CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Don Cherry - Organic Music Society (Caprice Records:CAP 21827)
Don Cherry - Organic Music Society
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
僕がDon Cherryの名を初めて耳にしたのはCalmのアルバム"Ancient Future"(過去レビュー)において、"Utopia & Visions"と言うスピリチュアルな曲を聴いた時だったと思う。余りにも切なく琴線に触れるこの曲が実はDon Cherryのカバー曲である事を知り、そしてこの曲が収録された本アルバムを求めた結果、その当時はアナログのみのリリースでありそれさえも高額な価格で取引されていて手が出せないままで今日まで10年近くが過ぎていた。しかし先日、突如としてLPと同じ仕様であるオリジナル見開きジャケットの形態で本アルバムは初CD化された。Don Cherryについては僕も深い知識を持っているわけではなく、フリー・ジャズ系トランぺット奏者であると言う認識位しか持っていない。そして本作は彼がスウェーデンに移住してから制作したアルバムなのだが、これが北欧らしからぬ霊験あらたかな作品になっていてそのギャップが面白いと感じつつ、人間臭いジャズを越えた気高いニューマニズムに文明的な空気で汚れた心も洗い流された気持ちになった。およそ一般的に想像されるジャズらしからぬ念仏のような霊的なコーラス、シタールの精神波を発する唸り、あくまで無国籍な怪しさを匂わす弦楽器、森の奥から鳴り響く笛の音色、土着的に湿り原始的な踊りを誘うドラム、それらが渾然一体となって織り成す何処とも言えない無国籍な世界観と枠に嵌る事を拒否する自由な演奏は、魂の向かう先に任せたように奔放で美しい。混沌と全てが混じり合い濁った音の中から華麗なメロディーが浮かび上がり、そして人が生まれた青草茂る大地へと戻って行き地球の胎動と共振する世界が広がっている。とても優しくてとても大きくて、生きている事に感謝したくなるエキゾチック・アバンギャルド・ミュージックだ。こんなに素晴らしい音楽が今までCD化されていなかったのが、本当に不思議である。

試聴

Check "Don Cherry"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Makoto Live @ Motion Blue Yokohama (Selective Records:SELEC-10001)
Makoto Live @ Motion Blue Yokohama
Amazonで詳しく見る

日本を代表するドラムン・ベースのクリエーターであるMakotoが、DJではなく生演奏によるライブセットを披露した奇跡的な一夜をパッケージ化したのが本作。クレジットから確認出来る限りでは本人はキーボードを演奏し、周りをギターやベースにドラム、サックスにトランペット、そして女性ボーカルであるDeeizmで固めての完全人力ライブセットで、PCやリズムマシンは恐らく使っていないと思われる。一般的にドラムン・ベースと呼ばれる音楽の多くはハードなエッジの効いたものから生っぽい質感を伴ったものまでもプログラミングに頼って制作されているのだろうが、Makotoは自身の楽曲をもPCから開放しより豊かな音楽性を繰り広げるようにフューチャー・ジャズ/フュージョンとでも呼ぶべき音楽として再構築を行なっている。精密に高速回転するドラムン・ベース色はあるもののスタジオ制作のオリジナル作品に比べると、剥き出しの荒々しいソウルや弾けるファンクネスを強調し、バンドとして一体化した迫力を伴う生演奏で随分と熱い空間を創り上げている。ジャズのスウィング感、ソウルの情熱、ファンクの脈動と言った要素を溶かし込みながらドラムン・ベースの枠を、クラブミュージックの枠を超えて行く挑戦とも言えるライブはこの手のジャンルではそう聴ける事は多くない体験となるであろう。ドラムン・ベースと言うジャンルを敬遠していた人にとっても、新しく足を踏み入れられる音楽性を持ったライブ盤と言えよう。



Check "Makoto"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Makoto - Another Generation EP (Apollo:AMB1207)
Makoto - Another Generation EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
かつてベルギーから世界に向けて良質なテクノを送り出していたR & S Recordsは一旦閉鎖を迎えるものの、2010年頃から運営を再始動させ新たなる才能の発掘に勤しんでいる。そしてその傘下にあるApolloはかつてはアンビエント色強めなレーベルであったものの、再始動後はアンビエントに限らないテクノ以外の幅広い音楽性に取り組んでいるようだ。そしてそのApolloからの新作はなんと日本からドラムン・ベースを手掛けるMakotoの作品なのだが、ここで聴ける音はジャンル的には既にドラムン・ベースの枠を飛び越える物となっている。タイトル曲である"Another Genertaion"からして前のめりに切り込んでくる細かいビートメーカーっぷりを発揮しつつ、その一方ではレーベルの特徴であるアンビエントを意識した極彩色の輝きを見せるシンセ使いやスペーシーな効果音を混ぜ、浮揚感を伴いつつしなやかなグルーヴに飲まれていく。”Summer Nights”なんかに至ってはジャズを高速回転させたようなブロークンビーツを披露していて、そこに昔のデトロイト・テクノ的な透明感のあるパッドを乗せたりと、フュージョンと言うかフューチャー・ソウルと言うかビートは尖っていても豊かなソウルを感じさせる作風が魅力的だ。そしてプリミティブなシンセ音のアルペジオが無限の上昇気流を生み出す"Skyline"は心底ロマンティックで、洗練された耽美派フュージョンと言っても過言ではない。最初にApolloからのリリースが合っているのかと疑問に思ったのは杞憂だったのか、寧ろメロウでソウルな旋律を活かした楽曲はApolloとの意外なる融合を果たしていて、Makoto流のコズミック・ソウルをより浮き彫りにしている。

試聴

Check "Makoto"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Mitsu The Beats - Beat Installments (Jazzy Sport:JSPCDK-1007)
DJ Mitsu The Beats - Beat Installments
Amazonで詳しく見る

ヒップホップをベースにジャズ、ブロークンビーツ、ソウル、ファンクなど飲み込んで世界へと飛翔したDJ Mitsu The Beatsの2年ぶりとなるアルバムはその名の通り、「ビート物の一冊」となる歌物は一切なしのインストアルバム。前述したようにヒップホップが基本にありながら音楽的な教養の深さがあり、そしてトラック・メロディーメーカーとして才能を開花させた彼のヒップホップは、インストだからこそ曲それ自体が映える曲構成を持ってるのだから、このインストアルバムは待っていましたと言わんばかりの作品になっている。恐らくビートの多くはサンプリング、また上物に関してはムーグ・シンセやフェンダー・ローズを用いたトラックメイクをしている事からアルバムの統一感はかっちりと固まっているが、単なるループの繰り返しになる単純なヒップホップとは全く一線を画す豊かなメロディーを持ち合わせたインストゥルメンタル集だ。元々ヒップホップだけではなかったものの、本作ではよりヒップホップとしての意識を抑え様々なビートを並列させ軽やかにビートを行き来する。これがヒップホップかジャズか、またはファンクかハウスだとかそんなジャンル合わせが無意味に思える程に各音楽の要素が溶け込んでいて、広がりを持たせつつも一つのアルバムとして纏め上げた手腕はクロスオーヴァーを体現してきた経験の賜物だろう。優雅に滲み出る黒さと、甘くて渋いファンキーさが交じり合う極上のインスト集だ。

試聴

Check "DJ Mitsu The Beats"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
James Mason - Rhythm Of Life (SHOUT! PRODUCTIONS:SHOUT-245)
James Mason - Rhythm Of Life
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
例えその名を知らなくてものDJが何度もプレイする事でいつの間にかそのアーティストの虜になっていた、クラブに通っているとそんな出会いは少なくはないだろう。そしてレア・グルーヴ、フュージョン・ソウルを代表する、そして近代のクロス・オーヴァーな流れの中で評価をされたJames Masonは、自分にとってその端的な例だ。正直に告白するとレア・グルーヴなる音楽への造詣は殆ど無いのだが、しかしクラブの朝方で度々耳にしていた"Sweet Power, Your Embrace"は僕の頭の中に残り続けていたのだ。この曲のふくよかでメロウな旋律、黒いギターやベースの泥臭さの中にも光る清々しい期待感、大らかで華麗なムードは踊り疲れた朝のクラブには最適だったのだろう。いつしかこの曲がMasonの曲だと知った時、そこからこのアルバムに辿り着くまでに時間はかからなかった。アルバムには前述のクラシックのみならず、忙しないグルーヴに強烈なスラップベースが絡む"Free"、唯一のインストトラックである気怠く甘い"Mbewe"、躍動感溢れるドラムプレイと力強い歌が先導するファンキーチューン"I've Got My Eyes On You"など、ジャズ/ソウル/ディスコ/フュージョンと言った音楽の垣根を超えた普遍的な曲が散りばめられている。基本のメロディーや構成を重視した音楽は時代を超え、そしてジャンルとしての曖昧さがクラブでのクラシックに繋がり、James Masonの評価は後から絶対的なモノとなったのだ。この度リイシューされたアルバムでは全曲リマスターされたのは嬉しい限りだが、更にオリジナルには未収録であった"I Want Your Love"や"Nightgruv"、そして"Sweet Power, Your Embrace"の未発表バージョンまでもが収録されている。"Nightgruv"なんかは今でもハウス系のパーティーでかかったりする事がある程にハウスグルーヴを感じ取れ、やはりここでもMasonのジャンルに縛られない音楽性は生きているのだ。今更こんな事を自分が説明するまでもなく傑作ではあるのだが、自分の様にレア・グルーヴに興味が無い人には是が非でも聴いて欲しいと思う。

試聴

Check "James Mason"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Jazzanova - Upside Down (Sonar Kollektiv:SK232CD)
Jazzanova - Upside Down
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Jazzと言う単語を含んだそのユニット名以上にテクノ、ハウス、ソウル、ヒップホップなど幅広いジャンルを咀嚼し、ベルリンのクロスオーヴァー可を押し進めたJazzanova。人気、実力共にトップクラスである事はご存知ながらも、彼らが主宰する"Sonar Kollektiv"も含め時代から取り残されつつある事も事実。ならば現在のクラブミュージックシーンに於いて前線で活躍しているアーティストに再構築させるのも、Jazzanovaを時代に最適化させる手段としてはベストな方法であったのだろうか、まあそんな目論見があったかどうかまでは知らないが兎に角Jazzanovaの名曲群を著名なDJ/アーティストにリミックスさせた作品集がリリースされました。リミックスを提供したのはJazzanova本体からAlex Barck、Innervisions組からHenrik SchwarzやÂme、ドイツディープハウスの雄であるMotor City Drum Ensemble、UKのブロークン・ビーツで活躍したAtjazzなどクロスオーヴァーな音楽を手掛ける事を苦としないアーティストが揃っています。だいたいは想像が付くかと思いますが、生の質感を含むディープハウスや透明感のあるシンセサウンドと研ぎ澄まされたビートを組み合わせたテックハウス、またはライブ感のある生演奏が主張するジャズハウスなどで、Jazzanovaの丹念に精錬された上品な空気やインテリな面を損なわない様に手堅いリミックスを披露しております。勿論彼等の安定感のある作品も良いのですが、本作にて注目すべきはそう言った著名どころではなく余り名が知れ渡っていないYe:Solar、Soldiers Of House、Midnight Maraudersらのリミックスだと思います。Ye:Solarは完全にジャズ化させメロウで渋い枯れ感を漂わしているし、後者の二人は夜のクラブにフィットした幻想的な音に包まれる穏やかなディープハウスを披露し、知名度とは反比例するかの様に各々の個性を出しつつ質の高い踊れるクラブトラックを提供しております。オリジナルトラックは未聴なので断定は出来ませんが、本作を聴くと恐らくJazzanova本体よりもよりクラブへ上手く馴染むトラックが多い様に思われました。

試聴

Check "Jazzanova"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
James Mason - I Want Your Love (Rush Hour Recordings:RH-RSS 3)
James Mason - I Want Your Love
Amazonで詳しく見る(MP3)

新人の発掘作業と共に古典を猛烈な勢いで現代に蘇らせているオランダのRush Hour。それがデトロイト・テクノやシカゴ・ハウスだけだと思うのは誤りで、最近ではレア・グルーヴと呼ばれるジャンルにまで手を広げています。そして最新のリイシューとなるのがそのレア・グルーヴと言う分野において、古典中の古典であるJames Masonのアルバム未収録であったレア作品になります。所謂典型的なクラブミュージックではないので自分も暫く彼の存在には気付いておりませんでしたが、朝方のクラブで知らない内に彼の曲を聴く事は何度もあり、つまりは現代のダンスミュージックにも多大なる影響を及ぼした存在であるのは間違いありません。そして大傑作"Rhythm Of Life"がリリースされたのが1977年ですが、そこから20年を経た後の1996年に突如リリースされたのが本作だった様です。リイシューされるに辺り"Nightgruv (Unreleased Longer Edit)"が追加されており、これがタイトル通りの夜の音と言ったメロウでアーバンな作品で秀逸です。陶酔するキーボードの旋律は湿り気を帯びた吐息を吹きかける様に雰囲気があり、リズムは規則正しいハウスの4つ打ちを刻み、ミニマルで平坦な展開が長く続く事で夜の優美な時間帯が持続します。そして裏面には11分にも及ぶ"I Want Your Love"が収録されており、こちらはスペーシーなシンセ使いや耽美なエレピ、腰にくるベースラインや熱気のこもった歌も挿入されバンド風な演奏に艶があり、一般的に想像するソウル・フュージョンと呼ばれる曲でしょう。本当に的確なリイシューをするRush Hourのセンスにはぐうの音も出ませんね。

試聴

Check "James Mason"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Koss / Henriksson / Mullaert - The Mollan Sessions (Mule Electronic:mule electronic cd 22)
Koss Henriksson Mullaert - The Mollan Sessions
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
微熱の籠もる有機的なハウスを奏でる高橋邦之のエレクトロニック名義・Kossと、プログレッシヴトランス界隈からテクノ方面にまで人気のあるMinilogueのメンバーであるHenrikssonとMullaertが、スウェーデンにあるMinilogueのスタジオにて行ったセッションを2枚組CDとしてパッケージ化。Kossは静謐で厳かな佇まいのアンビエントを行い、かたやMinilogueも純粋なアンビエント作品をリリースしており、その両者が手を結ぶと一体どうなるのか。CD1では不鮮明な音像に包まれたダウンテンポから始まり、チリチリとしたノイズや奥深い音響がフィールドレコーディングらしい音像を描き出します。そして宗教的な神秘性もあればジャズのグルーヴもありサイケの混沌とした先の読めない世界もあり、セッションと言う偶然性の高い演奏を生かして、徐々に現実離れして潜在意識へとダイブし深い心の奥底へと連れていかれます。中には20分にも渡る4つ打ちのハウスもありますが、ふらふらと波に揺られる浮遊感覚が長く続く中で目まぐるしく展開は入れ替わり、雑食性の高い両者の音楽性が見事に融和していると言えるでしょう。そしてCD2には16分と60分の長尺な2曲が収録されており、特に後者の"Horizon"ではMinilogueとしてのトランス感覚溢れる繊細なメロディーやクニユキの躍動感と生命力に溢れたトライバルなリズムが、そして生演奏とエレクトロニクスが見事に一体化し壮大なダンストラックを形成しています。トライバル・アンビエント・ハウスとでも形容すべき心地良さと力強さを伴い、まるでライブと思う程の臨場感さえ感じられました。

試聴

Check "Kuniyuki Takahashi" & "Minilogue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Hit It & Quit It Radio Revue Vol.1 with Recloose & Frank Booker (Fingertips Records:FTIPS74003)
Hit It & Quit It Radio Revue Vol.1 with Recloose & Frank Booker
Amazonで詳しく見る(MP3)

かつてデトロイトを地元に活動していたMatthew ChicoineことReclooseは突如ニュージーランドに移住し、今では現地で知り合ったFrank Bookerと"Hit It & Quit It"と言うレディオ番組を主宰している。本作はその番組をコンセプトにしたMIXCDで、確かにレディオ放送らしくMCを織りまぜ曲を紹介するようにミックスがされていく。さてReclooseと言えばテクノとジャズのみならずヒップホップやソウルなど音の国境を越えた音楽性を持っており、殻をぶち破るように自由なクロスオーヴァーを体現していたのだが、そんな経歴を知っている人であれば本作は期待通りのプレイをしてくれたと感じるだろう。幕開けはスクラッチとMCを多用したヒップホップの流れで賑やかに始まり、そこからコズミックなファンクやリズムが暴れまくりのソウル、腰にぐいぐい来るディスコなど時代錯誤感の強いレトロな味を前面に出し粘り強いグルーヴを醸し出す。ジャンルはばらばらだが決してちぐはぐな印象は無く、全体のトーンとしては人肌の温かみを感じさせ弛緩した空気に統一されているのだ。さて、そこから更にどす黒いデトロイト・ビートダウンや優雅なブロークン・ビーツやフュージョン、甘くて夢に落ちそうなダウンテンポやレゲエなど、彼らが影響を受けた全ての音楽を曝け出す選曲を行い、緩くはあるが引っ掛かりのある鋭いリズムを保って最後まで陽気に踊らせる。ニュージーランドに移住した影響は、音の温かさやリラックスした雰囲気に出ているのだ。MCを入れた事で生放送を聴くような臨場感もあり、未発表曲・新曲を中心とした曲を紹介すると言うレディオ放送のコンセプトも見事に成功したと言えるだろう。

試聴

Check "Recloose" & "Frank Booker"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Phil Parnell - Ambient Jazz Electronic - Romance & Ruse (P-vine Records:PCD-93443)
Phil Parnell - Ambient Jazz Electronic - Romance & Ruse
Amazonで詳しく見る

Phil Parnell、ニューオリンズ出身のジャズピアニスト。そして忘れてはならないのがMatthew Herbertとの出会いが、互いのその後に音楽性に影響を与えた事。Herbertのハウス大傑作"Bodily Functions"(過去レビュー)においてピアノを弾いていたのがParnellであり、またParnellはクラブミュージックとの出会いを機にソロ作品でもハウスとジャズをブレンドした奇天烈な音楽性を開花させた。両者の邂逅はまさにミラクルと言う言葉が相応しい出来事だったのだろう。そしてParnellのソロ名義としては実に9年振りとなるアルバムは、確かな奇天烈さを残しながらも以前よりもアンニュイな、タイトル通りに受け取るのであればアンビエンスを伴うジャズエレクトロニカとなっていた。夢現なロマンスとトリッキーな様々な電子音によるアンビエンス、しかしそれは「流しておける」ものではなく対峙して「聴く」べきジャズピアニストが創り上げた電子音楽だ。元々がアルバムとして想定されていた訳ではないので、クラブミュージックへと接近したハウスから電子のドローン、現代ジャズ、奇妙なエレクトロニカまで収録しているが、それぞれの音にジャズの要素も兼ね備えた温故知新な音楽性もあり、決して聴く者の耳を放置するような気持良いだけのアンビエントミュージックとも異なっている。技巧派ジャズピアニストが可能性の拡がるエレクトロニカに取り組んだら…心地は良いのだが軽くはなく、何とも面白いアンビエントジャズが出来てしまった。

Check "Phil Parnell"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |