CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Angelo Ioakimoglu - The Nireus Years (1995-1997) (Into The Light Records:ITL007)
Angelo Ioakimoglu - The Nireus Years (1995-1997)
Amazonで詳しく見る(MP3)

時代に埋もれてしまい過去には注目されなかったギリシャ音楽に焦点を当てるというコンセプトで運営されるInto The Light Recordsは、しかしバレアリックやニューエイジが再燃するこの流れに自然と合流し、今になって日の目を見るように過去の音楽を現在のシーンに共存させる審美眼を持っている。本作もアテネのアーティストであるAngelo Ioakimogluが1995〜1997年に、しかも何とそれは彼が14〜16歳の時に録音したとされる内容で、これが単に若かりしアーティストが作ったという目新しさ以上に何故今まで未発表だったのかも不思議な程に素晴らしいバレアリック/アンビエントな音楽なのだ。それも敢えて何か大きな枠に当てはめれば前述のジャンルになる位で、ジャズからドラムン・ベースにR&Bやダウンテンポなど断片的に様々な要素がアルバムの中に同居しており、若さが故に色々とチャンレジしたようにも思われる。清々しい日の出を望むような、それはタイトル通りに宗教的なスピリチュアルさもある"Easter Theme"は荘厳なエレクトロニクスに笛や弦の音色などオーガニックな響きも混在し、アルバムの始まりに相応しく厳かな幕開けだ。続く"Kuwahara Ride"に変わると物哀しいドラマの一場面を見ているようなしんみりメランコリーなサントラ風で、ここでも麗しい弦楽器や生き生きとしたチョッパベースの生音がライブ感を作っている。"U220sax2"は今風のバレアリックなモードに相応しく、ピアノや管楽器の朗らかな響きが牧歌的なムードに繋がっており、最近制作されたと言われても全く違和感の無い現代的な曲だ。そして柔らかくしなやかなビートがジャジーで浮遊感を醸す"Slide Break"から、同様にしなやかなビート感ながらも畳み込むようなドラムン・ベースのしなやかなリズムとメランコリックなシンセのフレーズで90年代のドラムン全盛期を思わせる作風な"Alonissos"、西ロン系のブロークン・ビーツにも近い柔らかく弾けるリズムと豊潤なフュージョン風なシンセの響きのフューチャー・ジャズな"77 Bus Trip"と、後半はリズムがより自由度を増しながら豊かな色彩を帯びている。この幅の広さは一枚のアルバムの為に制作されたのではなく恐らくその時に出来上がった曲を集めたと思われるが、しかし全体の雰囲気として決して纏まりが無いわけでもなくバレアリックやニューエイジの流れで聞くとしたら、それはジャンルではなくスタイルという観点から全く違和感は感じない。清楚で透明感のあるメランコリーが通底しており、部屋を彩るBGMとして非常に機能的だ。



Check Angelo Ioakimoglu
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Nick Anthony Simoncino - Mystic Adventures (Vibraphone Records:VIBR 012)
Nick Anthony Simoncino - Mystic Adventures
Amazonで詳しく見る(MP3)

2015年に復活を果たしたイタリアの伝説的レーベルであるVibraphone Recordsは、92〜93年頃の僅か短い期間だけ活動を行っていた。復活後も当初は以前にリリースされていた作品のリイシューが中心だったものの、再評価に伴い活動も軌道に乗っており、今では積極的にイタリアの現在形のアーティストの後押しを行っている。そしてレーベルとしてはやや古典的なハウスを得意としているが、イタリアにおけるシカゴ・ハウス狂のアーティストと誰を差し置いてもSimoncinoなわけで、このレーベルとの相性の良さは説明するまでもないだろう。基本的にどのレーベルからのリリースであろうとSimoncinoの作風に大きな差はなく良くも悪くも金太郎飴的、本作においてもアナログサウンド全開の簡素な味わいのディープなシカゴ・ハウスが中心だ。TR系の音に近似したドタドタとしたキックと生々しいハイハットが骨のある4つ打ちを刻み、そこに毒々しくヒプノティックなシンセのフレーズを被せた"Mystic Adventures"は、非常にシンプルな構成が故にシカゴの狂気や荒々しさが端的に表現されたハウスだ。中毒的なアシッド・ベースが這いずり回る開始から淡々として無機質なキックやハイハットが加わりビートを作っていく"Righteous Rule"も、基本的に似たような作風でミステリアスなメロディが不気味な空気を発している。"Alba Techno"も無機質な4つ打ちビートという点では全く同じだが、浮遊感のある上モノやSE、そしてダビーな残響の効果によって荒々しさだけでなくディープな雰囲気も伴う。攻撃的で粗暴なトラックである"Galactic Devotion"は膨らみのあるキックや粗いハイハットによってラフさとパワフルな圧を生み、トランシーでもある快楽的な上モノも用いてレイヴ風なケバケバしさもある。動物の鳴き声みたいな効果音がユニークな"RX5 Theory"のみは抜けの良いパーカッションも加わってトライバルな感覚もあるが、それにしてもやはり無機質というか淡々としたリズムマシンの音が何処か空虚だ。シカゴ・ハウスへの愛が故に一本調子な安っぽいアナログ・サウンド全開、良く言えば非常に分かりやすい音楽性でぶれる事はないし、好きな人にとっては浮気させない位の変わる事のない魅力を放つ作品でありアーティストだと思う。



Check Simoncino
| HOUSE13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/11/10 Theo Parrish & Marcellus Pittman 2018 @ Contact
2018年のクラブにおけるパーティーの中でこれ以上無い程に話題性十分な夜が、このTheo ParrishとMarcellus PittmanによるオールナイトB2Bロングセットだ。レーベルとしても圧倒的な存在感を放つSound Signatureを主宰しDJをとしても制作者としても孤高の存在であるParrish、そして自らはUnirhythmを主宰しながらもハウスを軸にファンクやロウハウスにビートダウンを展開するPittman、どちらもデトロイト・ハウスを体現するアーティストだ。そして二人共3 Charisのメンバーとしても活動していたように何か共通する音楽的観念もあるのだろう、近頃は二人一緒になってのツアーを海外でも行っていたようだが、遂にそれは日本へもやってきた。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Hear & Now - Aurora Baleare (Claremont 56:C56LP011)
Hear & Now - Aurora Baleare
Amazonで詳しく見る(MP3)

2018年も注目すべきバレアリック・ミュージックは多くこのジャンルが豊潤の中にある事は間違いないが、そんな一年の中でも特に見逃せない作品がClaremont 56から夏頃にリリースされたHear & Nowの初のアルバムだ。Claremont 56と言えばPaul 'Mudd' Murphyによって運営されているUKのクラシカルなバレアリック・レーベルの代表格であり、バレアリックというスタイルの周りにディスコやクラウト・ロックにダウンテンポといった要素を取り込んで、特に生音の有機的な響きを用いた開放的なサウンドが特徴的だ。そんなレーベル性にこれ以上ない位にぴったりな音楽性を本作は含んでいるが、そのHear & Nowは2000年代から活動するイタリアからNYハウスへと接近したハウスアーティストであるRicky Lと、そして同郷のアーティストであるMarcoradiによる二人組の新しいユニットだ。このユニットの経歴としては同レーベルに一枚のEPを残しているだけで決して長くはないが、その音楽性はその活動歴よりも遥かに円熟している。アルバムは湿った霧が満ちる中でゆっくりと眠りの中から目覚めていくような"Aurora Baleare"で始まり、哀愁のギターの旋律と透き通ったシンセが溶け合い微睡んでドリーミーな雰囲気から徐々に動き出す。神秘的なシンセや凛としたエレピで青々しい空の下で闊歩するような長閑なニューディスコの"Stella Dei Venti"は、しかし中盤から印象的なベースも加わってよりオーガニックな響きによって血の通ったサウンドを増す。メランコリーな泣きのギターとからっとしたパーカッションが乾きながらも心地好いディスコダブな"Salsedine"、浮遊感と透明感のあるパッドを用いてバレアリックな壮大さを演出しながらもしっとりしたディスコのリズムがある"Trasimeno"、ここら辺もギターやドラムの生な音を前面に打ち出されており、身も心も包み込んでくれる優しさに溢れた温かさを感じる事だろう。風の音や鳥の鳴き声から始まる"La Marsa"はいかにも古典的なバレアリックとも言えるが、繊細なギターのメロディーから徐々にギターカッティングやシンセーベースも加わり、そして安っぽいマシンビートも入ってくれば途端にイタロの快楽的なディスコになる流れで、底抜けな多幸感へと突入する。そして最後の"Airone"はアルバムを締め括るに相応しい憂いの感情が溢れ出すセンチメンタルかつバレアリックなアンビエント系で、抜けの良いパーカッションがキックレスながらも大らかなビートを感じさせ、そこに哀愁溢れるシンセと泣くように咆哮するギターがこれ以上ない程にドラマチックに展開して、感動的な映画の一場面を見せるが如くのサウンドスケープを広がらせる。アルバム通して基本的には踊らせるのではなく心に響かせるリスニング主体となっており、特に感情を全く隠さずに豊かな心の内を見せる豊かな響きは何処までも清々しく、そして太陽の光を全身で浴びるが如くの楽天的な世界観だ。夏にリリースされた作品ではあるが、夜が長くなってくるこれからの季節にもぴったりな一枚。



Check Hear & Now
| HOUSE13 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Christopher Rau - F.M.E. Hustle (Money $ex Records:M$LP007)
Christopher Rau - F.M.E. Hustle
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

ハウス・ミュージックを軸にしながらも作品毎にブロークン・ビーツやヒップ・ホップ、アンビエントやビートダウンなど大きな振れ幅を持つベルリンのMoney $ex Records、ダンス・ミュージックであればジャンルは問わないというようなスタンスがあればこそユニークなアーティストも多く集まっている面白いレーベルの一つだ。しかしそのレーベルからのニューアルバムはGieglingやSmallville等から繊細さな響きと幽玄な世界のディープ・ハウスをリリースしてきたChristopher Rauによるもので、Money $exとの相性は?と思うところもあったが、Rauも過去には剥き出し感あるロウなハウスや変則ブレイク・ビーツも手掛けてはいたりもするので、意外と合うのかもしれない。蓋を開けてみればアルバムは予想よりも幅広い音楽性でその意味ではMoney $exのカラーに寄り添ったとも言えるし、そしてRauらしいうっすらと伸びるような淡い情感もあってRauらしさを保ってもいる。アルバムは濃霧が満ちたような幻想的なアンビエントである"F.M.E. Hustle"で始まり、変則的に詰まったリズム感ながらもRauらしい叙情的なパッドを用いてすっと浮遊感を得たディープ・ハウスの"Utoplateau"や、同様にブロークン・ビーツで揺れつつも淡く純朴なシンセのメロディーで柔らかく包み込むディープな"Jetlag Alter"と、序盤はおおよそRauに期待している音楽性そのものだ。変則ビートはその後も続き、ぐるぐると目が回るような重心低くローリングするリズムの一方で耽美に空高く舞うエレガントな上モノを配した"Draulic Drone"からヒップ・ホップ調のロービートでしっとりと湿度を帯びて内向的な情感のある"B.S. Fondue"、そして更にビートが弛緩してダウンテンポへと行き着いてアルバムの中でほっと一息つくメランコリーな"Glacial Pacer"と、身体的なビート感を軸に上げ下げを盛り込んで上手くアルバムの流れを作っている。そこから再度4つ打ちでテクノ的な強靭なビートとヒプノティックな残響で空間を演出するアッパーな"Uebelst Bekorbt (House Mix)"、隙間を残しながら端正な4つ打ちですっきりと軽快なテック・ハウスの"Drama - Chamber"と、ダンスからリスニングまで程よく盛り込まれている。アルバムはリズムは激しかったり、逆に落ち着いていたりと幅はありながらも、旋律に込められた甘美な陶酔感はうっとりとドリーミーでこれは正にRauらしい統一感がある。Money $exという癖のあるレーベル性に沿いながらも、やはりRauの静謐な世界観は光っている。



Check Christopher Rau
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |