CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Massive Attack - Collected (東芝EMI:TOCP66554・55)
Massive Attack-Collected
Amazonで詳しく見る(日本限定盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Amazonで詳しく見る(US限定盤) Amazonで詳しく見る(UK盤) Amazonで詳しく見る(US盤)
深遠なるブリストルからの使者、Massive Attackのベスト盤が登場。ダブやレゲエ、ヒップホップなどをルーツに、煙たくじめじめと粘りけのあるブリストル系と言うジャンルを確立したMassive Attackの功績は周知の通りで、今でも唯一無二の先駆者として人気を博しています。活動歴15年ながらもアルバムは4枚と寡黙な方達ではありますが、その分駄作は決して作りません。しかしその4枚の変遷を辿ってみると彼らなりの変化もあるようで、初期の「Safe from harm」、「Karmacoma」「Sly」などははまだヒップホップ色が強めで、いかにもブラックミュージックからの流れである事を感じさせます。初期の大傑作「Unfinished sympathy」はオーケストラを取り入れた異色ながらも泣きの一曲です。3RDアルバムではかなりロック色を強めて、ギターがぐぉ〜んと唸りを上げています。彼らの中でも一番危険な香りのする廃退的サウンドで、「Angel」、「Risingson」辺りがそうですね。「Teadrop」は廃退的でありながら、闇の中に徐々に光が差し込む至高の一曲ですね。で4THアルバムの前にメンバーの一人が脱退、その上4THアルバムは残った二人の内の一人で作られたアルバムと言う事で、かなりパーソナルな出来となってしまいました(賛否両論でしたね)。「What your soul sings」、「Butterfly caught」などを聴いて貰うと音の違いが分かるかと思います。黒い粘り気が無くなり、逆に神々しくエレクトロニカを取り入れたような電子音楽化してしまいました。ん〜これには僕は理解に苦しむ物があって、彼らの評価を著しく下げてしまいましたね。そして現在の最新曲「Live with me」は、電子音楽とヒップホップの中間と言う感じ。ストリングスも取り入れ美しくも壊れやすい繊細さを感じさせますが、まだ模索段階と言った所でしょうか。とまあベスト盤の紹介をしましたが、アルバム全部持ってる自分はベスト盤なんかいらん!実は限定盤のボーナスディスクが欲しかっただけ。こっちにはレアトラックや未発表曲、ライブ音源を収録しているんですわ。Madonnaとのコラボなんかもあって、結構充実してまっせ。

どうせ買うならボーナスディスク付きの限定盤がお勧めですが、US限定盤は更に豪華でデュアルディスク仕様でCD+DVDになっています。DVDにはなんとプロモビデオが入っているとの事。アマゾンの説明だとリージョンフリーっぽいので、日本盤を買わずにUS盤を待っても損はないかも。

試聴

Check "Massive Attack"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Susumu Yokota - Wonder Waltz (Skintone:STR-11)
Susumu Yokota-Wonder Waltz
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
日本のテクノ黎明期を支えた一人でもある横田進の最新作は、なんとワルツがテーマです。今までテクノ、ハウス、アシッド、アンビエント、ディスコ、エクスペリメンタルと数多くの挑戦をしてきましたが、誰がワルツをやるなんて想像出来たでしょうか?思えば遥か遠くまで来てしまった彼ですが、まだまだ歩みを止めない彼の意欲には敬意さえ感じられます。しかしワルツって3拍子ですよ?前評判ではどんな音楽なんだろうと期待と不安の両方の気持ちでしたが、実際に聴いてみるとこれが意外と馴染んじゃってるなと感じました。ハウスの4拍子が3拍子になっただけで特に違和感も無く、その上「Symbol」(過去レビュー)の様にクラシック的な優雅さを備えています。そう、生演奏をかなり取り入れているであろう柔らかい音色は、優しくもエレガンスで高貴な時間を堪能させれくれます。しかし面白おかしく摩訶不思議な音楽ですが、実験的な事をする為だけの作品では無いと思います。普通これだけ作風が変わってくると尻軽な目で見られがちですが、彼の場合は純水に音楽を愛するが故の変化として感じられて、ある特定のジャンルだけではアイデアが収まりきらないのでしょう。しかし次は一体どんな音楽をやるんでしょうか、今から楽しみですね。ジャケットは相変わらず自身で撮っているようですが、秀逸の一言。

試聴

Check "Susumu Yokota"
| ETC1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(4) | |
Nightmares on Wax - Smokers Delight (Warp Records:WARPCD36)
Nightmares on Wax-Smokers Delight
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
わざわざ新作「In a Space Outta Sound」が出ているのにこの旧譜を紹介するのは、たまたま新作に合わせてリイシューされるからでございます(お金が無くて新作が買えないのよ〜ん)。UK屈指のエレクトロニックレーベル:Warp Recordsにおいてダウンテンポ面の先駆者、Nightmares on Waxの大傑作がこいつじゃ!とは言ったものの、実はそこまで聴き込んでないんですがね。一般的にはトリップホップの名盤らしく、そのタイトル通り煙たいもくもくとしたトリッピーな雰囲気がクゥゥ〜〜ルッ!!決して明るくハッピーな音ではないし、むしろ微妙に陰鬱でじめじめとした音ながらも決して退屈な感じはしないですね。ヒップホップに影響を受けつつもインストで、切れのあるファンクネス、微熱を帯びたソウルフルな空気がもくもくと充満しています。小気味良いエレピの音やシャープなギターカッティングは、ブラックミュージックの黒さを感じさせるし、粘りけのある漆黒のグルーヴは一度絡みついたら簡単には逃れられないですね。ジャジーだと感じる人もいればヒップホップだと感じる人もいるかもしれないし、ファンクやレアグルーヴだと思う人もいるかもしれない良い混ざり具合です。こうゆうのがWarpから出るのも意外な気がするけれど、Warpってそんなレーベルなんです。とにもかくにも葉っぱとか吸いながら聴くと、快適に過ごせそうな(あくまで)イメージの音楽ですね。

試聴

Check "Nightmares on Wax"
| ETC1 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Nathan Fake - Drowning In A Sea Of Love (Border Community:10BCCD)
Nathan Fake-Drowning In A Sea Of Love
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(日本盤)
最近大型リリースが多いですね。今日紹介するこのNathan Fakeの1stアルバムも、相当なファンの方が待っていたのではないかな。現在最もシーンで注目を集めるJames Holden(過去レビュー)率いるBorder Communityのアーティストで、元々はプログレッシブハウス方面で人気を博していたものの、現在では既にシーンを飛び越えてエレクトロニックミュージックと言うシーン全体で絶賛の嵐。僕はディープミニマルな「Dinamo」の大ヒットで彼の存在を知る事になったのだが、この初のアルバムはまた全く毛色の異なる問題作とも言えるでしょう。と言うか果たして今までのプレグレッシブハウスのファンがこれを気に入るかどうか、そこら辺は否定せざるを得ないかなと。一般的にダンスミュージックと言える作品では無く、ここから感じる音は懐かしきシューゲイザーの憂い。My Bloody Valentine(過去レビュー)やMogwai(過去レビュー)が好きだと言う彼の嗜好が前面に出た淡いサイケデリックな音は、どこまでも広がって行く夢幻の世界を感じさせる。電子的でありながらオモチャでひねり出したような可愛い音、心地良いギターノイズ、なんて幻想的で儚い世界なんだろう。プログレッシブハウスファンを裏切った作品かもしれないが、内省的で自分の原点を見つめ直した作品としては良いのかもしれない。またセンチメンタルなエレクトロニカが好きな人には、素直に受け入れられるでしょう。この路線も充分に素晴らしく満足はしたので、次は「Dinamo」路線のアルバムも期待したい所です。

試聴

Check "Nathan Fake"
| ETC1 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(3) | |
Belle & Sebastian - Late Night Tales (Azuli Records:ALNCD14)
Belle & Sebastian-Late Night Tales
Amazonで詳しく見る(UK盤1)
 Amazonで詳しく見る(UK盤2)
全然知らないアーティストでも気になってるシリーズを手掛けていたりすると、ついつい購入してしまう場合があります。今回は一応試聴した後に購入したので、安心して手に入れられましたが。Azuli Recordsが手掛ける「Late Night Tales」は、アーティストが深夜に聴く音楽をコンパイルしたシリーズ物で、まあタイトル通りに深夜の物語的なしっとり落ち着くBGMとなっています。今回このシリーズを手掛けているBelle & Sebastianは、スコットランドのグラスゴー出身のポップバンドらしいですが、彼らのオリジナル音源は未聴なので前情報は全く無し。で試聴ではなく今度は家でじっくり聴いてみましたが、やっぱり優しいBGMで良いですね。普段テクノとかハウスとか聴いていると、BGMと言うよりは音に集中してしまう傾向が強いんですよね。ただ部屋をほんわか和ませたいのであれば、こういった軽めのダウンテンポな流れの方が適しているのではないでしょうか。普段クラブミュージックばかり紹介しているので、こうゆう音楽を僕が紹介すると違和感があるかもしれませんが、百聞は一見に如かず。ポップ、ロック、サイケデリック、ヒップホップ、フォーク、R&B、エレクトロニカなどなど穏やかに心落ち着く曲を集めたこのアルバムは、寝る時に小さな音で聴くと効果がありそうです。決してボリュームは上げずに、絞った音でしっとりと聴いて頂きたいと思います。

試聴

Check "Belle & Sebastian"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 22:30 | comments(1) | trackbacks(1) | |
LTJ Bukem Presents Logical Progression (FFRR:35040-2)
LTJ Bukem Presents Logical Progression
Amazonで詳しく見る

ドラムンベース界きっての知性派、LTJ Bukem。ドラムンは聴かなくてもクラブミュージックを聴く者なら耳にした事位はあるだろう、とにかく美しく知的なドラムンを創り出すDJ/アーティストであります。「理論的な進歩」と言う言葉がしっくりなこのシリーズ、まあドラムンを聴かない自分がどうして持ってるかと言うとアマゾンで1600円で安いから、ただそれだけ。しかしそんな安い盤にもかかわらず、内容の方は相当に素晴らしいです。CD1は彼が主宰するGood Lookingのコンピレーションで、無駄の削ぎ落とされた美しきドラムンがごっそり。ドラムンでも色々種類はあるんだろうけど、アートの域にまで昇華されたドラムンは正にこれでしょう。そしてDISC2はなんとLTJ Bukemのミックスプレイです。こっちがも〜〜〜最高っ!これってドラムンなの?ん〜…僕にはフューチャージャズにしか聞こえませんw余りにも研ぎ澄まされた鋭角的なリズムと、スペーシーな上物の絡みが爽やかなファンクネスを生み出しています。ファンクネスって言うと濃そうですが、これは宇宙に放たれるコズミックソウルなんですね。デトロイトテクノにも共通点を感じるエモーションは、まさにドラムンもデトロイトテクノも同じ黒人音楽から生まれたと言う事を示しています。しなやかなソウルに包まれて、宇宙へと飛び出すスペースジャーニーの始まりがここにあります。

試聴

Check "LTJ Bukem"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 23:45 | comments(4) | trackbacks(1) | |
Annie - DJ Kicks (Studio !K7:!K7190CD)
Annie-DJ Kicks
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
Studio !K7が送る名MIXCDシリーズ・DJ Kicksの最新作は、ノルウェーの歌姫・Annieが手掛けております。つか、全然知りません、Annieって誰?ここでちょっとググッて調べた所、元々は90年代はロックバンドにおいて歌い手を務め、その後はDJ活動を初めてクラブシーンにも足を踏み入れ、2005年には1STアルバム「Anniemal」をリリースとの事。ってどうゆうアーティストと絡みがあるかもよく分からないし、未だに詳細は不明。とにかく、名MIXCDシリーズと言うだけで購入しました。しかしこれはこのシリーズの中でも一番独特と言うか、めくるめく万華鏡の世界って感じか?最初にぶっちゃけ言うと、繋ぎも下手だしテンポもめちゃめちゃだし、スキルはないと思うよ。ただそれを差し置いて、ロック、エレクトロニカ、テクノ、エレクトロを破天荒におもしろおかしくミックスしていて、聴いているだけでウキウキする気分になります。鋭い棘のありそうなパンキッシュサウンドでありながらも、どこかキュートで女の子らしい可愛いプレイなんじゃないでしょうか。流行のエレクトロクラッシュなミックスが好きなら、ご機嫌で聴けちゃう事でしょうね。若々しい弾けるパッション、子供の様に無邪気な遊び心があって、元気のない人にエネルギー注入ってか。

試聴

Check "Annie"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Mogwai - Mr. Beast (PIAS Recordings:PIASX062CDLTD)
Mogwai-Mr Beast
Amazonで詳しく見る(日本限定盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤) Amazonで詳しく見る(UK盤) Amazonで詳しく見る(US盤)
UKが世界に誇る轟音ギターバンド・Mogwaiの3年ぶりの新作が登場。普段クラブミュージックばかり紹介していますが、こんな僕も昔はロックばかり聴いていました。90年代のUKロックは僕にとっての青春でありましたが、途中からクラブミュージックに嗜好がシフト。な訳で最近聴いているロックは、90年代から聴いているベテランばかりで新規開拓はありません。こんな事言うと懐古主義者とか言われそうだけど、やっぱり面白いアーティストは90年代の方が多いと思うな。Mogwaiも初期はかの伝説的なMy Bloody Valentineフォロワーだったかもしれないけれど、今では立派に存在感溢れる素晴らしいバンドに成長したと思います。今作は特に分かり易いポップなメロディーが強調されて、重厚で荘厳なギターとメランコリックなピアノのアンサンブルが最高のハーモニーを奏でます。特に轟音ギターはただ五月蠅いだけでなく、狂おしくも美しい雄叫びをあげて空気を震撼させます。なんか90年代のグランジロックのギター音にも近いものを感じますが、懐かしいだけでなく身体にびりびりくる何かがありますね。テンポもゆったりめで馬鹿騒ぎするのではなく、お酒でもちびちび飲みながら鑑賞出来る味わい深いロックだと思います。自分、歳喰ったんかなぁ…いやいや、皆様もドラマチックに盛り上がる狂想曲に酔いしれて下さい。

試聴

Check "Mogwai"
| ETC1 | 22:00 | comments(3) | trackbacks(1) | |
Sigur Ros - ( ) (FatCat Records:FATCD22)
Sigur Ros-( )
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
アイスランドにはまだおとぎ話の様な世界が残っているのか。または神が住んでいるとでも、妖精が住んでいるとでも言うのか。何故にアイスランドのアーティストは、こんなに気高く美しい音を奏でられるのか。MUMと同郷でアイスランド出身、かつ同じくFatCat Recordsからリリースを重ねる孤高のロックバンドSigur Ros。圧倒的なまでの存在感を誇り、唯一無二のサウンドを発する彼らの前にただただ呆然とする事しか出来ない。荘厳なオーケストラ、全てを覆い尽くすホワイトノイズギター、そして限りなくイノセントな心を打つメロディーが僕らがちっぽけな存在だと思わせる。彼らの前には何事もが無意味で、思考や理論なんてどうにでも良くなる。まるで宗教音楽の様に崇高で、もはやSigur Rosに信仰の気持ちさえ抱かせるには充分な存在感がある。にも関わらず幼稚で無垢、非常に危なげな音で、目を離した隙に失われてしまうのではないかと心配になる。それでも彼らは聴く者に希望を抱かせる。そして僕は救われた。目の前に広がる世界は、ただただ美しい。

試聴

Check "Sigur Ros"
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Mum - Please Smile My Noise Bleed (Morr Music:MM020CD)
Mum-Please Smile My Noise Bleed
Amazonで詳しく見る

僕がMUMに興味を持ちだしたきっかけは確かこのミニアルバムだったかと思います。MUMの新曲+リミックス多数のこの盤は、その当時ちょっと話題だったのではないでしょうか。その当時エレクトロニカ人気急上昇だった中でも、取り分け人気のあったMorr Musicのアーティストがリミックスを手掛けていたからです。Styrofoam、Arovane、Phonem、Christian Kleineなど知ってる人には「ああ、なるほどね」と言った豪華な面子が勢揃い。エレクトロニカ全盛時なので、だいたいどれも良いリミックスしてますけど、僕はArovaneのマシーンビートを刻み硬めな音に仕上げたリミックスが好きです。Styrofoamはやっぱりチープにピコピコで可愛く仕上げていますね。でもやっぱりMUMのオリジナルがまじで最高です。一曲目の「On The Old Mountain Radio」は、どこか遠い人里離れた場所でしんみりと生活する風景が浮かんできます。遥か昔のおとぎ話の世界か、小さいながらも一生懸命音を出すオルゴールかの様に、ほんとほのぼのと暖かい世界があります。エレクトロニカなんて電子的な言葉ですけど、MUMは電子音を使いながらも人間の温かさを音に込めて、忙しい生活で疲れた僕らを癒してくれるのです。アイスランドから届けられた、新世代のヒーリングミュージックがMUMです。

試聴

Check "Mum"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 16:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |