CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Jupiter Jax - Visions (100% Silk:SILK072)
Jupiter Jax - Visions
Amazonで詳しく見る(MP3)

ヨーロッパと比べるとUSのダンス・ミュージックは微妙な立ち位置にあるが、その中でも際立って個性を発揮するレーベルがないわけでもなく、例えばチルウェイブやシンセ・ポップなども取り込みながらインディーダンスを手掛けるLAの100% Silkは注目すべきレーベルの一つだ。そんなレーベルから2013年にデビューしたのが日本には馴染みのないだろう南ヨーロッパに属するマルタ共和国からRudi AgiusことJupiter Jaxで、デビュー作の『City Life '88』(88年にリリースされたInner Cityの名曲"Good Life"からの引用だそうな)からしていきなりカセットでのリリースだったり、90年代を匂わせるレトロなテクノ/ハウスを披露したりと、レーベルに負けず劣らずな個性を発揮している。そして2015年5月、アーティストにとって初のアルバムが同レーベルからリリースされたのだが、やはりここでも同様に90年代のノスタルジーをたっぷり含んだアナログの音色全開なハウスがこれでもかとばかりに収録されている。オープニングの"Armed For Peace"では、80年後半から90年代にかけての豊かな音楽性を帯び始めた頃の、まだ辿々しくもエモーショナルなシカゴのディープ・ハウスそのものであるし、次の"The Light"ではシカゴ・ハウスの大ベテランであるVirgo FourのMerwyn Sandersも参加して、淋しげな木管楽器の音色が郷愁を誘う中で優しく誘いかけるような呟きが切なさをより強くするロマンティックなハウスだ。”Soul Searchin'”なんかはロウなテクノとディスコが邂逅して幾分かださっぽさを残しながらも、ポップな上モノや楽観的なムードに笑顔さえも浮かぶようである。タイトル曲の”Visions”ではXosarが夢の中で囁くような霞がかったボーカルを披露し、レトロなシンセの響きに感情の豊かさを添えて古き良き時代の輝きをより強くしている。どれもこれも決して流行や時代を意識した音楽ではなく、それどころかヴィンテージな趣向を推し進める懐古的な感は否めないものの、心に響くノスタルジーは決して否定出来るものではないだろう。初期のデトロイト・テクノやシカゴ・ハウスが生まれ、そして成熟を迎える前の夜明け前の時代、そんな音を追求したとしたら正にこんなアルバムなのではと思うが、若い人達にとってはこれもある意味新鮮に聞こえる可能性もあるのだ。



Check "Jupiter Jax"
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Stump Valley - Magica Movida EP (No 'Label':RHD-026STUMP2)
Stump Valley - Magica Movida EP

オランダはRush Hour系列のNo 'Label'なるレーベルからStump Valleyの新作がリリースされた。アーティストについては2014年にデビューしたばかりのイタリアのアーティストであるという事以外は殆ど公開されていないが、昨年リリースUzuriからリリースされた「Recorded At Summer Forest Camp」(過去レビュー)ではディープ・ハウス〜シカゴ・ハウスからジャズにアンビエントの要素まで盛り込んだ人肌の温もりを感じさせるハウスで、Stump Valleyがまだ進化/変化中の存在である事を見せつけていた。この新作ではアナログ2枚組のボリュームで、またもミステリアスな存在を誇示するように前作とは異なる作風も披露しながら、そのユニーク性に磨きを掛けている。A面には9分にも及ぶ"Oceans Refuse No River"が収録されているが、初期シカゴ・ハウスのようなロウなビートから始まり抜けのよい爽快なパーカッションへの展開、そしてニューディスコのようなファットなベースと輝かしいシンセが前面に打ち出されたパートと、実に愉快に闊歩するような和やかで懐かしみのあるハウスは開放感のある屋外向きか。B面にはそのドラムパートを強調した"Drum Tool"と共に、エキゾチックなメロディーや不思議な太鼓の音が興奮を煽るトライバルな"Ritmo Maroleandro"が収録されており、こういった要素がアーティストの得体の知れなさを強調する。C面に移っても"Sunshine Hotel"ではトライバルなパーカッションや奇妙なベースが先導するが、途中から清涼感と控え目にバレアリック感のあるシンセが輝かしさを放ち、リラックスしたリゾート地にいるかのような開放感を体感させる。そして何故に本盤に紛れ込んでしまったのか、D面では荒廃したリズムやシンセが荒れ狂いスローモーな流れに感覚が麻痺するフリーキーなロウ・ハウスの"Escape From LA (MTRPLS mix)"が収録されており、その奇抜さが一際目立っている。的を絞らせない音楽性から未だアーティストの全容を知る事は難しいが、その個性は耳を惹き付けるには十分で、注目しておいて損はないアーティストの一人だろう。



Check "Stump Valley"
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Takuya Matsumoto - Assembly EP (Meda Fury:MF1504)
Takuya Matsumoto - Assembly EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

2015年の前半は全くリリースがなかったものの、後半はFina Recordsから「Places Of Colours EP」をリリースするとほぼ同時にR&S Records関連のMeda Furyから本作をリリースし、またもや注目を集めた日本のプロデューサーであるTakuya Matsumoto。新潟のインデペンデント・レーベルのIero(家路)から始まった始まった彼の活動は、今やRoyal Oakからの作品等も含めて世界のレーベルへと広がり、そしてその存在感も今尚広がり続けている事だろう。だからといってMatsumotoの音楽がぶれる事はなく、純朴で温かみのあるメロディーや生っぽさが残るリズムマシンによる人間味溢れるハウス性は、基本的には変わりはない。それが端的に表現されているのは"Be"だろう、カタカタとしたロウなビートに優しく添えられる素朴なピアノのメロディーは実に温かみがあり、背景には夜空に瞬く星のような美しいシンセの粒も配置され、これぞMatsumotoらしいソウルフルなディープ・ハウスを感じ取る事が出来る。"On The March"はストリングスの使い化が少々デトロイト・ハウスを思い起こさせるミステリアスな黒さを発しているが、紫煙に満たされるようなファンキーなシンセや光沢のある音からはフュージョンの味わいも感じられ、明るくも官能的だ。転がり落ちるようなスティール・パンの音色が優美で可愛らしくもある"Rain Flower"、膨らみのあるベース・ラインが強調されながらも神秘的なストリングスが荘厳な"Trash Track"はどちらも3分程の短い曲で、DJとして使い易い訳ではないだろうがEPの中でアクセントを付ける要素として存在している。最後にはやはり滴り落ちるような切ないピアノのメロディーが心に沁みる"An Oriental Tale"が待ち受けているが、無駄な音は削ぎ落とされ引っ掛かりのあるざらついたジャジーなリズムによって淡々とした侘びしさを表現しているようだ。Matsumotoの音楽から感じられるのはどれもこれも人間の温かさが肌に伝わる感情的なもので、特に海外ではなく日本の侘び寂びのような派手ではなくとも素朴な堅実さが強く発せられており、これはもう彼の個性として定着している事が本作でも確認出来たのだ。



Check "Takuya Matsumoto"
| HOUSE11 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
M.ono - Volle Schnauze EP ( Heist:Heist 012)
M.ono - Volle Schnauze EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
アーティストのとしての活動も絶好調なDetroit Swindleは、2013年から自らでHeistというレーベルを始動させ、今やもう人気沸騰中のMax GraefやAndy Hartらを早くからピックアップし、レーベル主宰の観点からも敏腕を発揮している。そして次に送り出すのはドイツはライプツィヒからRico GrafことM.onoで、2014年にはNite GroovesからもデジタルでEPをリリースしてはいるものの、アナログは本作で3作目とまだ初々しさが残る期待のアーティストだ。アーティストに関しての詳細が分からないので、Heistというレーベルの生っぽさを残したビートダウン〜モダンなハウスまで包括する音楽性を信頼し購入したのだが、その判断に間違いはなかったようだ。タイトル曲の"Volle Schnauze"からしてスウィングするパーカッションとリズミカルなキックにうねるような揺さぶりをかけ、そして陶酔感のあるシンセのリフでデトロイトにも似た叙情性を発しながらフュージョンのような優美さもあり、これぞモダンなディープ・ハウスと言わんばかりの一曲だ。"Perle"はぎくしゃくとしたリズムが小気味よく、揺らぐ幻惑的な上モノや生き物ようにうねるシンセが特徴なものの、全体としてよりファンクやフュージョンの雰囲気が前面に出ている。その一方で裏面には繊細なシンセのメロディーとややエグいシンセのリフによって麗しく展開するテック・ハウスの"Delaware State Route"や、ややアシッド気味のベースラインと不穏なメロディーを用いてレイヴ風なディープ・ハウスの"Pegasus '83"と、Heistにしては少々意外にも思う音楽性ではあるがパーティーのピークタイムにもばっちりはまりそうな曲ではある。強烈な個性を感じさせるわけではないが粒揃いで安定感があり、一先ずM.onoというアーティストの今後を追ってみたくなる位には十分に魅力のある作品だ。



Check "M.ono"
| HOUSE11 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Gari Romalis - Detroit Rollerskate Disko 2 (JD Records:JDR009)
Gari Romalis - Detroit Rollerskate Disko 2

近頃レコード屋でその名を見かける事も多いGari Romalisは、90年代から活動しているデトロイトのアーティストだ。とは言ってもその90年代にはほんの2~3枚しかEPをリリースしておらず、当方もここ1~2年の活動でその存在を知ったばかり。どうやら2012年から制作活動を再開させたようで、それ以降はDockside RecordsにRawaxやBosconi RecordsにEat More Houseなど、ハウス・ミュージックにおいてはアンダーグラウンド方面で注目すべきレーベルから作品をリリースしており、2015年に至っては10枚程のEPを発表するなどその活動の勢いには目を見張るものがある。本作は以前にもリリース歴のあるJD Recordsからの第二弾で、タイトルにも「デトロイト」なんて単語が入っているのだから、当然デトロイト・ハウス好きならばチェックしておいて損はないだろう。目玉は"Let U Go"で、過去にもガラージ・クラシックのサンプリングを用いていたようにここでも"First True Love Affair"を引っ張りだして、強烈なフィルター処理を施しつつ骨太なキックを加えてミニマルな展開のディスコ・ハウス化を披露しているが、そこから滲み出るエモーショナルな温もりはデトロイト・ハウスらしいと言うか。"Come 2 Gether (2 The Sun)"は流麗なエレピのコード展開を軸にファットな4つ打ちとボイスサンプルを絡め、随分と低音が前面に出たファンキーなハウスだ。裏面の"Shuga Frosted"も80年代ディスコの"Sugar Frosted Lover"をネタに使用しているそうで、原曲の甲高いボーカルや高音などはフィルターによって取り除かれ、低音から中音にかけて膨らみのあるフロア対応型の優美なミニマル・ディスコへと変わっていたり、随分と機能性を尊重しているのはデトロイトの人にしては珍しいような。最後の"Sumbody New"も何かのディスコを用いているのか、ウニョウニョとしたシンセにコズミックなSE風の電子音が目立っており、総じてどれもそのシリーズ名通りにディスコへの偏愛を示しているのは明白だ。それらが単に古く錆びれる事もなく、どっしりした低音の安定感を活かした反復性の強いツールへと鍛え直し、クラシックとモダンが自然と両立しているのだ。2015年は躍進の年だったが、さて2016年のRomalisは如何に。



Check "Gari Romalis"
| HOUSE11 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Soul Clap - Watergate 19 (Watergate Records:WG 019)
Soul Clap - Watergate 19
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
今までに数多くのレーベルやDJがパーティーでの雰囲気を仮想的に体験出来るMIXCDを制作していたものの、現在ではWeb上には無料でのミックスが無造作に溢れる事で公式で販売する事のメリットは薄まり、徐々にその市場は狭まりつつある。しかしベルリンの大型クラブであるWatergateはこんな状況の中でもMIXCDをシリーズ化しているが、その最新作はSoul ClapによるWatergateでの今年7月のプレイをライブ録音したものを作品化している点で、これこそ正にパーティーの臨場感をはっきりと体験出来る点で意義を見出す事が出来る。Soul ClapはUSのボストンにて活動する二人組でR&Bやヒップ・ホップまで内包するモダンなディスコ・ハウスを手掛け、人気を博す中で最近ではFunkadelicでの共作でも名前が出たりと、非常に勢いを感じさせるユニットの一つだ。そんな彼等がピークタイムから太陽が燦々と降り注ぐクローズに向かっての時間帯に繰り広げたプレイは、意外や意外、ヴァイナルのみを使用してクラシカルなハウスやディスコを中心とした選曲でオールド・スクールな雰囲気を爆発させている。歓声が湧き上がるスタートからいきなりDeep Dishの変名であるChocolate Cityの"Love Songs (Taxi Luv)"で黒いファンキーさを打ち出したハウスで始まり、Alexander EastやRoy Davis Jr.など90年代後半のフレーヴァーが放出する往年のディープ・ハウスで上げるのではなくメロウな雰囲気に染め、中盤では爽やかなパーカッションが乱れ打つ"Say That You Love Me (FK-EK Percussive Dub)"から気の抜け方が面白いシカゴ・ハウス"Dance U Mutha"やエレガントなトリップ感溢れるアシッド・ハウス”Koukou Le (Jori Hulkkonen Remix) ”などで緩やかなピークタイムを演出。そこからは生臭さが強くなるようにサイケデリックなディスコ・ダブや暑苦しいディスコで一旦熱気を高めてから、Francois DuboisやChez Damierのスムースで透明感さえも見せる美しいテック・ハウス〜ディープ・ハウスを通過し、最後はRon Trentによるフュージョン・テイストの強い"Traveler"で闇を這い出た先にある太陽光が降り注ぐ爽やかな世界へと足を踏み入れ、実際にはパーティーはまだ続いていたのだろうがこの作品はここで終了する。音楽的な新鮮さで見れば懐古的な面は否定出来ないものの、これはそのパーティーの場所や時間帯の雰囲気を考慮して選曲したという点からは、確かにオープンエアのそのパーティーの開放感には適切だった事が伝わってくる。なかなか朝まで残れないというパーティーピープルにとっては、朝方の至福な気分を疑似体験出来る意味でも面白い作品なのではと思う。



Check "Soul Clap"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE11 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Sofatalk - Floating Thoughts (Ambassador's Reception:ABR015)
Sofatalk - Floating Thoughts
Amazonで詳しく見る(MP3)

物理メディアでのリリースは2015年からとまだ作品数が少ないために詳細が分からないものの、公式サイトではディスコやファンクにダブやハウス、ダウンビートから実験的な電子音楽を結合させたと述べているイタリアのSofatalk。わざわざワンマン・プロジェクトと公言しており、その通りPiero Paolinelli一人によるプロジェクトだ。当方もこのアーティストについて全く情報を持っていなかったものの、Webでの試聴一発で魅了され即購入に至る程に、即効性のある魅力を放っている。EPとは言えどもリミックスを含めて計6曲を収録しており、ボリューム的にも満足感の高い1枚で、特にレトロなブギー感のあるハウス・ミュージックは懐かしくもありリスニングとしても素晴らしい。コズミックなシンセや効果音をふんだんに取り入れた”Away From The Point”は、生っぽいリズムや煌きのあるシンセにビビッドなベースなどディスコティックな哀愁が際立っているが、音自体は程良く綺麗に整えられ古臭さは全くなくモダン・ディスコとでも呼びたくなる風合いだ。続く"Floating Thoughts"もやはりメロウで淡いパッドから始まり、カラッとした乾いたパーカッションが初期ハウスを思わせるローファイな作風だが、途中から自然と入ってくるアシッドのベースラインがメロウな中に毒気付いたアクセントを忍ばせる面白いハウスだ。それをマンチェスターのChris Masseyがリミックスした"Floating Thoughts (Chris Massey Top Off Remix)"は、TB-303のアシッドを更に強調した上にハンドクラップも追加したりと完全に不良な悪っぽさが蔓延るシカゴのアシッド・ハウスへと生まれ変わらせつつも、後半には叙情的なテック・ハウスも聞こえてきたりする瞬間もある面白い作風だ。そして裏面も充実した内容で、シカゴ・ハウスっぽいからっとしたパーカッションやリズムにウォーミーで微睡んだパッド使いが夢見心地なディープ・ハウス寄りの"State Of Flux"や、伸びやかなシンセと多幸感に溢れたメロディーが展開し重力からも解放されたようなふんわりしたローファイ・ハウスの"Halo Strings"、それに躍動的なドラムを加えてブラジルのサンバ風な爽やかなリミックスを施した"Halo Strings (The Central Executives Remix)"と、どれもこれもが直ぐに耳を惹き付ける程の即効性とリスニングとしての耐久度を兼ね備えている。古くも新しい現代版ディスコかモダンなハウスか、情緒的なシンセの使い方がとても耳に残る素敵な曲が満載だ。



Check "Sofatalk"
| HOUSE11 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Joe Le Bon - House Music Love Music (Moods & Grooves:MG CD-6)
Joe Le Bon - House Music Love Music
Amazonで詳しく見る(US盤)

ここ数年、デトロイトのテクノ/ハウスが全盛期に比べると活気が無いのは多くの人が肌で感じているだろうが、逆に今になって勢いを増しているレーベルもある。Mike Grantによって運営されているMoods & Groovesはそれが顕著で、1999年に始動したこのレーベルはデトロイトのみならずシカゴ方面にも理解を示しながら、今となっては大御所と呼ばれるアーティストをサポートし、近年ではそこにKyle Hallも並んでいる。ここ3年程はレーベルの過去の名作を「Moods & Grooves Classics」シリーズとして編集した作品をリリースする傍ら、ニューカマーからGrantによる新作まで着々と手掛けているが、レーベルにとって久しぶりとなるアルバムである本作も遂にリリースされた。それを手掛けたアーティストはフィンランド出身、現在はベルリンにて活動するJarno EerolaことJoe Le Bonで、過去にはPro-tez RecordsやInternational Deejay Gigoloからもリリース歴はあるようだが、作品数は決して多くはなくその活動についても不明な点が多い。しかしMoods & Groovesというレーベルからのリリースという肩書きが付いた本作によって、少なからずともJoe Le Bonに注目をせずにはいられなくなるだろう。アルバムの音楽性は確かにハウスではあるが、デトロイトのそれではなく北欧の優美で洗練されたディープ・ハウスが中心と、レーベルの中では少々異色にも思われる点もあるがそのどれもが幽玄で神秘的だ。冒頭の”Ghosts On Cassette”、ふんわりとスペーシーなシンセの伸びと落ち着きのある滑らかなハウスのグルーヴからは、確かに黒さを感じる点は少なくむしろアンビエンスさえある微睡みのディープ・ハウスで官能的だ。"Berlin Panorama"はベルリンのあのクラブをコンセプトにした曲だろうか、オーロラの様に舞う美しいシンセのレイヤーには言葉を失う程で、決してビートを荒らげる事をせずに繊細なリズム感で静かに高揚させる。リスニング系だけでなくクラブを意識した曲もあり、シャープなハイハットとパーカッションが軽快なリズム感を生みつつ幻想的なシンセのリフが反復する"82 Degrees"や、ざらつきのある荒削りなビートでスピード感を強調し爽やかながらも仄かに官能を匂わすテック・ハウスの"Like Cotton Deep Orchestra"と、アルバムの中で良いアクセントとなっている。しかしJoe Le Bonの魅力はやはりその情緒深い味わいにあると思い、シネマティックでありしっとりと切なさに満たすダウンテンポの"The Road Is Under Repair"や、ビートレスな展開に羽毛が舞うような繊細なシンセが揺れるアンビエントの"For Yasuni"で、実にエモーショナルな音楽性を目の当たりにするだろう。前述のように確かにMoods & Groovesのレーベル性から見ると異色さはあるものの、アルバムとしてのリスニング性の高さを活かしたディープ・ハウスは本物だ。



Check "Joe Le Bon"
| HOUSE11 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Black Spuma - Oasi (International Feel Recordings:IFEEL048)
Black Spuma - Oasi
Amazonで詳しく見る(MP3)

現在のバレアリック・ミュージックを引率するInternational Feelは、2015年もこれからを期待される若手から信頼足りうるベテランまで、多くのアーティストの作品をリリースして一身に注目を集めていた。そしてまたもや耳にした事のないBlack Spumaなるアーティストがレーベルより送り出されたとなれば、当然興味をそそらずにはいられないのだが、蓋を開けてみれば全くの新人ではなく既に実力の認められたベテラン・ユニットなのだった。一人はTuff City Kids名義で人気を博すPhillip Lauer、もう一人はイタリアのDJでTelespazio名義でも活動するFabrizio Mammarellaであり、両者ともイタロ系の音楽性を共通に持つベテランだ。そんなイタロの共通項を持つ二人だからこそ、開放的な快楽の高さはInternational Feelのバレアリック性と馴染み、期待通りの音を聞かせてくれる。すっと湧くように入ってくる透明感のあるパッドとオプティミスティックなシンセのフレーズで始まる"Hype Around"は、その余りにも爽やかな空の青に落ちていくような清々しいまでのバレアリック・ハウスで、既にクラシックの様な風格さえ纏っている。対して"Spumatix"は一転してどっしりと地に根を張ったようなベースとリズムによるビート感があり、嬉々としたマリンバの音色にほっと和んでしまうディスコ・ハウスだ。アーティスト名がそのまま曲名となった"Black Spuma"は、ぐしゃっとした刺激的なマシン・ドラムとウニョウニョとしたベースと金物の音のようなシンセからはイタロ・ディスコの匂いが発せられ、しかしそこに柔らかなパッドが被せられるとほんのりと情緒的にもなったり、兎に角気分が高揚してしまう。特にレーベルの中でも比較的パーティーの賑わいを想起させるダンス的な要素が強く、このEPはダンス・フロアでこそエネルギッシュな快楽性が映えるのではと思う。



Check "Black Spuma"
| HOUSE11 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Toby Tobias - Rising Son (Delusions Of Grandeur:DOGCD5)
Toby Tobias - Rising Son
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
今や親レーベルであるFreerangeよりも注目を集め、正に飛ぶ鳥を落とす勢いのDelusions Of Grandeur。ディープ・ハウスやビートダウンにディスコの要素が交差し、クラシックともモダンともとれるサウンドが、懐かしくも新しい現在進行形のレーベルだ。国籍を越えて若手からベテランまでピックアップしているが、近年レーベルの中でも推されている一人がUKのアーティストであるToby Tobiasだ。活動の当初はREKIDSからの少々アクもあるディスコティックな作風のリリースが中心だったが、徐々にLet's Play HouseやQuintessentials等からディープ・ハウス寄りの曲も披露し、そしてここ3年程はDelusions Of Grandeurとがっちり手を組んで活動を続けている。その実りは7年ぶりとなるアルバムの本作に繋がる訳だが、以前よりも更に音楽性が拡張されたようにイタロ・ディスコからディープ・ハウス、シカゴ・ハウスからデトロイト・テクノに、そしてビートダウンなど多彩な作風は少々纏まりの無さを感じさせるのは否定出来ない。しかし制作に使用された機材はTR-808やTR-505などのリズムマシン、Roland SH-101などのアナログシンセ、Yamaha SPX90などのエフェクターと、それぞれがもう発売から20年以上経過する時代遅れと呼ばれてもおかしくない機器ばかりで、その影響でアルバムは完全にオールド・スクールを意識した統一感にはなっている。アルバムの冒頭を飾る”The Wonder”はアシッディーなベースラインが前面に出ながら、暗くミステリアスな雰囲気で不安を煽るようなディープ・ハウスで始まる。続く"Love Affair"は一転して哀愁漂う安っぽいエレクトロニックなディスコで、そのダサさは古臭くもあり旧時代に夢見た近未来の都市感に溢れている。かと思えばねっとりとした粘性とスモーキーな音像、そして重心の低さがビートダウン/ハウスを思わせる"Sloflava"や、物哀しいシンセが胸を締め付けるバレアリックな"Sending Signals"、レイドバックした雰囲気で淡い情景が広がるディープ・ハウスな"Vague Vogue"、そして鋭利なビート感とピコピコな可愛いサウンドがエレクトロ風な"Weird Danger"まで、最早焦点を絞らせないのかと思う程に色々なジャンルが見え隠れしている。そんな曲をオールド・スクールという視点から音の統一感を成し遂げて、1枚のアルバムへとパッキングしているのだから、幅広い層へと訴求するであろう音楽性があるのも確かなのだ。



Check "Toby Tobias"
| HOUSE11 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |