CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 新野地温泉 相模屋旅館 | main | UPCOMING EVENT >>
The Field - From Here We Go Sublime (Kompakt:KOMPAKTCD57)
The Field-From Here We Go Sublime
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
ここ数年ドイツが圧倒的にテクノを引率している気がするのは、やはりKompaktがあるからなのでしょうか。基本的にテクノと言うとEP中心のシーンでありながら、Kompaktはアルバムでも充実したリリースを重ね、世界中で最も才能のあるアーティストが集まっていると言っても過言では無い気がします。僕とKompaktの出会いは確かKaitoの1st EPからだったと思いますが、そのリリースも2001年だったから既にそこから6年も経っている訳ですね。6年あればテクノレーベルなんて簡単に潰れる様な流れの速いシーンですが、Kompaktは6年でメキメキと拡大し発達した極めて稀に見る重要なレーベルです。何でだろうね、こんなにKompaktの人気が出たのは。ミニマル、ポップ、アンビエント、テクノ、そう言った音が一まとめになった印象があるけれど、Kompaktの音は聴いてすぐにそれだと分かるオリジナリティーがしっかりあるんですよね。比較的流行には流されにくいし、確固としたレーベルのイメージを崩さずに進化して来たのかな。何にせよ当分Kompaktの牙城は崩れる事は無いと、僕は確信しています。

さてそんなKompaktからまたもや才能ある新人が発掘されました。Axel WillnerことThe Filedなるアーティストで、これまでのリリースはほぼ皆無。なのにもうアルバムが出るんだから、勿論悪い訳が無いでしょ。内容はと言うとKompaktの音を全て詰め込んだ感じでしょうかね。Gasの様な霞がかったアンビエント、Kaitoの様な幻想的なテックハウス、または牧歌的でほんわかしたメロディーとミニマルなリズムを携えて、Kompaktとしか表現出来ない音なんですよ。む〜何か説明しようとしても、既に他のブログでも同じ様な表現がされているしこれ以上の説明も難しいです、ハイ。しかし新人らしからぬリラックス具合、肩の力が抜けて気負ってない所が既に才能を感じさせますね。ベテランも新人もKompaktは層が厚いなー。



Check "The Field"
| TECHNO4 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(4) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
The Field / From Here We Go Sublime
昨日あまり眠れなかったのに、何故かあんまり眠くないのですが(苦笑)、このアルバ
| H2R CROSSOVER | 2007/06/05 12:14 AM |
The Field - From Here We Go Sublime (●KOMPAKT/2007)
The Field - From Here We Go Sublime Label: ●KOMPAKT (KOMPAKT CD 57) Format: CD Released: 2007 試聴 >> Amazon.co.jp >> iTS >>うちの食卓 Non solo italianoのtaeko fortunatiさんの本『北イタリアの食卓: う
| acid over the rainbow | 2007/06/05 9:39 AM |
The Field / From Here We Go Sublime (2007)
スウェーデンはストックホルムのAxel Willnerによるソロ・ユニット、The FieldのデビューアルバムがKompaktから。なんだろうね、ミニマルよろしくひたすら繰り返しなのにすごく有機的で...
| Nove-lyze | 2007/08/06 12:39 AM |
The Field 「From Here We Go Sublime」 ('07)
いまやドイツのテクノ・レーベル Kompakt の顔のひとりと言っていいほどに存在感を放っている、The Filed の 1st アルバム。スウェーデン出身の Axel Willner による一人プロジェクト。パッと聞いた感じでは、淡々としたミニマルなテクノ/ハウスなのだが、よく聞くと、
| Rhymes Of An Hour | 2010/02/21 12:58 AM |