CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Gianni Gebbia - Gianni Gebbia (Utopia Originals:UTO002)
Gianni Gebbia - Gianni Gebbia

現代的なクラブ・ミュージックにホームリスニング、そして気鋭の新人アーティストから世に知られていない秘蔵音源の再発まで、ジャンルに束縛されずに様々な音楽を手掛けるUKのUtopia Recordsは、多様性が重視される今という時代のために生まれたようなレーベルだ。そんなレーベルが新たに立ち上げたUtopia Originalsは特に貴重で入手が難しい音源の復刻を目的としているそうで、第一弾にはニューエイジ再燃の現在に最適なIury Lechによる1989年のデビューアルバムである『Otra Rumorosa Superficie』(過去レビュー)を取り上げていたが、第二弾も1987年のGianni Gebbiaによる同じようにオブスキュアなデビューアルバムを発掘している。Gebbiaはシチリア島パレルモ出身のサックス奏者で、70年代に独学でジャズを習得し伝統的な音楽と実験的な音楽を結んだ活動を行っていたようで、初めて完成させた作品が本作だ。何か特定のジャンルに当てはめるとしたらコンテンポラリー・ジャズという事になるのだろうが、ニューエイジやアンビエントに現代音楽のミニマルといった性質も感じ取る事が出来て、その意味ではこのタイミングでの再発はジャストという他にないだろう。一部の曲では打楽器や鍵盤で他のアーティストも参加しているが、大半はGebbiaによるサックスとシンセの多重録音で成り立っており、即興性が強いながらもそれがより感情性を強めて非常に綺麗なロマンティシズムを奏ででいる。アルバムの開始は、今で言うドローンの和んだ持続から始まり一日の始まりを告げるような爽やかなサックスの旋律が高らかに響く"Osso Di Seppia"、平穏な日常の時間が過ぎるように穏やかな響きはアンビエント的でもあり、心が洗われる。"Le Cou Oblique"では打楽器奏者が参加しており軽やかな太鼓の音が爽やかな風を吹き込み、しかしそこに加わるのはサックスの多重録音のみで、原始的なリズム主体の曲は現代ミニマル的でもある。"Danza Contrariusa"ではサックス(ソプラノ/アルト/バリトン)を使い分けて、それぞれがリズムと旋律を担当してサックスのみでミニマル×即興のジャズを生み出している。一方で清らかで透明感のあるシンセのミニマルなフレーズを用いた"Cud"は、そこに自由に舞うジャズのサックスを合わせてはいるものの、シンセの終わりの無い反復が心地好くニューエイジ的な作風に繋がっている。同様にシンセが存在感を示す"Vedersi Passare Le Cose Attorno"はしかしどんより曇ったドローンが満ちた感覚がアンビエントに思われ、そこに内向的なサックスが湿り気を帯びた叙情性を加えていき、決して明るいムードではないものの昼下がりの白昼夢を誘う。30年も前の作品だと言うのに全く古ぼけた感覚は無く、これが逆に現代のアンビエント/ニューエイジに馴染んでいるのは不思議だが、忙しない日常を忘れさせてくれる牧歌的な世界観はBGMとしても最適だろう。素晴らしい再発に、今後もUtopia Originalsの動向から目が離せない。



Check Gianni Gebbia
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ3 | 20:30 | comments(0) | - | |
Session Victim - Needledrop (Night Time Stories:ALNCD59)
Session Victim - Needledrop
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
公式インフォにおいてNightmares on WaxやDJ Shadowなどの90年代後半のトリップホップ、そしてジャズやソウルの構成にインスピレーションを受けたとの記載があり、センスの良いサンプリングを武器にライブ性を重視したディープ・ハウス/ディスコを展開してきたドイツのライブユニットであるSession Victimの新作に驚きを隠せないが、しかし聞き終わった後にはもう終わり?とまた直ぐに聞き直したくなる程にしっかりとSession Victimらしいアルバムになっている。今までにDelusions Of Grandeurを含む多数のレーベルから作品をリリースしながらも、3枚のアルバムに限っては全てDelusions Of Grandeurからと限定的な活動をしてきた彼等が、しかしこの4枚目となるアルバムはLateNightTalesの姉妹レーベルであるNight Time Storiesからという事もあり、表面的にはBGM性の強いリスニングへと様相を変えている。レーベルからの制作依頼か、アーティストの意思か、どちらが先だったのか知る由もないが、過去にもアルバムの中で少しだけ披露してきたダウンテンポのスタイルを本作では積極的に掘り下げている。開始を告げる"Bad Weather Mates"からしてジャズ風なドラム、艶めかしいベースにギターっぽいメロウなサンプリングなどを駆使して、湿り気を帯びたメランコリーな雰囲気を生むこの曲は古びたようなソウル・ミュージックだ。続く"The Pain"はややエレクトロニックな響きが強いが、美しいシンセのラインやファンキーなボーカル・サンプリング等を活かした作風は過去アルバムの系譜にあるが、しかしやはりグッとテンポを落とす事で非常に情緒深いエモーショナルなトリップホップになっている。Beth Hirschをフィーチャーした唯一の歌ものである"Made Me Fly"は、か弱くしんみりとした歌に朧気なシンセや湿度感のある泣くようなベースが有機的に溶け合い、アルバムの中でも特に胸を締め付ける悲哀な曲だろう。対してタイトル通りにジャズのビート感を前面に打ち出してともすればツール的にも思われる"Jazzbeat 7"、しかし彼等はライブユニットでありこんな曲でも変幻自在の躍動するリズムが映えていて、ライブ感のある曲構成が彼等の音楽性を確立させている。そして優雅な鍵盤使いと温かく躍動するベースが印象的な小洒落たジャズ風の"Needledrop"、メロウなピアノやシンセが朗らかで音の間を活かしたアフタービートが心地好いゆるゆるダウンテンポな"Cold Chills"など、アルバムは総じて肩の力が抜けて気け怠く緩いイージーリスニング的で、これは酒でも片手に夜の帳が下りる頃のしっとりした雰囲気の中で聞きたくなる。決して明るく曲調でもないし、曲尺も短くダンスフロア向けでもないが、そういった面からも彼等がホームリスニングを意識した新たなるアプローチである事は明白で、だからこそ以前にも増してサンプリングと生音の自然な同居から生まれる温かみのある響きが強くなり、Session Victimらしいアルバムと思うのだ。



Check Session Victim
| HOUSE14 | 18:00 | comments(0) | - | |
麺屋 味方
麺屋 味方1

飲兵衛にとっての味方の街、それが新橋。しかし新たなる味方が2018年4月にオープン、それが麺屋 味方である。元々新橋にはNS系のラーメン二郎新橋店があったのだが、その元店長が独立して開店させたのが味方であり、かたやラーメン二郎新橋店は人手不足を理由に同じ時期に閉店…。そういった経緯を考えるとラーメン二郎新橋店の系譜にあるのがこの味方と言えなくもないが、わざわざ独立したのだから改めてやりたいラーメンがあったのかとも思う。先ずは店の基本を確かめるべく、今回はラーメン(750円)にトッピングはヤサイニンニクアブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC4 | 12:30 | comments(0) | - | |
Relaxer - Coconut Grove (Avenue 66:AVE66-07)
Relaxer - Coconut Grove
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
そのレーベル名が示す通り奇妙なアシッド・サウンドを試験するAcid Testの尖った個性は言うまでもないが、そのサブレーベルであるAvenue 66にもLowtecやTruxにJoey Anderson、そして最近ではJohn FruscianteのエレクトロニックなプロジェクトであるTrickfingerもカタログに名を連ねてきており、レフトフィールドな音楽性は親レーベルに全く引けを取っていない。そのような事もあり少なからずレーベルの作品には注目していたので、2019年10月にリリースされたRelaxerによる本アルバムにも手を出してみた次第である。この名義では2016年頃からリリースがあったので新人かと思いきや、NYで活動をするDaniel Martin-McCormickは過去にはハードコア・ノイズ・バンドのBlack Eyesに所属し、またはItal名義ではPlanet Muや100% Silkからもリリース歴のあるベテランのようだ。バンドを解散しエレクトロニックな路線に転換してからも完全にダンスフロア向けというよりはバンドらしい刺激的でパンキッシュな性質も残ってはいたものの、本作ではそんな残像をも掻き消すかのようにアナログやローファイといった要素が目立つディープなテクノへと染まりきり、Relaxerとしても新たなフェーズに入った事を告げている。歪な金属音がギクシャクとしたリズムを刻むような始まり方の"Serpent In The Garden"は、次第に4つ打ちへと移行し酩酊を誘うトランシーな上モノによって快楽の螺旋階段を上り詰めるようで、いきなりトリップ感のある出だしに魅了される。しかしダンスに振り切れる事はなく、続く"Fluorescence"はドローン的な重厚感あるシンセと快楽的なメロディーが液体の如くゆっくりと溶け合うアンビエント基調で、内なる深層へと潜っていくような瞑想を演出する。"Cold Green"はこのレーベルらしいアシッド×ローファイなハウスで、緩やかにうねる不安なアシッドが魔術のように精神へと作用し、終盤に向けて徐々に不気味さを増しながらずぶずぶと底無し沼へと誘う。"Born From The Beyond"のようにリズミカルで早いテンポの曲にしても、霞んだボーカルサンプルと不気味にうねる分厚いシンセがミステリアスな雰囲気を作り出していて、どの曲も開放的というよりは内省的で陽の当たらない深い地下世界のようだ。それ以降も、どんよりと暗雲立ち込める暗さながらも神秘的で美しいシンセが充満するディープなアンビエントの"Steeplechase"、粗雑なキックやドラムが突き刺さるような刺激的なグルーヴとなりエレクトロ感を生む"Breaking The Waves"と、リスニングとダンスを往来しながらも真夜中の夢の中を彷徨うディープな世界観で統一されており、Relaxerというアーティストの音楽性が新たに確立されているように思われる。



Check Relaxer
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | - | |
Sleep D - Rebel Force (Incienso:INC007)
Sleep D - Rebel Force

ここ数年ダンス・ミュージックの業界で勢いを伸ばしているオーストラリア、特にメルボルンは新たな才能が続々と生まれている。レーベル自体も活況で2013年にレーベルとして開始したButter Sessionsは、元々は音楽の交流の場として同名のブログが開設されていたのだが、それがミックスショーとなりパーティーとなり、そしてレーベルとなってからは積極的にオーストラリアからの新鋭を後押ししている。メルボルンという地元の活性化を担うそんなレーベルの主催者がCorey KikosとMaryos Syawishから成るSleep Dで、2012年にデビューした頃はまだ高校生だったと言うのだから、正に新進気鋭のアーティストだろう。そんなSleep Dによる初のアルバムだが、レーベル自体に多様なアーティストが名を連ねテクノやハウス、エレクトロやミニマルにアンビエントとゴチャ混ぜ感がある事もあり、本作も同様に一色に染まりきらずに多種な音楽性が快楽的なレイヴ感で纏め上げられている。出だしの"Red Rock (IV Mix)"は快楽的でレクトロニックなベースライン、神秘的な上モノを用いたスローなトランス風で、暗闇の深海を潜航するようなディープな曲でアルバムはじんわりと開始する。続く"Central"はダブ・ステップ風なリズムと不気味に蠢くアシッドのベースサウンドが強烈でびしばしと鞭で打たれるような刺激的な曲だが、中盤に入るとそこにアンビエンスな上モノが幻想的な装飾をする面白い作風だ。そしてヒップハウス風な弾けるリズムが印象的な"Danza Mart"は、しかしビキビキと麻薬的なアシッド・ベースやトリッピーな電子音に頭をくらくらさせられ、ダンスフロアの狂騒が脳裏に浮かんでくる。更にテンポをぐっと落としてダウンテンポながらもゴリゴリなハードウェアのローファイ感を打ち出した"Twin Turbo"、底辺を這いずり回るビキビキなアシッドのシーケンスと奇妙な電子音のエフェクトが入り交じるディープなトランス風の"Fade Away"と、勢いが抑制されたスローモーな曲もアルバムの中でずぶずぶとした粘性による魅力を打ち出しており、多彩な音楽性がそれぞれの曲の個性を更に強くしている。"Morning Sequence"では何とKuniyuki Takahashiをフィーチャーしているが、オーガニックな太鼓の響きやメロウな鍵盤の旋律を用いたディープ・ハウスな性質はKuniyukiの影響がかなり反映されており、アルバムの中ではやや異色ながらもSleep Dにとっては新機軸と言えるだろう。非常に雑食性のあるアルバムでとっ散らかった雰囲気もなくはないが、そこは全体としてローファイなレイヴ・サウンドとして捉えると、こういった何でもありな音楽として成り立っているように思われる。



Check Sleep D
| TECHNO14 | 14:30 | comments(0) | - | |