CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Hardfloor - The Business Of Basslines (Hardfloor:HFCD 05)
Hardfloor - The Business Of Basslines
Amazonで詳しく見る(日本盤)

アシッド大将軍、アシッド・ハウスの伝統工芸士、アシッド・ハウスの金太郎飴、彼等を表現するのであればそんな言葉が相応しい。それが25年にも渡り我が道を行くを体現するOliver BondzioとRamon Zenkerによるジャーマン・テクノのユニットであるHardfloorであり、シカゴから生まれたアシッド・ハウスの再評価に貢献した重要な存在だ。時代に左右される事なくTB-303の魅力に取り憑かれた彼等はその名機と心中する事を選んだ結果、それが彼等のオリジナル・サウンドとして確立され、この音楽の第一人者として今も尚君臨する。本作は本来2016年に25周年記念盤としてリリースされる予定が延期となり2017年の今ようやく世に放たれたのだが、彼等にとって当たり前と言えば当たり前なのだが本作も全編TB-303を駆使したアシッド・サウンドが貫きつつ、しかしそれだけではない円熟味を発揮したバラエティーに富んだ音楽構成は予想以上に素晴らしくある。初っ端の25周年アシッド記念をもじった"25th Acidversary"、ここからしてシャッフルするファンキーなリズムと膨らみのあるアシッドのベースラインがうねり、そこにトランシーな上モノが快楽的に延びていくのは、オリジナルのシカゴ・ハウスとベルリンのジャーマン・トランスの融合と呼べるだろう。勿論そんな直球な曲だけではなく、タイトル曲の"The Business Of Basslines"では詰まったようなエレクトロ・ビートでは渋みも感じさせ、かつてのヒップ・ホップへ傾倒したDa Damn Phreak Noize Phunk名義の系譜に連なる官能的で色っぽくもあるブレイク・ビーツを刻む"Gypsi Rose"など、アシッド・ハウスを変わらぬ武器としながらもそこからの拡張性には目を見張るものがある。"Computer Controlled Soul"や"Neurobot Tango"に至ってはKraftwerkや、それどころかデトロイトのダーク・エレクトロの真髄であるDrexciyaの鋭利なリズムを思い起こさせ、アシッドの不気味なトランス感との相乗効果は覿面だ。そして日本盤のみのボーナストラックは『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の為にとHardfloorが新たなアレンジを施した"Acperience 7"、彼等の活動を代表するあの大名曲がバージョン5を飛び越し7として生まれ変わっており、当然の如く攻撃性の高くエグいアシッド・ベースが脈打つファンキーかつトランシーなアシッド・ハウスは完全に彼等の音だ。ユニットが25年も活動していればパワーが落ちるのも珍しくはないが、それどころかハイエナジーで更に表現力に磨きをかけた彼等の前に太刀打ち出来る存在はいない。Hardfloorを越えていくのはHardfloorのみ、アシッド・ハウスの金太郎飴もここまで徹底すればそれは代用のきかない魅力となるのだ。



Check "Hardfloor"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Enitokwa - o.n.s.a. (non-entertainment-research:nercd003)
Enitokwa - o.n.s.a.

2016年に『2069』(過去レビュー)で突如復活を果たしたTakashi HasegawaことEnitokwa、その勢いは止まらずに2017年も新作をリリース。本作は1865年創業のお茶屋さんである宇治香園が提唱する"Tealightsound"(Tea+Light+Sound)シリーズの第3弾と企画物ではあるものの、これが完全にEnitokwaのスピリチュアルな音楽観にはまった快作で、忙しない日常や喧騒にまみれた都会生活に疲れた人達にはうってつけの癒やしのアンビエントとなる事は間違い無し。『2069』でも非日常のユートピア的な夢想空間アンビエントを展開したEnitokwaであったが、ここではアンビエントと言う共通項は持ちながらも更に静穏さを強めた侘び寂び的な方向へと突き進み、プリペアド・ピアノにフィールド・レコーディングと電子音の超自然的な融和が成されている。便宜上5曲にトラック訳はされているものの一つの作品として特に曲名はなく、40分弱に渡っての禅への道が開かれているが、茶園を含む茶を作る一連の音、そして大阪や黒島でのフィールド・レコーディングを含む響きは静謐という表現が相応しい。長閑な雰囲気に鳥の囀りから始まるオープニング、川のせせらぎらしき音も加わり木々が生い茂る自然の中に居るような感覚に包まれて、静かにしかし確かに存在する生命の営みが浮かび上がる。静寂を強調するように純朴で無垢な電子音が点描のように打たれながら間を作り、そして2〜3曲目ではプリペアド・ピアノや不思議な音響(茶を制作する際の一連の音か?)も加わり、奇妙な世界観の中にも枯山水的な侘び寂びの風景を浮かび上がらせる。自然の中に存在する、いや自然と同化したかのように精神から意識は取り除かれ、ただただ清涼な自然音と電子音に身も心も満たされていく。4曲目では一点して不気味な効果音の中に雷鳴が轟き大自然の厳しさと共にそれが常に移ろいゆくものである事を示唆しており、だからこそそれがより超自然的な力をより明白に伝える。そしてラストの5曲目では不安だった天候から再度雲の切れ目から日射しが降り注ぐように煌めく電子音が繊細に浮かび上がり、体の隅々まで浄化する電子音がうっすらと延びながら綺麗に消失する事で一連の流れは何も無かったかの如く終結する。調和と不安が入り交じる自然の胎動に揉まれながら、最後には何も残らずに侘び寂びのみを肌に感じる感覚の研ぎ澄まされたアンビエント・ミュージックは、前作以上の忘我を体験させるに違いない。就眠時のBGMとして、昼下がりの白昼夢の音として、または寝ぼけまなこの早朝の目覚ましとして、どう使ってもぴったりとはまる快適性。極楽浄土はここにあったのだ。



Check "Enitokwa"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The People In Fog - Last Song EP (Sound Of Vast:SOV011)
The People In Fog - Last Song EP.
Amazonで詳しく見る(MP3)

日本人のKnockとベルリンのRed Pig Flowerによって設立されたSound Of Vastはまだ発足3年ながらも、近年特に成功したレーベルの一つに挙げられるだろう。ミニマル、テック・ハウス、ディスコ、アシッド・ハウスと何か型が決まっているわけではないが、どれもフロアでの実用性重視なダンス・トラックとして成り立っており、EPを購入するに辺りある程度の信頼の於ける指標を備えている。そんなレーベルの中心的存在の一人がThe People In Fogだが、実はDJ Sodeyamaの変名ではあるものの、もはやThe People In Fogの変名の方が特にアーティスト性が際立っているように思う。大雑把に分けるとしたらDJ Sodeyamaがテクノの、The People In Fogはハウスのグルーヴなのだが、その後者の名義に於いてもディープな空間系からオールドスクールなシカゴ・ハウス系まで幅はあり、しかしそのどれもが的確にフロアを捉えている。そして同レーベルからは3作目となる本作、ここでは前作のサンプリング主体の荒々しいファンキーなハウスとはまた方向性を変えて、普段よりも滑らかなモダン・グルーヴとひんやりしながらも華麗なテック・ハウス寄りの作風が打ち出されている。骨太なキックで始まる"Last Song"はその開始から無骨なハウスを予感させるが、しかし空間の奥底で鳴り続ける微細なノイズや残響のあるSEを用いて低空飛行を続けながら、そこから純朴で朗らかなピアノが現れてくると清々しく幻想的な響きが広がるハウスである事に気付かされる。終始一定したビートが続き劇的な展開はないが、その分だけじわじわとくる持続感と繊細な音響の中に美しく映えるピアノによって程良い高揚感を得る事が出来る。カラカラとした乾いたパーカッションとハイハットによる繊細なリズム、そこにふわっと漂う幽玄なパットによるテック・ハウス気味の"Get Funky"は、しかし軽快ながらも何処までも続くミニマル性とボーカルサンプルも効果的なファンク性があり、正にそのタイトルに偽りなし。同様にファンキーなボーカルサンプルを執拗に用いた"Allright"は、リズムは詰まったように変則的で抜けの良いパーカッションが乱れ打ち、浮かんでは消える霧らしく浮遊するパッドに惑わせられるユニークながらも幻惑的なテック・ハウスだ。作品毎に様々な顔を覗かせるThe People In Fog、実に面白くなってきた。



Check "DJ Sodeyama"
| TECHNO13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ron Trent Presents Prescription Word, Sound & Power (Rush Hour Recordings:RH RSS 020 CD)
Ron Trent Presents Prescription Word, Sound & Power
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
レコードショップとして、レーベルとして、ディストリビューターとして今や特定のジャンルではなくダンス・ミュージックの界隈の中では特別な存在として賞賛を一身に受けるRush Hour。特に近年の功績の一つには時代に埋もれてしまった、しかし輝きを今も尚放つ過去の作品の発掘があり、例として寺田創一のコンピレーションは寺田の再評価を決定付ける作品になるなど、音楽への嗅覚は類まれなるものだ。そんなレーベルが自信を持って送り出したのが、Ron TrentとChez Damierがかつて共同運営していたPrescriptionのレーベル・コンピレーションであり、シカゴの初期ディープ・ハウスを象徴するサウンドが詰まっている。現在まで多大なる影響を残すハウスのレーベルであり、時代に埋もれたどころか余りにも有名な存在ではあるが特に初期作品はレアになっている物が多く、ここにそういった名作を纏めた仕事を完遂したRush Hourに対し頭が下がる思いだ。そしてここに収められた曲は広義の"ハウス・ミュージック"ではあるが、それらを一括りには出来ない程に深い広い音楽性を持っている。DamierとTrentによる永遠の名曲"Morning Factory"は、パーティーの夜明けの時間帯に疲労感の中で優しい瞑想へと誘うアンビエント感たっぷりなディープ・ハウスで、ねぼけまなこな陶酔感が続く。発売当初はタイトルの無かった"Don't Try It"、ソウルフルで深く美しいボーカル・ディープ・ハウスは胸を締め付ける程に感情的だ。その一方でミニマル・ハウスのDJが実際にプレイをする"I Feel The Rhythm"は、Ronらしい優美な装飾性もありながらミニマルとしてのグルーヴ感もあり、機能面での実用性も高い。勿論アフロな要素も持っているRonにとっては、盟友Anthony Nicholsonとの共作である"Soul Samba Express"において土臭く生々しいリズム/パーカッションを得意気に披露しつつ、流麗なシンセやピアノによって飛翔感あるディープ・ハウスを展開。セクシーな歌とアンビエンス度の高い艶のある"The Answer"、切れのある跳ねるような4つ打ちのファンキーかつエモーショナルな"The Choice"と、歌物ハウスに於いても時代に左右されない普遍性と抜群のメロディーセンスを披露しており、ある種ディープ・ハウスの王道を確立させたような感もある。収録されている曲全てが当然ではあるが捨て曲無し、そしてここには未発表曲も収録されるなど、シカゴ・ハウスやRonにPrescriptionのファン、いやそれより広くハウス・ミュージックのリスナーであれば是非とも聞いて損は無いコンピレーションだ。



Check "Ron Trent"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Michael Mayer - DJ-KiCKS (Studio !K7:K7348CD)
Michael Mayer - DJ-KiCKS
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
クラブに行かなくても、そしてCDすら買わなくても、最早オンラインでパーティーでのプレイを録音したDJMIXが無料で聞けてしまう時代に、敢えてお金を取ってMIXCDを販売する意味を見つけるのは難しい(勿論音が良いとか、良く練られているとかはあるだろうが)。だからこそ逆説的にクラブの雰囲気ではなくパーソナルな感情を綴ったようなDJMIXとして成功したのが、このStudio !K7が送る『DJ-KiCKS』シリーズだ。1995年に開始して20年以上60作を超えるこのシリーズは、浮き沈みの激しいダンス・ミュージックの業界に於いては最早ど定番と呼んでも差し支えないが、その一方でクラブのハイエナジーな雰囲気を再現しただけのMIXCDとも異なる点で独自性を確立させていた。本作はKompaktの主宰者の一人であるMichael Mayerによるもので、普段はテック・ハウスを軸にミニマルなグルーヴ感でポップやニューウェーブの雰囲気を含むプレイをする記憶があるが、ここでは本人も「できるだけパーソナルな内容にしたかった」と述べている通り一般的な真夜中のダンス・パーティーで聞けるプレイよりもリラックスした緩やかさと程良い甘さがあり、そして丁寧に各曲の魅力を伝える事に専念するかのように1曲を長くプレイしている。幕開けはアバンギャルドなトロンボーン楽曲の"The Tape Is Chill"で夢現の朧気な雰囲気で、そこに自身の新曲であるパーカッシブなハウスの"The Horn Conspiracy"を繋げてビートが動き出す。ギラついて毒っ気もあるニューディスコ調の"The Darkness (I:Cube Remix)"からジャーマン・プログレのダンス版みたいな"Feuerland"の流れは、Kompaktらしいユーモアとポップさもあるのはやはり頭領だけの事はあるか。中盤でのロックでニューウェーブ調の"Gary"で俗世的に攻めつつ、"Apart (Michael Mayer Remix)"や"Please Stay (Royksopp Remix)"等のメランコリーな歌物やポップなニューディスコによってしっとり感情が温まる後半の流れは盛り上がりどころで、そして"Hot On The Heels Of Love (Ratcliffe Remix)"によるエクスペリメンタルながらも叙情性ふんだんなダンス・トラックで多幸感はピークに達する。そしてビートが消失して落ち着きを取り戻す牧歌的な"Landscapes"から、再度力強くリズムを刻み出して感情を昂ぶらせる"Abandon Window (Moderat Remix)"でドラマティックなフィナーレを迎える。やや陰鬱さや内向的な要素もありながら、しかしポップでメランコリーに振れる展開もあり、普段のミニマル寄りのプレイと違っても確かにここにはうっとりと酔いしれてしまうような魅力があり、『DJ-KiCKS』として存在意義も感じられる好内容。夜の
ベッドルームでじっくり耳を傾けて聞くのにぴったりだ。



Check "Michael Mayer"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |