CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Kite (カイト)
Kite (カイト) (JUGEMレビュー »)
Gigi Masin (ジジ・マシン)
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD)
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD) (JUGEMレビュー »)
APHEX TWIN,エイフェックス・ツイン
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Detroit Swindle - High Life (Heist:HEISTCD01)
Detroit Swindle - High Life
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
次世代ハウス・ミュージックの先鋒の一つであるHeist Recordingsは、ベテランではなく若手の強力なアーティストを多く起用しディスコ/ジャズ/ファンクといった要素をブレンドしたハウスを武器にしたレーベルで、そんなレーベルを主宰するのがオランダのLars DalesとMaarten Smeetsのから成るDetroit Swindleだ。彼等自身は2012年にDirt Crew Recordingsからデビュー以降、Freerange RecordsやTsuba Records等の著名なレーベルからも作品を出して着実に評価を高め、2014年には初アルバムであるハウスを軸にクロスオーヴァーな方向性を見せた『Boxed Out』(過去レビュー)で彼等の評価を決定付けていた。あれから4年、彼等にとって2枚めとなるアルバムは自身のホームであるHeistにとって初のアーティスト・アルバムとなり、またDetroit Swindleの音楽性を更に拡張させる事に成功した素晴らしい作品となっている。オープニングには幕開けに相応しいノンビートの"Ketama Gold"で耽美なエレピやファンキーなベースラインを活かしたインスト曲で、ビートは無いながらも洗練されたモダンソウルを感じさせ、落ち着きながらもしかし高揚感を刺激する。その流れから続くタイトル曲の"High Life"で輝きを伴う優雅なストリングスが映えるブギーなハウスへと突入し、大胆に動くファンキーなベースラインやざっくりしながら跳ねるようなリズム感は躍動的で、清々しく喜びに満ちたハウスを展開する。"Call Of The Wild"ではパーカッションやジャンベのリズム帯、サックスやトランペット等に演奏家を起用して、アフロなグルーヴ感やジャジーなムードが入り乱れて、徐々に熱量を高めて情熱的に盛り上がっていくソウルフルなハウスを聞かせる。ギターやボーカルにTom Mischを起用した"Yes, No, Maybe"はリラックスしたビート感の気怠さにMischの飄々とした歌も加わってウキウキとノリの良いブギーな曲で、フューチャー・ソウルとでも呼びたくなる明るくもエモーショナルな面が際立っている。そしてインタールード的なロマンティックなシンセの響きを聞かせる"The Girl From Shiraz"を挟み、Seven Davis Jr.をフィーチャーした"Flavourism"で情熱的な歌と光沢感あるシンセのリフでぐっとエモーショナル性とファンキー性を強めたディープ・ハウスで、アルバムの中でピークタイムを作り上げる。その後には一転して毒々しいアシッド・ベースを用いたダークさと厳ついビート感を打ち出したテクノ寄りな"Freeqy Polly"、レイヴ調のブレイク・ビーツで切り込んでくるような攻め方の"Ex Machina"とフロアを強烈に揺らすトラックが続き、ラストには眠りに落ちていくような甘いアンビエントの"Lucky Number 13"で、徐々に心を落ち着かせて長いパーティーの終わりを迎えたようにアルバムは閉じられる。起承転結で纏まったアルバム構成、また一曲一曲のリスニング性とフロアの機能性を両立させた出来と、文句の付けようのない完成度だ。ジャズ、ファンク、ソウル、ブギー等多彩な要素も飲み込んでハウスとして展開する作風は正にHeistというレーベルを象徴するようでもあり、流石レーベルのボスとしての音楽性を発揮している。



Check Detroit Swindle
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Theo Parrish, Paul Randolph, Kathy Kosins, John Douglas, Amp Fiddler, Ideeyah - Gentrified Love Part 4 (Sound Signature:SS070)
Theo Parrish, Paul Randolph, Kathy Kosins, John Douglas, Amp Fiddler, Ideeyah - Gentrified Love Part 4

Theo Parrish率いるSound Signatureにて2016年から続く『Gentrified Love』シリーズ、その第4弾が到着。元々はParrish自身の音の彫刻を成す為のレーベルとしての意味合いが強かったものの、しかし近年は積極的にデトロイト、いやそれ以外の地方からも積極的にアーティストを招き入れ、他アーティストの後押しやコラボレーションを行うなど、Parrishに通じるブラック・ミュージックのラフなソウル感は共通項としてありながら音楽性の拡張を行っている。本作もParrish単体の作品ではなく、他アーティストのリミックスやコラボ作が収録されており、ある意味ではレーベル・ショーケース的でもある。"Be Like Me (SS Translation)"は元々はKathy Kosins & Paul Randolphが外部のコンピレーションに提供した"Could You Be Me?"があり、それをParrishがリミックスした作品だ。原曲はパーカッションが効いたバンド演奏性の強いアフロでモダン・ソウルな音楽性だが、"SS Translation"となれば当然の如くしっとりヌメッとしたビートダウン・ハウスのグルーヴに生まれ変わる。深い闇の中で美しい旋律を刻むピアノやトランペット、そしてKosinsの歌が落ち着きながらも実に感情的で燻るような熱量のソウルを生み出し、平坦なハウスのビートに均されながらもソウルやファンクの要素もあるねっとり粘性の高さはParrishが解釈するブラック・ミュージックなのだろう。"Leave The Funk To Us (Full Mix)"は元々は『Sound Signature Presents These Songs That Should’ve Been Out On Wax By Now』(過去レビュー)に収録されていた作品で、本EP内ではフルミックスというバージョンで原曲とはがらっと姿を変えている。原曲は金属が錆びついたような鈍く色味の薄いミニマル性の強いロウ・ハウスと言った印象だが、ここでは熱量を増してソウルフルな空気を纏い4つ打ちをベースにしたファンクかつビートダウン・ハウスへと生まれ変わる。とは言っても音の隙間が目立つラフな構成はそのままにDouglasのトランペットやFiddlerのピアノ等の生演奏が即興演奏的に掛け合いのように繰り出され、乾いたハンドクラップやずっしりしたキックが野太いグルーヴを生み出しており、そしてIdeeyahによるスキャットのような掴みどころがない官能的な歌も加われば、まるでジャズかファンクのバンドのようなライブ感が迫ってくるようだ。たった2曲のみで既発のバージョン違いと思うなかれ、濃密なソウル/ファンクが渦巻くParrishの新作と呼んでも過言ではない位だ。



Check Theo Parrish
| HOUSE13 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Pepe Bradock - #12"@Last (Atavisme:ATA017)
Pepe Bradock - #12@Last
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

アルバムは制作しないわ、このご時世に一切のデータ配信もしないわと、DJ以外にとってはなかなか作品を手に入れ易い環境を作る気が全く感じられない奇才・Pepe Bradockが、しかしその偏に余りにも個性的かつ独創的なコラージュ音響ハウスによって聞く者を魅了し、孤高の存在と化しているのは言うまでもない。自身で主宰するAtavismeから淡々と年に1〜2枚のEPをリリースし続けており、その意味では高い品質を保ちながら安定供給を可能とする作曲家の一人ではあるのだが、この2017年作もやはりそのぶっ飛んだ世界観のハウス・ミュージックは一聴して彼の音楽であると認識出来る程だ。いつも通りと言えばいつも通りのコラージュ的な作品ではあるものの、"Tresors"は潰れたようなキックの4つ打ちがいつもよりは力強いビート感を刻んでおり、そこにぼやけたて微睡んだようなシンセのメロディーから鈍く歪んだコラージュのようなメロディーへと変化する上モノ、その裏には繊細な効果音による音響を控え目に持ち込んで、音の隙間を活かしながらメロウネスとファンキーさを共存させたハウスを展開している。また体感的にはジャジーなグルーヴもあったり、そしてラストのビートが消えてからの様々に入り組んで混沌としたコラージュ風な構成は、非常にBradockらしくもある。逆サイドの"Tsundoku"は更に肉厚で太いキックが大地に突き刺ささり重低音のベースラインが蠢くハウス・グルーヴで、彼にしては随分とずっしりマッチョなビート感だ。しかし酩酊したようにふらふらした掴みどころのない上モノや時折奇妙な効果音が顔を出しフィルターで変化を付けて展開する構成は、フロアを揺さぶる機能的なダンストラックではありながらも、幻惑的なトリッピーさも伴っておりやはりBradockの個性が光っている。この狂ったのか酩酊しているのか壊れたようなハウス・ミュージックは、その崩れ行く様の中にも退廃美が存在している。



Check Pepe Bradock
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Brame & Hamo - Limewire EP (Brame & Hamo:B&H003)
Brame & Hamo - B&H003
Amazonで詳しく見る(MP3)

Dirt Crew RecordingsやHeist等からセンスの良いサンプリングを武器にブギーかつビートダウンなハウスをリリースするアイルランドのBrame & Hamo、リミキサーとしてもやはりファンキーなハウス方面によく起用されており、新世代の中でも台頭を表してきているユニットの一つだ。特に2017年からはユニット名をそのまま冠したBrame & Hamoというレーベルも始動させているが、この自身のレーベルではよりハードで真夜中のフロアで映えるようなハウスを打ち出してきている。そんなレーベルの3作目となる本作でも以前より更に厳つく骨太に、テクノ/ブレイク・ビーツ/ハウスの要素が混ざり合いながらフロアを熱狂へと巻き込むようなダンス・トラックを披露している。何と言っても最もパワフルな"Parade Rain"は肉体が震えずにはいられず、太くマッチョなキックの4つ打ちとブレイク・ビーツ気味なリズムが地面を揺らしつつトランシーな上モノの反復と膨らみのあるダークなベースラインで引っ張りながら、高エネルギー状態で猪突猛進する。途中からヒプノティックなシンセやドラッギーな効果音も加わり、喧騒の盛り上がりの突き進むピークタイム仕様な一曲だ。"Sports Complex"はEPの中で最も毒々しくダークな曲で、TR系の乾いたパーカッションやTB系の鈍くも魅惑的なアシッドのベースラインを用いたハイエナジーなアシッド・ハウスだが、トランス風な快楽性の強い上モノも入ってくるとHardfloorを思い起こさせたりもする。そして時代感のあるブレイク・ビーツに優雅なピアノのコード展開やボイスサンプルを織り交ぜた90年代前半のレイヴ全盛の時代を匂わせる"Limewire"は、しかしニュー・ディスコ系のTuff City Kidsによってドタドタとした4つ打ちのアシッド・ディスコで感動的に盛り上がっていく"Limewire (Tuff City Kids Remix)"へとリミックスされ、それぞれ古き良き時代の空気を発しながらも今のフロアでも間違いなく盛り上がる魅力を含んでいる。初期の頃の作品に比べると随分アッパーで快楽的な要素が強いかなと思ったりもするが、真夜中のパーティー向けな曲を目的としたレーベルのようでもあるし、その音楽性が適切に反映されている意味で成功と言えよう。



Check Brame & Hamo
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Black Zodiac - True Places (Carry On:Carry On 009)

Black Zodiac - True Places
 Amazonで詳しく見る(MP3)

ドイツのCarry OnからリリースされたBlack Zodiacなるアーティストの初作品、何の情報も無い中でリミキサーに名を連ねているDream 2 Scienceの記載を見れば、オールド・スクールなハウス好きな人にとっては多少なりとも食指が動くのではないだろうか。Ben CenacとGregg Foreから成るDream 2 Scienceは90年頃に僅かな作品を残しただけではあったが、しかしアンビエント性もある懐かしみのあるディープ・ハウスでカルトな人気を博し、その成果として2012年には時を越えてRush Hour Recordingsより旧作が復刻されるなど、その短い活動以上の高い評価を獲得したユニットだ。さて、Black Zodiacについては全く情報が無いので単にトラックに対してのみの言及となるが、何でも発掘されたデモトラックだと言う"True Places"は確かに90年台のアーリーハウスの懐かしい雰囲気が満載だ。緩やかで肩の力が抜けたスムースな4つ打ちのハウスビートが貫く中で、懐かしみのある綺麗なシンセのコード展開やTR系の乾いたパーカッションが爽快に響き、アシッディーなベースラインが曲にメリハリを付けるように引っ張っていく。すっと浮かび上がってくるアンビエント性もあるメランコリーなパッドでしんみりとした感情を誘発され、9分にも渡って滑らかに展開を繰り返すディープ・ハウスは徹底的に情緒的だ。そして"True Places (Dream 2 Science Remix)"はと言えば元の世界観にやらためったら手を加えて壊す事はなく、リズムをより弾けるようにパーカッシヴでダンサンブルに変化させつつ、ドリーミーで透明感のあるパッドを伸ばしたり動きのあるシンセの旋律で滑らかな躍動感を生み出している。中盤からのヴィブラフォンらしき柔らかい音色のメロディー、または終盤で入ってくる大胆なシンセソロなど盛り上がる展開も盛り込みつつ、全体としては大人びて洗練されながらも懐メロ感あるディープ・ハウスへと生まれ変わっており、Dream 2 Scienceの新作と言われても違和感を全く感じないだろう。Black Zodiacという謎のアーティストへの興味を抱かせるには十分な作品だが、Dream 2 Scienceのリミックスも素晴らしく、やはり古典的なハウス・ミュージックのファンならば一聴して損はないだろう。



Check Black Zodiac

| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |