CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2010/07/07 Dachambo NEW ALBUM 『イロハナ 』 AfterParty !!!! @ Club Asia
平日ですがDachamboのアルバムリリースパーティーのアフターパーティーに、DJ QUIETSTORM、DJ Yogurt、DJ Hata(Dachambo)、そしてCRO-MAGNON×IZPON×Dachamboによるフリーセッションもある面白そうなパーティーがあったので遊びに行ってきました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/07/03 UNIT 6th Anniversary Premier Showcase feat.Cluster @ Unit
金輪際生ライブを体験出来るか分からないジャーマンプログレの大ベテラン・Clusterが来日したので、そのパーティーに行ってきました。

まずは23時から日本のバンド・Boris(borisではない)から。CDは何枚か持っているけれど、生で聴くのは初めて。トリプルギター(又はツインギター)にベース、ドラムと言うシンプルなユニットながらも、出てくる音はぶっとい轟音ギターで重厚感がたっぷり。基本的にはスローなテンポで凄まじいまでの雷鳴の様なギターが炸裂し、そこにシューゲイザーによくあるぼそぼそボーカルを被せるライブなんだけど、Borisはノイジーでパワフルだけど情緒的。ギターも霞んで消えてしまう淡いロマンスがあり、切ない爆音に包まれる。かと思えばヘビメタの様に重い鎌がザクザクと振り下ろされる如くのリフが印象的な曲もあったり、静と動が上手く切り替わっておりました。しんみり聴き入りそして激しく揺さぶられて、ギターって格好良いな、ロックって熱いなと久しぶりに思えるロックンロールライブでした。

その後はメインフロアが混んでいたので、Clusterまで友達と一緒に他のフロアで時間潰し。1時位に早めにメインフロアに移動して、瀧見憲司を聴きに移動するも激混み過ぎて全く踊れず(この時点で不快指数120%)。普段のプレイとは違うジャーマンプログレとテクノを足して2で割ったような、泥沼にズブズブと足を引き込まれる重くてディープなトラックが中心だったかな。緩いけれどゆったりと踊れる気持ち良い音ではあったのだけど、あんだけ混んでいたら全く楽しめなかった。

で1時半にようやくClusterが登場。メンバーであるMoebiusとRoedeliusは何やら機材を弄くり回しているが、遠目からはよく分かりません。そして二人が玩具を弄くるように、電子音の遊戯と言った不思議だけどオプティミスティックな音が浮かび上がってきます。明確な音階や旋律と言った物は殆ど無く、重力から解放された様に浮遊感があったり、時には硬質なリズムが入りテクノっぽくなったりするも、常に定型を感じさせない独特な音響空間を創り上げておりました。がアンビエントとも似ながらアンビエントの分かり易い快楽志向は少なめで、まるで大学教授の講義か又は実験音楽を聴かされている様で、音自体は非常に人間味を排した感じ。自分はCluster関連のCDは10枚位持っているけど、叙情的かつポップになってからのClusterが好きなので、今回のライブは期待以上の物ではなかったかな。もうちょっとポップな音が弾けるClusterが聴きたかったです。それにとにかく激混みと言う点も重なり、微動だに出来ず立ちっぱなしで聴くはめになったので、快適に楽しめなかったよ。Clusterみたいな踊れない音楽は、シート席のあるコンサートホールでのんびりと聴きたいよ〜。Clusterのライブ後は他に聴きたかったDJも居たけれど、余りの混み様と空気の不快さで即座にUnitを脱出。踊れないクラブパーティーは不快指数マックスだよう。

■Cluster & Eno(過去レビュー)
Cluster & Eno
Amazonで詳しく見る(紙ジャケット仕様)
 Amazonで詳しく見る

■Moebius-Tonspuren(過去レビュー)
Moebius-Tonspuren
Amazonで詳しく見る(紙ジャケット仕様)
| EVENT REPORT2 | 06:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2010/07/02 Bound for Everywhere @ Plug
予定が空いて暇だったのでCalmが主宰しているBound for Everywhereに行ってきました。以前は下北沢のWedgeで開催されていて、そこがクローズした後はLiquidloftで行い、そして現在は渋谷Plugへと落ち着いたみたいです。初めてPlugに行ったんだけど、バーとフロア一体型の100人位入れる小型の箱でした。24時半に現場到着すると既にCalmがハウシーな選曲でミックスはしないLoftスタイルでプレイ中。この日は割とハウスな選曲が多く、スピリチュアルハウス〜ディープハウス〜プログレッシヴハウスなどを一曲一曲ほぼフルレングスで聴かせておりました。無駄に知識をひけらかす様なマニアック過ぎる選曲でもなくて、最新のヒット曲から往年のクラシックまで誰が聴いても気持ち良くなれるある意味ベタではあるけれど、しかしクラブミュージック初心者でも楽しめる様な選曲。エフェクトやイコライジングも殆どかけていなかったんじゃないかな、曲その物の良さが分かるプレイですね。ミックスをしない事でフロアの雰囲気も熱くなり過ぎずに、みんな和やかなムードでまったり楽しむ感じでした。3〜4時位からはミックスを行いながらテクノもプレイしたり、朝方はお約束のディスコやファンクもプレイしてフロアに輝かしい朝焼けが差し込む様なムードを作って微睡みモード。特にスピリチュアルハウス大傑作の"All Loved Out (Love Serenade)"が流れた時は、フロアにも至福の時間が訪れて感動的でした。パーティーは長く続いて7時でも終わらなかったので、その時点で脱出。

個人的な意見としてはLiquidloftでまた開催して欲しいな。単純にLiquidloftの雰囲気の方が好きなだけです。

■Calm - Mi-Mix(過去レビュー)
Calm-Mi-Mix
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/06/27 MUSICO 4 @ content 東京都現代美術館地下
MUSICO1

MANGOSTEEN主宰「食と音楽のMIX UP PARTY『MUSICO』」。今回は発酵食品をテーマに、そして出演者にはDJ Yogurt、FRAN-KEY、cinnabom+青芝和行を迎えてのパーティーと言う事で友達を誘って遊びに行きました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2010/06/26 Spinning Vol.2 @ 渋谷 Bar&Cafe特異点
友達と開催している"Spinning"の第二回は色々と課題は残っておりますが、無事終了しました。自分達レギュラー陣は割と大人しい選曲でメロウなハウスだったり緩めのセットでそんなに上げない内容でしたが、ゲストのDJ Aprilさんは古いシカゴハウスをパワフルにプレイしていかにもパーティー的な内容で盛り上げてくれました。時代が変わろうと本当に良い曲は変わらない良さがある訳で、そんな事を再認識させてくれるプレイだったと思います。

また次回に繋げる為に工夫なり努力が必要だと感じる点が多かったのですが、また必ずや次回開催したいと思います。遊びに来て頂いた皆様、どうもありがとうございました。

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/06/22 METROPIA.1st ANNIVERSARY @ Saloon
昨日に引き続き平日ながらも、白石隆之さんのDJプレイを聴きにSaloonへ。流石に二夜連続だと疲れが溜まっていて体が重かったのですが、Saloonはソファーなどもあり快適な環境の中、まったりと音に集中出来ました。プレイ自体は自分の好きなタイプの音が多かったかな。一番最初はKirk DegiorgioだかIan O'Brienのビートレスなトラックから緩やかに始まり、そこからPlanet-Eから出たばかりのThe Oliverwho Factoryの新曲に繋がれる。この時点で今日はデトロイト色濃厚そうだなと予感しましたが、そこからは期待通りにデトロイトやそのフォロワー系の音が多かったはず。中盤位まではMoodymannやNewworldaquariumなどのメロウでハウシーな流れで、優しく音を響かせながら夜のアダルティーな世界へと引き込む感じ。中盤以降はリズムが硬めでアッパーなテクノでがつがつと攻め上げ、URのファンキーなエレクトロも織り交ぜて賑やかなピークタイムへと突入。しかし白石さんのプレイは熱い感情を胸の奥底にしまっている様で、エモーショナルだけれども熱くなり過ぎずに常にクールな印象。ストイック、又は渋いと言うか、エゴを感じさせずに控え目なんですよね。だから泥臭いファンキーなハウスをかけても、基本的に汗臭さを感じさせずまったりと聴けるのかな。そんな感じでゆらゆらとエモーショナルなプレイに身を任せて、二時間弱のプレイは"Sueno Latino"で終了。最後の最後で華々しい感情が湧き出て、ドラマティックなラストにうっとりでしたね。

■Takayuki Shiraishi - TIME6328(過去レビュー)
Takayuki Shiraishi-TIME6328
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/06/21 DJ Nobu × DJ Alex From Tokyo × Conomark @ Grassroots
月曜なのに非常に楽しそうな面子がGrassrootsでプレイするので、久しぶりに遊びに行きました。この場所でこの面子とくれば多分黒い音中心かなとは予想しておりましたがそれはだいたい当たっていて、一晩中上げすぎない絶妙なグルーヴで最初から最後まで和やかに踊って、楽しく飲んで話して、良いパーティーになりました。一番手のConomarkはじわじわとファンキーなハウス〜ディスコ風でフロアを温めつつ、二番手のDJ Nobuは期待通りにデトロイトハウスやファンク、ジャジーハウスなど血も煮えたぎる黒い音に染め上げ、ラストのDJ Alex From Tokyoはエレクトロニック度も高めてじわじわと深みにはまらせるアシッドハウスやディスコティックなトラックもプレイしておりました。月曜なのにGrassrootsには人が溢れていて本当に月曜なのかと疑う位でしたが、それも納得の場所と面子。Grassrootsには大きなクラブの派手派手しさや豪華は無いものの、あの場所にはDIYの精神とアットホームな雰囲気があって、そして音楽好きの集まる場所であり安心感があるんです。そんな心温まる場所で心温まるプレイが聴けて、ほくほくとにんまり顔の一夜となりました。
| EVENT REPORT2 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/06/19 Crue-L & Pigeon Presents "THE FUTURE IS MYSTERY" @ Loop
去年デビューを果たしビートダウン〜ディスコリエディット方面で注目を集めているEddie Cが初来日。そんな彼に対抗出来る日本人と言えば、Crue-l Recordsの瀧見憲司。と言う訳でその二人がプレイするパーティーに行ってきました。

フロアに着いたのが1時過ぎで、既にEddie Cがプレイ中。序盤はEddie C自身の音にも近いスローなハウスやディスコリエディットが中心だったかな。どこかノスタルジーを感じる懐かしくて切ないハウスで、がつがつ踊るのではなく音に身を任せられるリラックスした展開でふんわりと気持ち良い。音に彩りがあり、芳醇なメロディーが優しいのです。勿論一晩中まったりな訳はなく、途中から徐々に上げていきコズミックなディスコダブ、ブギーなハウスやデトロイトハウスもプレイして、黒いファンキーさを増しながら熱と汗臭さを帯びた音が増えていく。ファンクネスとロマンスの入り交じった古めかしい雰囲気がたっぷりと感じられて、彼に期待していた音を浴びる事が出来ました。

2時半に瀧見憲司に交代すると瀧見ワールドへとがらっと変容。テクノっぽいクールなトラックから始まったと思えば、サルソウルを思わせる華やかなガラージ系、ロッキンでノイジーなダンストラック、アシッドハウスや奇っ怪な音が鳴り響くトラックまで、とにかく変幻自在と言うか先が全く読めない。だからと言って踊れない訳じゃなく、バラバラで分裂気味の様でありながら、予想の出来ない面白い変化を繰り返しガツンとフロアを盛り上げておりました。良く言えばオリジナリティーがあり、逆に独創性が強くもあり、はまる人ははまるし、その逆も然りなプレイ。自分は酔っぱらっていたせいもあってか、毒々しささえ感じられる不思議なプレイを楽しむ事が出来ました。

4時以降は再度Eddie Cが登場して、ドラッギーなテクノでばりばり上げたりパンピンでファンキーなハウスもプレイして、一度目よりも派手な印象が強かったのだけど…飲み過ぎて頭もぼ〜っとしていたので、そんなに記憶がありません。疲れたので5時に脱出。割と期待していた音が聴けたので満足でした。

■Kenji Takimi - SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN -DANCESTONELIVE-"(過去レビュー)
Kenji Takimi-SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN-DANCESTONELIVE-”
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2010/06/05 Groundrhythm @ Air
Airで最も歴史のあるパーティー・groundrhythmへ半年ぶりに遊びに行きました。井上薫がレジデントを務めるこのパーティーは時代に合わせて音楽性を変えつつも有名な外タレだけに頼る事なく、基本的には井上薫の音楽性でクラバーを魅了する素晴らしいパーティーの一つです。そして今回は夏頃リリースされる井上薫のニューアルバムにも参加したJebskiとNagをゲストに迎え、本人も含めたライブ三昧のパーティーとなりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 19:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2010/06/04 Autechre @ ディファ有明
Autechreが2年ぶりに来日すると言う事で、初めてディファ有明に行ってきました。と言っても目的は一緒に出るCloude YoungとJuan Atkinsの方で、自分にとってはAutechreの方が付け合せ状態。そもそも5年前にAutechreのライブを聴いた時に余りの退屈さに途中で帰った苦い思い出があったのですが、せめてもう一回位は体験しておくのも必要かと思い今回のイベントに行く事になったのです。
続きを読む >>
| EVENT REPORT2 | 10:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |