CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
麺でる 田園調布本店
麺でる 田園調布本店1

田園調布と聞くと何だかセレブというイメージが湧いてくるが…今までそこに降り立った事のない私にとっては未知なる地。しかしそんな場所にもラーメン二郎の匂いがするではないかと嗅ぎつけてみれば、そこにあるのは「麺でる」なるラーメン二郎インスパイア店。ちなみに田園調布本店と自称しながらも最寄りは雪が谷大塚駅だが、敢えて田園調布と名乗る事が何だかセレブな街にB級が存在するという逆説的なインパクトを与えようとしているのか。メニューはそば(700円)と肉そば(800円)のみという潔さだが、そのそばにしても同じ料金で麺の量を250〜550グラムまで選べるのだから、ラーメン二郎本家に全く負けてはいない。今回は初訪問だったのでそばで麺の量は350グラム、無料トッピングはヤサイニンニクアブラ削り節で注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ryo Murakami - Esto (Bedouin Records:BDNLP 002)
Ryo Murakami - Esto

孤高の存在、いや隠棲的と呼んでもよいか、もはや踊らせる事を前提としたダンス・ミュージックに執着する事もなく我道を突き進むRyo Murakami。覚えているだろうか、かつてはPoker Flat RecordingsやQuintessentialsなどから洗練されたミニマルなディープ・ハウスをリリースしていた事を。しかしそれももはや忘却の彼方、2013年作の『Depth Of Decay』から突如ダンスビートからの脱却を図り、インダストリアルやドローンを含む抽象的な音響テクノへと転換した事で完全なるオリジナティーを確立し、音楽に対して自由である事を謳歌している。本作は2015年にリリースされたアルバムに続いて同様にアラブ首長国連邦のBedouin Recordsからリリースされた2016年作であり、彼にとって3枚目のアルバムとなる。RAの記事によれば「本人によると、タイトルの『Esto』はエスペラント語で「存在」を意味し、全11曲の曲名は、今思うことや感じたこと、願いや希望、絶望などを断片的に切り取った単語で構成」されているそうで、つまりはよりパーソナルな作品と考えられるだろうか。勿論音楽的に大きな変化があるわけではないが、しかし闇が支配しながらも前作よりは音の響きが生っぽいというかよりライブ感を得ているように思われる。始まりの"Pray"、祈りというタイトルにしては呻き声のような電子音から始まり不気味で宗教的な重苦しさがあり、不協和音のような音響が空間を捻じ曲げていく。膨れ上がる低音、闇を切り裂くメタルパーカッションによるヘビーでドローンな"Divisive"は静かに始まったかと思えば、途中から金切声のような電子音が雄叫びを挙げてインダストリアルな世界へと突入する。しかし続く"Thirst"はディストーションを効かせたギター風な電子音のノイズが持続するも、音の密度が減る事で途端に開放感へと向かい闇から這い出たような雰囲気さえも。が"Fanatical"では潰れたような生々しいドラムに錆びたメタルパーカッションが入ってきて、テンポを更に極限まで落としたドゥーム・メタルのようなダウナーさだ。B面に移るとより表現は豊かになり、痺れるような電子音の持続にピアノが滴り落ちてきて悲哀のムードになる"Doom"、意外にも小刻みに動き回る電子音が用いられて躍動的な動きのある(それでも尚重苦しくはあるが)"Sun"、グリッチ音のような音を用いつつも弦楽器風な音や錆びた電子音など様々な音を用いてエレクトロニカ的でありながら殺伐とした荒野が広がる"They Know"など、確かに感情表現が今までよりも前面に出ているように思われる。決して軽々しく聞き流せるような音楽ではなく非常に神経質的ではあるが、ノイズやフィードバックには繊細さもあり、この重圧を含む音楽は全身で音を浴びる事の出来るライブでこそ真価を体感出来る筈だ。音源を聞いて興味を持った方は、是非とも現場に足を運ぶべきだろう。



Check "Ryo Murakami"
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Anthony Nicholson - Gravity (deepArtSounds:dAS016CD)
Anthony Nicholson - Gravity
Amazonで詳しく見る(US盤)

シカゴのディープ・ハウスのアーティストとして堅実な活動を続けるAnthony Nicholson。Ron TrentやChez Damierの盟友であり音楽的にも共通点が多く、パーカッシヴなリズムやフュージョン的なメロウな旋律を活かした作風のハウスは、ディープでありながらも屋外に合うような開放感も伴っている。本作は前作に続きシカゴ系に特に力を入れているスイスのDeepArtSoundsからとなるが、元々は2016年にアナログのみでリリースされていたものが幸いにも2017年になってCD化された。基本的には既に前述の作風は確率されており近年の作品でもどれも大きな変化はないが、本作では殆どがボーカル・トラックとなっており、メロウな音楽性がより活かされているように感じる。スペーシーなシンセや耽美なローズ・ピアノにジャジーグルーヴ溢れる爽快なパーカッションが組み込まれた"Miquifaye El Tema"は、麗しい女性の声も伸び伸びと広がって、曲に更なる広がりや爽快感をもたらしている。"Imagine"はあのJohn Lennonのカバーであるが、当然原曲とは異なり爽やかで青々しいダンス・グルーヴが走っていて、アフロパーカッシヴな響きやメロウなピアノ等が織りなすジャジーハウスになっている。"Too Late"では以前から繋がりを持っているLars Bartkuhnがギターで参加しており、ダビーなパーカッションが水しぶきのように弾けつつも、優美なシンセやピアノの共にフュージョン性の強いギターが豊かな響きを加え、嬉々としたフュージョン・ハウスを聞かせている。大半が滑らかな4つ打ちを軸にしたディープかつジャジーなハウスではあるものの、"Discojazzfunkdelite"ではややその形式から外れた変則的なビートを叩き出しておりアルバムにアクセントを加えているが、生っぽい音を軸に情熱的なギターカッティングやメロウなローズ・ピアノに麗しいシンセのコード展開などそのどれもが溜息が出る程に美しい。どれもこれもメロウで自己陶酔してしまうような甘くも切ないハウスは、この手の音楽の中でも特にロマンティックな作風を得意とするNicholsonの十八番と呼べるもので、金太郎飴的になってきてはいるものの好きな人にとっては堪らないだろう。何より定期的にアルバムを制作し自身の音楽性を的確に表現するのだから、DJよりもアーティストとして評価されるべき存在なのだ。



Check "Anthony Nicholson"
| HOUSE12 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017/5/27 Point G @ Vent
ラテンフレイバー溢れるハウスで人気を博したDJ GregoryはDefectedからもリリースをするなどややメジャー寄りの音楽性ではあるのだが、そのGregory Darsaが近年活動を活発化させているプロジェクトがPoint Gだ。前者に比べるとより単純な構成や流れを強調したミニマルかつファンキーなハウスを軸にしており、それ故にツール性の高さもあってミニマルシーンで評価を高く受けている。今回はそんなPoint Gによるライブでの来日が実現したが、同時にベルリンから一時帰国中のSTEREOCiTIやOathでDeck The Houseを主宰するDJ FGRらが出演する。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Various - Best Of DKMNTL X Patta (Dekmantel:DKMNTL044)
Various - Best Of DKMNTL X Patta
Amazonで詳しく見る(MP3)

今やダンス・ミュージックのフェスティバルとして世界に名を馳せるアムステルダムのDekmantelだが、同時にレーベルとしても癖があり個性的なテクノやハウスのアーティストの作品をリリースしており、名実共にオランダのダンス・ミュージックの人気の高さを象徴する存在だ。2015年にはそのレーベルとファッション・ブランドであるPattaがコラボし、フェスティバル等で6枚のアナログを限定販売していたそうで、その中から3曲をベストとして抽出して一般リリースに至ったのが本作だ。現代バレアリックやイタロ・ディスコに造詣の深いYoung Marco、アムステルダムのアーティストであるTom Trago、近年途端に注目度が高まっているFatima Yamahaが選ばれており、流石に複数の曲の中から厳選された3曲だけにどれもアーティストの個性があり嘘偽りなく素晴らしい。何と言ってもYoung Marcoによる"The Best I Could Do (With What I Had)"の底抜けな多幸感、青々しい空が広がるような開放感に満ちたバレアリック・ハウスが一押しだ。疾走するグルーヴを生むキックやハイハット、そこに飛翔するように伸びていくシンセのコードが乗り、パーカッシヴな木琴系の音やメロディアスなシンセが彩っていく実に豊かな色彩感覚を持った曲であり、これは太陽光が降り注ぐ野外にぴったりな作風だ。対してTom Tragoによる"Brutal Romance"は真夜中の雰囲気が強く、ブリブリとしたベースラインが前面に出ながらドラッギーなシンセが妖艶なムードを発するエレクトロニックなハウスで、夜の熱狂的なダンスフロアさえも想起させる。そして最後はFatima Yamahaが彼らしいポップな電子音を用いて、メロウでスロウな哀愁の"The Creature From Culture Creation"を披露。どれも各アーティストの従来の音楽性が発揮されており、このシリーズのベストと銘打って纏められただけあり質も高く、パーティーの各時間帯で使えるようなお得な一枚だろう。

| HOUSE12 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |