CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジ・ワン
ジ・ワン (JUGEMレビュー »)
ウィル・セッションズ & アンプ・フィドラー Feat. デイムス・ブラウン,DAMES BROWN WILL SESSIONS & AMP FIDDLER Feat
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Christopher Rau - F.M.E. Hustle (Money $ex Records:M$LP007)
Christopher Rau - F.M.E. Hustle
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

ハウス・ミュージックを軸にしながらも作品毎にブロークン・ビーツやヒップ・ホップ、アンビエントやビートダウンなど大きな振れ幅を持つベルリンのMoney $ex Records、ダンス・ミュージックであればジャンルは問わないというようなスタンスがあればこそユニークなアーティストも多く集まっている面白いレーベルの一つだ。しかしそのレーベルからのニューアルバムはGieglingやSmallville等から繊細さな響きと幽玄な世界のディープ・ハウスをリリースしてきたChristopher Rauによるもので、Money $exとの相性は?と思うところもあったが、Rauも過去には剥き出し感あるロウなハウスや変則ブレイク・ビーツも手掛けてはいたりもするので、意外と合うのかもしれない。蓋を開けてみればアルバムは予想よりも幅広い音楽性でその意味ではMoney $exのカラーに寄り添ったとも言えるし、そしてRauらしいうっすらと伸びるような淡い情感もあってRauらしさを保ってもいる。アルバムは濃霧が満ちたような幻想的なアンビエントである"F.M.E. Hustle"で始まり、変則的に詰まったリズム感ながらもRauらしい叙情的なパッドを用いてすっと浮遊感を得たディープ・ハウスの"Utoplateau"や、同様にブロークン・ビーツで揺れつつも淡く純朴なシンセのメロディーで柔らかく包み込むディープな"Jetlag Alter"と、序盤はおおよそRauに期待している音楽性そのものだ。変則ビートはその後も続き、ぐるぐると目が回るような重心低くローリングするリズムの一方で耽美に空高く舞うエレガントな上モノを配した"Draulic Drone"からヒップ・ホップ調のロービートでしっとりと湿度を帯びて内向的な情感のある"B.S. Fondue"、そして更にビートが弛緩してダウンテンポへと行き着いてアルバムの中でほっと一息つくメランコリーな"Glacial Pacer"と、身体的なビート感を軸に上げ下げを盛り込んで上手くアルバムの流れを作っている。そこから再度4つ打ちでテクノ的な強靭なビートとヒプノティックな残響で空間を演出するアッパーな"Uebelst Bekorbt (House Mix)"、隙間を残しながら端正な4つ打ちですっきりと軽快なテック・ハウスの"Drama - Chamber"と、ダンスからリスニングまで程よく盛り込まれている。アルバムはリズムは激しかったり、逆に落ち着いていたりと幅はありながらも、旋律に込められた甘美な陶酔感はうっとりとドリーミーでこれは正にRauらしい統一感がある。Money $exという癖のあるレーベル性に沿いながらも、やはりRauの静謐な世界観は光っている。



Check Christopher Rau
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Benedek - Earlyman Dance EP (Second Circle:SC010)
Benedek - Earlyman Dance EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

現在形のニューエイジ/アンビエント/バレアリック代表格のMusic From Memoryが、2014年から新たに始動させたラインが傘下のSecond Circleだ。MFMとの大きな違いは?と考えるとエクスペリメンタルではありながらももう少しダンス寄りな印象のあるレーベルで、とは言いながらもやはり普通のダンスではなく原始的な衝動や剥き出しなファンクやエレクトロの質感があったりと、他の音楽に埋もれてしまう凡作にならない点がやはりセンスの良さを感じさせる。本作はUSはロスアンゼルスの音楽家であるNicky BenedekことBenedekによる作品で、ビート感はハウス・ミュージックになっているがブギーやファンクにディスコやローファイといった、捉え方によっては様々な要素が感じられる混合物なダンス・ミュージックだ。"Earlyman Dance"からして生っぽくアタック感の強いドラムマシンが迫力あるビートを刻み、そこに艶のあるトランペットの響きとうねりの効いたベースにサイケな電子音を組み込んで、懐かしくも味わいのあるシンセ・ファンクを聞かせる。別バージョンである"Earlyman Dance (Canyon Version)"はトランペットが省かれてリズム重視ながらも、美しい上モノを加えてキャニオンから夜明けの太陽が昇ってくるような光景が浮かび上がるバレアリックなハウスへと生まれ変わっており、こちらはモダン・バレアリックと呼んでも差し支えないだろう。安っぽく生々しい響きのリズムが印象的な"MACA"は例えばテクノやハウスが生まれる前のプロトタイプ的なダンス・ミュージックといった趣で、ぼやけたような淡いシンセのメロディーや空間を飛び交うSE風な電子音がどこかレトロフューチャーな懐かしさにも繋がっている。そしてエキゾチックな金管系のシンセのメロディーと笛の音色、ドタドタとした慌ただしいキックが生み出すローファイ電子ロックな"Tengu's Mystery"、色っぽくムーディーなトランペットとダブ感ある隙間を強調した音響を活かしたブギーなディスコの"Sixtern"と、ここらへんでもやはり洗練とは真逆の宅録DIYな音の響きがレトロな曲調となっている。MFMの懐かしさを誘う郷愁のリスニング性をそのままにダンス性も加えたような音楽性、そしてそれはMFMが過去のリイシューが多いのに対しSecond Circleは今産み落とされた音楽という点で、レーベルの個性を作っている。



Check Benedek
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/11/2 UBIK presents Live In Concert @ Unit
長年Unitにてダンス・ミュージックのパーティーを企画してきたUBIKが、今新たに立ち上げたライヴイベントがその名も「Live In Concert」。あくまでライブという名目なのにどういったジャンルの音楽に焦点を当てるのかはまだ不明なものの、今までの経歴を考えればエレクトロニックなものである事は推測される。その記念すべき第一回目はKompaktからPalais SchaumburgやThe Orbのメンバーとしても輝かしい功績を持つベルリン・ダブ・テクノのThomas Fehlmann、そして同レーベルの現在最も人気を集めているであろうシューゲイザー・テクノ代表格のThe Field、そしてFlangerやSecret Rhythmsといったユニットでも強烈な個性を発揮したBurnt Friedmanと、どうやら今回はテクノが軸にあるようだ。初回という事もあってか強力な布陣を擁したパーティー、期待せずにはいられない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Thomas Fehlmann - Los Lagos (Kompakt:KOMPAKT CD148)
Thomas Fehlmann - Los Lagos
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ベルリンのニューウェーブ変異体であるPalais Schaumburgの元メンバーであり、Moritz von Oswaldとの3MBによってベルリンとデトロイトを結び付け、そして何よりもThe Orbのメンバーとしての輝かしい功績を持つベルリンのダブ・テクノ/アンビエントの重鎮中の重鎮であるThomas Fehlmann。DJではなく生粋のライブアーティストである彼が生み出す音楽は、揺らめくダビーな音響と緻密な電子音の変化、そしてシャッフルするリズムを組み合わせてダンスとしての機能性に芸術的な美学を持ち合わせた職人芸的なものだ。特にその音響面の才能は、例えばAlex Patersonがコンセプトを生み出すThe OrbではFehlmannがダブ音響の多くを担っているのではと思う程に、研ぎ澄まされた電子音の響きには個性を持っている。ソロアルバムでは前作から8年ぶりと随分と間は空いてしまった本作、繊細な音響面に於いては全く陰りは見られないものの年を経たせいもあるのだろうか、一聴して以前よりは地味でアブストラクト性を増している。オープニングの"Loewenzahnzimmer"は地を這うようなのそのそとした粘性の高いダブ・テクノで、モワモワとしたヒスノイズの奥には繊細な電子音響が散りばめられ、闇が広がる深海を潜航するようだ。続く"Window"で浮遊感ある上モノとしっとりしながらも軽く走り出す4つ打ちのテクノに移行するが、過剰な残響を用いずとも空間に隙間を残してダブらしき音響効果を作っている。"Morrislouis"ではお得意のシャッフルするビートで軽快に上下に揺さぶられ、徹底的にミニマルな構成ながらも微細な鳴りの変化によって展開を作り、ヒプノティックな世界に嵌めていく。元Sun Electricの一人であるMax Loderbauerが参加した"Tempelhof"は比較的幻想的なアンビエントの性質もあるが、シャッフルするリズムに加えて敢えて金属的な歪な響きの電子音を加えて目が眩むようなトリッキーさを加えている。しかしここまで聞いても以前と比べると随分とアンビエントの性質や甘美なメロディー等は抑えられており、ひんやりとした温度感で閉塞的な印象だ。しかし中盤以降、官能的ですらある妖艶なメロディーのループと溶解するようなねっとしたダブ・アンビエントの"Freiluft"、ギターサンプリングのループや色彩豊かな電子音を用いて祝祭感が溢れ出すダウンテンポの"Neverevernever"、そして惑星や星々が点在する無重力の宇宙に放り出されたかのように繊細な電子音が散りばめられたノンビート・アンビエントの"Geworden"と、前半とは打って変わって途端に鮮やかな色彩を伴いながら叙情性が現れて、こちらの方が以前のFehlmannの作風の延長線上だろう。アルバムの前半後半でがらっと雰囲気が変わる点でバランス感はやや崩れているが、それでもベルリン・テクノの音響職人としての才能はいかんなく発揮されており、するめのような噛みごたえのあるアルバムだ。



Check Thomas Fehlmann
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
らうめん さぶ郎
らうめん さぶ郎1

ある種最早ムーブメントとも呼べるラーメン二郎とそのインスパイア系の快進撃、中にはまんま名前をパクってくる店も少なくはないが、新橋・汐留にあるこちらの店も正にそれ。その名も「さぶ郎」、ある意味二郎の次だから進化しているとも考えられる。事実、醤油だけでなく味噌や塩の3種類の味が選べるという点でも進化系と呼ぶ事が出来るかもしれない。今回は醤油豚5枚(850円)に極太麺(無料)を注文、トッピングは脂野菜刻み玉ねぎで。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |