CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2018/1/6 New Year Session Vol.2 @ Grassroots
2018年、東高円寺の音楽酒場であるGrassrootsも始動を始める1月初週はニューイヤー・セッションが二日に渡って開催される。両日ともGrassrootsに於いてレギュラーパーティーを持ったりと縁のあるDJが出演するが、Vol.2の今夜は比較的若手の世代が中心。Drippyを開催するArare、ElevateのDaisuke Iwanaga、NutsのNehan、HangのYO.ANが出演するが、こうやって世代交代と言うか若手の台頭も促す機会があるのは当方も新しいDJに出会える場として興味深い。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/1/2 アシッ道 @ Contact
2017年最後のパーティーはアシッド・ハウスをコンセプトに挙げたものだったから、2018年の最初のパーティーもアシッド・ハウスへ…と意識した訳ではないものの、新年早々に「アシッ道」なるまんまアシッド・ハウスの再評価を意識したパーティーが開催される。出演はアシッド・ハウス再燃へ取り組んでいるDJ EMMAをはじめDJ TasakaやChidaにHiroshi Watanabe aka Kaito、そしてサブフロアにも普段からアシッド・ハウスへの意欲的な取り組みを見せているアーティストが総集結し、一晩かけてアシッド・ハウスの魅力に浸からせる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/12/15 EMMA HOUSE @ Sound Museum Vision
近年再度注目を集めているアシッド・ハウスと呼ばれる音楽は、TB-303(だけではないが)の不気味なベース・サウンドを用いて中毒的な快楽を引き出すハウスであり、シカゴを発端にした一大ムーブメントだった。その中でもイノベーターの一つとして挙げられるのがDJ PierreとEarl "DJ Spank Spank" Smithらによって結成されたPhutureであり、特に10分以上に渡って繰り広げられる幻覚的な"Acid Tracks"は今尚フロアを狂気へと誘い込むクラシックだ。今回は日本にて現在形で"Acid City"なるコンセプトネームでアシッド・ハウスへ再度取り組んでいるDJ EMMAのEMMA HOUSEへとPhutureの出演が決まったが、このタイミングこのパーティーでならアシッド・ハウスを体験するには絶好の機会であろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/12/9 Nuts @ Grassroots
Unit/SaloonにてARTEMISを主宰しているNehanが2015年から東高円寺はGrassrootsにて新たに立ち上げたNuts。不定期開催ながらも毎回ゲストを迎えてもう2年も開催しているが、この度のゲストは日本から世界へと羽ばたいたGonno。ヨーロッパでは大箱でもプレイするGonnoのプレイを、愛すべきGrassrootsという小さな酒場で聞けるのは貴重な機会でもあり、またあの場所で一体どんなプレイをするのかという興味が尽きない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/12/2 THE OATH -feat.Tokyo Callin'- @ Oath
2015年にスタートとしたTokyo Callin'は第1土曜にDJ Yogurtがホストを務め、そして彼が信頼出来るDJを招待して基本的には2人で真夜中から朝まで交代しながらDJをするパーティーだ。ジャンルに縛られずにその場その場で様々なスタイルを見せるDJ Yogurtも、何度かTokyo Callin'での客の反応を見て最終的にはハードかつミニマルなテクノがOathには合っていると判断し、今ではDJ Yogurtの現在形のテクノを披露する場所になっている。今回はデトロイト・ハウスやロウなテクノなどを熱きソウルによって展開するYou Forgotをゲストに迎え、2人によるオールナイト・ロングなパーティーを繰り広げる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 12:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
2017/11/25 Middle of NowHere @ Contact
世界的にも絶大な評価を獲得しているCabaret Recordingsを主宰するdj masdaとSo Inagawa。ミニマルからハウスにエレクトロまで温故知新らしい音楽性でモダン・グルーヴを生み出すレーベルは、アナログのみの販売体制ながらも多くのDJに求められて現場でフル活動している。そんなレーベルのパーティーに度々出演をしていたデトロイトのミニマリストであるDBXことDaniel Bellが、今回はMiddle of NowHereのゲストに迎えられた。それぞれが長い関係があるからこその音楽性の理解によって相性は抜群である事は言うまでもなく、ミニマル・グルーヴの真髄がそれぞれによって表現されるだろう。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/11/11 DJ Kabuto Presents LAIR 10th anniversary @ Grassroots
先週は高円寺Grassrootsの20周年記念パーティーが続いたが、今週末はKabutoがその場所で続けているレギュラーパーティーであるLairの10周年記念パーティーだ。当方が初めてLairに遊びに行ったのは2013年、そこでKabutoの無骨ながらもエモーショナルなハウス・グルーヴに魅了され、それからLairやそれ以外にも彼が出演するパーティーには度々訪れている。元Future Terrorのメンバーであり一時期はCabaretのレジデントにも加わるなどの変遷を経て、現在はLair以外にも新たにDaze Of Phazeを立ち上げて古き時代に埋もれてしまったテクノやハウスにエレクトロへの再発見をするような活動を行っており、生粋のDJとして在り続けている。そしてLairのアニバーサリーはやはり特別で、Kabutoだけがオープン〜ラストでプレイするその場こそKabutoの魅力を100%体験出来る夜なのだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/11/7 Jeff Mills x Terry Riley @ WWW X
現代音楽やミニマル・ミュージックにおける巨匠・Terry Riley、そしてダンス・ミュージックにおけるミニマル・テクノの開拓者であるJeff Mills、その個々の存在感は言わずもがなとても大きなものだが、なんとその二人が共演するという特別企画であれば話題となるのも当然だ。異なるジャンルからミニマルを確立した二人が一体どんなライブを披露するのか、そしてまた圧倒的な知名度を持つが故に逆にイベントありきの内容にならないか、滅多にないであろう機会に期待と不安が入り交じるライブへと足を運んできた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 21:30 | comments(1) | trackbacks(0) | |
2017/11/2 Grassroots 20th Anniversary Party !!! - DAY - @ Grassroots
新しい音楽が生まれては廃れ早急に入れ替わる流行が常であるダンス・ミュージックの界隈で、一つのクラブが20年も同じ場所で存在し続ける事は決して容易い事ではない。東高円寺にあるGrassrootsはしかし日本人のDJをブッキングし続け彼等を育てる場所としても機能し、そして酔いどれとミュージック・ラバーが集まるホーム的な酒場としても成立し、決して大きなクラブではないものの他では体験出来ない魅力あるクラブの一つとして20年も続いてきた。そんな場所だから20週年のアニバーサリーは当然縁のあるDJが集結するのだが、その初日はDJ HikaruにCMT、KabutoにConomark、そしてYA△MAとつまりはGrassrootsをホームの一つとして活動しつつ全国へと巣立っていったDJが集結した。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/10/13 Balearic Park @ WWW
最近になってクラブ・ミュージック関連の音楽性にも力を入れるようになっている渋谷のライブハウスのWWWにおいて、新たなパーティーが始動する事になった。その名も『Balearic Park』、そのタイトル通りにバレアリック・ミュージックに焦点を当てた内容であり、クラブの騒がしく熱狂的な方向とは対照的にイマジネーティブで瞑想的な音楽を求めているように思われる。招かれたのはオーストラリアの若き新星であるAndras Fox、ベルギーのフィールド・レコーディングを得意とするLieven Martens Moana、実験的な音楽を披露するTyphonian Highlife、日本からはドローン・アンビエントを手掛けるHakobuneとChihei Hatakeyamaと、メインフロアは全員がライブでの出演とクラブ・ミュージック系のパーティーとしては非常に興味深い内容だ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |