CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Rick Wilhite - Vibes New & Rare Music 2 (Rush Hour Recordings:RHM 010 CD)
Rick Wilhite - Vibes New & Rare Music 2
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見るPart1(MP3) Amazonで詳しく見るPart2(MP3)
Theo ParrishやMoodymannにMarcellus Pittmanと共に3 Chairsのメンバーとして、またデトロイトのレコ屋である「Vibes」(現在は閉店)のオーナー兼バイヤーとして、そしてDJ/アーティストとしても高い評価を得るRick Wilhite。2010年にはオランダのRush Hourと手を組み"Vibes : New & Rare Music"(過去レビュー)なるデトロイト/シカゴのアンダーグラウンドな音楽を集めたコンピレーションを手掛けた際に、そこで大物から隠れた原石まで引っ張り出して新旧世代を交えたソウルフルな音源を集め、流石のローカルなベテラン故の音楽センスを披露した。それから4年、再度Rush Hourと協力して手掛けた続編となる作品が本作なのだが、ここでは前作以上に意外ともとれるアーティストが集まっている。例えばニュージャージ・ハウスからBlazeのJosh Milan、NYハウスのベテランであるJovoon、シカゴの変態的なK-Alexi、そしてまだ余り名の知られていないJon Easleyがそうだろう。その一方ではデトロイトからはGerald MitchellやMoodymannにOrlando Voorn、Urban TribeことDJ Stingrayも招集し、Rickのセレクターとして人望の厚さが伝わってくる程のアーティストが揃っている。このように前作よりもその幅の広い人選故に音楽的にも多少のばらつきは見受けられるが、Josh Milanによる"Electro Dreams"にしても彼らしいソウルフルな温かさはありながらも、普段のBlazeよりは幾分かより無骨な質を強めていて、方向性としてはやはりデトロイトのハードな気質が勝っているようだ。Gerald Mitchellはいつも通りで"It's The Future"と言うタイトルを表現するような希望に満ちたアフロ・ハウスを展開し、Orlando Voornは"The Recipe"で煌めくような明るさを発するビートダウンを聞かせ、デトロイト勢はあるがままに自身の音楽性を披露している。レコ屋の元バイヤーとしての手腕を存分に発揮しているRickだが、アーティストのしての腕も間違いなく、Norm Talleyとの共作である"30 Years Later"では地面を這いずり回るような重心の低いビートダウン・ハウスで粘着質な黒さを発している。アルバムとしてジャンル的な纏まりはないかもしれないが、精神的な意味での音楽に対するアティチュードではアンダーグラウンドであり、その心意気は存分に伝わってくるだろう。




Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Takuya Matsumoto - Ekr's Galactic Dance (Royal Oak:Royal 25)
Takuya Matsumoto - Ekrs Galactic Dance
Amazonで詳しく見る(MP3)

新潟に拠点を置いて活動するインデペンデント・レーベルであるIeroの主力アーティストとして、作品数は少ないながらもいつしか海外から高い評価を得るに至っているTakuya Matsumoto。そんな彼にとって2014年はより世界へと飛翔する年だったように思う。R&S Recordsが配給するロンドンの新興レーベル・Meda Furyからの「Ram EP」、そしてそれに続く本作ではオランダの名門レーベルであるClone傘下のRoyal Oakからリリースと、ワールドワイドでの活動は日本でも逆輸入的に目立ち始めている。彼の音楽の特徴はやはりメロディーやコードといった音色が中心にある事で、いわゆるクラブ・ミュージックにありがちなネタ勝負やDJミックス用ではなく、それ単体で音楽として成立させる説得力を伴っている。本盤で聴くべきは何はともあれタイトル曲である"EKR's Galactic Dance Part 1"だろうか、憂いに満ちたエレピの自然なコード展開とフュージョン的な輝かしいシンセのフレーズが交錯し、それ以外にも複数のシンセやストリングスを用いて切なさを増していく正にギャラクティックな曲だ。その別バージョンとなる"EKR's Galactic Dance Part 2"では、ストリングスを前面に打ち出して柔軟な音色で装飾し、刺のないスムースなリズムトラックも相まって実にエレガントだ。また裏面の"The Sun On The Refugees"は現代音楽を思わせるようなピアノのループが用いられたモダンなハウス・トラックで、"Satellite Orbit Funk"ではビートダウン風なざらついたシャッフル・ビートと煙たいシンセによる黒さも醸し出しており、それぞれがやはりメロディーを大切に扱いながら異なる曲調で方向性を窺うような思惑も伝わってくる。活動の長さで言えばもう既にベテランの域に達しており、作品としては十分に満足させてくれるクオリティーに仕上がっている。そして先の読めない方向性も含んでいるが、しかしそれは今後の可能性を更に秘めている事でもあり、ようやくTakuya Matsumotoの活動の成果が実り始めている。



Check "Takuya Matsumoto"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
John Barera & Will Martin - Graceless (Dolly:DOLLY 020)
John Barera & Will Martin - Graceless
Amazonで詳しく見る(MP3)

John Barera & Will Martinのユニットとして2013年にSteffi主宰によるDollyからデビューしたユニットは、2014年にも同レーベルからデトロイト・テクノに影響を受けたであろう温かみのあるエモーショナルな作品をリリースし、この初のアルバムへの期待を高める事に成功した。そして、ようやく2014年の暮れにリリースされた本作は、高まった期待を裏切らないリスナーが待ち望んだ通りの音楽が詰まっている。元々Dollyというレーベル自体がデトロイト・テクノやシカゴ・ハウスのオールド・スクールな雰囲気を欧州の洗練された音として再解釈したような方向性があり、このユニットはDolly初のアルバムでそれを的確に表現する事に成功した。タイトル曲である"Graceless" - 優美さのない - は何とも皮肉めいているが、実際はデトロイト・テクノを思わせる派手ながらも情緒を誘うシンセやピアノが大胆に躍動するテクノで、そこにはロウな質感ながらも温かみのあるサウンドと丁寧に纏めた洗練があり、この曲がアルバムの雰囲気を既に決定付けている。"Transfer"は流麗な電子音のループと荒削りなリズムトラックによる機能的なハウスになっているが、儚い余韻を残すようなシンセの使い方がやはり心に染み入ってくる。一方"In Passing"や"Moonlight"では弾けるような陽気な雰囲気が打ち勝っており、ブイブイとうなるシンセベースとディスコの様に煌きのあるシンセのフレーズが愛らしい前者、骨太でグルーヴィーな4つ打ちに高揚感を増していくブギーなシンセやパッドに煽られる後者と、ここら辺はUSハウスとの相性も抜群だろう。全8曲とそれ程のボリュームはないものの、どの曲も丁寧にメロディーやリズムが組み立てられており捨て曲はなく、洗練されたエモーショナルなディープ・ハウスとして上々の品質であろう。Dollyというレーベル、そしてJohn Barera & Will Martinのユニット共々、今後共注目していきたい。




Check "John Barera" & "Will Martin"
| HOUSE10 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Anthony Nicholson - Four (deepArtSounds:dAS 006CD)
Anthony Nicholson - Four
Amazonで詳しく見る(MP3)

Ron TrentとChez Damierはシカゴ・ハウスの中でもロマンス極まるディープな音楽性の方面の先駆者であるが、そこに連なるのが彼等と共に音楽活動を行っていたAnthony Nicholsonだろう。自身のClairaudienceを立ち上げてからはシカゴ・ハウスから羽ばたくように徐々に生音とライブ感を強めてフュージョンの要素を取り込み、ジャズやブラジル音楽も咀嚼しながらクロス・オーヴァーな音楽へと到達した。また近年は定期的にアルバムもリリースしており、クラブ向けの音楽制作だけではなくホーム・リスニングも意識して音楽家としての立ち位置を確立させている点に、好感を持つ事が出来るアーティストの一人となっている。本作は2014年の中頃にアナログでのみリリースされていたアルバムだが、その後反響の良さにめでたくCD化もされているとあって、その品質は折り紙付きだ。路線として今までのAnthonyから大きく外れる事はなく、ディープ・ハウスの中に流麗なピアノのコード展開やソロ演奏、清々しいコズミックなシンセ、呟くような官能的なボーカル、ハウスの4つ打ちからジャズやアフロの変則ビートまで披露し、実にライブ感覚に長けたフュージョン性の強いハウスが並んでいる。ハウスがベースである事は確かにそうなのだが、そこには単に機能的なダンス・ミュージック以上に多様な音楽的な要素や郷愁を帯びたアダルティーな味わいを伴っており、ダンス・ミュージック外からも評価されるべき心地良いグルーヴを発している。果ての見えない広大な青空へと溶け込んで行くようなロマンティシズム、年を経て熟成された控えめな官能を、これ程までに爽やかに清楚に聞かせるアーティストはそう多くはいないだろう。Anthonyというアーティスト性が確立されたこの音楽は確かに新しさは皆無なものの、だからこそ時代に左右されない普遍的な質を伴っており、ディープ・ハウス〜フュージョン好きには愛すべき魅力が伝わってくるに違いない。



Check "Anthony Nicholson"
| HOUSE10 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Lay-Far - So Many Ways (Glenview Records Inc.:GVRCD004)
Lay-Far - So Many Ways
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
静かに、しかし着実に押し寄せるロシアからのディープ・ハウスの波。その中で2014年に躍進を遂げたアーティストと言えばモスクワ出身のAlexander Lay-Farは、必ずや新世代を担う一人になると確信している。まだ6年という短い音楽キャリアながらも2013年には今回紹介するアルバムをリリースし、2014年にはLocal TalkやCity Fly RecordsにAmp Art Recordingsからジャズやファンクにディスコ、そしてデトロイト・ハウスをも咀嚼した音楽性の作品をリリースし、ロシア勢の中でも一際注目を集める事になった。さて、このアルバムに話を戻すと、今年リリースされたクラブトラックとしての方向性が強いEP群に比べると、アルバムとしてDJツール性には固執せずにより豊かで柔軟力のある懐を垣間見せるような、つまりはDJというよりはアーティストとしての才能を発揮した作品だ。ゴージャスなジャズバンドの演奏を思わせる煌めくような"Intro"から始まり、そして洗練され耽美なエレピやキーボードに生音のように活き活きとしたベースラインが主導するハウスの"Let Me Fly Away"、しっとりした感情的な歌とざっくりライブ感のあるトラックがレイドバックしたフュージョンのような"Stand Up"と、アルバムは序盤から生音とエレクトロニック(サンプル)を巧みに融合させながら、音楽の中に感情と熱量を込めるように展開する。ボーカリストを多く起用しているおかげで特に魂を熱くするソウルフルな曲も目立つが、例えば"Can't Deny"のように美しいコーラスワークや洗練されたピアノやストリングスの響きが豊かな音色を聞かせながらも、Lay-Farの音楽には良い意味で汗臭さは皆無で都会的でラグジュアリーな大人の空気が強い。そんな点からまだこの若い新星が既に円熟味を発している事に驚きだが、それだけでなく"We Are the Drum"や"A Piece of Devotion"のように変則的なブロークン・ビーツを刻むしなやかなビート感やリズムの多彩性には、舌を巻くしかない。そのようにアルバムの中にルーツである様々な音楽の要素を落とし込みながら、モダンなハウス・ミュージックとして纏めあげており、デビュー・アルバムにしてその後の躍進の予兆は既にあった訳だ。



Check "Lay-Far"
| HOUSE10 | 21:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Telephones - The Ocean Called EP (Running Back:RB047)
Telephones - The Ocean Called EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
今更というか時期外れというかリリースから随分と時間は経ってしまったが、しかし今年リリースされた作品の中でもサマー・アンセムとして認定するこのEPは、紹介しない訳にはいかない。Gerd Jansonが主宰するRunning Backの中でも特にバレアリック方面へと傾いたこの作品は、ノルウェーのHenning SeverudことTelephonesが手掛けている。過去にはPrins Thomasが主宰するFull Puppからもリリース歴があり、つまりは闇が支配するフロアを底抜けに明るくするような音楽性は既にあったわけだ。何といっても"Blaff"こそが夏の一曲なのは間違いない、この陽気で明瞭なコード展開を刻む爽快なシンセに弾けるような丸みを帯びたリズム感が生み出すムードは、燦々とした太陽の光が降り注ぐ真夏の海を歓喜させる。一点の曇りさえない光に満ち足りたこのバレアリックな多幸感、感情の昂ぶりを誘いながらも切なさに染めていく夏の間だけの一時の夢、季節感を非常に感じさせるニュー・ディスコとして文句無しだ。それだけではない、裏面には同じようにパッション弾ける清涼なシンセが躍動し心が舞い踊る軽快なリズムによって、タイトル通りに真夏の島でバカンスを楽しませるかのような"Untitled (The Island)"や、もう少々感傷的なメロディーが夏の終わりから秋へと移り変わっていく景色を浮かび上がらせるしっとりしたニュー・ディスコの"Hot Destinations For A Cooler You"など、収録された全てが外れなしの現実を逃避しながら幸せな気分に満たしてくてる最上級のバレアリック感が通底している。余りにも季節感が強い曲群ではあるかもしれないが、それでも尚朝方のダンス・フロアを光に包んでくれる多幸感は、間違いなく聴く者を笑顔にさせてくれるだろう。



Check "Telephones"
| HOUSE10 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Sad City - Introduction To Lisboa / Sloe (Phonica Records Special Editions:PHONICASPECED004)
Sad City - Introduction To Lisboa / Sloe

ロンドンの人気レコード店であるPhonica Recordsが手掛けるスペシャル・ディションは、年に1枚程度とのんびりとした活動ながらもレフトフィールドな音楽性で注目を集めている。そんなレーベルにおいてグラスゴー在住のGary CaruthによるSad Cityは、2013年にリリースした"You Will Soon Find That Life Is Wonderful"(過去レビュー)における幻想的でメロウな、そしてサイケデリックな心象風景を浮かび上がらせるエレクトロニカが評判となった、そのSad Cityが同レーベルから1年ぶりとなる新作をリリースした。路線は前作と変わる事はなく期待通りと言った内容で、幕開けとなる"Introduction To Lisboa"では街中の雑踏のフィールド・レコーディングを使用し臨場感のある空気を持ち込みながら、曲はそこから途切れる事なく"Baixa Saxophone"へと繋がっていく。フィールド・レコーディングの音響は弱くなりながら背景に同化し、そして細いビートが刻まれながらもやっとした形のないメロディーが浮かび上がり、音楽とフィールド・レコーディングの境目をぼかすような展開だ。幻想的で抽象的な音響空間が続き感覚が鈍るように甘い夢の中に逃避しながら、終盤では再度フィールド・レコーディングの部分が強く浮かび上がってくる。そこからまた曲間を埋めるように現れる"Scyphozoa"は桃源郷にいるかのような揺らめく甘いメロディーと鋭角的なビートが地平の遥か遠くまで続くようで、此処ではない何処かへと連れて行く至高のバレアリック/チルアウトだ。途切れる事なく続いたA面からB面の"Apricot"へ変わると、色彩豊かな複数のシンセのパターンと明確なリズムが現れ、長閑な田園風景が広がる牧歌的な心象が描かれる。"Sloe"ではぐっとテンションを落としてかエコーがかかった弱いチャイムの音としっとりとしたストリングスが、子供をあやすように静かな響きで眠りへと誘い、最後の"Stream"ではまたも川の音と思われるフィールド・レコーディングを用いて徐々に音は弱くなり、切ない余韻を残してトラックは終了する。最初から最後まで現実と非現実を彷徨うかのような抽象的な音像の中に、甘さや切なさと共にサイケデリックなムードが詰め込められ、Sad Cityの牧歌的な音楽観が本作でも光っている。Boards Of Canadaにも匹敵するだろうこの才能は、この流れでアルバムの制作にも期待したいものだ。

ame>

Check "Sad City"
| HOUSE10 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Koze - Reincarnations Part 2 - The Remix Chapter 2009 - 2014 (Pampa Records:PAMPA 010CD)
DJ Koze - Reincarnations Part 2 - The Remix Chapter 2009 - 2014
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
テクノ/ハウスというダンス・ミュージックにおいて奇才と呼ばれるアーティストに誰がいるだろうか。単に奇抜なだけではなく、それがダンス・ミュージックとして実用性を兼ね備えながらアーティストの個性を確立させるとなると、それは非常に限定されるかもしれない。しかしドイツはハンブルクのStefan KozallaことDJ Kozeは、自信を持って奇才と呼ぶに相応しい存在だ。彼の活動は実験的な要素の強いAdolf Noise、ポップな音楽性を打ち出したInternational Ponyと複数の名義に渡るが、最もテクノやダンス・ミュージックにユーモアを加えているのがDJ Koze名義なのだ。本作は2009年にリリースされたリミックス集である"Reincarnations : The Remix Chapter 2001-2009"(過去レビュー)の続編となり、DJ Kozeが2009〜2014年までに手掛けたリミックス作品が収録されている。リミックスを"Reincarnations"="再生"と表現するその作風は、確かにそこに何か別のものを何か加えて生まれ変わらせているとしたら、これ程的確な表現はないだろう。正直に言えばDJ Kozeのその奇才は強過ぎる個性を発する故か、全てのリミックスが万人受けするわけではない。だが"Jo Gurt (DJ Koze Remix)"を聴いてみて欲しい、霧もやの奥に妖精たちが住む風景が浮かび上がるような幻想的に微睡んだ世界観は、ダンス・ミュージックに童心のような遊び心を加えている。原曲の物哀しくもポップな空気を纏いつつも機能的なミニマルなグルーヴに生まれ変わらせた"Bad Kingdom (DJ Koze Remix)"や、柔らかいビートとアブストラクトな音像でアンニュイさを強めた"It's only (DJ Koze Remix)"など、そのリミックスの方法は一方通行ではなくフロアで活きる機能性とポップな趣向や自堕落なユーモアなどが共存し、リスニングとしても耐えうる独自の音楽に再生させているのだ。本作はDJ Kozeによるリミックス集ではあるものの、最早これはオリジナルアルバムと呼んでも差し支えない程にDJ Kozeの個性が光っており、風変わりなダンス・ミュージックを愛する者の心をくすぐる一枚となるだろう。




Check "DJ Koze"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE10 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Defected Presents House Masters - Masters At Work (Defected Records:HOMAS21CD)
Defected Presents House Masters - Masters At Work
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ハウス・ミュージックにおける歴史においてどうしても通らずにいる事は出来ないアーティストがおり、今尚パーティーで燦然と輝くクラシックな音楽がある。Defected Recordsはそんなアーティスト毎に焦点を絞り過去の作品をコンパイルした「House Masters」というシリーズをリリースしているが、その最新作には遂にMasters At Workが登場した(ちなみに以前にもVegaとDopeは、それぞれ単独となる名義でこのシリーズにも登場している)。Louie VegaとKenny DopeによるMAWは今でこそ一緒に活動をする事は少なくなったが、ラテン・ミュージックやジャズから育ったVegaとヒップ・ホップやファンクからの影響が強いDopeは、互いの音楽性をクロスオーヴァーさせながらハウス・ミュージックの地盤を固めつつ、そして柔軟に拡大を行ってきた稀代のユニットだ。その余りある意欲と才能の為かオリジナル曲もリミックス曲も膨大な量があり、それらを遍く収録する為にこのシリーズでは初となる4枚組の大作となった。ここには現在も尚パーティーで聴く事が出来るクラシックが収録されているが、何はともあれMAWの中でも外す事の出来ない曲と言えばNuyorican Soul名義による"The Nervous Track (Ballsy Mix)"ではないだろうか。4つ打ちからの脱却としてヒップ・ホップ風ブレイク・ビーツと生のライブ感覚を持ち込み、ハウス・ミュージックに彼等の多様なルーツを落とし込んだ作風は今でこそ当たり前に聞こえるが、リリース当時の衝撃はきっと大きかったと想像するのは容易い。またRiver Ocean名義による"Love & Happiness (Yemeya Y Ochun) (MAW Original Remix Extended)"も生のラテンなパーカッションが怒涛のグルーヴを生み出し、何処かスピリチュアルでもある歌も相まって熱狂的なアフロ・ハウスを鳴らしている。そんな肉感的で人間味のあるダンス・ミュージックを手掛ける一方で、彼等は音楽的にメロディーやメッセージ性も大事にしており、Bebe Winansによる"Thank You (MAW Mix)"ではゴスペルのような歌と耳に自然と残る愛らしいメロディーが生きており、時代に左右されない普遍的な音楽性を手掛ける事という点でも類まれな才能を発揮している。その他にも本作にはMAWの代表曲が多数収録されており、もしこれから彼等の音楽を初めて聴くという人には、間違いなく本作を勧める事が出来る程に充実した内容となっている。リヴィング・レジェンドという言葉が一人歩きしてしまっている時代、しかしMAWこそリヴィング・レジェンドと呼ぶに相応しい存在である事を知らしめるコンピレーションだ。



Check "Masters At Work"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE10 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Emma House XIX MOUSE-COLORED CAT (Funkasia Entertainment Inc.:FECD-0001)
Emma House XIX MOUSE-COLORED CAT
Amazonで詳しく見る

ある意味では一つのジャンルとして確立されている"Emma House"は、日本におけるハウス・ミュージックの歴史の一部と呼べるかもしれない。芝浦GOLD時代からYellowへ、そしてWOMBやageHaでのハウス・パーティーのレジデントを担当してきたDJ EMMAだからこそ、ハウス・ミュージックに対する造詣の深さに説得力を持つのだろう。そんなDJ EMMAを代表するパーティーが"Emma House"であり、1995年から続くMIXCDのシリーズでもある。2010年に"Emma House 18"をリリースして以降は新作は途絶えていたが、機が熟したのだろうか5年ぶりに遂に同シリーズの新作がリリースされた。今尚レジデントを持つ自負、そして徹底的な現場主義という気持ちが伝わるかの如く、本作ではヴァイナルと共にデータ音源も使用はしているものの入魂の一発録りで一切の編集は行っていないそうだ。そして肝心の内容はと言えば確かにEMMAらしいソウルフルなストーリー性はあるのだが、そこに近年の趣向が反映されたアシッド・ハウスや最近のパーティーでプレイされる曲も収録し、CDという形ではあるものの正確に現場の雰囲気が再現されている。幕開けは今年亡くなったゴッドファーザー・オブ・ハウスことFrankie Knucklesが手掛けた、Vintage Lounge Orchestraの"Dreams (DJ Tools Version)"で始まるが、全くキックもリズムも入らない歌とメロディーによる切なさが込み上げる展開はこの後の盛り上がりを既に予感させている。そこに叙情性を積み重ねるように"Man With The Red Face (ATFC "When The Light Go Up" Remix)"を繋ぐが、3曲目の"Air Alertness (Malawi Rocks Remix)"のプログレッシヴ・ハウス寄りな流れで一気にスピード感を増すと、その勢いにのり近年の趣向が反映されたアシッド・ハウスな"Zanzibar (Malawi Acid Dub)"や真夜中のフロアの雰囲気が浮かび上がるダークなハウスである"Say It"を繋ぎ、深い深い闇へと潜って行く。中盤は対照的に"Strandbar"や"Break The Dawn"など麗しいニュー・ディスコや輝きを放つテクノなど、一転して開放的でドラマティックだ。その後もソウルフルなボーカル・ハウスやミニマルにヒップ・ハウスなど多様性を伴いながらも、曲を丁寧にミックスしつつ大胆な展開で感情を揺さぶっていくプレイは、DJと言うプレイにストーリーを感じずにはいられない。ただ曲を繋ぐだけではなくその人の生き様が浮かび上がるような、そんなプレイだからこそ"Emma House"は愛され続けているのだろう。

Check "DJ EMMA"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE10 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |