Joey Negro - Distorted Dreams EP (Z Records:ZEDD12262)
Joey Negro - Distorted Dreams EP

購入してから放置しておいたらいつの間にか発売から1年経過していた本EP、ソウルやファンク、そして特にクラシカルなディスコの求道者であるJoey Negroによるものだが、これがすこぶる良いので紹介したい。2017年にリリースされたアルバムの『Produced With Love』に収録された曲を他アーティストがリミックスしたEPなのだが、Negroの音楽性が比較的熱心なディスコ信者らしいクラシカルなスタイルなのに対し、ここではCrackazatとLay-FarにFoukと現在形のハウスを提唱するアーティスト、そしてシカゴ・ハウスの巨匠であるRon Trentがリミックスを手掛けて、これぞモダン・ハウスと言わんばかりの内容でアップデートを掛けている。Trentによる"Distorting Space Time (Ron Trent Remix)"はここではレイドバックして肩の力が抜けたグルーヴとダビーな残響を活かした開放感のある生っぽいディスコ×ダブ・ハウスで、生演奏によるギターやベースの湿っぽさやオルガンやシンセのうっとり甘いメロディーに軽く陶酔させられ、大人の余裕さえ感じさせる包容力に満ちた作風だ。対して"Latican Boogie (Crackazat Remix)"は序盤からすっきりと、そして太いキックが地を固めつつ、美しいシンセのリフやピアノのコード展開をフィルターで変化させながら盛り上げていくポジティブなハウスで、若々しいエネルギーが溢れ出すピアノ・アンセム的な爆発力を伴い高揚感の中を突き抜ける。"In Search Of The Dream (Lay-Far Remix)"もフューチャー・ジャズやディスコにファンクなどの要素が混在するLay−Farらしい音楽性が発揮されたリミックスで、ざっくりとした生っぽい響きのブロークン・ビーツにエレクトロニックで豊かなシンセやベースサウンドによって色彩豊かな感覚に包み込んで、喜びや希望が溢れるブギー・ハウスは現在形のモダン・ディスコでもある。そしてJunktionとDaniel LesemanのユニットであるFoukの"Distorting Space Time (Fouk Remix)"、こちらはライブ感あるパーカッションとざっくり生っぽい荒さのあるブギーなビートを活かして、浮遊感のあるTrentのリミックスよりもどっしり重心を落としややツール性を強調したディスコ・ファンクな趣きか。参加アーティストの豪華さに惹かれながら、更に期待を越えてくる位の各アーティストの音楽性が自然と表現されたリミックスで、これはもう文句無しだろう。



Check Joey Negro
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Bonobo - Fabric Presents Bonobo (Fabric:fabric201)
Bonobo - Fabric Presents Bonobo
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ロンドンの名門クラブ・Fabricがパーティーの雰囲気を再現すべく17年間に渡りリリースし続けてきた4つ打ちを軸とした『Fabric』とブレイク・ビーツを打ち出した『Fabric Live』のミックスシリーズは、しかしネット上に溢れるストリーミングの無料ミックスの台頭を前に、遂にそのリリースは終焉を迎えた。最早販売されるミックスに未来は無いのか…否、確固たるコンセプトやマネージメント力のあるレーベルをバックに制作されたミックスだからこそ、ある一定の品質が保たれ信頼を寄せる事が可能となる事だってある筈だ。一度はミックスのリリースを止めたFabricもクラブ/パーティーの現在形を表現するべく、再度その歩みを始動させて手掛けるのが『Fabric Presents』シリーズで、タイトルからして殆ど変わってないのはご愛嬌か。第一弾に抜擢されたのはトリップ・ホップやジャズにアンビエントやエレクトロニカと様々に音楽を横断するNinja Tuneの人気アーティストであるSimon GreenことBonoboで、その知名度や実力からしてシリーズ立ち上げに迎えられたのも納得だろう。さて、当方はBonoboのDJプレイを体験した事はないが、ここでのプレイは4つ打ちのテクノ/ハウスを主軸に用いて高揚感のあるパーティーの雰囲気で、そこにスパイスとしてジャズやアンビエントも盛り込むなど、思っていたよりもダンス性の強い内容ながらもBonoboの音楽性も表現されている。初っ端自身の未発表曲である"Flicker"はセンチメンタルモードなエレクトロニカ風で、そこからまたも自身のどっしり4つ打ちながらもエキゾチックな"Boston Common"、そしてブラジリアンなサンバのりながらも優雅な"Jacquot (Waters Of Praslin)"、森林の訝しいエキゾチック感溢れるハウスの"Hidden Tropics"と、音楽性は様々ながらも確実に序盤から踊らせにくる選曲だ。また"Nia"や"Maia"などヒプノティックなシンセを前面に出した覚醒的でメランコリックなディープ・ハウスで盛り上がりつつ、中盤は"TKOTN"や"By Your Side"など変化球的に崩した情緒的な雰囲気に包まれるブロークン・ビーツのリズムで揺らしつつ、同じブロークン・ビーツでも何処か刺々しく不穏でもある"Roach"や"Perpetrator"で攻撃的に攻める瞬間もあり山あり谷ありで大きく揺さぶる。そこからドラマティックにじわじわと盛り上がるテクノの"Mirapolis (Laurent Garnier Remix)"を通過し、終盤はフューチャー・ジャズやブロークン・ビーツのしなやかなリズムとメランコリーで空気で落ち着きを取り戻し、最後は微睡みに落ちていく有機的なアンビエントの"Collage Of Dreams"によって平穏を取り戻す。色々なリズムと温かく豊かな感情性でBonoboらしい幅広いクロスオーヴァーな音楽性ではあるが、しかし滑らかなグルーヴ感によって持続的なダンスな感覚に纏められており、これがDJミックスではあるがおおよそBonoboらしい音楽性が表現されている。この新シリーズにどういった意味が込められているのかまだ分からないものの、幸先が良いスタートを切っている。



Check Bonobo

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Muro - Elegant Funk ~Japanese Edition~ (Victor Entertainment:VICL-65091)
Muro - Elegant Funk ~Japanese Edition~
Amazonで詳しく見る(日本盤)

おおよそ10年程前の日本のポップスや演歌をネタにしたエディット・ブーム、そして近年のジャパニーズ・アンビエント/ニューエイジの再発見と、何故か日本の中からではなく外の世界から再発見/再評価される日本の音楽。その理由が何であれ兎にも角にも日本人自らが気付かなかった日本の素晴らしい音楽に光が当てられるのは喜ばしい事であるが、その流れに日本のディガーとして世界的にも評価を獲得しているMuroが参戦している。数年前から既に「Elegant Funk」をコンセプトにしたミックスを手掛けていたのだが、これはライナノーツによればDaytonの"The Sound Of Music"に代表されるスタイリッシュなファンクを指しているそうで、ネオンライトの光に包まれた都会的な煌めきや芳香のする音楽という事なのだろう。そんな中で日本の音楽の再評価に合わせてこのJapanese Editionがリリースされたのも当然の流れではあるが、こちらには80年代の日本のポップスやファンクにディスコやブギーといった音楽が収録&ミックスされており、もう一回聞いただけで(当時これらの音楽を知らなかったのに)懐かしさに満たされる内容だ。フュージョン/シティポップで人気の高い佐藤博やカシオペア、演歌歌手の長山洋子、ファンク・バンドのChocolate Lips、シティポップのシンガーの国分友里恵やAOR性の強い岩崎宏美など、その他当方も全く知識を持ちあせていないアーティストが名を連ねており、程好くダンス・グルーヴと心に染みるポップなリスニング性を伴ってスムースな流れのミックスで気持ち良く聞かせてくれる。勿論ミックスはされているものの曲の性質上、テクノやハウス等におけるクラブでの4つ打ちガンガンで持続性というものではなく、あくまで曲自体が主体でそのものの魅力を主張するミックスなので、じっくりと各曲を堪能する事が可能だ。優雅なファンク、それはそれでこの作品から受ける印象は間違っておらず、曲がポップスであろうとフュージョンであろうとアタック感の強い打ち込みキックに透明感や煌めきを感じさせる豪華なシンセの響き、ファンキーなギターカッティングや肉体感あるベースで共通点があり、確かに音自体は古臭い筈なのにそれがださくなく洗練されて聞こえる(それは当時これらの音楽を体験していなかったため、逆に新鮮に感じられるのか?)。賑やかで華々しい雰囲気は勝手なイメージでは80年代のバブルで熱狂する日本のゴージャスな時代感さえもあり、ポジティブで輝きのある音楽は今聞いても眩しい位だ。屈指のディガーにより纏められたバブルな雰囲気を持った音楽、しかしそれは少しも下品ではなく永遠の輝きを放っている。

Check Muro

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Parviz - Zerzura (Omena:OM025)
Parviz - Zerzura
Amazonで詳しく見る(MP3)

HNNYやSeb WildbloodにBooks(Hugo Mari)らをリリースし、新興勢力のハウスにおいて存在感を示して台頭してきているスウェーデンはストックホルムのOmena。バレアリックやクロスオーヴァーといった現在形の音を取り込みモダンという表現が相応しいレーベルだが、そこからの最新作はペルシャ系フランス人のAlain-Parviz Soltaniによるもの。Parvizは2017年にFHUO Recordsからデビューしたばかりで、この作品でまだ3作目とまだまだ実力は未知数なアーティストだが、過去にリリースした作品を聞く限りでは生っぽく艷やかなジャジー要素の強いハウスが魅力的だ。本作でもその流れは基本的に変わらずどころか、その路線を完全に手中にしたようで、タイトル曲の"Zerzura"からしてざっくり生っぽいジャジー・グルーヴに官能的で切ないサックスや耽美なエレピを重ねて、甘美なロマンチシズムに浸らせる。サハラ砂漠に存在したという言い伝え上のゼルズーラという幻のオアシスをモチーフにしているそうで、確かに途方も無い広大な砂漠の中で緑が茂るオアシスの楽園的な雰囲気というか、リラックスした空気の中から情熱的な感情が溢れてくる。"Odalisque Au Fauteuil Noir"も感傷的なフェンダー・ローズと抜けの良いコンガのパーカッションによってじんわりと温まり、そこから太いキックも入ってくればディープ・ハウスとラテンが邂逅した情熱的なダンス・ミュージックになり、サックスやオーケストラにピアノも加わってくると壮大さを増して熱帯夜の祭りのようだ。特にジャズ要素が強いのは"Ozymandias & The Shrine Of Abu Simbel"で、開始のジャズ・ドラムと艶めかしいサックスの絡みに魅了されつつ、そこから切れのあるジャジーなリズムは走り出し優しく添えるピアノがしっとり装飾したり、または動きのあるベースが躍動感を打ち出したりと、実にライブ感溢れる構成と生々しい響きでぐいぐいと引き込んでいく。"Lunar Baedeker, Odious Oasis"はアダルトなスムース・ジャズか、甘美な夜を彩る艷やかなトランペットやしとやかなエレピが絡み合い、そして肩の力が抜けた柔らかなリズムが浮遊感さえ思われる軽やかなグルーヴを生む。どの曲も鍵盤系のピアノと木管楽器のサックス等をメインに用いて官能性や情緒性を強調したジャジーなディープ・ハウスで、やや似通った印象が強すぎるきらいがないわけでもないが、それでも一聴して耳を惹き付ける魅力は十分。今後の活躍が楽しみなアーティストだ。



Check Parviz
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
埜庵 kohori-noan 26回目
埜庵1

今年もかき氷のシーズンの到来、となれば何はさておき通年かき氷営業を広めた発端である湘南は鵠沼海岸の「埜庵 kohori-noan」。正直この数年のかき氷ブームはタピオカブームと同様で加熱し過ぎていて距離を置きたくなる状況ではあるが、かき氷に対し開眼する原点となった埜庵だけは、今でもタイミングを図って一年に一度位は美味しいかき氷を求めて足を運んでいる。日光・三ツ星氷室の天然氷を使った…なんてもはや天然氷を使ったかき氷屋が溢れていて、それだけでは店のアピールにならない時代、埜庵は天然氷が将来失われるであろう事まで予測して、天然氷を売りにせずにあくまでシロップやソースの美味しさを売りにして新たな顧客を開拓している。さて、恒例夏のシーズンは本店での営業は控えてデパート等に出店をしているが、今回7月24日から8月13日にかけて藤沢のさいか屋に出店していたので、平日の夕方に出向く事にした。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |