CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS (JUGEMレビュー »)
V.A.(監修・選曲:橋本 徹)
橋本徹によるGood Mellowシリーズに現代耽美派のGigi Masinが登場。メロウな選曲には定評のある橋本チョイスなので、間違い無し。4/19リリース!
RECOMMEND
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546)
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546) (JUGEMレビュー »)
CARL CRAIG,カール・クレイグ
Carl Craigの名曲がクラシックで蘇る。アレンジはフランチェスコ・トリスターノ。4/28リリース!
RECOMMEND
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー (JUGEMレビュー »)
ロン・トレント,RON TRENT
Ron TrentによるPrescriptionからリリースされてベスト盤が2枚組でリリース。シカゴ・ディープ・ハウスの壮大な深さを体験。3/15リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

故ヨコタススムの初期名義、RingoのPlantationがリイシュー。ポップでテクノでハウシーな作品。3/27リリース!
RECOMMEND
HARMONIES (ハーモニーズ)
HARMONIES (ハーモニーズ) (JUGEMレビュー »)
LORD ECHO,ロード・エコー
ラヴァーズ・レゲエユニットのロードエコーによる3枚目のアルバムが到着。ファンキーでメロウなアルバムは4/7リリース!
RECOMMEND
Providence
Providence (JUGEMレビュー »)
Nathan Fake
Border CommunityからNinja Tuneへ移籍したNathan Fakeのニューアルバム。より変態的なサウンドに変化するのか?3/10リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Trinidadian Deep - Native EP "V" (Neroli:NERO 034)
Trinidadian Deep - Native EP V

Volcovが主宰するイタリアのNeroliはブロークン・ビーツにしろハウスにしろ、しなやかなリズムと優美な響きを持って聴く者を魅了する実に洗練されたレーベルだ。特にここ2〜3年の間にリリースされた作品は外れがなく、レーベル買い出来る程に信頼に足る存在にまで成長している。そんなレーベルに於いて特に活発な活動を見せるのがUSのTrinidadian Deep、そうRon Trent直系と言うか愛弟子として育ったその人であり、タイトルが示す通りにNeroliから毎年リリースする作品は本作にて通算5枚目となる。オーガニックで爽やかなパーカッション使いや清らかで耽美な音色を武器に、自身の作風を貫くその連作は確かに似通ったものではあるが、だからこそリスナーの期待を裏切る事はない。本作でもやはり弾けて飛翔するようなグルーヴを生むパーカッション使いが目立ち、"Native Rebel"ではそのグルーヴに合わせて光沢のあるエレクトロニックなシンセのレイヤーに麗しいオルガン・ソロが力強くメロディーを描きながら、しなやかな躍動感と優美なエモーションが爆発するディープ・ハウスを展開する。B面の"Native Bruk"でも輝きのあるシンセのコードやライブ感のあるキーボードのプレイが色鮮やかに彩り、連打するような勢いのあるパーカッションやキックが走る事で疾走感と大らかな開放感を生み出し、青い大空の中へと飛び込んでいくようだ。"Native Uprising"は特に派手な音色が用いられており、ゴージャスなシンセやパッドがすっと伸びながら綺麗なフルートや耽美なピアノが絡んでいくこの上ない優美な構成で、本EPの中でも特段に輝かしくエモーショナルな装飾が施されたフュージョン風なディープ・ハウスだ。どれもこれも作風にぶれはなくここまでの統一感は逆に一本調子にも思わずにはいられないが、これこそTrinidadian Deepの個性であるという主張があり、アーティストとしての見据える先は定まっている。



Check "Trinidadian Deep"
| HOUSE12 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/3/3 GONG @ Unit
週末には今でも大きなパーティーは開催されているし、大小多くのクラブが営業はしているものの、それは海外の著名なDJに頼ったものであり決して日本のDJにとって最適な環境であるとは言い難い現状。そんな現状を打破したいと言う気持ちから、今や世界を相手に戦える日本では数少ないDJの一人になったDJ Nobuが、『GONG』という新パーティーを立ち上げた。勿論国内のDJ/アーティストの魅力を伝えるというコンセプトがあり、その初回には日本を拠点に活動するアンダーグラウンド性の強いDJ Sprinkles a.k.a. Terre Thaemlitz、Born Free等からの作品が注目を集める新鋭の女性アーティストのPowderがフィーチャーされた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/3/2 Steve Reich 80th ANNIVERSARY "Tehillim" @ 東京オペラシティー
2008年、2012年に続き東京オペラシティーにて来日コンサートを敢行するSteve Reich。最小限の音型の反復からズレや展開を用いて現代音楽、特にミニマル・ミュージックの先駆者として功績を残す巨匠の一人であり、その影響は当ブログの読者であるダンス・ミュージックをこよなく愛する人にまで及んでいる。楽器からテープや環境音だけでなく、政治的スタンスや宗教観まで取り込みながら、しかし機械的にも思われるミニマルな展開の中に人間味溢れる豊かなハーモニーや響きを持ち込んで、色彩鮮やかな音楽性を聞かせるその音は眠気を誘う程の心地良さを誘発する。今回は決して知名度が高いという訳ではない"Tehillim"や"Mallet Quartett"、そして日本初披露となる"Quartett"等が演目になっているが、果たしてコンサートは如何なものとなったのか。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Missing Soul - Regard / Across My Mind (Future Vision World:FVW004)
Missing Soul - Regard / Across My Mind

ダンス・ミュージックと言う場において静かに、しかし着実に再燃しているジャパニーズ・ハウス。我ら日本人ですらリリース当時には気付かずに歴史に埋もれてしまった作品が多々あり、そしてそれらは今になって世界各地のレーベルから掘り起こされ、当時の良質なハウスがようやく確かな評価を得ようとしている。このMissing Soulもその一人であり、今ではゲームミュージックを手掛けるYuji Takenouchiとして知られているが、かつてはMr. YT名義でApollo Records等から作品をリリースしており、2008年にはRon Trentが主宰するFuture Vision Recordsからのコンピレーションにも曲が収録されるなど、所謂ジャジー・ハウスーでは知る人ぞ知るアーティストだ。2014年からは今後予定されているアルバムの先行EPがFuture Visionからリリースされているが、そのアルバムがお蔵入りになったかどうかはさておき、取り敢えず関連するリミックスEPがリリースされている。リミキサーにはレーベル主宰のRon Trent、そしてその愛弟子とも呼べるTrinidadian Deepとジャジーな要素を持つ二人ならば、Missing Soulとの音楽的な相性の良さは言うまでもないだろう。Ronによる"Regard (Musicandpower Ver.)"、正式にはMr. YT名義の気品漂うエレガントなハウスの原曲だったが、ここでは水飛沫弾けるようなパーカッションを加えて揺れる躍動を作りつつ、透明感を継承しながら耽美なピアノが滴り落ちて酔いしれてしまうジャジーなディープ・ハウスへと味付けしており、RonとMissing Soulの要素が自然と同居する。一方でオリジナルはジャジーヴァイブス溢れた曲だったのを、"Across My Mind (Trinidadian Deep Remix)"では日本語のポエトリーも加えた上にゴージャスなシンセや爽快さ抜群のアフロな太鼓を被せ、テッキーかつトライバルで大空を飛翔するような壮大なハウスへと生まれ変わらせており、こちらはTrinidadian Deepの作風が前面に出ているだろう。かつてのジャパニーズ・ハウスを今になってディープ・ハウスの実力者である二人がリミックスするのは何だか感慨深いが、良いものは時代に関係なく良いという証でもあり、今こそMissing Soulが注目を集める時なのだ。



Check "Missing Soul"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Tomi Chair - Warm Seasons EP (TC White:TCW 1)
Tomi Chair - Warm Seasons EP

ここ1〜2年で大きな飛躍を見せつけたTominori Hosoya、その美しい響きと清涼感や開放感あるディープ・ハウス〜テクノは世界のDJをも魅了している。また、2014年にはTH Pressingを立ち上げて自身の作品だけではなく世界各地の音楽的に共鳴をするアーティストの作品をコンパイルしてリリースするなど、他アーティストの背中を後押しする事でこのシーンへの貢献を果たしている。そんな彼の別名義としてTomi Chairの活動もあるのだが、恐らくその名義でのリリースが中心になるであろうTC Whiteを2016年に立ち上げており、その第一弾となる作品が本作なのだ。オリジナルはB面に3曲収録されており、EPのタイトルが示すように温かい季節をイメージして爽やかさや新鮮な空気が満ちる音楽性が展開されている。生命の目覚めの時である春、それを示す"Spring"では正に光が射し込み鼓動を刺激するドラマティックな始まりで、淡々と透明度の高い清水が湧き出るようなピュアな世界観だ。"Summer"ではゆっくりとしながらも力強く地面を蹴るような4つ打ちに爽快感溢れるパーカッションを組み合わせ、そこにHosoya得意の色彩豊かなシンセのアルペジオを用いて、夏の活動的な生命力が溢れ出す嬉々としたディープ・ハウスを披露。"Morning Bird"は一転してダウンビートと言うか控え目なグルーヴ感で、幻想的な霧に包まれた早朝の時間帯からの目覚めのようなアトモスフェリックな音響処理が心地良く、アンビエント感もある微睡んだ曲だ。ややリスニング向けであったオリジナルに対し、リミックスの2曲は完全にフロア仕様で真夜中のピークタイムにもしっかり嵌るタイプの曲だ。スイスの新鋭であるPascal Viscardiが手掛けた"Spring (Pascal Viscardi Mystic Juno Mixx)"は、透明感は残しつつも図太いボトムや軽いアシッド・ベースも加えて突進するような攻撃的なテクノへと変化させており、上手くバランスの取れたダンス・トラックだろう。そしてイタリアのシカゴ・ハウス狂のSimoncinoによる"Summer (Nick Anthony African Morning Mix)"、歪んだキックやダークなSEでがらっと悪っぽいシカゴ・ハウスの雰囲気へと変容させ、物哀しく郷愁も帯びたシンセのメロディーが暗さの中でよりエモーショナルに響く。原曲とリミックスの対比の面白みはあるが、ここでもHosoyaのメロディーへの拘りやアトモスフェリックな質感が個性と感じられ、アーティスト性の確立へと繋がっている。アルバムを期待せずにはいられない。



Check "Tominori Hosoya"
| TECHNO12 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |