CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Outro Tempo : Electronic And Contemporary Music From Brazil 1978-1992 (Music From Memory:MFM016)
Outro Tempo Electronic And Contemporary Music From Brazil 1978-1992
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

『1978〜1992年のブラジル産電子音楽と現代音楽』という分かり易い直球タイトルのコンピレーションを手掛けたのは、アムステルダムを拠点とし現代バレアリックや失われた遺産の発掘に勤しむMusic From Memoryだ。特定のジャンルで言及される活動ではなく、実験的精神とバレアリックな雰囲気の融和の方向に向かい歴史の狭間に埋もれてしまった良質な音楽の再発見を続ける重要かつ人気レーベルであり、まだ活動期間が長い訳ではないものの間違いない審美眼は信頼の置けるものだ。勿論本作もブラジルをコンセプトにしているからと言って素直なサンバやボサノヴァが収録されている筈もなく、タイトル通りに一般的なブラジルのイメージからは想像も付かない現代電子音楽がこれでもかと紹介されており、ブラジル音楽に対するイメージを一新させる事は間違いない。筆者には当然ながら収録されたアーティストについて全く知識を持ち合わせていないが、しかしだからこそイメージに左右される事なく素直に音そのものを聞き入れる事が出来て、ブラジル音楽の新たな魅力に触れる事が出来た。Piry Reisによる"O Sol Na Janela"は煌めく電子音と爽やかなアコギに色っぽさもある歌が絡むフォーキーな曲で、確かにブラジルの涼風が吹き抜けつつもラウンジ・ミュージック的だ。Nando Carneiroの"G.R.E.S. Luxo Artesanal"は軽快なリズム感や哀愁のアコギからはブラジリアンな要素が発見されるが、そこに入ってくる遊び心もあるような電子音が印象的だ。と思えばFernando Falcaoの"Amanhecer Tabajara (A Alceu Valenca)"は不思議な音色と打楽器を中心とした現代音楽×ミニマルのような作風でジャングルに迷い込んだようなスピリチュアルな雰囲気もあり、Anno Luzによる"Por Que"では無重力なシンセを用いたアンビエントな幕開けから悲哀のピアノやアコギによってぐっと切なさに染まっていく情緒的な響きもあり、電子音楽のユニークさとブラジルの空気が見事に一つとなっている。その他にもバンジョーを用いてエキゾチック感を含ませつつカリンバやハープ等の多くの生楽器を用いて瞑想へと誘うニューエイジ風の"Gestos De Equilibrio"、そして世界各地の民族楽器の人力演奏によって15分にも及ぶ大地との交信を図ったかのようなサイケデリックかつサウダージなワールド・ミュージックの"Corpo Do Vento"と、陽気な雰囲気の中にも霊的な世界観さえも持っているのはアマゾンという原始の森があるブラジルだからこそからか。面白いが決して難解ではなく、様々な民族・文化が溶け合ったようなブラジルの混合性があり、そして何よりも馴染みやすいロマンティックな響きがあり、またしてもMusic From Memoryのレーベルカラーを見せ付けた選曲が素晴らしい。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Local Talk 5 1/2 Years Later (EUREKA!:ERKCD-003)
Local Talk 5 1/2 Years Later
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Blazeの大名盤『25 Years Later』からタイトルとジャケットを見事にサンプリングした本作は、スウェーデンのハウス・レーベルでは代表格であるMad Matsらが主宰するLocal Talkの正しく活動5年半を記念したコンピレーションで、実は『25 Years Later』とは特に音楽的な繋がりはない。しかしMatsによればそんな大名盤には色々なハウス・ミュージックが入っているそうで、そんな音楽性をこのコンピレーションで表現したかったそうだ。確かに様々なアーティストの曲が収録されている本作、大胆なジャケットのインパクトに魅了された方は是非この機会に、Local Talkの音源に触れてもきっと損はしないだろう。有名どころではハウスとヒップ・ホップをクロスオーヴァーさせるDJ Spinnaも参加しており、跳ねるリズムと耳に残るしなやかなシンセのメロディーがエレガントに舞う"Tie It Up"を提供しているが、中盤以降の美しいシンセソロの優美さはLocal Talkらしい。フランスの新鋭、Local Talkを始め様々なレーベルから引っ張りだこのS3Aはお得意のサンプリングをフル活用した"Bob Morton Track"を手掛け、荒々しく黒いファンキーさ爆発のモータウン・ハウスは本場USにも全く引けを取らない。その一方でUKはブリストルのSean McCabeが手掛けた"It's My Life (Sean's 6am Dub)"は、かつての西ロンのブロークン・ビーツ隆盛を思い起こさせるような曲で、ざっくりとしかし小気味良いリズムと多層になるエモーショナルなシンセに情熱的な歌を合わせて特に洗練された美しさを放つ。更に異彩を放つのがYoruba RecordsやInnervisionsからヒットを飛ばすToto Chiavettaで、テッキーながらも何処か妖艶で呪術的かつアフロな魅力を秘めた"Approval"はサイケデリック性が抜群だ。その他にもArt Of TonesやMarcel LuneといったLocal Talk組、フランスのディープ・ハウサーであるHugo LX、そして日本からはKyoto Jazz Massiveが強烈なベースが炸裂するブギー・ハウスを提供しており、一口にハウスと言っても実に音楽性豊かに様々な要素がこのアルバムには存在している。ファンクやソウルにジャズ、激しさからメロウまで、Local Talkのハウスはただ単にフロアで踊らせるだけの音楽ではなく、リスニングに耐えうる素質があるのだ。




Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/6/16 THE OATH -every 3rd friady- @ Oath
青山にあるOathは今では珍しいレジデントパーティーを毎月開催しているクラブ。クラブとしては非常に小規模なもののリーズナブルなエントランスや出入り自由な気軽さ、またその規模以上の音響の良さもあって今では毎週末多くの外人客が訪れる人気の場所になっている。さて、第三金曜を担当しているのが日本において特にシカゴ・ハウス愛を強烈に打ち出したプレイを行うRemiで、その骨太で厳つい音楽を中心としたプレイはファンキーで喧騒としたパーティー感満載だ。そして今回ゲストには意外にもFuture TerrorのメンバーであるHarukaが呼ばれる面白い組み合わせであり、またこのパーティーには何度か参加しているMilkmannもサポートに加わっている。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Mark Barrott - Music For Presence (International Feel Recordings:IFEEL060)
Mark Barrott - Music For Presence
Amazonで詳しく見る(MP3)

モダン・バレアリックの筆頭、享楽的なイメージが先行するイビサの中でもそれとは真逆の平穏な田園地帯が広がるようなイメージを持つInternational Feelは、正に太陽光の降り注ぐ開放的な地中海バレアリックを体現する。そんなレーベルを引率するのがMark Barrottで、既に2枚のアルバムとイビサの空気を取り込んだコンピレーション・アルバム等をリリースしており、新緑が生い茂る自然との調和を目指したようなバレアリック性を開花させている。しかしこの久しぶりとなる新作のEPは侘び寂びのある落ち着いたジャケットからも推測出来る通り、何でも日本の秋の風景や夜をイメージしだそうだ。それは結果的に、今までの作風がカラフルな総天然色の木々に覆われた島のトロピカル感満載だったのに対し、ここでは内省的でより喧騒から離れた寂静の世界のアンビエンスが強く出ている。"Schopenhauer's Garden"は70年台のエレクトロニクスを大胆に用いたジャーマン・プログレかニューエイジのような瞑想的な電子音楽性があるが、そんな中にもギターやサクソフォンの生演奏も導入してリラックスした温かみのある色彩を帯びて、無駄な装飾が省かれた中にも豊かな響きが地平の果まで続いていく。"Emile"でもギターやサクソフォンのプレイヤーを起用しているが、ビートも無くふわふわとした無重力状態の響きは開放的に広がり、夕暮れ時の風景が広がる従来の野外向けなイビサ・バレアリック的である。何処かアジアや日本を感じさせる笛の音が印象的な"Mokusho"、のっそりとしたダウンテンポのビートを刻む中でのどかな笛や電子音が戯れるドリーミーな曲で、桃源郷の世界を散歩するようだ。最後は可愛らしい丸みを帯びた電子音がリフレインして先導する"Lysander"、そこに耽美なピアノやトランペットが控えめに哀愁の感情を吐露するノンビートの曲で、ひっそりと音が消失していき本EPは幕を閉じる。確かに今までのBarrottのイビサ的な作品とは異なり青々しい空や緑の自然といった感覚は後退し、日本や東京の雰囲気であるかはさておき内へ内へと入っていく思慮深さが伝わってくる。勿論International Feelらしい安らぎのフィーリングはあるが、自分の作風を乗り越えていくように進化している点で面白い。



Check "Mark Barrott"
| HOUSE12 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
David Alvarado - Machines Can Talk
David Alvarado - Machines Can Talk
Amazonで詳しく見る(MP3)

前のアルバムから実に13年ぶり、通算4枚目となるアルバムを完成させたDavid Alvarado。近年はOvum Recordings等から極僅かながらもEPをリリースする程度の活動で日本への来日も過去に一度だけと、少々地味な存在のために注目される事は少ないが、DJ/アーティストとしてもっと評価を受けてもおかしくはない。かつてPeacefrog RecordsやNRK Sound Divisionからリリースしたアルバムは深い残響と弾けるパーカッションが爽快で、ミニマルな展開を軸にしたダビーなテック・ハウスとして実にフロア受けの良い楽曲性があり、また数枚のMIXCDでは前述の音楽性からプログレにデトロイトからソウルフルなハウスまで使い分けてグルーヴィーなプレイを披露している。海外では幾らかは日本よりも評価は高いのだろう、事実彼が手掛けた曲は多くのMIXCDに用いられている。さて、それはさておき久しぶりのアルバムは、どのレーベルに属す事もなく配信のみでリリースされている(極限定でアナログもあったようだが)。その意味ではレーベル性に束縛されずに自身が本当に作りたい音楽であろうと推測出来るが、過去の音楽に比べるとやや変化は感じられる。始まりの"Translat"こそ静謐さが広がるアンビエントかつダビーな音響に、静かな中にも壮大なテック感が感じられるが、続く"Gabriel's Run"も確かに奥深い残響やパーカッシヴなリズムは息衝いているが、ギラギラした上モノはプログレッシヴ・ハウス的にも思われる。颯爽と小気味良いグルーヴに浮遊感があり幻想的な上モノに覆われていく"Hope Between The Lines"はかつての作風にも近く、エモーショナルと言うかドラマティックと言うかスケール感の大きさが際立っている。一方で"Language"はリズム感が平坦に続く展開に、光沢感あるシンセのシーケンスでじわじわと盛り上げていく構成で、流れを適度に抑制しながら持続感を打ち出す事で既存の作風からの変化が汲み取れる。"Machines Can Talk"も同じタイプの曲で快楽的なシンセのフレーズはほぼプログレッシヴ・ハウスであり、重いキックは弾けるパーカッションで揺らすのではなく、耳に残るメロディーで恍惚を誘うタイプだ。そういった点で以前よりも浮遊感や開放感よりもシンセのメロディーや響きに重きが向いているように思われ、また全体的にダビーな残響に頼り過ぎる事なく躍動感を程よくコントールして落ち着いた雰囲気も持たせた点には、ある意味ではアーティストとして丁寧に聞かせるタイプへの成長と捉えられなくもない。ここまで随分と待たされ過ぎた感は否めないが、大人びたDavid Alvaradoの今がここにある。



Check "David Alvarado"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |