<< The Chemical Brothers - Singles 93-03 (Freestyle Dust:XDUSTCD6) | main | Randolph - Lonely Eden (Still Music:UGCD-SM002) >>
The Chemical Brothers - Exit Planet Dust (Freestyle Dust:XDUSTCD1)
The Chemical Brothers-Exit Planet Dust
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤) Amazonで詳しく見る(日本盤)
昨日は化学兄弟のベスト盤を紹介したので、今日はついでに彼らの傑作1stでも紹介したいと思います。彼らがデビューした頃から聴いていた僕としては、ベスト盤と本作だけ持っていればはっきり言って充分。なんでか分からないけれど日本ではデビュー後は質は落ちていくのに何故か人気だけは増していく不思議な現象がありまして、ケミカルもその一人(他だとUnderworldとかProdigyとかね)。ただこの1stだけは真面目に相当インパクトがあったし、僕もよく聴き込んでいましたよ。ロックミーツテクノなんて言われる彼らのサウンドはビッグビーツ(死語)なんて呼ばれたりもしてたけど、今冷静に判断するとテクノ+ブレイクビーツ(ヒップホップ)の方が適しているかなと思います。とにかくめっちゃファンキーだよね、重くうねるベースラインとか細かいリズムトラックとかがさ。根本には黒人から受け継いだヒップホップなどがあるんだろうけど、それをヨーロッパ的に再構築してホットで黒いのは抑え目に、爽快感と先進的なファンクを前面に出していると思います。ファンキーだけど汗はかかねえよ!ってな感じです。しかし全編ブレイクビーツの嵐で今聴いても充分過激的、攻撃的なサウンドにめためたに殴りつけられそう。この頃はまだポップなメロディーも殆ど無くリズム中心のトラックが多いので、コアなテクノ好き程好きな人が多いと思いますよ。2ND以降はどんどん大衆的になっていくので、1stまでがいかにもテクノっぽい作品と言えます。でも1stの中にもアンビエント風な"Chico's Groove"とか、メランコリックな"Alive Alone"なんかもあったりして、アルバムに華がありますね。とにかく大名盤なんで、テクノ好きもそうじゃない人も買って間違い無し!

Check "The Chemical Brothers"
| TECHNO5 | 23:00 | comments(8) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
最初メジャーからのシングル「Leave Home」を友人が進めるままにリミックス盤と共に購入。

オリジナルのカッコ良さ以上に、Underworldのリミックス盤がキてましたね。

結局その後の「Loops of Fury」までが良くて、後はもう…。

Sabres of paradiseのリミックスで見せたファンキーさはどこへ行っちゃったんでしょうねぇ。
| katt.jp | 2007/07/15 8:27 PM |
> ベスト盤と本作だけ持っていればはっきり言って充分
言えてますね。

僕もSOPのリミックス→『Leave Home』→1stアルバム
と聴き進んだクチで、この1stアルバムはクラブの現場から出て来た
新しい音だと感じて、本当によく聴き込みました。
彼らはインタビューではしきりに、今でもクラブサイドの人間だ、と
発言していますが、音だけ聴く限り、あまりそんな風には思えませんよね。
| びびんば | 2007/07/16 2:24 AM |
>katt.jpさん
Leave HomeのUnderworldリミックスは、僕はWipe Outのサントラで聴きました。
あんまりテクノ知らない頃だったけど、あれは確かに格好良かったですね♪

>びびんばさん
SOPのリミックス人気ありますねー。僕はセイントエティエンヌのリミックスが、原曲が全く分からなくなっていたけどあれではまった記憶が。
最近の音はクラブサイドなんでしょうかね…。クラブで流れているの聴いた事ないです、はい。
| マチュ | 2007/07/16 5:32 PM |
個人的には彼らはビッグビートの文脈には入らないグループだと思ってたりします。
ビッグビートがブームになったのって、彼らの2nd以降(というよりも、fatboy slim以降)だと思ってるので。
(ちなみにprodigyもビッグビートじゃないと思う)
むしろ、彼らの場合、デジロックの方がふさわしい(笑)
ボクは1stよりも実は2ndの方が好きで、それはここの方々と違うビッグビート文脈の人だからだと思うのです。
もちろん、このアルバムは大好きで、この辺りの文脈の音楽にのめりこむきっかけをつくってもらったアルバムなのですが。
ちなみにボクは98年ごろ、londonのheavenly socialで彼らのDJを見ましたが、ライブの10倍はファンキーでかっこよかったです。今はどうなんでしょ。
| mats3003 | 2007/07/16 11:15 PM |
>mats3003さん
デジロックなんて言葉もありましたね。
そういやビッグビートはもうちょっと後でしたっけ?
今冷静になるとビッグビートとかデジロックなんて言葉を、
わざわざ作らなくても良い気がします。
テクノ+ヒップホップとかテクノ+ブレイクビーツで良いじゃんとか思ったり。
しかしロンドンでDJを体験してるなんて凄いですね。
日本でも時折来日してはDJもしてるらしいけど、やっぱりファンはライブを希望なんでしょうか
| マチュ | 2007/07/18 12:18 AM |
一般的にケミカルの人気が出たのはセカンドからでしたね。

ファーストが衝撃的で、セカンドが出るタイミングで評価された…みたいな感じだったと思います。

ビックビートとか、デジタルロックとか言われてましたね。

マッシブアタックはトリップホップだったけど、これもどっか行っちゃった呼び名ですね。
| katt.jp | 2007/07/18 12:39 PM |
ちょっと盛り上がってますねー。
彼らのことを知ったのは、ビッグビートのブームの時だったんですけど、
ブームに乗っかったというよりは、当時オアシスにはまっていたので
ほとんどノエル目当てで聞いてみて、「Setting Sun」にガッカリしたのを
よく覚えていますw。

記憶では(手元にないので)、2ndは1stよりもロック的な要素が
強くなっていたような。ノエルの起用しかり、23 Skidooをモロ使いしてる
「Block Rockin' Beats」といい。

1stはレンタルして聞き直してみます♪
| bigflag | 2007/07/20 12:50 AM |
>katt.jpさん
一般的な知名度は2NDですよね、ノエルが参加したセッティングサンのおかげかな。
2NDも興奮して買った記憶があるけど、すぐに飽きて聴かなくなってたんですがね。

>bigflagさん
僕も94〜95年頃はオアシスにはまってました。洋楽を聴く様になったのはオアシスのおかげです。
ノエルがSetting Sunに参加した事で、かなりロックファンを引き込む事になったのかなと思います。
2NDの方が音が確かにロックよりかも。1stはまた感触が少々異なるけど、お勧めです。
| マチュ | 2007/07/21 5:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/987
トラックバック
Exit Planet Dust : The Chemical Brothers
ときどき自分はどこの国出身だろう?って思うことがあります。何故ならば ・「オレにはスウェーデン人の血が1/4混じっている」と言うと、相手はほとんど信じる。 ・ベルギー人のおばさんに「あなたメキシコ人でしょ?」と言われたことがある。 ・
| Yokohama Beat Junkie | 2009/10/01 11:09 PM |