CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー (JUGEMレビュー »)
ロン・トレント,RON TRENT
Ron TrentによるPrescriptionからリリースされてベスト盤が2枚組でリリース。シカゴ・ディープ・ハウスの壮大な深さを体験。3/15リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

故ヨコタススムの初期名義、RingoのPlantationがリイシュー。ポップでテクノでハウシーな作品。3/27リリース!
RECOMMEND
ハーヴィー・サザーランド
ハーヴィー・サザーランド (JUGEMレビュー »)
ハーヴィー・サザーランド,HARVEY SUTHERLAND
メルボルンの新星・ハービーサザーランドが日本向けにEPをコンパイル。MCDE等からもリリースする作品はライブ感溢れるブギーなディープ・ハウス。3/15リリース!
RECOMMEND
Providence
Providence (JUGEMレビュー »)
Nathan Fake
Border CommunityからNinja Tuneへ移籍したNathan Fakeのニューアルバム。より変態的なサウンドに変化するのか?3/10リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
RECOMMEND
Local Talk 5 1/2 Years Later
Local Talk 5 1/2 Years Later (JUGEMレビュー »)
V.A. - Local Talk
Local TalkがBlazeのあのアルバムジャケットをオマージュにした作品をリリース。EP2枚でリリースされた作品を日本のみでCD化。DJ SpinnaやS3Aらが参加。3/1リリース!
RECOMMEND
TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)
TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
電気グルーヴ
電気グルーヴ4年ぶりのアルバム。多数のゲストが参加。3/1リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Jay Daniel - Broken Knowz (Technicolour:TCLR018)
Jay Daniel - Broken Knowz
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Kyle Hallと双璧を成すJay Danielはデトロイト・テクノ/ハウスの新世代を代表する若手のアーティストで、何とまだ25歳と若くして知名度を得た実力者である。Sound Signatureから2013年にデビューを果たしてからまだ数年だが、既に日本への来日も果たすなどデトロイトに於ける新世代としての期待を一身に背負い、デトロイトのアフロ・フューチャリズムの伝統を受け継ぎつつ今のサウンドを創作する。母親はPlanet-Eから作品をリリースしていたあのNaomi Danielなのだから、血筋としても裏切るどころか期待された通りの結果を残しているが、しかし母親のうっとりする官能的な歌モノハウスとは異なり、Jayの音楽性はとびきりに粗い。若さ故の衝動的なパワーと呼ぶべきか、その粗さは例えばテープでの録音や古い機材を使っている事も影響しているのだろうが、敢えて綺麗に作品を纏めるような事はせずに剥き出し感のある粗雑な音が熱いソウルをより実直に感じさせるのだ。その方向性はドラムプログラミングの制約に限界を感じた事で、本作では自分でドラムを叩く事へと繋がり、それが結果としてJayのラフな音楽に拍車を掛けつつより人間味溢れる音を鳴らす事になったのだ。ハンドクラップや生々しく土臭いドラムのリズムに先導される"Last Of The Dogons"は、何か黒いものが蠢くようなアフロ感覚もあり、単にハウスと呼ぶには異形なオープニング・トラックだ。続く"Paradise Valley"は正にドラムスティックの乾いた音がリズムを刻んでおり、何が物悲しいメロディーと相まって胸を締め付けるような感情的なロウ・ハウスだ。"Niiko"も生き生きと躍動的なドラムのリズムが土着的で、最早デトロイト・ハウスというよりはエキゾチックな原始音楽のような生命力があり、肉体から汗が吹き出すような胎動が感じられる。逆にこれぞJayのロウ・ハウスらしくあるのは"1001 Nights"で、ざらついたハイハットの粗さや骨格が浮かび上がった隙間だらけの構成が、逆説的に骨太なグルーヴを生み出している。どの曲も簡素な構成が故にドライかつ抑揚が抑えられてはいるものの、4つ打ちを逸脱した妙なリズム感が揺れを誘発し、ライブ感のある音によって直接肉体を刺激する。デトロイトの先人達のソウルを受け継ぎつつ、しかし単なる物真似にはならないオリジナリティー溢れる音楽性があり、新時代を切り開くアーティストとして期待は大きくなるばかり。



Check "Jay Daniel"
| HOUSE12 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Keita Sano - Keita Sano (Rett I Fletta:RIF 010 CD)
Keita Sano - Keita Sano
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2016年は大躍進を果たしたKeita Sano、瀧見憲司に見初められClue-L Recordsからアルバム『The Sun Child』(過去レビュー)をリリースするやいなや、今度はPrins Thomas主宰のRett I Flettaから更にアルバムである本作をリリースと、他にも同年に7枚のEPをリリースしている事を考えると異常な程のハイペースな量産体制に驚かずにはいられない。その活発な制作活動と共にテクノからニュー・ディスコにロウ・ハウスやブレイク・ビーツと的を絞らせない振り幅の大きな音楽性が彼の特性で、型破りにも思えるエネルギッシュな活動がOppa-laで彼のライブを見たPrins Thomasを刺激し、その結果として本アルバムのリリースに至ったのは実力主義が認められた証拠だ。そんな本作を本人は「テクノ、ハウス、ディスコを解釈したアルバム」と述べているが、正にその通りで当初からのごった煮なサウンドを彼らしいやんちゃなムードで染めており、Crue-LからリリースしたアルバムよりもSanoの初期の個性がより際立っている。ロウな4つ打ちとスネアがロールする光が溢れてくるディスコティックな"Full Of Love"から始まり、金属がひしゃげるような音が特徴のロウ・ハウスの"Leave The Floor"ではアシッド・ベースがうねり奇妙なトリップ感を生み出している。毒々しいトランス作用のあるアシッドから始まる"Honey"では、途中から祝祭感のある電子音やディスコなベースも走り出し、じわじわと多幸感を増していくアシッド・フィルター・ディスコでフロアでの作用も抜群に違いない。"Vood"は一風変わった曲で序盤はビートレスな中で鈍い金属音が持続し、途端に重厚なキックが入ると冷気を帯びたテクノへと変化するツール性の高い内容で、しかしこのトリッキーさもSanoの音楽性そのものだ。アルバムの中で最もパーカッシヴな"Sucker Pt. 2"は何か原始的な胎動も伝わってくるが、射し込んでくるキラキラした光のようなシンセがディスコ色に染める爽快な曲だ。僅か7曲のアルバムとは言えここにはSanoの音楽性が存分に展開されており、荒々しくもその初期衝動的なエネルギーや骨太さが、愉快痛快で気持良い位だ。



Check "Keita Sano"
| TECHNO12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Vince Watson - VW20 : Introspection (Everysoul:)
Vince Watson - VW20 Introspection
Amazonで詳しく見る(Part1)
 Amazonで詳しく見る(Part2) Amazonで詳しく見る(Part3)
Amazonで詳しく見る(Part4) Amazonで詳しく見る(Part5) Amazonで詳しく見る(Exclusive Beatless Trax)
デトロイト・テクノへの尊敬や畏敬の念を包み隠す事なく、恐らく業界内でも最大級の愛を指し示しているのがVince Watsonなのは、彼のFacebook等を閲覧している人は理解するだろう。当の本人はデトロイト・テクノから多大なる影響を受けながらも自分が作る音楽はデトロイト・テクノではないと強く主張しているが、もしかするとそれも尊敬する対象への存在感の大きさ故に、デトロイト・テクノと名乗る事をおこがましいと考えてもいるのかもしれない。しかし彼の音楽は決してそれに劣るものではなく、美しいシンセの旋律やエモーショナルと呼ばれる世界観、そして本家よりも洗練された綺麗な響きもあり、その良質なダンス・トラックは実際に多くのDJにプレイされ高い評価を獲得している。本作はそんな彼によるベスト盤的な作品で、活動20周年を記念して1996〜2016年までにリリースされた作品を纏めている。世界各地のレーベルからリリースする彼の作品を集めるにはそれなりの労力や資金が必要だったが、目出度くこうして纏められた事は本当に喜ばしい。そして単なるコンピレーションではなくリマスターが行われたり、曲によっては完全に2016年に適すように再構築されているそうで、古い曲も現在に合わせて進化を遂げているそうだ。どれもこれも名曲なので全部の解説をするのは避けさせて頂くが、Planet-Eからリリースされた"Renaissance"、これは彼の作品の中でも最も美しくエモーショナルなテクノだろう。闇の中で滴り落ちる官能的なピアノや黒光りするようなストリングスを用いて、深遠へと導くディープなテクノで意識も融解してしまう。13分にも及ぶ大作の"A Very Different World"は美しいパッドは用いながらもアシッド気味なシンセベースがうねる快楽的なテクノで、一方では"Every Soul Needs A Guide"のように空の下の開放的な場所にも合う爽やかなジャジー・テックハウスもあるが、雰囲気は異なれど心を揺さぶる情熱的な響きにおいてはVince節の統一感がある。勿論Ibadanからリリースされた名作"Mystical Rhythm"も忘れてはならない曲で、Ibadanらしい黒光りする空気を伴うディープ・ハウスは既にこの頃から確立されており、最近Yorubaからリリースされた漆黒のディープ・ハウスへの道はここから始まっていたのだ。そして本作にはファンの為に本作用に構築されたビートレス・バージョンも収録されており、そちらでは曲そのものの美しさをより強く感じ取る事が出来るはずだ。もしエモーショナルなテクノ、もし情緒的なハウスを求めている人は、是非とも本作を手に取って欲しい。



Check "Vince Watson"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/2/9 Amp Fiddler Japan Tour 2017 @ Contact
デトロイトのシンガーソングライターであるAmp Fiddlerが何とB'zの稲葉浩志のツアーにサポートメンバーとして参加しているのは驚きだが、棚から牡丹餅と言うべきかそのおかげでAmp Fiddlerの国内ツアーも組まれ、都内ではContactにて夕方パーティーでFiddlerのライブが聞けるのはラッキーな事だろう。そして日本から迎え撃つは新世代ビートメーカーであるSauce81で、ファンクやソウル等の黒い要素をマシン・ライブで表現するアーティストであり、歌も演奏も織り交ぜたライブはきっとFiddlerにも引けをとらないだろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Your Song Is Good - Waves (Kakubarhythm:KAKU077)
Your Song Is Good - Waves
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

元々アナログ媒体の多いダンス・ミュージックの業界に限らず今や音楽シーン全体でアナログ熱が再燃しているのは明白で、そして敢えてデータ配信も行わずにアナログのみで音源を送り出す事さえも増えてきているこの頃。本作もデータ配信の予定は現時点でなくアナログ限定となるが、現在の日本のテクノ/ハウスでは世界に数少なく通用するGonnoがリミックスを提供している事に、今ままで熱心にアナログを愛してきたファンは歓喜すべきだろう。Your Song Is Goodは1998年から活動する日本のインストゥルメンタルバンドだそうで、しかし活動の初期からアナログでEPをリリースしており、決して本作が今のアナログブームに乗っかっただけではない。ようやく時代が彼等のスタイルにはまっただけなのだろうが、先ずは何よりも音楽だ。オリジナルとなる"Waves"は夏のトロピカル感溢れるレゲエでディスコな、そして開放感溢れるバレアリック・サウンドを展開している。クラブの電子的なダンス・ミュージックらしさとは異なり、ギターやベースにドラム、オルガンやトロンボーンなど完全に人力の演奏による弛緩しつつ気ままなセッション性に従ったようなプレイは、真夏の蒸し暑さの中でも爽快な空気に満たすような制汗剤のようで、このレビューが真冬の今にまで遅れてしまったのがもったいない夏向けのトラックだ。そして恐らく本作を購入する大半の人の目的はGonnoがリミックスした"Waves (Gonno Remix)"に違いないだろうが、今までにも「森は生きている」やアイドルである「チームしゃちほこ」のリミックスを行ってきた経緯からも分かる通り、普段のフィールドとは異なる音楽であろうと見事にGonno色に染めてしまう事は保証されている。リズムは駆け抜けるような4つ打ちへと生まれ変わり、そして原曲の夏らしいメロウかつ開放感を陽気に弾けるパワーへと転換させたバレアリックなサウンドは、底さえも見えない程のポジティブな心象が投影されている。闇や陰気を振り払い前へ前へと進み続ける事で今という先の見えない不安な時代を生き抜く、そんなエネルギーが爆発したかのような光を発散し、闇を照らし出すハイエナジーなハウス・ミュージック。原曲の雰囲気を損なわずにGonnoとしか言いようのない熱量の高さを付加し、パーティーのピークタイムでも、または朝方のドリーミーなフロアでも多幸感に包み込むであろう期待通りのリミックスだ。





Check "Your Song Is Good"
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |