CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Chris Coco - Indigo (Music Conception:MUCOCD031)
Chris Coco - Indigo
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
バレアリック・ミュージックが世界的に盛り上がる現在のシーン、日本においてはその道を求道的に歩み続けるCalmがその先駆者である事は間違いないが、そのCalmが自信を持って彼が主宰するMusic Conceptionから送り出したのがChris Cocoによるニューアルバムだ。Cocoは80年代後半から活動を開始し、90年代初期に訪れたイビザのバレアリック・ミュージックに強い影響を受け開眼し、その中心的存在であるイビザのCafe Del MarやCafe MamboのレジデントDJを務めるなどこのシーンの重鎮の一人。そんなアーティストが最新作に名付けたタイトルは『Indigo』で、日本に何度か訪れる度に日本の藍色に魅了されたそうで、この色に対するイメージや意味を音楽へと転換させたと本人は述べている(参照)。そんなコンセプトから生まれた音楽は全編淀みの無いクリアな多幸感に満たされたチルアウト/バレアリックな響きで、開始となる"Event Horizon (In)"からしてビートレスな空間にほのぼのとした電子音のメロディーが静かに浮遊しながら淡いシンセのディレイが広がるこの曲は、Meditation Y.S.(Yoshihiro Sawasaki)の音に意味を込めずに底抜けにオプティミスティックなアンビエントを思い起こさせる。続く"Pou Des Lleo"もビートの無いぼんやりとしたアンビエントだが、ピアノやギターにベース等の有機的な音色を前面に打ち出しながら透明感あるエレクトロニクスも自然に溶け込んで、喧騒から離れた何処か落ち着いた時間が過ぎる田園地帯の牧歌的な雰囲気に心が安らぐ。そしてCalmと一緒に制作した"Indigo"は胸を締め付けるトランペットやピアノも用いられて確かにCalmらしいセンチメンタルな雰囲気が強く出ており、ざっくり生っぽいリズムも合わせてしみじみとした郷愁が溢れ出る音楽は、静寂の中に凛とした気品が感じられる。"You Are Exactly Where You Need To Be"も繊細で美しいピアノが静けさの中に点々と描かれ、抽象的でぼやけたシンセがキャンパスに滲みながら広がっていくようで、淡くも美しい色彩感覚がドリーミーな風景を喚起させる。"Onda"はまたしてもMeditation Y.S.路線のオプティミスティックな響きを活かしたダウンテンポ・アンビエント、天上へと誘われる夢心地な時間。最後は"Event Horizon (In)"と遂になった"Event Horizon (Out)"、豊かな色彩とクリアの響きの電子音と壮大なオーケストラの音が一つとなり豪華絢爛でありながら、音の隙間を活かす事で気品良さも残した壮大なバレアリック・サウンドは、またここからアルバムの開始へと繋がる事でアルバムの世界は何度でもループする。イビザと言うとどうしても夏の商業的で享楽的なパーティー・シーズンが有名なものの、其の地には豊かな自然が自由奔放に広がる場所もあるようで、このアルバムからはやはり後者のイメージが適しているだろうし、それは日本の藍色の深い感情や穏やかな安堵のイメージと被さる点もあったのだろう。ただひたすら心の安静を取り戻す清々しくもドリーミーなこのバレアリック・ミュージックは、流石イビザでの長い音楽経験に裏打ちされた真髄がある。



Check Chris Coco
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ラーメン ゼンゼン
ラーメン ゼンゼン1

ラーメン二郎という源流を軸に枝分かれしたそれぞれの店が更なる個性を獲得しているインスパイア系、その中には本家二郎よりも更にインパクトを持つ店も少なくはないが、その一つに挙げられるのが蓮爾だろう。その最大の特徴は本家を上回る極太麺で、その暴力的な麺に魅了されたジロリアンも少なくはない。とは言いながらも当方はまだ未訪問ながらも、今回その蓮爾の店長をしていた方が独立し、武蔵新城にゼンゼンなる店を開店させたとの情報を聞き付け訪問してきた。今回は豚の評判が良かったので、ラーメン(700円)豚増し(150円)にトッピングはニンニクヤサイアブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Midnight In Tokyo Vol. 2 (Studio Mule:Studio Mule 6 CD)
Midnight In Tokyo Vol. 2
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
近年再発掘がされる和モノはもはやムーブメントに近い勢いとなっているが、その流れに乗るレーベルも少なくはない。2005年の設立以降、ダンス・ミュージックのシーンにおいて世界規模での成功を成し遂げた日本のMule Musiqもその流れに同調し、2018年初頭からダンス・ミュージックという制限を取り払ったStudio Muleから和モノのシリーズとして『Midnight In Tokyo』を開始させている。第一弾はディスコやブギーが主題となっていたが、その第二弾となる本作は全体としてエレクトロニックなフュージョンやジャズ、またはシティーポップが中心となっており、当方は収録されているアーティストについて大半は知らないもののそれでも尚直ぐに魅了される程の普遍的な魅力を持った曲が集められている。オープニングはサックス奏者の沢井原兒による"Hikobae"だが、これがかなり異形なフュージョンで面白い。回転数が狂ったのかスローモーなテンポに和なのかエキゾチックなのか訝しいサックスのメロディーに民族的なパーカッションも加わり、空間も歪むようなサイケデリックな感覚に満たされるこの曲は、Bill Laswell率いるMaterialがプロデュースしたとの事で納得。続くTodayʼs Latin Projectはラテンのカバープロジェクトだったようで、"Danza Lucumi"は燦々とした太陽の日が降り注ぐカリビアンの長閑な雰囲気に溢れており、その青々として清々しいイメージは正に南国だ。そして坂本龍一も制作に加わった鈴木茂による"On The Coast"は、AORやシティー・ポップの範疇だろうかレトロながらもキラキラとした都会的な響きで、特に咽び泣くようなメロウなギターが心に染みる。一方でかなりジャズ色の強い曲もあり、King Kong Paradiseによる"Samarkand"はリズムは大胆かつライブ感溢れて展開しギターも感情が爆発した如く咆哮し、ラテンとジャズが融合したセッション性の強い激熱な展開が繰り広げられる。そしてアルバムの終盤は特にメランコリーなフュージョンが中心で、鳥山雄司による透明感のあるシンセに切ないギターが表情を付けていくアーバン/ブギーな"Bay/Sky Provincetown 1977"、しんみりとしたエレピに女性ボーカルも起用して切なくしとやかなAORに仕上げた奥慶一による"Heat Wave"、そして最後はSafariによる南国のリラックスしたビーチサイドな雰囲気が溢れる郷愁のレゲエ風味もあるラテン・フュージョンの"Day Dream At The Bob's Beach"と、メランコリーな曲調が続きぐっと引き込まれる事間違いなし。7〜80年代の日本に、そしてクラブ・ミュージックではないものの、こんなに素晴らしい音楽があったなんて今更ながら再発見であり、こうやって素晴らしい音楽に出会う機会を提供するStudio Muleの役目は非常に大きい。



Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC4 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Octave One presents Random Noise Generation - Endustry (430 West:4WLP 710)
Octave One Presents Random Noise Generation - Endustry
Amazonで詳しく見る(MP3)

Burden兄弟によるデトロイト屈指のハウス系ライブ・ユニットであるOctave One。デトロイトのベテラン勢の制作は依然として停滞している状況において、流行にも目もくれず愚直にも自分達が確立したスタイルを貫き通して歩みを止めない信頼すべき古参の一組であり、ある種の金太郎飴的スタイルだからこそ強靭さも兼ね備えている。そんな彼等がテクノ・ソウルを展開するプロジェクトがRandom Noise Generationであるが、近年はOctave Oneでもほぼテクノと呼んでも差し支えない状態ではあったので新作はどうなるかと思いきや、ああこれは確かにテクノだと断言出来る音だ。この名義では実に13年ぶりとなるアルバムではあるものの、良くも悪くも大幅な変化はなく彼等らしい骨太なグルーヴと厳ついシンセを纏ったダーク・ソウル爆発なデトロイト・テクノが鳴っており、大きな驚きは無いもののベテランらしく貫禄十分な作品になっている。幕開けはアルバムのタイトル曲となる"(Age Of) Endustry"からで、骨太なキックが打ち付けつつノコギリのようなギザギザするシンセが脳髄に切り込んでくる刺激的なテクノで、初っ端かな粗雑で荒々しいグルーヴが押し寄せる。続く"Refraction"も勢いのあるキックで疾走するテクノだが、やや無駄な音を削ぎ落として身軽になったところにミニマルなリフが続く構成は、デトロイト・テクノと言うよりはライブ感のあるミニマル志向なDJツールといった印象だ。"Soul Xchange"はタイトル曲と似たタイプでノコギリにギリギリと削られるような鈍いシンセが底辺で唸り、厳ついリズム感と一緒になって肉体を殴打する激しさがある。そんな中で特に印象的なのは"Alkalyze"で、すっきりと隙間を強調しながら硬いリズムが刻まれ軽快なパーカッシヴが弾けて、メロディーは強く強調する事なく淡白な雰囲気ながらもファンキーなノリによって突き抜けるこの曲は、Random Noise Generationのファンキーなテクノ性を象徴している。また配信ではかつてリリースされた名曲のニューリミックスである"Rock My Soul (Reborn Mix)"も収録されているが、魂を吐き出すような歌や耳に残るキャッチーなリフで引っ張っていく厳ついテクノは、正にデトロイトのテクノ・ソウルと呼びたくなる曲で、この曲が新曲よりも目立ってしまう点にはやや困惑も残るが兎にも角にも名曲なのは間違いない。時代を先取りするような革新性のある音楽ではないが、デトロイト・テクノという古典を追求するユニットとして、Random Noise Generationはこれからも自分達の道を突き進む事を約束するであろうアルバムだ。



Check Octave One
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2019/2/22 Music Of Many Colours with Rancido @ Contact
特にハウス・ミュージックに対しては深い造詣とそれを利用して素晴らしいDJプレイを行っているDazzle Drumsが、2017年4月から始動したパーティーが「Music Of Many Colours」だ。以前より毎月のレギュラーパーティーとして「Block Party」も主宰しているものの、それとは異なりこちらはそのタイトル通りに様々なジャンルの音楽を展開する事が前提としているようで、古典のハウス・ミュージックを尊重するDazzle Drumsが音楽領域をより広げようとするプレイが聞けるのではと予想している。そして今回そんなパーティーのゲストに迎えられたのはInnervisionsなどからもリリースをしているRancidoで、最近Dazzle Drumsが推しているアフロ・ハウスとエレクトロニックなサウンドを融合させたディープな音楽性との事。レジデントのDazzle Drums、そしてゲストのRancidoそれぞれが一体どんな風にパーティー名から意識される音楽をどう展開するのか、興味は尽きない。
続きを読む >>
| EVENT REPORT7 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |