<< Hernan Cattaneo - Sequential Vol.2 (Renaissance:REN34CD) | main | Battles - Mirrored (Warp Records:WARPCD156) >>
Renaissance Presents Nic Fanciulli Vol.2 (Renaissance:REN31CD)
Renaissance Presents Nic Fanciulli Vol.2
Amazonで詳しく見る

前職を辞めて一ヶ月、その間に久しぶりにPCゲームをしたりハローワーク通ったりお家で昼寝をしたり、なかなかグダグダな生活を送っていました。がやっと新しいお仕事が決まり、これからは責任を持って社会人としての生活を送る事になります。最初の内は研修期間だろうと思われるのでそこまでは忙しくないと思うのですが、その後はIT関連なので時間も不規則になり多忙な予感がしています。まあこのブログも多少ペースは落ちる可能性が高いけれど、マイペースでがんばるぞっと。

今日は昨日に続きプログレッシヴハウスのMIXCDで、担当はUKプログの新星・Nic Fanciulli。自分は全然彼に関しては知らないのですが、MIXCDの中で自分の好きな曲が使用されていたのでついつい買ってしまいました。"Early Doors"と"Late Night Floors"と言う風に2つの異なるコンセプトで選曲をされていますが、まずは"Early Doors"から。日が変わる前のクラブをイメージしたと思われるタイトルですが、確かにそこまでアッパーではないしむしろラウンジなどで軽くBGMとして流れる位の耳当たりの良い内容だと思います。透明感に溢れ身も心も軽やかにお酒の進みそうな音ではあるんだけれども、ちょっとビートが弱いかなと…。自分の中でプログレッシヴハウスと言うと、徐々にエネルギーを溜めて終盤に上げて行く強烈な4つ打ちが好きなので、物足りなさが残るかな。しょうがねーなーと思いつつ"Late Night Floors"を聴いてみると、こちらは最初から滑らかな4つ打ちが鳴っています。しかしこの人の選曲って良くも悪くもメロディーの起伏が多く、MIXCDなんだけれども一つの世界に統一されてないのですね。例えば他のDJだと色んな楽曲を使っても見事に調和の取れた世界観を創り上げるけど、この人の場合MIXじゃなくてコンピを聴いている気持ちになってしまうなぁ。流行のエレクトロハウスっぽい音や綺麗目の音も入れたりしてそつはないけれど、なんだか全体的に緊迫感が持続しないのは何故?比較するのは可哀想だけれども前日紹介したHernan Cattaneoに比べると、Nic Fanciulliはまだまだと思わざるを得ない出来ですね。自分が聴きたかったFunk D'Void(=Francois DuBois)の新曲は予想通り素晴らしかったです。

試聴

Check "Nic Fanciulli"

Tracklistは続きで。
Disc 1 - Early Doors
01. H-Foundation / Tonight (King Britt's Sexy Mix) (Nic Fanciulli Intro Edit)
02. Francois DuBois / I Try (Original Mix)
03. Marcelino Galan / House & Art (Charles Webster Remix)
04. Colette / Didn't Mean to Turn You On (Justin Martin Mix)
05. Oliver $ / Chord & Memory
06. Fuckpony / Ride The Pony
07. Budai & Vic / I Love Deep (The Timewriter Remix)
08. James Talk / Pass Me The Suntan Lotion (Talk's Exclusive Renaissance Mix)
09. Xara & Criminal / 5000KW (Ortzroka Remix)
10. Technasia / Evergreen (John Tejada Remix)
11. Jakatta / Shimmering Stars
12. Akabu / Phuture Bound (Ame Remix)
13. Bent / Always (Ashley Beedle's Mahavishnu Vocal Mix)
  Coldcut Feat. Lisa Stansfield / People Hold On (Acapella) (Danny Howells Mash-up)

Disc 2 - Late Night Floors
01. Tiefschwarz / Damage featuring Tracey Thorn (Buick Project Renaissance Intro Mix)
02. Underworld / Vanilla Monkey (Buick Project Remix)
03. Pig & Dan / 4 Leaf Clover
04. Shakes / Air (Instrumental)
05. Kirk Degiorgio Presents Esoterik / Starwaves
06. Nic Fanciulli / Cat Out Of The Bag
07. Booka Shade / Trespass '06
08. Dave Robertson & Jon Gurd / The Rendition (Sebastien Leger's Good Clock Remix)
09. Nic Fanciulli / Lucky Heather
10. Gabriel Ananda / Dopplewhipper
11. Paul Kalkbrenner / Keule
12. Davide Squillace / Yo!
13. Funk D'Void / Lovin' (Your Body Mix)
| HOUSE3 | 21:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - | |

コメント
おっ、けっこう早く決まりましたね。
おめでとうございます。

マチュさんお勧めディスクだと、ロン・トレントを買おうと思ってます。
試聴した感じ、かなり良さ気です。
| bigflag | 2007/07/03 12:17 AM |
>bigflagさん
どうもありがとうございます。
小さな会社なんでサクサク決まっちゃいました…。
真面目に勉強してスキルアップして大手に転職が希望です。
でも初日から既に疲れました。IT系は知識ないとしんどいです。

ロントレントはディープハウスから逆に退化した様な音ですが、
それでも尚スピリチュアルで神聖化していて素晴らしいです。
| マチュ | 2007/07/03 9:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/979
トラックバック