感じでもないですね。むしろ継続的に作品を作り続けているその意欲には、頭が下がる思いです。さてこのVladislav Delay名義ですが、相変わらず一本気質で明確なメロディーも無ければリズムも無いし、自分がどこに居るのかも分からなくなるような迷宮的音楽です。彼の出身であるフィンランドって寒い地方だと思うんだけど、一年中豪雪にでも覆われているのかい?景色が不鮮明だし色も霞んで灰色の世界しか聞こえてこなくて、どこにも逃げる事の出来ない閉塞的な感覚ですね。ミニマルだとかダブだとかそんなジャンルを通り越して、もはや言葉では説明出来ない尋常ならぬ音楽です。でも何度も聴いていたらいつの間にかズブズブの世界に引き込まれていて、不思議と安堵と落ち着きを感じていて妙な心地良さに包まれていました。使い方次第ではチルアウトの効果有りかも。

試聴

Check "Vladislav Delay"
| TECHNO4 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
北欧というとやはり日本やアメリカより民主主義が健全に機能してるし、自然を直視しながらでないと生活出来ないという印象がありますね^^だから音楽も個人の思考や感情と自然の現象が混然一体となったような音が生まれる土壌なんじゃないかなと思います^^早く音を手に入れたいですね(^-^)
| 甚助 | 2007/05/01 1:40 AM |
>甚助さん
確かに北欧だと冬は家にこもりっきりなイメージがあるし、自分自身を見つめ合うような作風になってしまのうかも。にしたってDelayの音楽はほんと尋常じゃないです
| マチュ | 2007/05/02 10:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック