CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
国立温泉 湯楽の里
国立温泉 湯楽の里

久しぶりに友達と予定が合ったのでバイクの後部座席に乗させてもらい、国立まで一走り。「国立温泉 湯楽の里」は最寄りの駅からも少々距離がある為車などの移動手段を持っていないと、なかなか行くだけでも手間取る場所にあります。温泉はフレスポ国立南と言う施設の一角にあるのですが、現地に着くと先ず目に付くのは大型スーパー&ホームセンターであるスーパーバリュー国立店。温泉前に軽くぶらぶらと回ってみたのだけど、郊外のスーパーは本当にでかくてその規模に圧倒されますね。その後はスーパーの目の前にある温泉の施設の方へ移動し、温泉を楽しむ事に。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
三芳菊 ニホンシュ ノット デッド
三芳菊 ニホンシュ ノット デッド

日本酒はお米から出来ているのはご存知だろうが、しかしこの日本酒の香りを嗅いだ時にお米を連想する人など居るのだろうか。頭の中に青空が広がる爽やかな香りはまるで青リンゴかパイナップルか、または杏子の様なフルーティーさで到底お米を連想出来るモノではない。そんな日本酒を醸造しているのが徳島県の三芳菊。ここのお酒の特徴と言えば先ずは甘口&旨口なのだが、その甘さたるや恐らく多くの人が体験した事の無い甘さであろう。そしてこの酒造が目指す日本酒はアルコール感を意識させない現代人に合わせた飲み口だそうで、確かに甘さは強くてもそれが後を引かずにあっさりとした軽さもある。この"ニホンシュ ノット デッド"は等外米と言う米を使用してしている為、吟醸の表示は出来ないそうなのだが精米歩合は60%なので実質吟醸レベルになる。なので最初に述べた様に香りは軽やかかつ華やかなフレッシュさが際立っており、最初に濃厚な甘みが口の中に広がるも後味はすぐに消えるライトな仕様となっている。お酒に強い人なら本当にアルコールが入っているのか疑ってしまう程にアルコールを意識させないジュースみたいな日本酒だが、しかしアルコール度数は17%としっかり日本酒なのだ。旨味と言う部分では物足りなさも多少あるのだが、しかし値段が一升瓶でも2100円である事を考えるとかなりのコストパフォーマンスを誇っている。日本酒らしからぬ奇抜なラベルが注目を集めるだろうが、見掛けだけの日本酒でない事は飲めば分かるだろう。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ラーメン二郎 神田神保町店
ラーメン二郎 神田神保町店1

ラーメン二郎と言えば半ばチェーン店化しつつも各店舗の味のばらつきは思っているよりも大きく、更にそれ程混んでいない店舗もあれば一時間以上待つのが当たり前になっている店舗もあります。そんな二郎の中で特に行列を成しているのが神保町の二郎。常に30〜40人待ちの状態なそうですが、世間の気分が浮かれて休みを満喫するであろうGWを狙って神保町店へと行ってきました。がっっ…、流石ジロリアン、店舗によって二郎の味にばらつきはあれど二郎を愛するジロリアンの忠誠心にばらつきはありません。GWと言う華々しい連休であってもジロリアンは開店前から行列を成していたのでありました。と言う事で小一時間程忍耐強く並んでからのラーメン650円に無料トッピングは野菜・ニンニク・アブラ多めで注文。

やる夫4

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ラーメン二郎 小岩店
ラーメン二郎 小岩店1

年度末に余った有休を消化すべく平日に休暇を取るも、やる事と言えばラーメン二郎を新規開拓する位な人生。暇だったので早くから開店している二郎がないかと探していたら、小岩店が10時半オープンでしかも駅の近くと便利だった為、わざわざラーメン二郎を食べに小岩へと行ってきました。オープン前に店頭に着くもやはりと言うか既に20人位が行列をなしており、その中にはスーツを着たサラリーマンも混じっており一体何をやっているのかと問いたくなる(そりゃ二郎を食べるのに並んでいるのだが)。20分位待ってから客も一回転してようやく入店。今回は小豚800円に無料トッピングはニンニク・アブラで注文。

やる夫4

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
東京天然温泉 古代の湯
東京天然温泉 古代の湯

平日に休みが取れたので久しぶりに大型の温泉に行って来ました。今回は葛飾区にある古代の湯と言う大型の健康ランド風な施設へと訪れたのですが、通常だと大人の料金が2,565円と言うかなり強気の経営を行なっています。正直定価では全く行く気も起こらない施設ですが、水・木曜日のメンズデーだとキャンペーン価格で1,260円とほぼ半額になる為、日を合わせて行った次第です。またアクセスは周辺駅から離れており正直良くはないのですが、新小岩駅や亀有駅を含む複数の場所から頻繁に送迎バスが出ているのでそれを利用すると良いでしょう。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
らーめんこじろう 526
らーめんこじろう 526 1

半ばチェーン店の如く増殖を続けるラーメン二郎ですが、実はグループの一員になるには決まり事があります。それは「ラーメン二郎の看板を掲げる店舗は、本店で修業を積んだ店長が営業時間中必ず厨房に立つ」事なのですが、ラーメン二郎武蔵小杉店の店長はそれを守らないどころか、更には都内に"526"なるラーメン二郎をぱくったであろう店名の店も出して、創業者である山田拓美代表から怒りを買いラーメン二郎グループから破門を言い渡されたのが2010年12月の話。ラーメン二郎武蔵小杉店も当然"526"へと店名を変えたのですが、そこからこのグループも増殖を続け渋谷にも出店を果たしております。と言っても渋谷から恵比寿に向かう線路沿いなので立地は良いとも言えないのですが、そこに二郎インスパイアがあるのならば食べに行くのは性。今回は二郎系のラーメンである正油(700円)で、トッピングはヤサイ・ニンニク・アブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Westmalle Tripel ウェストマール・トリプル
Westmalle Tripel
"Westmalle Tripel"を楽天で見る


久しぶりにビールの紹介。世界中に点在するトラピスト会修道院の中で、ベルギーとオランダにある7つのトラピスト会修道院で作られているビールをトラピストビールと呼びます。飲水の確保が難しいヨーロッパで保存が利く飲み物としてトラピストビールが作られたそうですが、今では修道院の運営費を賄うために醸造・販売されている様です。ウェストマール・トリプルはその名の通りウェストマール修道院で作られているビールで、ダブルやトリプルと言うのはアルコールの強さを示しておりこのビールはなんと9.5%もあります。早速ビールをグラスに注いでみますと、きめ細かい泡が勢い良くもくもくと立ち上がり力強さを感じさせます。そして鼻の中を突き抜けるフローラルや桃の様なフルーティーな香りがとても優雅で、ビール酵母も混じった綺麗な黄金色の液体と合わせて非常に美味しそうですね。アルコール度数が高いので少しずつ口に流し込みますと…ふむふむ、優しいほろ苦さの後にスパイシーなキレがびしっと攻めてきて、そしてモルトの風味がしっかりと感じられますね。ベルギービールは副原料としてハーブやスパイスを使用する事が多いのですが、このビールではそれらを使っていない為かモルト感が前面に出てきているのでしょう。苦味や甘さは控え目ですがそれよりもモルトの風味や洗練された香り、そしてアルコール感をじっくりと堪能して飲みたい気品高いビールですね。日本の炭酸強めで喉越しの良いピルスナーとは全然違いますが、それでもこのビールは個性を主張しつつも飲み易いバランスも保っていて、飲む人を選ばない素晴らしいビールだと思います。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Hacienda : How Not To Run A Club / Peter Hook (著)
The Hacienda : How Not To Run A Club Peter Hook
Amazonで詳しく見る

The Hacienda、1982〜1997年まで営業を続けていたマンチェスターの元祖スーパークラブ。Factory Recordsが手掛ける作品としてFAC51のカタログナンバーを持つクラブであり、そしてUKにおけるアシッドハウス・ムーヴメントの起点にもなった伝説的なクラブだ。それを運営していたのがFactoryのメンバーでもあるかの有名なTony WilsonやRob Grettonであったのだが、そこにNew Orderのメンバーも共同経営者として参加させられてしまった。本書はNew Orderとして活躍していたPeter Hookの視点から見たThe Haciendaに纏わるストーリーであり、Peter Hookの波乱万丈な人生の回顧録でもある。Hookの記憶によれば真実のみを書いたと言う本書を読むと、The Haciendaの負の側面として認められているエクスタシーをクラブで使用していた人は実際には多くても1割だった言う意外な話や、New Orderが産み出した多くの利益はThe Haciendaと言うブラックホールの殆ど飲み込まれていたと言う冗談にも聞こえた伝聞が、今やっと真実として受け止める事が出来る。そして80年代前半、Paradise Garageの音楽とオーディエンスこそが全てと言う姿勢に影響を受けライブハウスからクラブ営業へとシフトし、80年代後半のアシッド・ハウスとエクスタシーによる大爆発を得るまでの音楽的な変遷を読むだけでも面白いのだが、その裏で常に赤字を垂れ流していたのがThe Haciendaだったのだ。お粗末にも経営的手腕が無いメンバーがしかし音楽に対する深い愛情があったからこそ、その様なクラブが成功(?)を収めた事には悦びと共に虚無感も漂うが、もしNew Orderが売れて利益を出していなかったらThe Haciendaとその後に続くカルチャーも無かったのかもしれないのだ。全てはFactory RecordsのメンバーとNew Orderの音楽への愛情が成せた変革だったのかもしれない。そしてドラッグと結び付いたアシッドハウス・ムーヴメントの過剰な盛り上がりは、負の側面としてドラッグ密売や暴力と言った問題を生み出し、その結果クラブの衰退へと繋がっていくのは何とも皮肉な事だ。クラブでの11周年記念ではDavid Moralesがゲストに呼ばれていたのだが、誰かがMoralesの背中を瓶で殴り彼の背中がぱっくりと切れてしまったそうだ。その時のMoralesの発言が「血を流すほどのギャラはもらってないんだけど」とあり、いかにクラブ内が混沌と危険に満ちてしまったかのかを示唆している。Hookにとっては暗くなるような話もあるが、当時のシーンを皮肉混じり語る筆者の口調に陰鬱さはなく興奮や隆盛が素直に伝わってくる作品だ。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
RA-MEN ICHI
RA-MEN ICHI1

アルファベットで洒落乙に命名された武蔵小山のラーメン・ICHI、しかしその実態は実はラーメン二郎のインスパイア系列である。武蔵小山にも二郎系が出没するとはもはや二郎に死角無し、日本全国に二郎が根を張るのも時間の問題だろう。断っておくが本当はこの日は昼間から飲める牛太郎と言う庶民的な居酒屋に行く予定だったのが、開店時間からちょっと遅れただけで満席になっていたので、止む無く隣にあるICHIでラーメンを食べてだけだ。牛太郎は諦めてICHIに入りメニューはどれにしようか悩んだが、飲まない分安くなるからと言う事で子豚(700円)を注文した。つまり普通のラーメンのチャーシュー大盛りと言う事だ。トッピングはヤサイ・ニンニク・アブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(2) | |
稲村ヶ崎温泉
稲村ヶ崎温泉1

こんにちは、温泉マチュです。昨年の12月の事になりますが江ノ島近辺の観光に行った際に、温泉に入って来ました。実は江ノ島自体にも温泉はありますが、そこから江ノ島電鉄で数駅先にある稲村ヶ崎駅の徒歩5分圏内にも稲村ヶ崎温泉があるのです。入浴料金は1300円と割高ながらもその分18歳未満は入場不可の為、館内は人も少なく静かに温泉を堪能する事が可能です。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |