CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Heiko Laux Presents Offshore Funk (Kanzleramt:KA099CD)
Heiko Laux Presents Offshore Funk
Amazonで詳しく見る

先日Kanzleramtのコンピレーションを紹介したので、今日はレーベルオーナーでもあるHeiko Lauxの作品を聴いてみた。やっぱりと言うかデトロイトテクノの影響を受けたような透き通る様なシンセ、単調にならない多彩なビートが、ジャズやハウスまでも吸収したテクノを創り出している。意外とすんなりと聴けてしまうのでライトな作品にも思えるのだが、それでいて凛としたエレクトロニクス全面打ち出しのテクノ感が味わえるし、テクノの手本的作品かなとも思う。Kanzleramtのアーティストはアップビートでクラブでがんがん使えるようなトラックを作っているイメージがあったので、このアルバムを聴くと比較的リスニング向けなトラックが多くて意外だったかなと。もちろんハードな曲もあるんだけど、全体的にしっとりとしてプチアゲビートに気持ちよく身を任せる様なトラックが多い。何と言ってもデトロイトフレイヴァーたっぷりなので、次世代のデトロイトテクノを探している人なんかにはぴったりかなと。

Check "Heiko Laux"
| TECHNO1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
V.A. - Kanzleramt Vol.5 (Kanzleramt:KA117CD)
V.A.-Kanzleramt Vol.5
Amazonで詳しく見る

ドイツは素晴らしいテクノ国家だ。Kompakt、Tresor、Basic Channel、そしてかつてはForce Inc.と言ったレーベルが揃っていて、その水準たるや世界一と言っても過言では無い位だ。そして最近成長著しいのがこのKanzleramtと言うレーベルで、テクノ好きな人ならば既に注目しているであろう。オーナーであるHeiko Lauxや、Diego、Alexander Kowalski、Johannes Heilと言ったアーティストを擁し最近では、Fabrice LigやQuerida(Ian O'Brien)と言ったアーティストまでもが作品を発表している。このレーベルの音はデトロイトテクノを通過したジャーマンテクノとでも言うべき、スタイリッシュでソリッドな作品が特徴でまあどれも似たり寄ったりだが水準は高い。

今回のコンピレーションはレーベルの作品をHeiko LauxがMIXしたと言う事で、購入に至りました。ただのコンピだったら買わなかっただろうけど、MIXCDには弱いですね、僕。ジャケットの裏にBPMが書いてあって、最初は126から始まり、終盤では138まで上げていく盛り上げMIXですね。レーベルの各アーティストの曲もバランス良く使われているのでコンピとして聴く事も出来るし、MIX自体も楽しむ事が出来ると思います。個人的にはやはりQuerida(Ian O'Brien)の曲が、頭一つ抜けているかなと感じました。ちょっと前までは生音重視に走っていましたが、ここに来て原点回帰のエレクトロニックなハイテックジャズ系に戻って来ましたね。はよ、アルバム出せやって感じです(Kanzleramtから出るらしいですけどね…)。他のアーティストの曲はやはり似たり寄ったりかなと思いますが、鋭いシンセとハードな作風は良い感じです。Kanzleramtのアーティストのアルバムは何枚か持っていますけど、ほんとどれも似たり寄ったりなので飽きられるのも早いかもしれないなぁ…と危惧していますが、まあテクノなんて飽きられるの早いしね。じゃあみんな飽きる前に今の内に聴いておくのが、良いんじゃないでしょうか?けなしてるんだか褒めているんだか分かりませんが、今の所僕はこのレーベルは好きですよ。

試聴

Check "Heiko Laux"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Marc Leclair - Musique Pour 3 Femmes Enceintes (Mutek_Rec:mtk_fab04)
Marc Leclair-Musique Pour 3 Femmes Enceintes
Amazonで詳しく見る

これはみんな待ってた人は多いんじゃないかな?Marc Leclairってそう、Akufenの事ですよ。Akufenって言えば数年前にクリックハウスの雄として突如EPの段階で注目を浴びて、特にForce Inc.からのDeck The Houseで大爆発したファンキー野郎です。ラジオをサンプリングしてカット&コピーしたようなチキチキした上物と、スピーカーがブンブン唸る位ふっといボトムを組み合わせ、とんでもなくファンキーなハウスを作り出した張本人。とにかく一時期こいつの名前を聞かない事は無かったんじゃねーかと言う位、流行ってたんじゃないのかなと。Perlonから出てた2枚組EPとかAnna Kaufen名義のEPも、すんげー格好良かったよ。で、その後2回ライブを見る機会があったのだが、実の所ライブはあんまおもろーない。悪くもないが、CD聴いた時の衝撃が大きすぎてその後のライブはなんか普通だなと…。そして2年位前のFADERにおいて、次のアルバムは全編ノンビートのアルバムを出すと断言していたが、あながち嘘でも無かった様です。

実際アルバムの95%はノンビートで、以前のファンキー路線は控えめ。何故か今作はアンビエントと言うか、これはチルだ!Akufenからクリックハウスを取ったら駄目なんじゃねーかと実は思ってたけど、これが予想外に素晴らしい作品となっているじゃん!今までの路線を変えると叩かれる事はしばしばあるけど、この路線変更は間違っていないと断言します。ファンキー度は控えめと言ったけど、多少はチキチキするカット&コピーも使われていて、相変わらず芸が細かい。しかし今回はそれ以上に、幻想的な世界観に没頭してしまいそうだ。ノンビートゆえにファンキーさよりも、メロディーを生かしたメランコリーな世界に焦点が行きます。アコースティックギターのカッティング音だと思われる、爽やかで哀愁を帯びた音がふんだんに使われた曲があったり、またエレクトロニカ的なノイズが入った曲もあり、全く予想だにもしなかった展開です。Vladislav Delay+チル+メランコリー+エレクトロニカって感じかな?僕は100%Akufenを支持します!

試聴

Check "Akufen"
| TECHNO1 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(4) | |
Orbital - Orbital 2(Brown Album) (FFRR:828 386-2)
Orbital-Orbital 2
Amazonで詳しく見る

テクノ界にはスキンヘッド団体と言う奇妙なグループが存在し、そこには著名なアーティストが数多く加入している。有名なアーティストだけでも、Richie Hawtin、Karl Hyde(Underworld)、Fatboy Slim、Adam Beyer、Hardfloor、Herbert、Luke Slater、Carl Coxなど例をあげたらきりがない。その中でも特に有名なのがこのHartnoll兄弟から成るOrbitalだろう。ライブでは八つ墓村スタイルのライト付きメガネをかけて、会場を興奮の渦に巻き込む冗談抜きで素晴らしいユニットである。なお去年WIRE04で(確か)ラストライブを行い、ファンに惜しまれつつも解散してしまいました。

彼らのサウンドはトランシー(トランスではない)な楽曲が多く、大半はとても聴きやすい物です。僕もテクノを聴き始めた頃からOrbitalサウンドには触れていたと思いますが、とても間口の広いユニットですね。一聴して耳に残る分かりやすいメロディーに、洗練されたトランシーな音、そして完璧な流れをもった構成と非の打ち所はありません。このアルバムが出た頃はレイブ全盛期という事もあったのでしょうか、大きなイベントで利用すると馬鹿ウケするようなトラックが満載です。つまり幸福感に溢れ肉体を振るわせるアッパーなトラックなのです。多分テクノ好きな人でこのアルバムを嫌いな人は、余りいないのでは無いでしょうか?友達と麻雀を打つ最中にも良くかけていましたが、評判は上々だったと思います。曲名からして「Lush」とか「Halcyon & On & On」なのだから、だいたいどんなアルバムかは想像出来るのでは?ただ今一度念を押しますが、トランスではありません。これはテクノの金字塔であるのです。

Check "Orbital"
| TECHNO1 | 23:00 | comments(7) | trackbacks(5) | |
Joey Beltram - Trax Classix (Trax Records:CTX-CD-5013)
Joey Beltram-Trax Classix
Amazonで詳しく見る

土日に温泉旅行に行っていたのですが、氷点下の中露天風呂に浸かっていたせいか風邪をひいてしまいました。頭痛は収まりかけていますが、一日中腹痛で苦しいです。旅行のドライブ中に今回はこのCDも持っていって聴いていました。友達が不快に思ったかどうか、そこまでは分かりませんが…。

Joey Beltramと言えばNYのハードテクノのボスみたいな扱いだと思うのですが、Trax Recordsに憧れていたそうで何度もレーベルにサンプルを送り、遂には作品をTraxから出す事が出来たそうです。そんなTrax Recordsからの作品をまとめたのが今回のコンピレーションCD。収録されている曲の大半を僕は初めて聴きましたが、予想通り荒々しくエネルギッシュな作品が多いです。確かに構成や音そのものはそれ程練られていないでしょうけど、シカゴハウスなんて元々チープな作品が多いし。ただそれらを考慮しても取り憑かれる魅力があるんですよね。このコンピに関しては、Beltramの中でもかなりシカゴハウスの影響を受けている様なスカスカで、アシッディーでファンキーなハードテクノをやっています。今のBeltramしか知らない人が聴いたら、どう感じるんでしょうね?今のBeltramはフィルターディスコで良くも悪くもイケイケ路線なので、是非とも過去の作品を知らない人は硬派な頃のBeltramにも接して欲しいと思います。まあ今のBeltramもハードでタフでしょうけど。取りあえず聴くべきは「The Start It Up」。今でもプレイする人は多く、ハードトライバル的轟音パーカッションが鳴り響く凶悪トラックです。

試聴

Check "Joey Beltram"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Juan Atkins - Berlin Sessions (Tresor:Tresor.215)
Juan Atkins-Berlin Sessions
Amazonで詳しく見る

なんでかここ最近デトロイトテクノやらシカゴハウスやら、なんかレトロな音楽が勢いづいてる気がします。特に今日紹介するJuan Atkinsは去年、完全復活を果たし現役ばりばりの素晴らしい作品を連発して発表しました。そして今年はCybotron名義のベストアルバムが出て、この数年ぶりのオリジナルアルバムも出て、この後には全ての名義を含めた彼の総括とも言えるベストアルバムも出ます。もういい歳こいてるのに、なんて元気なおじさんなんだろう。さすがテクノゴッドだ!

さてこのオリジナルアルバムはTresorからと言う事もあり、予想通りもろにテクノな作品です。もともとTresorからは、3MBと一緒にルーツの一つであるジャズを取り込んだアルバムや、Infinity名義でシリアスかつダークなアルバムを発表していたけれど、今回は一番ミニマルが強調された作品だと思います。と言うのもミニマルアーティストのPacouが参加してるせいもあるのでしょう。曲の要となるリズムは、シンプルな組み立てにソリッドで硬い引き締まった音で構成されて、これはPacouの影響が結構出ているのだと思います。そしてその上にJuanの原始的な輝きを見せるシンセが散りばめられて、曲に彩りを加えています。デトロイトテクノと言うか、これは正にJuanの音だ!Sonic SunsetやInfinity Collectionなんかの音を想像してもらうと分かりやすいでしょう。去年はEP単位でブロークンビーツやハウスやら、エレクトロやら色々出しまくっていたけど、アルバムはミニマルテクノで統一されています。派手な所がある訳でもないし地味に聞こえるかもしれないけれど、テクノとは何ぞや?と問われたら、このアルバムを差し出せば宜しい。特にSession Fourが跳ね系リズムでグルーヴィー、かつオプティミスティックなシンセ音が美しく一番お薦めです。大半の曲がかる〜く10分オーバーの曲で、ズブズブとミニマルな世界に入り浸ってしまう事間違いないでしょう。

試聴


Check "Juan Atkins"
| TECHNO1 | 22:16 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Funk D'Void - In The Mix iFunk (Cocoon Recordings:CORMIX008)
Funk D'Void-iFunk
Amazonで詳しく見る

昨日Pascal FEOSのIn The Mixシリーズを紹介したので、ついでにこれも久しぶりに聴きました。Funk D'VoidはSOMA Recordsから毎回高品質なデトロイトライクなテックハウスを発表していて、そのシンセの美しさには定評があります。リミックスワークも外す事なく、リスニング系からアッパー系まで良い感じの仕事をしています。とにかくFunk D'Voidはアーティストとして素晴らしい才能を持っていて、僕の大好きなアーティストの一人であります。そんな彼のMIXCDがIn The Mixシリーズに初登場したのが、去年の話。実際のプレイはハードグルーヴと言う話を聞いていたので初めてこのCDを聴いた時、予想外にも結構大人しめで聴かせるプレイだったので困惑したものでありました。テックハウスメインなので音的には本人のイメージその物なのですが、終盤までとにかく緩い。メロウな曲をじっくり聴き込むための様な選曲です。流行のクリックハウスもエレクトロディスコも時折混ぜて、終盤までまだかまだかと引っ張ります。途中Carl Craig、Future Beat Allianceのデトロイト系を2発差し込み、少しだけはっとさせられました。でもまだまだ盛り上がりが足りません。結局ラスト2曲の綺麗目シンセなデトロイト系で感動的な盛り上がりを見せて終わるのですが(特にAdrenogroov等から作品を発表しているDan Corco & Fred Carreiraは素晴らしいです)、なんだか食い足りない感じでした。結局全体的にビートが弱かったと言うか、もう少しだけでもハードな4つ打ちが欲しかったかなと思います。緩いなら以前紹介したSteve BugのMIXCDも同じじゃないかと思いますが、あちらは4つ打ちミニマルで反復の高揚感がありました。こちらはミニマルでも無いし、グルーヴが稀薄になったJohn TejadaのMIXって感じですね。

試聴

Check "Funk D'Void"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Pascal FEOS - In The Mix Rize & Fall (Cocoon Recordings:CORMIX006)
Pascal FEOS-Rize & Fall
Amazonで詳しく見る

近年のSven Vath率いるCocoonは昔のSvenの趣向のトランスではなく、現在形のジャーマンテクノ。Svenは嫌いだったけど、最近はなかなか良い所があると思います。そのCocoonからのIn The Mixシリーズの一つが、このRize & Fallで前出のSteve BugやSven本人、Ricardo VillalobosやFunk D'Voidも参加していてかな〜り豪華な面子になっています。Steve Bugはディープでセクシャルなハウスを披露していましたが、このPascal FEOSはどうでしょうか。こちらは流行のRicardo Villalobos、Lucianoの様なクリック系から始まります。まあ今となっては目新しさもありません。しかしここら辺の音はグリグリしてて、ほんと奇っ怪な音ですね。そしてクリック気味のテックハウスに繋がり、Freaksでは近年リヴァイバルが目立つアシッドォォォォ!シカゴ系のアシッドでは無くてジャーマン系のブリブリした感じですね。中盤以降はアッパー系のテクノ〜テックハウスで終始押しまくり、そこら辺は手堅くまとめた感じです。こう聞くと大した事なさそうだけど、丁寧なMIXで後半に向けて徐々に盛り上げてくれて軽〜く水準をオーバーするナイスなMIXCDなんですよ。前半が抑えめなおかげで後半がモリモリ盛り上がる訳です。アッパーだけど綺麗目のソリッドなシンセ音で構成されていて、デトロイト系までとは行かないけれど情緒的でもあります。ジャーマンテクノってKOMPAKTとかもそうだけど、硬派でありつつPOP感覚にも溢れているのです。流行を逃す事もなく、また地もしっかりした硬派なMIXCDだと認定します。昆虫がアップになったジャケットは、彼のプレイと同様に耽美を感じます。

試聴

Check "Pascal FEOS"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Joey Beltram - Live @ Womb 02 (WOMB Recordings:WOMB-010)
Joey Beltram-Live @ Womb 02
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)

去年の11月にDeetronと一緒にWOMBでプレイしたJoey Beltramのプレイをそのまま真空パック詰め…と言う訳でもなく、実は後からある程度処理を施したMIXCDがこれ。それはさておきBeltramはNYをハードなテクノで長く生き抜いている素晴らしかったアーティストであり、昔の作品は今でも好きです。と言うのも最近はフィルターディスコ路線なので、ちょっと僕の好みとは違うのですね。フィルターディスコは嫌いじゃないけど、Beltramのはあんま好きじゃないだけ。でこのMIXCDも案の定フィルターディスコ満載で、デンデケベースがメインです。プレイがそんなに上手いとも感じないので、この人の場合とにかく派手な曲で盛り上げる感じだね。歓声を聞く限りでは良い感じで盛り上がっていたのではないでしょうか?しかしイントロはまじ酷い、これは悪夢だ。WOMBを嫌いな理由がここに凝縮されていると言っても過言では無い。いらねーMCをつけるな!TIMELINEの時もそうだったけど、ここは場の雰囲気を読める関係者はいないのかね?これは一体何のパーティーなんだ?とにかく一曲目だけは完璧に閉口です。でBeltramのプレイの話に戻るけど、一番の盛り上がり所はCaliber→Start It Up辺りかなと。やっぱり彼の曲は確かに格好良い。特に今でもKen Ishiiのプレイリストに載るStart It Upは砕岩機の様に、怒濤のパーカッション攻めで破壊力満点のベリーナイスなトラックです。注ですが、CaliberもStart It Upも実は10年以上前の作品です。昔はマジでハードエッジで格好良かったね。で後半はCaveの未発表曲からBen Sims Remixに繋げる辺りのトライバル感も宜しい。でもトライバルはここだけです。全体的に終始アッパーで休む事がないので、とにかく盛り上がりたい人向け。ここまで自分の曲ばかりを回すDJも珍しいけど、彼のエゴは相当な物なのだろう。NYと言う街で今までテクノ一筋で生き抜いてきた彼の、タフなDJのプライドみたいなのが滲み出ている。でも、個人的にはもろにシカゴハウス影響下にあった頃のコンピの「Joey Beltram-Trax Classix」がお薦めです。

試聴

Check "Joey Beltram"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 21:00 | comments(5) | trackbacks(4) | |
Steve Bug - The Flow (Cocoon Recordings:CORMIX002)
Steve Bug-The Flow
Amazonで詳しく見る

売れ線アーティストと言う訳でもないが、全然名前が売れてない訳でも無いアーティストがこのSteve Bug。Poker Flat Recordingsのボスであり、テックハウス〜ジャーマンディープハウスを中心に送り出し、近年はアシッドリバイバルにも貢献しているその人です。が、多分地味な作品が多い為になかなかポピュラーにはなれないが、安定して良質な作品を作っていると思います。そして同じドイツのCocoon RecordingsからシリーズとなっているMIXCDを出しました(と言ってもこれはもう4年前の作品だけど)。突出して有名なMIXCDでは無いけれど、これは僕は太鼓判を押してジャーマンミニマル〜テックハウス好きの人にはお薦め出来る物でございます。盛り上がりとかもそんなに無いし、とにかく一聴して地味なんですがすぐに諦めてはいけません。何度か聴くとジャーマンミニマル特有のセクシャルな魅力に気が付くでしょう。温度は冷え切っているのに、何故か妖しい魅力に溢れた曲ばかりなのです。また盛り上がりが無い事が逆に平坦な流れの中に、これぞミニマルと言った継続したグルーヴを生み出しています。最近のSven Vathが好きな人にはきっと合うんじゃないかと思っています。クラブでは激しいハードミニマルが楽しいだろうけど、こんなゆったりとしたテクノには大人の余裕を感じます。ワイングラスでも傾けながら聴いてみたいですね。名付けてセクシャルジャーマンディープハウス!

試聴

Check "Steve Bug"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |