CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
ACID CITY 3
ACID CITY 3 (JUGEMレビュー »)
DJ EMMA,Hideo Kobayashi,Tomomi Ukumori,NUDE,Zeebra,CHIDA,Rubber Bank,Stephane K,Dj Koutarou.A,MALAWI ROCKS,KEITA SANO,SERi,909state,KEN ISHII,GONNO,Kuniyuki
RECOMMEND
RECOMMEND
暗やみの色 [Analog]
暗やみの色 [Analog] (JUGEMレビュー »)
rei harakami レイ・ハラカミ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2017/6/16 THE OATH -every 3rd friady- @ Oath
青山にあるOathは今では珍しいレジデントパーティーを毎月開催しているクラブ。クラブとしては非常に小規模なもののリーズナブルなエントランスや出入り自由な気軽さ、またその規模以上の音響の良さもあって今では毎週末多くの外人客が訪れる人気の場所になっている。さて、第三金曜を担当しているのが日本において特にシカゴ・ハウス愛を強烈に打ち出したプレイを行うRemiで、その骨太で厳つい音楽を中心としたプレイはファンキーで喧騒としたパーティー感満載だ。そして今回ゲストには意外にもFuture TerrorのメンバーであるHarukaが呼ばれる面白い組み合わせであり、またこのパーティーには何度か参加しているMilkmannもサポートに加わっている。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Mark Barrott - Music For Presence (International Feel Recordings:IFEEL060)
Mark Barrott - Music For Presence
Amazonで詳しく見る(MP3)

モダン・バレアリックの筆頭、享楽的なイメージが先行するイビサの中でもそれとは真逆の平穏な田園地帯が広がるようなイメージを持つInternational Feelは、正に太陽光の降り注ぐ開放的な地中海バレアリックを体現する。そんなレーベルを引率するのがMark Barrottで、既に2枚のアルバムとイビサの空気を取り込んだコンピレーション・アルバム等をリリースしており、新緑が生い茂る自然との調和を目指したようなバレアリック性を開花させている。しかしこの久しぶりとなる新作のEPは侘び寂びのある落ち着いたジャケットからも推測出来る通り、何でも日本の秋の風景や夜をイメージしだそうだ。それは結果的に、今までの作風がカラフルな総天然色の木々に覆われた島のトロピカル感満載だったのに対し、ここでは内省的でより喧騒から離れた寂静の世界のアンビエンスが強く出ている。"Schopenhauer's Garden"は70年台のエレクトロニクスを大胆に用いたジャーマン・プログレかニューエイジのような瞑想的な電子音楽性があるが、そんな中にもギターやサクソフォンの生演奏も導入してリラックスした温かみのある色彩を帯びて、無駄な装飾が省かれた中にも豊かな響きが地平の果まで続いていく。"Emile"でもギターやサクソフォンのプレイヤーを起用しているが、ビートも無くふわふわとした無重力状態の響きは開放的に広がり、夕暮れ時の風景が広がる従来の野外向けなイビサ・バレアリック的である。何処かアジアや日本を感じさせる笛の音が印象的な"Mokusho"、のっそりとしたダウンテンポのビートを刻む中でのどかな笛や電子音が戯れるドリーミーな曲で、桃源郷の世界を散歩するようだ。最後は可愛らしい丸みを帯びた電子音がリフレインして先導する"Lysander"、そこに耽美なピアノやトランペットが控えめに哀愁の感情を吐露するノンビートの曲で、ひっそりと音が消失していき本EPは幕を閉じる。確かに今までのBarrottのイビサ的な作品とは異なり青々しい空や緑の自然といった感覚は後退し、日本や東京の雰囲気であるかはさておき内へ内へと入っていく思慮深さが伝わってくる。勿論International Feelらしい安らぎのフィーリングはあるが、自分の作風を乗り越えていくように進化している点で面白い。



Check "Mark Barrott"
| HOUSE12 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
David Alvarado - Machines Can Talk
David Alvarado - Machines Can Talk
Amazonで詳しく見る(MP3)

前のアルバムから実に13年ぶり、通算4枚目となるアルバムを完成させたDavid Alvarado。近年はOvum Recordings等から極僅かながらもEPをリリースする程度の活動で日本への来日も過去に一度だけと、少々地味な存在のために注目される事は少ないが、DJ/アーティストとしてもっと評価を受けてもおかしくはない。かつてPeacefrog RecordsやNRK Sound Divisionからリリースしたアルバムは深い残響と弾けるパーカッションが爽快で、ミニマルな展開を軸にしたダビーなテック・ハウスとして実にフロア受けの良い楽曲性があり、また数枚のMIXCDでは前述の音楽性からプログレにデトロイトからソウルフルなハウスまで使い分けてグルーヴィーなプレイを披露している。海外では幾らかは日本よりも評価は高いのだろう、事実彼が手掛けた曲は多くのMIXCDに用いられている。さて、それはさておき久しぶりのアルバムは、どのレーベルに属す事もなく配信のみでリリースされている(極限定でアナログもあったようだが)。その意味ではレーベル性に束縛されずに自身が本当に作りたい音楽であろうと推測出来るが、過去の音楽に比べるとやや変化は感じられる。始まりの"Translat"こそ静謐さが広がるアンビエントかつダビーな音響に、静かな中にも壮大なテック感が感じられるが、続く"Gabriel's Run"も確かに奥深い残響やパーカッシヴなリズムは息衝いているが、ギラギラした上モノはプログレッシヴ・ハウス的にも思われる。颯爽と小気味良いグルーヴに浮遊感があり幻想的な上モノに覆われていく"Hope Between The Lines"はかつての作風にも近く、エモーショナルと言うかドラマティックと言うかスケール感の大きさが際立っている。一方で"Language"はリズム感が平坦に続く展開に、光沢感あるシンセのシーケンスでじわじわと盛り上げていく構成で、流れを適度に抑制しながら持続感を打ち出す事で既存の作風からの変化が汲み取れる。"Machines Can Talk"も同じタイプの曲で快楽的なシンセのフレーズはほぼプログレッシヴ・ハウスであり、重いキックは弾けるパーカッションで揺らすのではなく、耳に残るメロディーで恍惚を誘うタイプだ。そういった点で以前よりも浮遊感や開放感よりもシンセのメロディーや響きに重きが向いているように思われ、また全体的にダビーな残響に頼り過ぎる事なく躍動感を程よくコントールして落ち着いた雰囲気も持たせた点には、ある意味ではアーティストとして丁寧に聞かせるタイプへの成長と捉えられなくもない。ここまで随分と待たされ過ぎた感は否めないが、大人びたDavid Alvaradoの今がここにある。



Check "David Alvarado"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Shed - The Final Experiment (Monkeytown Records:MTR069CD)
Shed - The Final Experiment
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Ostgut TonやDelsin等からのテクノ、自身で主宰するPower HouseからはWK7やHead High等の変名を用いてブレイク・ビーツを基調にしたレイヴサウンドを披露し、DJではなくライブアクトとして名を馳せるRene Pawlowitz。そこにはデトロイト・テクノからアンビエント、ベース・ミージックからダブ・ステップにドラムン・ベースまで飽くなき欲求の如く様々な音楽を実験的にも取り込み、フロアを震撼させる曲を創り出してきた。元々多くの変名を用いて活動しているだけに作品数も多いのだが、この数年は過去に比べるとやや生産性は鈍っていたように思う。そんなところにShed名義としては5年ぶりに通算4枚目となるアルバム『The Final Experiment』が届けられたのだが、この自身で立ち上げたレーベル名を冠した点からも何か意気込みのようなものは感じられる。ノンビートを軸に壮大なシンセを用いてシネマティックに仕立て上げた"Xtra"からアルバムは始まり、その後の爆発的な展開を予感させる。事実そこに続く"Razor Control"からして撹拌させられるような荒々しいブレイク・ビーツを用いつつ、揺らめくようなスペーシーな上モノが抒情性を発し、この時点で溜まったエネルギーが爆発しそうだ。そしてローリングする厳ついブレイク・ビーツが走る"Outgoing Society"は、しかし一旦勢いを抑えるように穏やかなパッドに包み込まれて、ふわふわと揺らぐような心地良いダンス・トラックだ。アルバムというフォーマットを活かして中間には"Extreme SAT"のようにビートが消え去り、その代わりにIDMを思い起こさせるインテリジェンス・テクノ的な洗練された曲もあり、実に展開にそつがない。そこからも弾けるビートが連打されるツール的な"Flaf2"や、剥き出し感のあるリズムに叩かれながらもデトロイト・テクノ的なエモーション炸裂するシンセが展開する"Taken Effect"など、あの手この手で全く飽きさせる瞬間がない。他にもアンビエントやベース・ミュージックにレイヴ風まで、つまりは既存のShedやHead Highとしての音楽を踏襲するものであり、その意味ではファンが安心して聞けるアルバムになっている。4つ打ちではなく変則的なビートによる揺らぎ、感情を秘めるのではなく前面に押し出したメロディー、肉体を刺激するグルーヴなど、最早Shedの十八番と呼んでもよいくらいだ。しかし様々な名義を持つ彼にとって、WK7やHead HighとこのShedとの違いは一体何処にあるのかという疑問と、また作風がおおよそ確立された事で新鮮味は薄くなってきているのも事実だ。アーティストとして期待しているからこそ、もっと前進出来るのではという思いもある。



Check "Shed"
| TECHNO13 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Powder - H (CockTail d'Amore Music:CDA017)
Powder - H

日本から世界へ飛び立った若かりし、そして女性である事以外には詳細もあまり伝わってこないミステリアスな存在であるPowderは、日本に於ける次世代の期待の星だ。2015年にESP Instituteからデビューし、そこからBorn Free Recordsから2枚のEPもリリースして既に海外で高い評価を獲得しているが、テクノでもありハウスでもありポップかつ奇妙な雰囲気や豊かなメロディー感を持った多様性が彼女の武器だろう。勿論そんな風変わりな曲ではあっても、根底にはフロアに根ざした機能性を含んだダンス・ミュージックである事があり、単に奇抜なだけで評価をされているわけではない。さて、新作は何とも可愛らしくユーモア溢れたハート型お尻のジャケットが目を引くが、曲名も全て「H」で始まるなどややコンセプチュアルなように見受けられる。曲自体のユーモアと言うか奇天烈な印象もいつも通りで、乾いて無機質なパーカッションの連打やアシッド風なサウンドを中心に空虚ささえも漂うマシングルーヴを刻む"Hip"、何だか初期シカゴ・ハウスの安っぽくラフな感がありながらもトリッピーな鳴りをしている。逆に"Heart"はディスコ・テイスト溢れる豊かさがあり、印象的に耳を引き付けるベースラインが走りコズミックなSEや過剰なシンセも用いて、イタロ・ディスコ的なギラツキ感溢れるダンス・トラックがハイエナジーで快楽的である。B面は特に強烈なトラックが収録されており、インダストリアルな雰囲気を持つ"Hole"はドロドロしたベースラインと破壊的なリズムが硬質に響き、大きな変化を見せる事なく音の抜き差しでじわじわとハメていく不気味な曲だ。最後には変則的なリズムと膨れ上がったベースが押し寄せるようなハイエナジーなディスコ・ハウスらしき"Hair"が、しかしこれは非常にサイケデリックで意識をくらくら惑わせる。どれも異なるタイプの曲はPowderの多様性を示しているが、その上でどれもフロアで間違いなく受けるであろうダンス・ミュージックとして一貫し、本作によってPowderのトラックメーカーとしての実力が最早疑いようのないものである事を確信した。



Check "Powder"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |