CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2013/9/20 号外 @ Grassroots
高円寺の小さな小さなクラブ、と言うよりは酒と音楽好きが集まる酔いどれ酒場・Grassroots。あまりにも個性的で手作り感丸出しな内装と、とても小さなフロアとバーカウンターが一体型の箱は、友達の部屋に遊びに来ました的な感覚が強くクラブと呼ぶには語弊があるかもしれない。そんな不思議な魅力を放つ箱に、久しぶりにAlex From TokyoがMax Essaと共に帰還し、ニコイチ(56 & ムキムキテラちゃん)が一緒になって温かい一夜を作り上げた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/9/14 Body & Soul @ 晴海客船ターミナル
言わずと知れたダンス・ミュージックの祭典の一つ・Body & Soul。1996年頃からニューヨークにてFrancois K.、Danny Krivit、Joe Claussellが開催しているサンデー・アフタヌーン・パーティーだが、2002年からは日本においても屋内・屋外と場所を変えつつ毎年開催される程に人気を博し、パーティーの一つの指標にもなっている。その知名度が故にコマーシャルな印象も拭えず今まで足を運ぶ事は無かったのだが、今回はスケジュールが空いていた事もありたまには大きなパーティーで羽根を伸ばして遊んでみようとBody & Soulへと初参加した。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/9/8 Block Party - House Classics Set @ 0 Zero
Loopの閉店と共に2013年1月に一旦はファイナルを迎えたDazzle Drums主宰のBlock Party。幸運な事にLoopが近くへ移転し青山0(Zero)として心機一転してオープンしたのと共に、Block Partyも7月から再度歩みを始めている。このパーティーは毎月第二日曜の15〜21時開催のレギュラーパーティーだが、ハウスに馴染みのない若い世代にとっても楽しめる機会を与える場になり、また歳を重ねてオールナイトで遊ばくなった大人にとっても再度クラブに足を運ぶ機会となり、その意味ではハウス・ミュージックの魅力を実直に伝えようとする熱意が感じられる。たまには私も健康的な週末を過ごすかと言う事で、今回初めてBlock Partyへと遊びに行く事にした。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/8/30 Better Days @ 0 Zero
一夜限りのBetter Daysが復活。Takamori.K、No Milk、STEREOCiTI、Misuzuが集まり荒廃したデトロイトと言う街から生まれた希望をもたらす音楽によって、「ある日々が少しでもより良い日となる」ことを祈って主宰していたデトロイト・ハウスを中心としたパーティーがBetter Daysだった。2004年から2006年頃までの短い間ながらも早くからデトロイト・ビートダウンの普及にも務めるなど、もしかしたら早すぎるパーティーだったのかもしれない。今回はMisuzuは不参加ながらも日本に於いても黒人並みのブラックネス溢れるファンキーなプレイを実践するKez YMを招き、デトロイト・ソウルが還ってくる。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/8/28 Tree - 'Originals Volume 10 compiled by Alex from Tokyo' Release Party @ 0 Zero
青山LoopでDJ Noriによって毎週開催されていたSmokerだが、Loopの閉店に伴い長く続いたパーティーも一旦は終焉を迎えた。しかしLoop改め0(Zero)とクラブが復活を果たしたのと同時に、SmokerもTreeへと改められ再度パーティーは始動している。場所が変わってもやはり毎週水曜、平日の夜と言うサラリーマンにとっては参加が難しいパーティーではあるが、今回はコンピレーションのリリースパーティーも兼ねてAlex From Tokyoがゲスト出演する事もあり、滅多に遊びに行けないパーティーへと足を運んできた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/8/24 HOW GOOD IT IS! That's Fred P. @ Womb
長らくNYハウスが低迷している現状に希望をもたらす存在となっているのが、アンダーグラウンドハウスシーンから登場したBlack Jazz ConsortiumことFred Pだろう。Underground QualityやMule Electronicと言った良質な作品を手掛けるレーベル、そして自身で主宰するSoul People Musicなどから新しい時代の息吹を吹き込みながら、日本に於いてもここ2年連続でフェスやクラブパーティーでプレイし高い評価を獲得している。そんなFred P.がWombへと初登場、そして日本からはシカゴ・ハウスやディープ・ハウスの方面で玄人気質なDJを披露するSTEREOCiTIがメインフロアに初登壇と、あの派手な雰囲気の箱とそこの客層に対してどういったプレイを披露するのか期待と不安が入り交じるパーティーが開催された。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/8/23 Space Gathering - Summer of Morris - @ Oppa-la
湘南は江ノ島に渡る橋の目の前にあるクラブ・Oppa-la。日の出を拝める絶好のシチュエーションに温もりのある非クラブ的な内装がなかなか都内では見かけない独特のクラブだが、そこに魅了されるDJも多いのかMixmaster Morrisも3年連続での出演となる。今回はサイケデリック・トランス方面において長い歴史を誇る”Space Gathering”との組み合わせとなり、昨年までのハウスやトライバル・ビートなど様々な音が入り交じるパーティーからがらっと傾向が変わっているので、その意味でMorrisもどう触発されてどう変わるのかを楽しみにしていた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/8/16 Marcellus Pittman Japan Tour 2013 Feat. Re:Funk @ Amate-raxi
デトロイトには本当の意味でスペシャルなユニットである3 Chairsがいるが、そのメンバーの一人がMarcellus Pittmanだ。他のメンバーがKenny Dixon Jr.、Theo Parrish、Rick Wilhiteである事を考えると、彼等と同列しているMarcellusも見過ごしてはならない存在だ。3 Chairsとしての活動以外にもSound SignatureやTrack Mode、そして近年は自身が設立したUnirhythmからの作品をリリースなど制作の面でも確実に評価を得つつあるが、当方はようやく彼のプレイを初めて聴く機会があったので非常に楽しみにしていた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/8/10 Slowmotion @ Grassroots
1996年にManiac Loveで産声を上げたSlowmotion。その当時のハードハウスやハードテクノに対抗するように遅いBMPのディープ・ハウスを基調とし、テック・ハウスやデトロイト・テクノにフレンチ・ハウスなども織り交ぜながら、アゲアゲのパーティーとは対照的に日常から続く音楽観を重視した内容だったようだ(その辺の詳しい話はこちらを参照)。それを開催していたのがMoodmanやMinoda、ライターとしても活動していた三田格と杉田元一、そして今では全国各地で活躍するDJ Yogurtらだったが、Maniac Loveの閉店後は場所を都度移しながら不定期開催となっていた。そして今回のSlowmotionはおそらく初であろうGrassrootsでの開催となり、Minoda、Moodman、Sports-Koideの3人がスローモーな一夜を創り上げる事となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2013/7/28 日本オシロサービス 3周年スペシャル @ Oath
「笑顔と振動をあなたに」とテーマを掲げてOathにて不定期開催されている日本オシロサービス。DENとSTEREOCiTIがサービスマンを務めるサンデーアフタヌーン・パーティーは、パーティーの度に提供される粗品も評判となっているが、やはり普段のパーティーではあまり聴く事の出来ないサービスマンのより自由な個性が強く表現されるのが醍醐味だろう。そして今回は3周年を記念してベルリンで活躍しているHouse Mannequinを主宰するAkirahawksをゲストに呼び、笑顔を振動を届ける事となった。
続きを読む >>
| EVENT REPORT4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |