CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Waajeed - Mother EP (Planet E:PLE65390)
Waajeed - Mother EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Theo ParrishやAmp Fiddlerとの絡みでハウス・ミュージックの方面でも名前をよく見るようになり、2018年には自身のDirt Tech Reckから9年ぶりとなるアルバム『From The Dirt LP』(過去レビュー)をリリースし、ジャズやファンクも咀嚼したハウスでクロスオーヴァーな音楽性を開花させ豊かなソウルを披露したRobert O'BryantことWaajeed。元々はデトロイトのヒップ・ホップ集団であるSlum Villageのメンバーでもあった事から当然ヒップ・ホップで名があったのだろうが、近年はハウスへと方向性を転換し、特にその流れで大きな知名度を獲得する事になったのがデトロイトの老舗レーベルであるPlanet Eからのリリースとなった本作だろう。大雑把に言ってしまえばどれもハウスなのだが、そこにはテック・ハウスやファンキーなハウス、またはディープ・ハウスと呼ばれる性質が曲毎に存在し、Waajeedの豊かな音楽性を見つける事が出来る。Steffanie Christi'anをフィーチャーした"Mother"は特に素晴らしく、ボンゴらしき乾いたパーカッションによるアフリカンなリズム感、そこに伸びやかなシンセストリングスと優美なピアノのコードを被せ、希望を抱かせるようなソウルフルな歌が一体となり、デトロイトのメロディアスで実に感情性豊かなハウスを聞かせる。"Earth"でもボーカルにBlaktonyを起用しているが、こちらは暗めで覚醒感のあるシンセリフによるループにしっとりした繊細なピアノを合わせ、呟き風な歌も相まってテッキーなディープ・ハウス色が強めだ。"Obba"ではハンドクラップや弾けるリズムが爽快なグルーヴを生み、そこにエレクトリックな響きのベースやリフを用いる事でハイテックな感覚を打ち出した実に高揚感のあるハウスとなっており、シンセストリングスも入ってくればデトロイトらしい壮大な叙情性に包んでいく。"Frances"もまた非常にデトロイトらしいというか、コズミック感溢れるシンセのループを配置しながらしっとりしたピアノコードとギラギラしたメロディーで引っ張っていくソウルフルかつハイテックなハウスで、斬新な音楽ではないがデトロイトという古典を今風の音として咀嚼して古き良き時代の音楽をアップデートしている。デトロイトがかつて程の勢いを失っている状況で、こういった新たなアーティストの台頭は嬉しいばかりで、非常にこれからを期待させる存在感を放っている。



Check Waajeed
| HOUSE14 | 14:30 | comments(0) | - | |
DJ Guy - Unthank 012 (Unthank:UNTHANK012)
DJ Guy - Unthank 012
Amazonで詳しく見る(MP3)

UKはエジンバラのミステリーな存在であるFirecracker、そしてその傘下にあるUnthankはより幅が広く奇妙なエレクトロニック・ミュージックを手掛けるユニークなレーベルだが、そこからリリースされたDJ GuyのEPはそんなレーベルの面白さを象徴するようで興味深い。DJ GuyことGuy Evansについて大した知識は持っていないのだが、近年だとHVLらもカタログに名を連ねるOrganic Analogue Recordsから94〜99年に制作されたインテリジェンス・テクノや初期シカゴ・ハウスにデトロイト・テクノとも共鳴する曲群をコンパイルしたアルバムをリリースしていたり、また自身のBandcampでは90年代にリリースされた膨大なアーカイブを公開していたりと、近年まで全くリリースは無かったものの活動自体は25年以上に及ぶ大ベテランのようだ。本作も新作というわけでなく既にBandcampでは発表されていた膨大な作品群の中から選りすぐりの6曲を纏めたEPのようで、しかし例によってジャンルはばらばらながらもしかし比較的ダンスフロアに直結した曲が集められており、特に90年代のレトロフーチャーな感覚やオールド・スクールな懐かしさが好きな人にとっては、これは堪らない一枚だろう。"Basf Ferro Extra 1994 Side A Trk1"は特にユーフォリアが表現された曲で、優雅なストリングスが先導しながらも奇妙な効果音やロウなエレクトロ・ビートが古き良き時代を思い起こさせ、インテリジェンス・テクノに近いか。より未来志向でスペーシーな感覚がある"Metal Xr 993 Side B Trk2"は正に90年代AIテクノの一環で、ハンドクラップを多用したしなやかなブレイク・ビーツと幻想的なパッドが覆っていく叙情的な作風は、欧州からデトロイトへの回答か。対して"Bx90 1993 Side A Trk4"も粗雑な音質がオールド・スクールな雰囲気だが、こちらは暴力的で歪んだリズムがビッシバッシとビートを荒々しい刻み、叙情性を排除してひたすらツール的なテクノだ。そんな流れをより極めた"New Quad Stuff 1994 Side A Trk1"はPlastikmanの如くTRやTBなどのリズムマシンを執拗に用いた激しく衝動的、つまりはテクノの初期胎動が表現されたようなツールだ。"Asii100 1994 Side A Trk1"はPlastikmanではなくFuse名義のうねるアシッド・ベースも用いて、深い瞑想を誘発するメランコリーアシッドで、酔ったような酩酊感が心地好い。とまあここまで書いていてどの曲もオリジナリティーがあると言うよりは模倣的な感じがしなくもないが、そもそも90年代前半に作られていたという事が事実であれば当然模倣ではなく、先駆者の一人であったのかも?とも思う。今更…ではなく、今聞いても全く色褪せないレトロ・テクノだ。



Check DJ Guy
| TECHNO14 | 15:00 | comments(0) | - | |
HNNY - Music Is Nice (Omena:OM028)
HNNY - Music Is Nice

Rhythm Section InternationalやLocal Talkなど一部のレーベルにおいてジャズをハウスのフォーマットに落とし込んだクロスオーヴァーな音楽性が盛り上がっているように感じられる近年、同様の流れはスウェーデンのOmenaにおいても顕著だ。前述の音楽性のみならずダウンテンポやニューディスコまでと幅は実に広く多様なアーティストがカタログに名を連ねるが、同レーベルの初めての作品はJohan CederbergことHnnyで、このアーティストもレーベルの多様性を示す存在だ。2019年には色々なジャンルが同居した『2014.12.31』(過去レビュー)をリリースしメランコリーな世界観でリスナーを魅了したが、それから間を空けずにリリースされたのが本作で、何でも2013年に制作されていたお蔵入り音源だそうだ。レコードだとA面には7曲収録されており、ゆったりとしながらもサンプリングを用いたビート感とネオソウルな雰囲気のあるしっとりメロウな"Hej"に始まり、フルートやストリングスに生音強いリズムを用いて優美なジャズを聞かせる歌モノの"So Good"、そして気怠い甘さが白昼夢に浸らせるインタールード的な短いダウンテンポの"Lyn"と、序盤から前作以上にメランコリー一色で小洒落たカフェのBGM的な落ち着いた音楽性だ。"Meandyou"はヒップ・ホップ色の強いリズムを用いながらも気怠い歌と繊細なエレピやキーボードで優しく包み込むダウンテンポで、そしてスペーシーな電子音響やストリングスを合わせて浮遊感のあるドリーミーなダウンテンポに仕立てた"ILY"と、どの曲も温かい温度感としっとりした湿度感があり、サンプリング重視な音楽性ながらも非常に人間の血が通ったような風合いだ。そしてB面は1曲だけながらも11分にも及ぶ"You Be Good, See You Tomorrow"が収録されており、こちらはか弱くも優美なピアノが繊細な装飾を行い静かなジャズ・ドラムと相まって、全く変化の無いループ構成ながらもレイドバックした雰囲気がたまらない。全体的に短い曲が多い事もあってか断片的でラフスケッチな印象もあるEPだが、このオーガニックで人肌を感じるメランコリーは昼下がりの午後3時の眠気が強くなる時間帯にもぴったりだ。



Check Hnny
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ3 | 13:30 | comments(0) | - | |
James Holden - A Cambodian Spring OST (Border Community:49BC)
James Holden - A Cambodian Spring OST
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
鬼才James Holden、トランスやプログレッシヴ・ハウスから始まりいつしか幻惑的なサイケデリック・テクノやアンビエント、実験的なエレクトロニカ風やアバンギャルドなロックまで、多様な音楽性を発揮しながらもそれぞれのジャンルにおいても尖った才能を見せ付ける強烈な存在が、2019年初頭には『A Cambodian Spring』という映画のサウンドトラックまでもリリースした。映画はグローバリズムに飲み込まれるカンボジア、ボウンカク湖を開発する政府に反対する民衆の姿を捉えたドキュメンタリーであるが、この映画の監督が2013年作の『The Inheritors』(過去レビュー)に収録されている"Self-Playing Schmaltz"の使用を求めた事から、最終的には映画全編の音楽をHoldenが手掛けるようになったそうだ。本作は『The Inheritors』制作にも用いられた古いアナログシンセのProphet 600を全面的に利用して制作されたそうで、また映画の内容もあってか不安気でどんより陰鬱としたムードのサウンドトラックはHoldenの分裂症気味で退廃したイメージに沿っており、ダンス・ミュージックではないものの実に彼らしいサイケデリックな音楽になっている。徐々に話が始まるように静けさが広がるオープニングの"Srey Pov's Theme"は、ぼんやりと暗いドローンとパルスのようなか弱くも神経質なシンセによるアンビエント調な曲。(製作中に壊れてしまった)ハモンドオルガンとシンセによって重厚感と閉塞感を打ち出した"Monk's Theme Part I"、それに続く"Downturn Medley"も同様にオルガンが下部で静かにうねりながらどんよりとした闇を生んでいる。一方で非常にHoldenらしいトランス感溢れるサイケデリアを発揮しているのが"Solidarity Theme (Villagers)"や"Solidarity Theme (Release)"で、快楽的なシンセサウンドのアルペジオが少しずづ高揚感を獲得する躍動的な曲で、特に後者は神々しく展開して圧倒的な眩い光に飲み込まれるようだ。3部構成となる"Disintegration Drone"シリーズは前述の朽ち果てたハモンドオルガンとProphet 600が神経をすり減らすようなどぎついドローンを鳴らし、展開らしい展開もなく只々機械が呻き声を上げるような構成は狂ったようにも思われるが、こういった破滅的な音響もHoldenが世界観が現れている。一曲一曲は短くまたダンス・ミュージックでもなく、聞く前はファンにすれば物足りなさを感じるかもしれないが、しかし実際に聞けば何処を切り取っても完全にHoldenの恍惚と狂気が交錯するサイケデリックなテクノである。徐々に壊れていくような中にも美しさが存在する強烈なアンビエント風サウンドトラック、十分にHoldenのオリジナルなアルバムになっている。



Check James Holden
| TECHNO14 | 11:00 | comments(0) | - | |
Neil Tolliday - Music For Deathbeds (Emotional Response:ERS039)
Neil Tolliday - Music For Deathbeds
Amazonで詳しく見る(MP3)

2019年5月に180分にも及ぶ全く意味を込めないドローン状態のダークアンビエントなアルバム『Mallumo』(過去レビュー)を発表したNeil Tolliday。それから間髪入れず7月にリリースしたアルバムが本作。まさか90年代にはClassicやStrictly 4 GrooversからクラシカルなハウスをリリースしていたNail名義のその人が、全く方向性が異なるそのような音楽を制作した事は驚きであったが、何でも鬱病になった際にセラピーの一環としてアンビエントを手掛けるようになったそうだ。それは2000年頃に始まり様々な楽器や機器を元に何百ものトラックが制作され、ここ数年に渡りBnadcamp上で変名を用いてリリースされていたもののプレスに発表される事はなく、そして数週間でそれらは削除されるといった事を繰り返していたと、本作のプレスで述べられている。結果的にそれらの断片的な作品の中から一部纏められたのが本作で、当然というかこれも陰鬱で閉塞的なアンビエントが中心となっており、正にタイトル通り「臨終の為の音楽」というのも納得な内容だ。『Mallumo』と比べると元からアルバムとして制作された曲群ではないので作風が豊かというか散漫というかアンビエントでも幅は広くなっており、コンピレーション的な風合いが強いか。波の音に合わせてオーケストラや祈りのような歌を用いて荘厳な賛美歌を思わせる"Yearn"でアルバムは始まり、ぼんやりとしたドローンが続く不鮮明な音響の中に美しいオーケストラや電子音が混在する"Milky Less Milk"、サイケデリックな電子音が浮遊し不明瞭な音像のエレクトロニカ風な"Swipperb"と、序盤からアンビエントが根底にはありつつも作風はばらばらだ。パルスのように強烈に振動する電子音から壮大なアルペジオへと展開しビートレスながらも躍動感ある"Aftershave Pt.7"、対して静けさが広がる中に胎動のような電子音に美しいシンセのコードが被さり静謐さが際立つ"Specific Gravity"、繊細でか細いシンセのメロディーと荘厳なオーケストラ風のパッドによって神聖な雰囲気を醸すヒーリング系の"6:30"など、曲毎にアンビエントの姿も変えて時に刺激的に時に安らぎを誘い、鬱病の最中に癒やしとなるかどうかは別としても只々ぼんやりと音の中に意識を埋めるには最適なのかもしれない。催眠のような永続的なドローンの統一感の心地好さで言えば『Mallumo』が優れているのだが、本作はラフスケッチ的にTollidayの多彩な音楽性を堪能する事が出来て、これもまたアンビエントの豊かを体験する意味で面白い。



Check Neil Tolliday
| ETC5 | 16:00 | comments(0) | - | |