<< Nav Katze - Never Mind The Distortions (Victor Entertainment Japan:VICP-62424~25) | main | Aril Brikha - Ex Machina (Peacefrog Records:PFG097CD) >>
2007/05/26 KOMAMORPHOSE @ 東京大学(本郷)
メタモじゃないよ、コマモだよ!KOMAMORPHOSE!!!!
なんと東大の文化祭でUpsetsのDJ Yogurt、Kaitoでお馴染みHiroshi Watanabe、Kentaro Iwaki、元サニーデイサービスの曽我部恵一が出るイベント・KOMAMORPHOSEが行われたのです。最近じゃ大学の文化祭でこうやってダンスミュージックイベントを催すのは珍しくもないけれど、このイベントはなかなか通な人が主宰しているのでしょうね。文化祭だから出店も色々あるだろうし、面白そうじゃないですかと言う事で突撃してきました。
1時頃着くとDJ Yogurtが既にプレイ中で、丁度The Orbの通称"Lovin' You"をプレイ中でした。ダウンテンポやら古いディスコっぽいのやらを中心にあま〜くトロトロとラブリーな雰囲気で、野外の開放的な雰囲気にぴったり。まだそこまで踊ってる人は多くなくて、みんな地面にべったり座ってまったり耳を傾けておりました。僕は既にビールをぐびぐび飲みながら、真っ昼間から酔って心地良く踊っちゃいましたよー。テンポも緩やかなので酒を飲みながら聴くにはぴったりでしたよ。終盤ではStone Rosesの"Waterfall"なども飛び出して、インディーロックからシューゲイザーっぽいのまでロックを意識した内容になってましたね。DJ Yogurtから聞いた話だと、近々アンビエントMIXCDが出るらしいので要注目。

2時からは曽我部恵一の登場。この時間だけはかなり混んでいて、僕は特に興味が無かったので校内を巡る事に。焼き鳥、チヂミ、オムソバ、塩焼きそば、ビールなどをどんどん流し込み新緑の萌える校内を歩く歩く。しかしとにかく日本NO.1の大学だけあって、都内の中心にあるのにでかすぎる!新しく立て直した綺麗な校舎もあったりして、ここでも格差社会を実感。このブログを読んでいる中高生がいるならば、勉強はした方が良いですよ。何故ならば社会と言うのは勉強が出来る人が優遇される様になっていて、得をする機会が多いからだ。頭が良い事が偉い事とは関係ないけれど、勉強が出来て損はしないのは確実だ。しかも文化祭だけあって女の子も多く来ていて、きっと東大の男を物色するのも兼ねていたりするのだろうな…。

さて3時になってまたコマモ会場に戻って、30分だけDJ Yogurtの2NDセットが始まる。バレアリックな雰囲気を出しつつ、途中でSueno Latinoのマッシュアップを挟み最後で綺麗なテクノでアゲアゲでイワキケンタローに繋ぎました。

イワキさんのプレイはディープハウスからテックハウスを中心に、重みと幻想的な空間を生み出すディープなプレイ。序盤ではDavid Alvaradoの"Sol"からPepe Bradockの"Deep Burnt"を繋ぐ必殺の一撃!雲一つ無い蒼い空に向かって、どこまでも開放的に音が鳴り響く。そして中盤でも音がキラキラと星のかけらの様に光り輝き、会場中に幸せな時間が流れていました。かと思えばダブハウスをかけたり、YMOのラテンバージョンかけたり色々な音が飛び出てきて面白かったです。

最後は我らがワタナベヒロシさん。荘厳で重く儚いシンセがびっしり空間を埋め、たくましいビートが地面を揺らすトラックを繋いで、ディープと言うより素直にカッコイイと言う感じ。一番テクノ色を前面に出してガツンガツンと勢いがありました。最後に自身の"Color Of Feels"で感動的な盛り上がりを見せて、会場も安堵の一時。7月にはワタナベさんがKompakt音源を使ったMIXCDを出すそうなので、楽しみ♪しかし本日は大学の文化祭のイベントなのに、最初から最後まで踊りまくって最高でしたぜ。小さいイベントではあるけれど、こうゆう所から大きなムーブメントが生まれると良いよね。

■Hiroshi Watanabe - Genesis(過去レビュー)
Hiroshi Watanabe-Genesis
Amazonで詳しく見る


■Kentaro Iwaki - Izanai(過去レビュー)
Kentaro Iwaki-Izanai
Amazonで詳しく見る

| EVENT REPORT1 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/947
トラックバック