CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
奈良田温泉 白根館
白根館1

仲の良かった大学時代の友達が結婚しちゃったり子供出来たりで、最近温泉行ってないなぁ。温泉行きたいお。今まで数多くの温泉に行きましたが、その中でも何度でも訪れたいと思わせる温泉があります。それが山梨の奥地、大自然が待ちわびる南アルプスに囲まれた奈良田温泉・白根館。758年、病気だった孝謙天皇が療養の為ここ奈良田の地に訪れ、病気が治った後も奈良田を気に入った天皇が8年間もおられたと言う由緒正しい温泉地なのです。温泉街はありません、あるのは広大な自然と静寂と温泉のみ。ただただ温泉に浸かって癒されたい人が行く秘湯なのでした。

続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Leffe Blonde レフ・ブロンド
Leffe Blonde

こんにちは、音楽、酒、女と欲望に埋め尽くされたビール大好きマチュです。自分の中ではビール=ベルギービール位の勢いになっているので、夕食時に飲むビールもベルギービールが中心です。最近は日本でもベルギービールが脚光を浴びているそうで、ビールの人気が落ちつつある中喜ばしい話も入ってきてますね。でこのレフ・ブロンドですが、比較的容易に手に入るベルギービールの一つで、かつ飲みやすいのでなかなかの人気者。

まずその透明感に満ちた黄金色からしてとても美味しそう。僕の真っ黒に汚れた身と心とは対称的な、本当に綺麗なビール。味はドライで切れ味がありつつ、少しだけ広がる甘みと複雑な苦み。ホップとフルーティーな香りが混ざり合う。その見た目よりも濃厚なコク、味があって、そしてアルコールも少々高めなのでどっしりした印象。飲みやすいけれど水っぽい訳でもなく、バランスが良い。これは万人受けするビールの一つなんじゃないでしょうかね。ベルギービールってフルーティーなのが多いから、日本のビールが苦手な女の子に勧めたくなるんですよね。それでビールが苦手なのを克服してくれると、ビール党の僕としては嬉しい限り。理想は彼女とベルギービールバーでLove Affairを語らう事です。嘘です、音楽が好きでかつ一緒に酒を飲めればそれでOKです。結局行き着く所は音楽、酒、女なんだな。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
ORVAL オルヴァル
オルヴァル

今日は大好きなベルギービールの紹介。ベルギーとオランダの修道院で作られるトラピストビール7つの内、特に日本で人気があるのがこのオルヴァル。ボーリングのピンみたいな瓶が特徴で、見た事がある人も多いんじゃないでしょうか。雑誌やネットを見ると「トラピストビールの最高峰」なんて謳われておりますが、さあ実際の所はどうでしょうか。ビールをグラスに注いでみますと…あわわわわ、泡がいっぱいだよ。液体は琥珀色でとっても綺麗。そして香りを嗅いでみますと、フルーティーかつホップの芳醇な香りが!!爽快と言うかフレッシュと言うか、普通のベルギービールよりかなりホップホップしてました。そして飲んでみると…殆ど甘くない、そしてキレのある苦みが喉を伝わってくるではないか。さっぱりとしていてキレがあるのはある意味日本のビールに近いけれど、しかしフルーティーでホップの芳醇な香りが日本のそれよりもかなり強いかと思いました。トラピストビールの中ではそれ程アルコールも強くないし癖も少ないので、確かに日本で人気があるのは頷けますね。自分の好みかって言うと微妙だけど、最初の一杯とかに良いかも。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 10:30 | comments(4) | trackbacks(1) | |
小平天然温泉 テルメ小川
テルメ小川

こんにちは、温泉マチュです。先日友人と休日が合ったので、久しぶりにバイクに乗って小平にあるテルメ小川と言う温泉に行ってきました。この温泉、見た目が欧風…でもしっかり温泉です。浴場は洋風浴場と和風浴場があり、男女日替わりで楽しめるようになっているのですが、自分が行った時は和風の方でした。

まずは内湯ですが、30人位は入れそうな大浴槽とジェットバス、足つぼ湯、水風呂があります。水風呂以外は温泉を使用しておりまして、透明で黄褐色のお湯が浴槽に満たされております。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性温)で、そこそこにヌルヌルしていて軽くモール臭もしました。大浴槽はお湯を循環しながらも浴槽の端からは源泉が投入されていて、大きな施設の割には頑張っている印象を受けます。循環消毒をしてはおりますが、加水も無しなので許容範囲内ではありますね。それに何よりとても大きな浴槽なんでのびのびと混み合う事なく入浴出来るし、温度もそんなに熱くなく長湯出来るのが良いと思いました。

内湯から露天へ移動すると、岩風呂が二つ。こちらもお湯は循環しつつも、端から常時源泉を投入。大きな青空の下でのどかに温泉に浸かっているだけで、身も心もすっきりします。岩風呂の前には窯風呂なんて物がありましたが、こちらは200円追加で使用出来るそうです。自分は使用しなかったのですが、昔で言う蒸し風呂みたいな感じらしい。施設自体にそんなに特色は無いけれど、ゆとりのある浴場の構成なんでのんびり温泉に入りたいと言うにはお勧め出来る場所だと思いました。

HP:小平天然温泉 テルメ小川
住所:東京都小平市小川町1-2494
電話番号:042-344-1126
営業時間:10:00-23:00
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
臨死!! 江古田ちゃん 瀧波 ユカリ(著)
臨死!! 江古田ちゃん 1 臨死!! 江古田ちゃん 2 

24歳独身フリーター一人暮らし、家では常に素っ裸、彼氏がいる本命男には冷たくされただの浮気相手の扱いを受け、どうでも良い男には変に優しくされるも相手には冷たく接する(セックスはするが)、悲しき人生を歩む江古田ちゃん。話の大半は女の子のダークな面や恋路、セックス、そして猛禽などを毒たっぷりに進める4コマ漫画。作者が女性のせいか生々しくリアリティーがあり、男の人が読んだらちょっぴり切なくなったり…。

この漫画で出てくる猛禽とは、ボケているフリして狙った男は必ず落とす天然系カワイ子ちゃんの事で、江古田ちゃんが最も敵視している女でもある。男からすると猛禽が演技であろうとなかろうとぶっちゃけどうでも良い訳で、そんな女の子とやれりゃ良いのだ。恋愛はプロレスと一緒でお互い歩み寄る事は必要だし、自分を良く見せる事は異性を引き付ける為の技術なんだ、だから否定する必要は無い。しかし江古田ちゃんの場合は同じ猛禽の行動を取っても、ナチュラル猛禽と同じ土台に立つ事も出来ず、むしろ猛禽を愛する男から邪険にされる悲しき女。一生二番手の女にしか成りえない現実、これがリアリティー。ちなみにモテタイ女の子は猛禽の技を使うと宜しい。自分も友達の女の子に猛禽の技をかけられたら、めちゃめちゃドキッとした。自分の恋愛への敷居が低いのか、猛禽の技が凄いのかどっちかは謎だが。

他にも色々と面白可笑しく、そしてピュアな男は知りたくないであろう女の裏面をずばずば。「全ての成人女子はオナニー経験がある」とかね。中には飲み会とかでも「私はないよ〜」とかねぶたい発言をする女もおりますが、そんな女には全く性的欲求は湧かないな。自分からオナニーしていると発言する必要も無いけれど、オナニーもしてない女がセックスを楽しめるのか?否、そんな女はまずマグロに違いない。男も女も食欲睡眠欲性欲は必須なんじゃい!

しかしな〜、元気のある時に読めばクスクス笑って済ませるけど、そうじゃないとやっぱり切なくなると言うか刹那的な生き方にしこりを感じてしまう。本当に好きな男には体だけの関係で都合の良い女になってしまい、心が満たされないから好きでもない男ともセックスしてしまう、ある意味軽いビッチなんだけど、こんなんで良いのかなって。そりゃオイラもセックス大好きだからばんばんセックスすりゃ良いじゃんとは思うけど、あくまで抱きたいと思う女性的魅力がある女としかやらないぞ。そしてその後も継続して一緒に居たい、付き合いたいと思う女の子ね、そうじゃなければまずやらないねー。愛の無いMake Loveを100回交わしたって心の隙間は一時的には埋まっても、その後の喪失感は避けられないし、結局愛のあるMake Love1回には勝てないと思うんですよ。多分男が思っている以上に江古田ちゃんみたいな生き方を軽くなぞってる女の子は多いんだろうけど、この話を賛美にするのではなく反面教師として感じて欲しいものである。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 10:00 | comments(10) | trackbacks(1) | |
江井ヶ嶋酒造 The Bar's
The Bar's

お酒の話ですが女の子と二人で飲みに行った時、男が奢ったりする場合は多いと思います。しかし支払いの時に普通は女の子も財布を出すフリをしたり、払おうとする子もいるじゃないですか。しかし中には全く財布すら出そうとしない女もいる訳ですよ。はっきり言ってそんな女とは次会う事は、その時点で無くなります。そしてそやつがブサイクだったら?性格は厚かましく見かけもブサイクで、そんな女に全く魅力は無いですよね。脳内妄想の話ですが。

先日、「味ノマチダヤ」(店の回し者じゃないですが、本当に良質で素晴らしいお酒を定価で販売しております)で見かけて気になったので、即購入した梅酒がこれ。「日本一小さなウイスキーメーカー」らしい江井ヶ嶋酒造が作った、ウイスキーべースの梅酒がThe Bar's。その名の通りバーで飲んでも似合う梅酒を目指したと言う事で、普通の梅酒よりもアダルティーな濃厚さを感じさせます。アルコール度数は25度と強烈、スパイシーで芳醇な香りが漂い、ちびちびと飲むのが似合う大人の梅酒。梅酒って言うとフルーティーだったり甘かったりすのが多いけれど、このThe Bar'sはどっしりとした重さと年期を感じさせるなぁ。この濃さは水で割って薄めたらもったいない、ロックで気取って飲むのが一番似合うはず。限定2000本なんで入手は困難だそうです。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 09:15 | comments(3) | trackbacks(0) | |
キラークエスチョン 山田玲司 (著)
キラークエスチョン 山田玲司 (著)
Amazonで詳しく見る


最初に述べておくが、こんな本買っちゃったけど特に対人関係が苦手とか会話に困ってる訳じゃないぞ。単純にアマゾンのトップでお勧めされてたんで、買ってみただけだ。

さてみなさん人との出会いがあれば、初対面で会話に詰まり困ってしまった事は誰でもあるんじゃないか?例えば合コンで、例えば学校のクラス替えで、例えば会社に入社した時。中には人との会話が苦手で誰と話しても、気まずい沈黙が生まれる、会話が途切れるって人もいると思う。そんな問題を打開すべく方法とは…キラークエスチョンをする事と本著は述べている。どんな質問でも良いと言う訳ではなく、相手が話したい事、相手の本音を引き出す質問、それがキラークエスチョンなのだ。ここでは本当に誰でも実践出来る簡単なキラークエスチョンとそれが有効である理由が書かれていて、初対面の人には確かに使えるクエスチョンと思われる物もある。

本著によれば自分からべらべら喋る人は駄目だと…いきなり俺の事全否定かよ(=´Д`=)確かに武勇伝とか自慢話ばかりするのは良くないっての納得するが、マグロが常に泳いでいないと死んでしまうのと一緒で俺は喋ってないと駄目な人間なんだ。ここでは自分の事を話すより、如何に相手から情報を引き出すかが大事であるかを主張している。そんな情報を引き出す質問こそキラークエスチョンではあるけれど、たださぁ、仲の良い人と話す時はそんな事まで気を遣わなくても会話は続くし、逆に会話が続かない相手とは多分相性が合わないんだから、無理してキラークエスチョンとかやる必要性をそこまで感じないのだが。

それにね、確かにこの本に載っている質問を利用すれば対人関係は上手く行くかもしれないけれど、そんな方程式を利用するのには俺は乗り気にはなれないな。ねぇ、だって友人関係、恋人関係はそんな方程式なんかで解き明かせない訳じゃん?勿論キラークエスチョンを話題を広げる為のきっかけとして使うのは良い事だと思うし、本当に口下手な人間ならむしろどんどん利用して会話の練習の機会を増やすべきだとは思うよ。ただ結局はあくまで会話のきっかけと言うだけで、会話を上手く続けるにはそれなりに経験数を増やすしかないんじゃないかな。しかしアレだな、最近は何でもかんでもマニュアル本だな。対人関係、デートコース、ミシュラン…そんな事までマニュアル化する必要ないだろ。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 07:40 | comments(4) | trackbacks(0) | |
モテキ 久保ミツロウ著
モテキ1 モテキ2

藤本幸世、ブサイクではないがイケメンでもなく、ほぼ素人童貞、30歳派遣社員、空気も読めず超卑屈で女の子がお膳立てしないとアプローチも出来ないダメ男。が何故か突如周りの女の子からモテ始めるモテキがやってくる…って、なんつーかとてもリアリティーの無い話。いやね、上記の様な男がリアルでモテルなんて話は絶対ないわけよ。リアルでモテルのは、イケメン、金持ち、気が利く、オラオラ系(※モテルと言うより強引に口説き落とす系)とかそん位な訳。でもまあ、漫画ですからwww

しかしね〜なんかとても苛つくと言うか、全く共感出来ないキモイ男だわ、藤本は。藤本は女の子の事を好きにはなるんだけど、積極的じゃなくて基本的に受け身で、女の子から上手くいくようなシチュエーションを作ってくれてもそれを活かせない消極的な男。友人の女の子と二人きりの空間になってもセックスは出来ないとか、どんだけ恋愛下手と言うか度胸の無い男なんだ。藤本は基本的に告白して振られる事で自分が傷付くのが嫌だから積極的にならないんだけど、自分が可愛くて傷つくのが嫌で自分から積極的に行けない、告白も出来ない男は恋愛する土台にさえ立ってねーだろ。自分の事しか守れない男が、彼女の事を守る事なんて出来る訳ない。そして自分に対して一生懸命になってくれない、がむしゃらに追って来てくれない男に女がときめくとでも思うか?否、ときめきません…。基本的におんにゃのこなんて受け身なんだから、男からガツガツと行かないと恋愛なんか出来る訳ないじゃん。おんにゃのことはリスクを冒してでも、自分からチャレンジして告白しないと付き合えないのです。

ただこの漫画、モロに反面教師としては分かり易く参考になるとは思う。卑屈だったり消極的だったりで男から見てもモテナイ空気が伝わってくるので、それを読んだ人がそうならないように活かせば良いんじゃないでしょうか。特に卑屈なのは周りも扱いに困るし、人間の器の小ささを感じさせるから良くないよね。自分も知り合いのおんにゃのこから卑屈なのを直せと言われておりますが、こんな漫画を読むとますます卑屈なのを直さないとって気持ちになります。卑屈な人間はまずモテません。卑屈でモテルのはこの漫画の藤本くらいなもんです。

世の中の男性は藤本のようなダメンズにならずに恋愛を、傷付く事を、振られる事を恐れずにみんな恋愛楽しめば良いのさ。傷付いた分だけその分心は強くなります、筋肉と一緒です。頭の中まで筋肉にならなければ、多分大丈夫です。そして常に前向きに明るく、Take It Easy!根拠の無い自信でも持って、考えるより気楽に行動に移せばね…。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 07:00 | comments(6) | trackbacks(0) | |
武蔵野天然温泉 湯らく
武蔵野天然温泉 湯らく1

今日はメタモ。当然の如く仕事の都合で行けない訳で。むぅ〜ん、ほんと平日日中勤務の人達が普通に羨ましい。行きたいパーティーにも行けない、友人ともなかなか遊べない、もう疲れたよ、心が折れそうになる。まあもうちょっとの辛抱ですが。

さて、温泉マチュです。2ヶ月位前の話になりますが平日昼間にする事もなく暇だったので、三鷹にある温泉"湯らく"へ行ってきました。通常は入浴だけでも1560円、岩盤浴は1050円とかなり強気な価格で営業しておりますが、この度は5週念記念で安くなっていたので行く気が起きた訳です。しかし都内に1000円以下の天然温泉が溢れている今、この料金で客は集まるんでしょうかね?しかも施設が寂れた昔の旅館かホテルみたいで、ちょっとダサいんだわさ。ではでは肝心の温泉は続きで。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 07:20 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Hoegaarden FORBIDDEN FRUIT ヒューガルデン 禁断の果実
ヒューガルデン 禁断の果実1

おはようございます、煩悩と欲の塊・マチュです。どうしたら少しは禁欲的になれるのか?草食系男子の遺伝子を少しくらい分けて欲しいと思う時も…やっぱないな(笑)だいたい世界最強の男・範馬勇次郎も、禁欲なんざ意味が無いって説教垂れてるし。とは言っても精神的に大人にもなりたいものです。

名前からしてインパクトありすぎなベルギービール、禁断の果実。つまりはアダムとイヴのお話です。以前は比較的ベルギービールの中ではポピュラーな位置付けだったのですが、2008年に悲しくも製造中止となった今では超稀少なベルギービール。ベルギー国内でも効率化・能率化を求める傾向が増えているせいか、徐々にレアなビールが姿を消しつつあります。なんでもかんでも効率化を進めるのは、やっぱり違うと思うんだ。製造中止が決まった時点で自分は箱買いしていたので、一年経った今でも家には数本残っております。

ヒューガルデン 禁断の果実2

ベルギービールは比較的スパイスを使用している割合が多く、このビールもオレンジビールやコリアンダーを使用し、スパイシーな味が特徴です。しかし日本ではスパイスが入っていると法令上は発泡酒と表示する決まりがあり発泡酒と書いてありますが、間違いなく本場のビールなのは言うまでもありません。味は程良い甘さと後から来る苦さ、そしてフルーティーな香りがあり、アルコールが9%近くある割にはすいすいと飲みやすいビール。色からしてかなり味の濃そうな感じですが、実はそうでもないってば。薄すぎず濃すぎず、個性びっしばしなベルギービールの中では比較的万人受けする気はします。自分の大好きなビールだっただけに、もう飲めないのは非常に残念。誰かこれに似たビール知りませんかね?
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 07:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |