CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2018/12/21 25 Years of Paradise -King Street Sounds 25th Anniversary- @ Contact
筆者にとって2018年を締め括るパーティーはNYハウスを象徴するレーベルの一つであるKing Street Soundsの25周年記念を冠した「25 Years of Paradise」。出演するのはNYハウスの隆盛に貢献したJoaquin Joe Claussell、そして日本からはハウス・ミュージックへの深い理解と愛を持つDJ Nori×Dazzle DrumsのB2BセットやToshiyuki Goto、またジャパニーズ・ハウスの先駆けの一人でもあるSoichi Teradaのライブも予定など、ハウスを愛するものであれば避けては通れないようなパーティーである事は間違いない。正直なところこの10年間においてNYハウスの勢いは陰りを見せており、ダンス・ミュージックのシーンの中でも以前程の大きな影響力を持つには至ってない。しかしきっとこのパーティーに於いては(NYハウスだけではないがろうが)ハウスの時代を超える普遍性や魅力、ポジティブなバイブスを伝えてくれる事を期待し、特別な一夜を体験するためパーティーへと参加した。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
S3A - Mountain Charr (Eureka!:ERK003)
S3A - Mountain Charr
Amazonで詳しく見る(MP3)

ハウス・ミュージックのパーティーとして台頭しているEureka!は、特にスウェーデンを代表するハウス・レーベルのLocal TalkのDJ/アーティストを積極的に日本において紹介し、更にはEureka!はレーベルへと進化して曲のリリースをするようにまで躍進を果たしている。中にはLocal Talkからのライセンス商品もあるが、Eureka!の為に制作された曲のリリースも行っており、このレーベル最新作もその一つだ。手掛けているのはSampling As An Artを名乗る通りサンプリング・ハウスを武器とするS3Aで、Local Talkを始めとして多くのレーベルからファンキーでメロウなモダン・ハウスを送り出している人気アーティスト。クラブパーティーの賑やかさや華々しさを思い起こさせるダンストラックは即戦力で、そんな音楽性が最も表現されているのは"Doop Doop"だ。ベースはハウス・ミュージックだが、歓声の入ったサンプリングから始まりポジティブなコーラスと気品のあるピアノコードが被さっていき、更には希望を高らかに歌い上げるようなホーンのメロディーと疾走する4つ打ちが加わって気分は完全にダンスフロアの騒ぎの中。途中ではファンキーなギターソロも爽快に躍動したりと、サンプリングであろうが生の音をふんだんに用いて正にS3Aらしい作風で、底抜けに明るく優雅なハウス。対して"Emotional M1"は少々内向的でしっとりしたムードで、ビート感は抑えられてビートダウン・ハウス的な黒さが現れており、エレガントなピアノ使いと色っぽい女性の歌と共に徐々に盛り上がっていくモダンなディープ・ハウスか。そして最後はサンプリングの妙技かブレイク・ビーツかヒップ・ホップの影響が強い"Denials"で、ざっくりした響きのジャジーなグルーヴと共に控えめに甘美なエレピを合わせて、心に染みるメロウな空気に満たされる。それぞれタイプは異なれどサンプリング主体で一聴して耳を惹き付ける分かりやすさもあり、誰がプレイしても自然とフロアが盛り上げるのではないかと思う程だ。



Check S3A
| HOUSE13 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Steffi & Martyn - Air Texture Volume VI (Air Texture:AIR006CD)
Steffi & Martyn - Air Texture Volume VI
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
2011年にニューヨークにて設立されたAir Textureは、KompaktのPop AmbientシリーズやExcursions In AmbienceにInstinct Ambientといったレーベルに触発されているそうで、端的に言うとアンビエントに焦点を絞ったそのレーベル名まんまのシリーズを提供している。それぞれの作品はCD2枚組で1枚のCDを1アーティストがコンパイルを担当し、そして収録曲は未発表曲のみで構成されているという、アンビエントのシリーズ作品としては十分に期待を寄せられるだけの魅力が伝わってくる(当方はこの6弾がリリースされるまで、このシリーズの存在を知らなかったが)。そして最新作はOstgut Ton等でも活躍し近年交流を深めているSteffi & Martynが担当しているのだが、過去のシリーズが比較的ノンビート中心でアンビエントやドローンに焦点を絞っていたのに対しここではダンス・フロアを沸かすDJの性質故か、基本的にはダンス・フロア寄りでありながらアンビエントな性質もある、もっと言ってしまうと現代版「Artificial Intelligence」と呼んでも差し支えない曲が選曲されている。事実Steffiが主宰するDolly周辺はAIテクノの影響を匂わせているし、Martynの作風にしてもダブ・ステップやデトロイト・テクノからの影響を滲ませ、両者とも単純な4つ打ちからの乖離してリズムの自由さやベッドルーム内での想像力を働かせる音楽性があり、それらが端的に表現されているのが本コンピレーションだ。AIテクノの現代版という説明は決して過去を懐かしむようなものではなく最新のアーティストによる曲がある事で、例えばApollo等でも活躍するSynkroの"Observatory"は夢の中へと落ちていくようなパッドを用いたねっとりとしたダウンテンポを披露しており、穏やかな近未来感が心地好い。Ostgut Ton一派のAnswer Code Requestもここでは普段のハードな作風は封印しているが、ハートービートのようなリズムに美しく広がる残響を用いたディープなアンビエントの"Pasiris"を披露し、熱狂に入っていく前のパーティー序盤の感覚がある。元祖AIで忘れてはいけないのがKirk DegiorgioことAs Oneで、"The Ladder"は90年代前半のそのAIテクノそのものな自由なブレイク・ビーツや流麗な響きのシンセのメロディーなど、一見踊り辛いようなテクノがしかし今の多様性の中では自然と鳴っている。他にも知名度の高いテクノ系のアーティストから殆ど作品をリリースしていないマイナーなアーティストまで、それらは区別される事なく収録されており、テクノやエレクトロにブレイク・ビーツやダブ・ステップなどのジャンルも、大きな枠で捉えるとアンビエント的な感覚に包まれている。これらがしかも全て未発表曲というのだから、その質の高さも含めて驚いてしまう。



Check Steffi & Martyn

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO14 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Surgeon - Luminosity Device (Dynamic Tension Records:DTRCD4)
Surgeon - Luminosity Device
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
近年はモジュラーシンセを用いたローファイな作品やフィールド・レコーディングやドローンにまで手を広げ、よりパーソナル性を重視したAnthony Child名義での実験的な活動も目立っているが、やはりダンスフロアをこよなく愛する者にとってはインダストリアルやハードミニマルといった系譜にある暴力的なグルーヴを刻むSurgeon名義こそが期待しているものだろう。そのSurgeon名義にしても過去の単なるハードミニマルの焼き直しではなく、モジュラーシンセの制作が反映されたり、例えば本作では"チベットの死者の書"にインスパイされたなど明確なコンセプトを持ち出したりと(それが音としてどう現れているかは謎だが)、外科医を名乗るのも納得なインテリジェンス性を発揮している。そしてアナログ機材やモジュラーシンセを導入した前作『From Farthest Known Objects』(過去レビュー)から2年、Surgeon名義でのニューアルバムが完成した。前作ではハードテクノの作風にモジュラーシンセを導入しながらも、それに拘り過ぎたせいかダンスのグルーヴが活かしきれずに今思うと前衛に寄ってしまった感もあるが、本作ではモジュラーシンセを導入しながらも過去の暴力的なダンス・グルーヴも復活し愉快痛快なゴリゴリテクノを作り上げている。出だしの"Seven Peaceful Deities"こそパルスのような反復音とモジュラーシンセのギラついた響きによるビートレスな作風だが、この表現は嵐の前の静けさと同義だ。続く"The Primary Clear Light"からボディーブローを喰らわす跳ねるようなキックの押収とザクザクしたハイハットで暴力的なグルーヴを刻み、上モノはややトランシーでもありSurgeonにしては判り易い快楽性があるが、ここからはハイエナジーのテクノの応酬が続く。岩を砕くような鈍くも跳ねるリズムの"Courage To Face Up To"でもモジュラーシンセの特徴的なメロディーに引っ張られ、ただハードなだけではなくIDMやAIテクノの思わせる雰囲気があるのは、例えば彼のDJプレイでも4つ打ち以外がそのプレイを特徴付けるように多用なリズムや緻密な音響が故だろう。そして"earth-sinking-into-water"は非常に勢いのあるハードなテクノで、膨張する太いベースラインと共に擦り切れるようなノイジーな電子音響に覆われ、荒廃した世界の中を疾走する。中盤には勢いは抑えながらもつんのめったリズムの"Master Of All Visible Shapes"で一息入れて、捻れて狂ったような響きのシンセによって精神へと作用するサイケデリックな音で侵食しながらも、またそれ以降は弾力のある跳ねたリズムや鉈の切れ味の鈍い電子音が暴れるハードテクノがこれでもかと続き、基本的には良い意味でハードに振り切れたアルバムだ。昔のインダストリアル色濃厚なハードさとはまた異なり、シンセの中毒的な音による肉体だけではなく精神のトリップも誘発する現在形のハードテクノで、また他のアーティストとは一線を画す個性を獲得している。自身の顔がドアップになったジャケットが、正直ダサいのだけが傷。



Check Surgeon
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/12/14 RRD presents 交信と制御 @ Unit
ビジュアル・アート・デザインのREALROCKDESIGNが提供する「交信と制御」、年末度パーティーらしく非常に豪華な人選でトルコ出身で現在はベルリンで活躍するOnur OzerやCircolocoレジデントのTania Vulcnoを海外から迎え、そして日本からはGonnoやKabutoに現在は海外に拠点を移したSTEREOCiTI、そしてIori×Toshiyuki GotoによるB2Bオールナイトセットなど、Unit/Salonn/Uniceをフル活用。更にUnitではCOSMIC LABとYAMACHANGとREALROCKDESIGNによる映像と照明の演出があり、音楽と共に空間演出にもこだわるなど期待値の高いパーティーだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |