CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEWWAVE PROJECT (日本先行発売)
NEWWAVE PROJECT (日本先行発売) (JUGEMレビュー »)
KUNIYUKI TAKAHASHI
タカハシクニユキによるニュープロジェクト、その名もニューウェーブをコンセプトにしたアルバム。6/14リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
COSMIC SOUL ORIGINAL SOUNDTRACK
COSMIC SOUL ORIGINAL SOUNDTRACK (JUGEMレビュー »)
KAITO A.K.A. HIROSHI WATANABE
アート・コラボDVD「COSMIC SOUL」からワタナベヒロシによる音源のみがCD化。ボーナストラックも追加。6/14リリース!
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2017/3/2 Steve Reich 80th ANNIVERSARY "Tehillim" @ 東京オペラシティー
2008年、2012年に続き東京オペラシティーにて来日コンサートを敢行するSteve Reich。最小限の音型の反復からズレや展開を用いて現代音楽、特にミニマル・ミュージックの先駆者として功績を残す巨匠の一人であり、その影響は当ブログの読者であるダンス・ミュージックをこよなく愛する人にまで及んでいる。楽器からテープや環境音だけでなく、政治的スタンスや宗教観まで取り込みながら、しかし機械的にも思われるミニマルな展開の中に人間味溢れる豊かなハーモニーや響きを持ち込んで、色彩鮮やかな音楽性を聞かせるその音は眠気を誘う程の心地良さを誘発する。今回は決して知名度が高いという訳ではない"Tehillim"や"Mallet Quartett"、そして日本初披露となる"Quartett"等が演目になっているが、果たしてコンサートは如何なものとなったのか。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/2/17 シゲナイト @ Bonobo
そのパーティーの名はシゲナイト、Cro-MagnonのShigekazu Otakeが主宰する事からそのまんまの名前であり、彼が気に入っているであろうDJやアーティストをフューチャーしているのだろう。今回は何とFuture TerrorのHarukaに犬式など複数のバンド経験のあるIZPON、そしてShigekazu Otakeの3人によるライブが初披露される事に興味を持ったが、他にもBlack SmokerのK-BOMBらも出演する等面白そうなパーティーだったので、久しぶりにBonoboへと赴く事にした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/2/9 Amp Fiddler Japan Tour 2017 @ Contact
デトロイトのシンガーソングライターであるAmp Fiddlerが何とB'zの稲葉浩志のツアーにサポートメンバーとして参加しているのは驚きだが、棚から牡丹餅と言うべきかそのおかげでAmp Fiddlerの国内ツアーも組まれ、都内ではContactにて夕方パーティーでFiddlerのライブが聞けるのはラッキーな事だろう。そして日本から迎え撃つは新世代ビートメーカーであるSauce81で、ファンクやソウル等の黒い要素をマシン・ライブで表現するアーティストであり、歌も演奏も織り交ぜたライブはきっとFiddlerにも引けをとらないだろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/1/21 Guidance 〜導き導かれる人生〜 12th Anniversary Day 2 @ Unice
都内各地のクラブをジプシーのように渡り歩き、そしてベテラン〜若手までの充実した国内勢から国外のニュージェネレーションまで招致し、デコレーションやVJにフード等細かい所にまで力を入れ、音楽だけでなくトータルとしてパーティーの魅力を体験させる『Guidance 〜導き導かれる人生〜』。クラブという業界が賑わっていた10年前ならいざ知らず、それからも尚継続的にここまでパーティーを続けるのは楽な事ではないが、音楽やパーティーへの愛こそが原動力となり遂に今年で12周年を迎える。今回のゲストはカナダよりMulti Cultiを主宰するThomas Von Partyが初来日となるが、当方も彼については知識を持ち合わせていないものの普通のテクノ〜ハウスとは異なる国境を越えた感覚があるそうだ。そんな特異なDJに対して日本から迎え撃つならばやはり瀧見憲司、そして他にもCHIDAやy.を迎えてアニバーサリーらしい充実した布陣で夜が待ち受けている。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/1/13 Nick The Record Japan Tour 2017 @ Vent
伝説とまで呼ばれる日本に於けるレイヴ・パーティーの先駆け「Life Force」のレジデント、そして現在は「TAICOCLUB」のクローズを例年務める事が馴染みになっているNick The Record。レア・グルーヴからテクノやハウス、のみならずディスコからワールド・グルーヴまで幅広い知識と確かなセンスを持ったDJとして高い評価を受けるが、今回は表参道にオープンしたVentに初登場かつ早割で入場料が1000円という破格の内容であり、これは是非とも行かねばと注視していたパーティーだ。当然ロングセットが予定されており、期待せずにはいられない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/1/7 Hi-TEK-Soul Japan Tour 2017 @ Contact
2015年のカウントダウン、代官山Airのフィナーレを飾ったのがデトロイト・テクノの暴君・Derrick Mayだった。その後、渋谷には新たにContactなる新しいクラブが誕生したのだが、その名付け親もDerrickだったのは何か運命的なモノを感じやしないだろうか。そしてContactにその名付け親であるDerrickが遂に初登場となる今回のHi-TEK-Soulには、彼が運営するTransmatから日本人としては初の作品をリリースしたHiroshi Watanabeも参加するなど、待ちに待っていた一夜が到来した。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/12/28 THE OATH -Year's End Special- @ Oath
年末になれば休みに合わせて面白そうなパーティーが増えてくるが、本年度の最後に選んだパーティーはXtalとGonnoによるThe Oathの年末度スペシャル。今となっては海外でも注目を集めるまでに躍進したGonno、そしてTraks Boysやポップスバンドの(((さらうんど)))としても活動しながら今年初のアルバムを完成させたXtal、その二人だけのロングセットを小箱であるOathで体験出来るのは、逆に贅沢で貴重なものだろう。大箱とは客層も雰囲気も異なる場所で、パーソナリティー性が強いに違いないプレイを聞きに、Oathへと足を運ぶ事にした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/12/9 Danny Krivit Celebrating 45 Years of Djing presented by King Street Sounds @ Vent
Body & Soulの‥という説明は最早彼の音楽性を説明するには蛇足にしかならないかもしれない。ダンス・ミュージックに於ける生き字引、NYのシーンをアーティストとしてではなくDJによって生き抜いてきた生粋のDJであるDanny Krivitが、遂にそのキャリアの45周年を迎える。ディスコやハウスに対して実直に向かい合いながらも決して歩みを止める事はせず、(流行に寄り添うのではなく)その時代の新しい音楽も吸収しながらクラシカルなスタイルによってDJの素晴らしさを表現するDJであり、物珍しさはないからこそDJとしての本質的な才能によってこそ評価を受ける。そんなDJとしての45周年を祝う一夜では7インチセットも披露されるのではと珍しさもあるが、日本からはハウス/ディスコの魅力を普及させる事に努めているDazzle Drumsも参戦と、間違い無しのパーティーが表参道の新しいクラブであるVentで開催となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/11/22 Gift @ Sankeys TYO
今年の8月にSankeys TYOでスタートを切ったGiftはそのパーティー名通りに“お客様感謝デー”としての意味があるパーティーで、価格を抑えながらも良質なDJが出演する事で注目を集めている。そしてその第2回はLabyrinthにも定期的に出演し人気を博しているPetar Dundovが招かれる事になり、このパーティーが低価格なのだけを売りにしているのではなく質を伴っている事を証明する事になる。日本からはGiftの初回にも出演したSatoshi Otsuki、Berghainを含む海外でのツアーも敢行したIORIが出演と、盤石の体制でパーティーは企画された。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016/11/19 Primitive Inc. 10th Anniversary × Ageha 14th Anniversary Masters At Work in Japan @ ageha
Body & Soul含めて嘘偽り無く良質なパーティーの企画を行うPRIMITIVE INC.。2006年に設立されたこの会社が設立記念パーティーに呼び寄せたのは、何とLouie VegaとKenny Dopeから成るハウス・ミュージックにおけるスーパーユニットであるMasters At Workだったのは最早奇跡と呼んでもよいだろう。事実、それから10年間はその両者が個別に来日する事はあっても揃っての来日はなく、日本でそれを聴けるのは忘却の彼方へとなりつつあったのだが、再度それを実現させるのがまたPRIMITIVE INC.なのは運命的にさえ思われる。2006年の設立から10年を経て会社としての10周年記念、そしてagehaの14周年記念の合同パーティーにMasters At Workが来日し、そしてagehaという特大クラブの環境を活かしてベテランから若手まで幅広く実力のあるDJが集結し、ある種の祝祭感のあるお祭パーティーが催された。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |