CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Marvin Dash - MD 50 (Into The Deep Records:ITDR004)
Marvin Dash - MD 50

過去にはDerek CarrやLeonidらの作品をリリースしており、90年代で言うインテリジェンス・テクノ的な内向的ながらも叙情性のある世界観が特徴のInto The Deep Records。2016年設立とまだ新興レーベルで作品数も多くはないが、その分だけ作品は選りすぐられており今後も注目すべきレーベルと感じている。2019年リリースの本作は過去にはForce Inc.やWorkshopからミニマルな性質とデトロイト・ハウスを一つにしたようなファンキーかつエモーショナルなハウスを作品をリリースしていたMarvin Dashによるもので、最後のリリースが2011年だったのでなんと8年ぶりの新作という事になる。なんでもInto The Deep Recordsが過去4年間に渡りDashを探索していたようで、何とか追跡出来た上に説得して本作のリリースに至ったようだが、そんな努力が花開く期待以上に素晴らしいEPだ。Dashのロウな作風よりはやや綺麗めの音にはなっているものの、アナログ・ハードウェア機材をベースに作られた曲は人肌を感じさせる素朴な響きもあり、ミッドテンポのディープ・ハウスからダウンテンポまで展開し穏やかな叙情性を発揮している。しっとりした4つ打ちのキックを刻みつつカラッとしたパーカッションが響き、そして透明感があり涼しげなシンセのメロディーや優美なストリングスが伸びる"A1"は、野外の開放感や爽快感が広がる大らかなディープ・ハウスで、熱狂に塗れる真夜中のダンスフロアとは真逆のリラックスして至福の音に身を任せたくなる快適な曲。"A2"は過去の作風にも近い内向的なディープ・ハウスで、こちらもしっとり湿り気のあるキックの4つ打ちやベースラインが安定感のあるグルーヴを作りつつ、上辺で華やかなストリングスが優雅に装飾しつつキラキラとした電子音を散りばめているが、闇が広がる深いフロアで鳴っていそうなミステリアスな感覚は催眠的だ。そして一曲やや浮いた感もあるのが"B1"で、カタカタとしたドラムマシンのリズムは粗雑でロウな鳴りをしており、アシッドで中毒的な電子音のループと対照的にきらびやかな上モノのコードによって酩酊感を生むこの曲は、個性的なレフトーフィールドのハウスだ。8年も待たせたわりには僅か3曲と思うかもしれないが、どれも待たせられた分を埋めるだけの魅力的なハウスで、ここからの再活動に期待を膨らませる。



Check Marvin Dash
| HOUSE14 | 21:00 | comments(0) | - | |
Luke Abbott - Music From The Edge Of An Island (Float:FLOAT003LP)
Luke Abbott - Music From The Edge Of An Island
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
かのBorder Communityからの作品によって一気に注目を集めたLuke Abbottの最新アルバムは、予想だに出来ない意外や意外のピアノアルバム。モジュラーシンセも駆使して色彩豊かなポップな音と破壊的なノイズを行き交い、長閑な田園風景の牧歌的な雰囲気から悪戯溢れるサイケデリアまで描き、ダンスフロアに依存しない音楽を送り出してきたAbbottが、何故かピアノアルバムだ。調べてみるとJessica Hynesによる映画「The Fight」のために依頼されて作ったのが元となり、そしてポストクラシカルシーンを代表するNils Frahmが始めた「Piano Day 2019」に合わせてリリースされたとの事。ピアノアルバムとは冒頭で述べたものの決して電子音が使われていないわけではないが、以前のアルバムに見受けられた即興的な不安定さを活かした事による実験的な音楽ではなく、ソフトウェアを用いて丁寧にクラシックの模範に沿って構成されたと言うべきか、メロディーとコードを尊重したモダン・クラシカルと呼ぶべきだろう。冒頭の"Sea"から悲哀のピアノのコード展開を静かに聴かせる飾り気の無い構成で、途中から荘厳なシンセのドローンも入ってきて重厚感は増すものの、やはり過剰な演出は無くピアノの響きが印象を残す。ワルツのリズムを刻むピアノのメロディーにチェロの有機的な組み合わせがしっとりする"Island"も、やはり非常にシンプルな音の構成で、だからこそ一つ一つの音の美しさが際立っている。"Tree"はピアノの早い連打がリズムにも聞こえるが、ストリングスも加わり厚みを増すとしみじみとしたメランコリーさが一層強くなっていく。ピアノや電子音もロングトーンを強調した"Waiting"は忙しなく展開する事もなく、内なる深層を省みさせられるようなドローン的なアンビエントだ。"Seed Change"なんかはピアノの流麗な演奏を活かした完全にモダン・クラシカルだが、ガムラン風のパーカッションとピアノの絡みによって爽快ながらも静謐な美しさを演出する"Moments"もあったりと単調ではない。Border Communityからのアルバムとは当たり前だが全く作風は異なるものの、こういったアプローチも出来るんだという驚きと共に、シンプルが故にピアノの繊細な美しさが際立つ音楽に安らぎを感じられる。



Check Luke Abbott
| ETC5 | 12:00 | comments(0) | - | |
Earth Trax & Newborn Jr. - Truth EP (Phonica Records:PHONICA026)
Earth Trax & Newborn Jr. - Truth EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

Bartosz Kruczynskiとしてオーガニックなニューエイジやアンビエント方面で評価も高いEarth Trax、そしてヒップ・ホップやダウンテンポも取り込んだアルバムをDopeness GaloreからリリースしたNewborn Jr.によるポーランドのコンピは、2016年頃から手を組んでヒット作を送り出しているが、活動初期はアンビエンス感溢れるシンセを用いたエモーショナル性の強いディープ・ハウス色が特徴だったものの、リリースを重ねるに連れてアシッド・サウンドやうねるブレイク・ビーツが徐々に現れはじめ、レイヴ再燃の動きに同調している予兆は既にあった。そしてそれが完全に顕になったのが本作、90年代の懐かしくもエネルギッシュな興奮が詰まったレイヴを、彼等のかねてからの音楽性とミックスして自分達のモノとしている。タイトル曲の"Truth (Main Street Mix)"からしてTB-303らしきアシッド・サウンドがビキビキとうなりつつダーティーなベースが下部を支え、熱狂的なシャウトやギトギトしながらも派手なシンセサウンドのメロディーが引っ張っていくこのレイヴィーなハウスは、90年代のクラシカルな雰囲気さえ漂わせている。別バージョンとなる"Truth (Back Alley Mix)"も大きな違いはないものの、一部にダブな処理を加えて揺らめくような残響がシカゴのアシッド・ハウス的にも聞こえたりもする。一転して"Old Way, New Way"は従来の彼等らしいアンビエント・ハウスで、若干アシッド風なベースは用いつつもフルートの朗らかなメロディーと優美なピアノのコードを展開し、軽快なブレイク・ビーツで快適なグルーヴを生むこの曲も90年代のオールド・スクール感がある。"And Then"も同様にフルートを用いているが、先程の曲が陽だとしたらこちらは陰、夜の怪しい雰囲気に覆われ激しいグルーヴではないものの真夜中の熱狂的なダンスパーティーへと次第に移っていくような時間帯のブレイク・ビーツ調のハウスで、じわじわと感情を揺さぶっていく。再燃しているレイヴサウンドを意識しながらも、単なる焼き直しに終始せずロウな感覚やアンビエント性も取り込み、強い印象を残す作風として素晴らしい。



Check Bartosz Kruczynski & Newborn Jr.
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
Fumiya Tanaka - Beautiful Days 2010-2015 (Sundance:SNDCD002)
Fumiya Tanaka - Beautiful Days 2010-2015
Amazonで詳しく見る(日本盤)

ベルリンとへ移住して以降、DJとしては当然としてアーティストとしてもミニマルというベースを元にテクノ/ハウスを求道的に実践する田中フミヤ。日本のミニマル・テクノの先駆者の一人…という評価も越えて、その知名度は寧ろ海外の方が高いのではと思われるが、こうやって長い経験を積み重ねながらもミニマルとしての音楽性のブレの無さはこの2018年リリースのアルバムに於いても健在だ。海外に拠点を移してからはミニマル・テクノの代表的レーベルの一つであるPerlonにも認められEPやアルバムをリリースする一方で、自身が主宰するSundanceからは2017年に3枚に渡ってBeautiful Days EPシリーズを展開し、フロアでの鳴りや機能性に特化したミニマル・テクノを披露していた。このシリーズはベルリンへ移住してからそこで得たアイデアを自身の音に反映させた60曲程の中から選びぬいたもので、よく彼が述べる「フロアにレコードが選ばれる」(漫画で言うならば勝手にキャラクターが歩き出すみたいなものか)等の雰囲気を詰まっているそうだ。そんなアナログ3枚を更にアルバムとして、また生粋のDJである事を主張するかのように全てミックスして構成したのがこのCDである。本人のブログに拠れば編集無しの一発録音を5回行ったそうで、最終的には事前のプランに依存しないミックスが一番グルーヴの一貫性があり採用されたというのも、如何にも彼らしいエピソードだ。出だしはスキャットのようなボイスサンプルを用いた"Everybody Don't Know Me"で始まるが、気の抜けた4つ打ちとスカスカなベースラインとダンス・トラックにしては随分と弛緩したグルーヴ感で、なよなよしながらもアコギ等のサンプリングも用いた繊細な表情を付けている。続く"At The Time, Suddenly"も雰囲気はかなり近似しているが、フラメンコらしきギターやハンドクラップのサンプルやカットアップ的なぶつ切りの音を持ち込んで、強迫的な勢いや音圧は無くともファンキー&ディープな響きで、早くもずぶずぶとしたグルーヴに飲み込まれる。ヌルっとしたベースラインながらも安定したグルーヴを持続し訝しい呟きのサンプルも乗っかって催眠的な効果を生む"Respect The Man"、シャキシャキと金属的なハイハットに切れが感じられつつも細かいサンプルが色々配置されたカットアップ・ハウス風な"Hang On A Second"など、どれも田中フミヤそのもののスルメの様な味わいを持った渋いミニマル・テクノで、一曲一曲だけ聞くと地味な印象は拭えないDJの為のツール集といった趣だ。しかし、CDとして纏めるのであればやはりこうやってミックスする事で彼のDJとしての手腕も発揮され、それぞれは淡々としながらもぬらぬらとした曲群が自然と永続的なグ酩酊感溢れるグルーヴと化していくのを聞くと、やはりこの形が結果的には最適だったのだろうと思う。オリジナル・アルバムでありミックスCDでもある、アーティストとDJとしての両面が反映された田中フミヤの音楽だ。



Check Fumiya Tanaka
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | - | |
石川台 稲荷湯
稲荷湯

都内ではスーパー銭湯型の温泉が増えてきているものの、日常の生活の一部として楽しむのであればやはり近くの銭湯が好ましい。しかも大田区であれば多くの銭湯に温泉が湧いているのだから、わざわざ高い料金を支払わなくても温泉が楽しめるである。今回は東急池上線は石川台駅から徒歩6分、希望ヶ丘商店街の一角にある地域密着型の銭湯、稲荷湯を訪問。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC4 | 13:00 | comments(0) | - | |