CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
行田湯本天然温泉 茂美の湯 そして さきたまさきたま
さいたまさいたま

埼玉と言うとアレな県ですが、実は結構楽しめる場所だとも思います。特にお勧めなのが以下の三つ。
1.天然温泉
2.古墳
3.ふらいとゼリーフライ

と言う事で埼玉を楽しむ。そして埼玉の魅力を伝え、他県に対し見返せる様になればと思います。ちなみに"さきたま"ってのが変化して現在の埼玉になったそうでつ。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | |
St. Valentine's Day @ 南印度ダイニング
南印度ダイニング1

こんばんは、今日は私の血塗られたヴァレンタイン…じゃなくてSt. Valentine's Dayです。僕も今日はデートです、VADER(※男です)と。もう一度言います、VADER(注:男です)とデートです。もうね、何の因果でヴァレンタインデイまで男と一緒にヴァレンタインデイ限定のカレーを喰わなくちゃいけないのかと…オレ涙目www。まあ一応カレー好きなんで(※資生堂パーラーで一萬円のカレーも食べた事ある)。去年はチョコレート貰ったけど、今年はノーチョコで終わりました。自分の周りって男ばっかだし、その男友達も女のコネクションは頼れない人が多いので、結局オレが自分でなんとかするしかないと思うこの頃です。自分で殻を破る努力しねーとな。と言ってもMIXIかクラブしかねーじゃん…うっうっうっ
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 21:30 | comments(3) | trackbacks(0) | |
自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の小さな「箱」から脱出する方法
Amazonで詳しく見る

今のオレのままで良いって言う人と、変えた方が良いって言う人、それぞれがいる。変わらなくても良いと思う自分も居れば、確かに変わらなくちゃと思う点もあったり、結構考える。まあみんな育った環境が異なるから、考え方って結局みんな違うのさ。めちゃくちゃ悩んだ挙げ句ちょっと自分を改革と言うか考え方を拡げようと思い購入。勢いよく読み漁り三時間で読破した感想。

本書では自己欺瞞を「箱の中に入っている」状態と呼んでいる。自分が相手を見る時に、自分を中心に考えるか周りも同等して考えるかとか、そんなイメージ。相手をどう見るか、そして相手を見ている自分がどう見ているかを客観的に知る事、壁は自分で作っているかが、分かり易い参考例を使って気付かせてくれる。自分が行動を行う場合に、それ次第で他の人々に及ぼす影響は変わってくる。だから同じ行動を行うにしても、やり方があるんじゃないかと。しかし自分が箱の中に居る事で、わざと自分が酷い目に遭う環境を作り、そして相手を責め自分を自己正当化しようとしてしまう。本当は悪くない相手を悪い相手に自分の中で仕立て上げてしまう訳だ。最悪の流れだね。箱に中に入っていると、自分の事しか考えられないんだよ。だから多分オレも舞い上がっていたんだ、客観的に自分が見えていなかった。と言っても本書では分かり切った事を説明していて、何を今更と思うかもしれない。しかし分かっていてもそれを実践するかしないかでは大違いで、実践する為に非常に簡単な例を示して理解を深めさせているのだと思う。誰しも完璧な人間にはなれないけれど、今よりも明日は少しだけ良くなれば、それを毎日続ける努力をすれば、きっと今とは違うより良い日常が出来上がるはず。そう思える励みになる本。別に本書を読んだからと言って生き方や考え方が一気に変わる訳ではないけれど、人に対して少しは優しくなれたり、自分を客観的に見る事が考えられるようになるかもね。

取り敢えず悩みはすっきりしたので、明日からまた〜りと落ち着いた日々を送りたいと思います。クラブもがしがし行くぜー。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:10 | comments(4) | trackbacks(0) | |
星山温泉 + 埜庵 5回目 + 湘南ぶらり旅 オレラは湘南爆走族
ビッグスクーター

大学生からの友人・VADER(CDETTRIPVADER管理人)は、音楽、グルメ、旅行とどれについても自分なりの嗅覚を持った素晴らしい変態(※誉め言葉だよ)です。そんなVADERとオイラで雲一つ無い快晴の日にバイクに乗って日帰り旅行を満喫してきました。こんな二人が揃えば当然アングラな場所に行くのが当たり前、観光スポットなぞ行く訳も無い。バイクに乗って湘南の風となったオレラの旅を紹介致します。続きをどうぞ。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:10 | comments(4) | trackbacks(0) | |
横浜温泉 チャレンジャー
横浜温泉 チャレンジャー1
しょこたんはギガント短足ゆす…だそうです。ぶっちゃけ可愛いから短足でも問題無いし、そのギャップが良い。人間は意外性に惚れるものなのです。可愛いけれどツンデレとかね。実際ツンデレと付き合うには、男の方が相当器量が大きくないと無理だけどね。

行ったのは一ヶ月前の話になりますが、今日は温泉の紹介。友達のバイクに乗って安定・無難志向のマチュが向かった温泉は、横浜温泉"チャレンジャー"。老人ホームに隣接している温泉ですが、一般人も利用可能で思ったよりも多くの人で賑わっておりました。冬のバイクは激寒で温泉に着く頃には体も冷え切っておりましたが、この温泉は名前の通り想像していたよりも地味に凄い温泉で、体の芯までぽかぽかと温まりました。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
子どもの貧困 - 日本の不公平を考える (岩波新書)
子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)
Amazonで詳しく見る

生まれてくる全ての子供には、幸せになる権利がある。

初等教育までの義務教育が保証されている日本においても、「相対的貧困」が存在していて特に先進諸国の中では日本がそれが高いと言う現実。統計データを基に子供の頃の貧困が大人になっても不利に働き、それが世代を越えて連鎖していくなどの問題を鋭く指摘する。問題は色々あって若い親と年配の親においての子供の貧困率の高さ、母子家庭においてのその高さ、子供への無関心な政策による教育的支援の不足、低所得者の負担が大きい事など問題は山積みだ。

自分の話を持ち出すが人生において裕福であると言う事は、圧倒的に有利なのである。勿論貧困だからと言って、必ず不幸せになると言う訳ではない。が、幸せになるのにスタートラインで遅れを取ってしまうと言う事なのである。僕も兄も高校・大学と上から数えてすぐに名前が出てくる所に通っていたのだが、やはりそう言った学校は裕福層が多いのである。何故か?子供の教育には莫大な金がかかるからなのである。別に僕はみんながみんな勉強しろとは言わないが、日本においてはエリート高→エリート大学のルートが将来的に安定を掴む為の最短ルートである事は間違いない(自分は大学はドロップアウトしちゃったけどね)。で結局そのルートを歩む為には、金銭的余裕が必要なの。勿論勉強だけじゃなくスポーツでも芸術でも習わせるのには、同じ事。じゃあ裕福だからが良いのかって言うとそれだけじゃなくて、やはり裕福層は精神的にゆとりがあり子供が金銭的危機感を感じない事が親との揉め事を減らしたり、環境の悪化の影響を受ける事が少ない訳。つまり精神的な負担も受ける確率が少ない訳。

ではまず親がすべき事、それは親は子供の為に一生懸命になる事。最近ニュースでもある親がパチンコ行っててその間に子供が焼死とか、そんな話を聞くと子供を産むなと言いたくなる。自分は結婚もしていなければ子供もいないので大口を叩く義理は無いかもしれないが、親は子供の犠牲になってでも子供を幸せにしないといけないと思う。何故ならば自分の親は好きな事を我慢して自分たちに精一杯したい事をさせてくれたので、自分ももし子供が出来たら子供に不自由なく好きな事をさせてやりたいんだ。その為には自分は子供の為に犠牲になっても構わない、それ位の心構えは必要なんじゃないだろうか。

そんな前提を踏まえてそれでも子供の貧困率が高い日本においては、現在において最も必要なのは国・政策による子供の教育的支援なのである。子供は宝とよく言ったもので、子供に教育を受けさせ知識や経験を積ませ、教養を身に付けさせる事は、将来的に日本の繁栄につながるはずなのである。なのに今の日本において優遇されるのは高齢者であり、子供を育てる20・30代の方から搾取が増えるのでは余裕のある子育てなど出来る訳がない。また確かに格差を無くすのは難しいが、スタートラインにおける平等は本来は保証されるべきであると僕は思う。本書によれば他の先進諸国では貧困を減らす為の政策がもっと充実しているんだけど、なんで日本はこんなに駄目なんだろうね(答え:自民党が分母の多い年配の票を欲しいから、年配向けの政治しかしない為。日本の将来など全く考えていない)。少なくとも子供に精神的・金銭的負担を強いるような世の中には、なって欲しくないね。

僕は切に願う。生まれてくる全ての子供には、幸せになる権利がある。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
秋田旅行 その他もろもろ
二泊三日の秋田旅行の軌跡。今回は積雪が酷かったり、アングラスポットが少なかったので、いつもよりかなりおとなしめな旅行になりました。本当はアングラスポット秘宝館系、怪しい場所に行くのが好きなんですが、たまには普通の旅行も良いのかもしれない。つまらない物ですが、続きをどうぞ。

末広 スタミナラーメン
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
男鹿温泉郷 元湯 雄山閣
雄山閣

秋田旅行二日目は男鹿半島にある男鹿温泉郷の雄山閣に宿泊。男鹿半島と言えばなまはげ発祥の地(と言うのを行ってから初めて知った)。道路を車で走っていてもなまはげの人形やら彫像やらが多く見られます。悪い子はいね〜が〜?はい、オレが悪い子です。さて、この雄山閣は昭和14年の大地震により敷地内に大量の温泉が湧き出たのが始まりだそうで、災い転じて福となすって事だったんですね〜。それでは続きをどうぞ。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(1) | |
大湯温泉 阿部旅館
大学時代の旧友、VADER(CDETTRIPVADER管理人)とタカシで揃っての一年ぶりの温泉旅行に行ってきました。タカシが結婚していたりみんなも仕事が忙しかったりで以前より温泉旅行の頻度は下がっておりますが、いつまでも男友達で温泉旅行を楽しめたらな〜としみじみ思います。今回は秋田県を二泊三日で廻ってきたんだけど、いや〜吹雪いていて寒かったし車はスリップして死ぬかと思ったし、雪国は大変でした。一泊目は大湯温泉にある一軒宿の阿部旅館に泊まりました。写真付きで紹介しますので、続きをどうぞ。

阿部旅館
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:10 | comments(8) | trackbacks(0) | |
極上のビールを飲もう! & もう一杯 極上のビールを飲もう!
極上のビールを飲もう! もう一杯 極上のビールを飲もう!

ビールなんてどれも一緒だろ。

そう考えていた時期が俺にもありました。

すいません、間違った思い込みでした。ビールは千差万別、実はめちゃめちゃ奥が深いのです。確かに日本のビールはどれもすっきしりたタイプで似たり寄ったり感は否めないのですが(最近は地ビールなども増えてバラエティーに富んできてるけどね)、海外のビールと言うのは普段日本で飲んでいるビールからは全く想像の出来ない程色んな味があるんです。特に自分の大好きなベルギービールは、日本よりも国土・人口が少ない国にもかかわらず1000種類以上のビールが作られていて、どのビールにも強烈な個性が存在しているのです。有名なのでは修道院が作るトラピストビールや、またはハーブやスパイスを使った香り豊かなビール、オーク樽で熟成させた甘酸っぱいレッドビールなど日本では考えられない様なビールが存在しているんですね。勿論ベルギー以外でもドイツ、イギリス、チェコ、そしてアメリカや南米どこでにでも個性を持ったビールが世の中の女の数ほど存在していて(そりゃ言い過ぎか)、最近は海外のビールにはまりまくりです。で普段はそれらを酒屋で購入して家で飲む事が多いんだけど、外でもビールが充実しているバーで飲みたいなと思った時に役立ったのが、上に紹介している本。

ベルギー、ドイツ、イギリス、グループ向け、カップル向け、一人向けなどで区分けされたビールに拘りを持った店がい〜っぱい紹介されております。東京の店が中心なので東京在住の人向けですが、有名なビアバーから隠れ家っぽい所まで良い塩梅に紹介されておりまして、今度はあの店に行ってみようなんて気持ちになってしまいます。特に女の子はビール苦手な人が多いんで、男性諸君が女の子を誘ってビールの魅力を教えてあげては如何なんて思いますが。ビールは苦いだけじゃなくフルーティーなのや甘くて飲み易いのもあるし、また男性にはアルコール濃度10%の強烈なビールもあるし、水の様にガブガブと飲むのではなく女の子を愛でる様に味をしっかりと堪能して飲んで欲しいと思います。ただし、誘う時は男性諸君が奢るだろうので、財布は厚めにして行って下さい。ベルギービールは一杯1000〜1500円がデフォルトなんで、それが難点ですわな。でも好きな女の子と飲むなら、たまにはリッチなビールで大人な雰囲気作っても良いじゃない?

オレも相手がいればいつでも連れて行ってあげるのに…(´・ω・`)
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |