<< Losoul - Belong (Playhouse:PLAYCD002) | main | The Orb - Pomme Fritz (Island Records:ORBCD1) >>
Kevin Saunderson - Ekspozicija 07 The Detroit Connection (Explicit Musick:EXPLICITCD007)
Kevin Saunderson-Ekspozicija 07 The Detroit Connection
Amazonで詳しく見る

初めに言っておきますがサブタイトルの"The Detroit Connection"なんて言葉は、まず鵜呑みにしない方が良い。何度かKevin SaundersonのDJプレイは聴いているけれど、デトロイトの範疇を越えて完全にハードテクノな域に入ってます。"Good Life"は確かにデトロイトハウスだけど、しょっちゅうKSが回す"Good Life(Re-Edits)"は完全にハードテクノの域だ。Juan Atkinsはエレクトロ(かな?)、Derrick Mayはシカゴハウスを基にしているとしたら、KSのDJプレイは多分ヨーロッパのハードかつスタイリッシュなテクノを基にしているはず。彼のプレイを聴いている人は分かると思うんだけど、勢いのある4つ打ちテクノをこれでもかと繋げてフィルターで音を切ったりしてブレイクを作るプレイはデトロイトとは異なる物だと思う。だからと言ってKSのプレイは駄目じゃんなんて事は無く、むしろ上記3人の中ではKSのプレイが一番好き。プレイ的にはKen IshiiとかBen Simsなんかに近いと思うけど、ハードな中にもここ一番で盛り上げるヒット曲を随所に挟み込むプレイは基本的に盛り上がらない訳が無いんですよ。ハードテクノからトライバルテクノ、太鼓の効いたパーッカシブなテクノなどをガツガツと、勢いよく繋げて豪快な流れを生み出すんですな。でそれを踏まえて本作ですが、やっぱ変わってねーなーと言うのが感想w。いや、良い意味で変わってない。序盤にBorder Communityの曲を持ってきたのは意外だったけれど、その後は終始ズンドコ節で時折上げたり下げたりの繰り返し。永遠にワンパターンな男だけれども、緩急の付け方とかフィルタの掛け具合はセンスが良いとしか言いようが無い。彼がデトロイト3人衆の中で一番ヒットした訳は、やっぱり派手な作風があったからだと言うのがここでも証明された。でも何だかんだ3人衆の中で一番大好きなのがKS。

試聴

Check "Kevin Saunderson"

Tracklistは続きで。
01. Kevin Saunderson - Intro
02. Petter - Some Polyphony
03. Bruno Banner & Pvh - Zeeland
04. Guy Gerber&Shlomi Aber - After Love
05. Jochen Pash - Music (Makes You Groove) (Raul Rincon Remix)
06. Rennie Foster - Tapioca
07. Claude Von Stroke - Who's Afraid Of Detroit? (Kevin Saunderson Remix)
08. Hosh/The Youngsters - Savage/Hyneman Theorem
09. Kevin Saunderson - Bassline (Joris Voorn Remix)
10. X-Press 2 ft Rob HAarvey - Kill 100 (Carl Craig Remix)
11. Rue East - Birmingham (Ben Sims Hardgroove Mix)
12. DJ Sal - 4WD
13. Gray - El Llamar
14. DJ Preach - Broken Inside
15. DJ Ogi - Ne Jedi Zivotinje
16. Bruno Banner & Pvh - Bring It On
17. DJ Preach&Olivier Giacomotto - Dirty Tones
18. Cocobongo - Till The Moon Has Gone (J-Reverse Original Club Mix)
19. ZXX - Straight Crunkin'
20. Kevin Saunderson - The Savage And Beyond
21. Mike Shannon - Espirit D'escalier
22. John Dahlback - No Shine
23. Dejan Milievi - Profumato
24. Man-To-Man - Chord Of Love (Original)
25. WJ Henze - World Train
26. Ika Sali - Manar
27. DJ Ogi - Adriatic
28. Pierce - Recreate
29. Q-IC&Marco Remus - Let's Kick
| TECHNO4 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/943
トラックバック