CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー (JUGEMレビュー »)
ロン・トレント,RON TRENT
Ron TrentによるPrescriptionからリリースされてベスト盤が2枚組でリリース。シカゴ・ディープ・ハウスの壮大な深さを体験。3/15リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

故ヨコタススムの初期名義、RingoのPlantationがリイシュー。ポップでテクノでハウシーな作品。3/27リリース!
RECOMMEND
HARMONIES (ハーモニーズ)
HARMONIES (ハーモニーズ) (JUGEMレビュー »)
LORD ECHO,ロード・エコー
ラヴァーズ・レゲエユニットのロードエコーによる3枚目のアルバムが到着。ファンキーでメロウなアルバムは4/7リリース!
RECOMMEND
ハーヴィー・サザーランド
ハーヴィー・サザーランド (JUGEMレビュー »)
ハーヴィー・サザーランド,HARVEY SUTHERLAND
メルボルンの新星・ハービーサザーランドが日本向けにEPをコンパイル。MCDE等からもリリースする作品はライブ感溢れるブギーなディープ・ハウス。3/15リリース!
RECOMMEND
Providence
Providence (JUGEMレビュー »)
Nathan Fake
Border CommunityからNinja Tuneへ移籍したNathan Fakeのニューアルバム。より変態的なサウンドに変化するのか?3/10リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
RECOMMEND
Local Talk 5 1/2 Years Later
Local Talk 5 1/2 Years Later (JUGEMレビュー »)
V.A. - Local Talk
Local TalkがBlazeのあのアルバムジャケットをオマージュにした作品をリリース。EP2枚でリリースされた作品を日本のみでCD化。DJ SpinnaやS3Aらが参加。3/1リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Tread - Tread 3 (norm:nocd-003)
Tread-Tread 3
Amazonで詳しく見る

引き続きTreadことWatanabe Hiroshiさんの作品を紹介。これはリスニングミュージック。かといってTiny Balanceのようにリズムが無い訳ではない。淡々とそして緩やかにリズム、メロディーが流れていく。音はシンプルに、そして削ぎ落とされ雪国の様な静けさの感じ。でも時々ロマンチックに、又は切なく、温かみのある音楽。テクノともハウスとも受け取れる。しかしWatanabeさんの音っていつもこうなんで美しいんだろう。ほんとうっとりしちゃいます。いかにもシンセ音って感じなのに音の被さり方とかが神秘的ですよ。このシリーズは最近出た4で完結らしいですが、1から3と違って4は生っぽくなってるみたいです。

試聴

Check "Hiroshi Watanabe"
| TECHNO1 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Imajuku - Imajuku Cafe (Burger Inn Records:BIR1024)
Imajuku-Imajuku Cafe
Amazonで詳しく見る

引き続きHiroshi Watanabeさんの作品を紹介。これはモデル等をしている今宿麻美を中心としたImakujuと言うユニットのアルバムです。何故かこのアルバムの全曲作曲、MIXをWatanabeさんが担当。今宿麻美は一言も歌っちゃいないし、果たしてこのユニット名で出す必要があるのか?Watanabeさんもユニットのメンバーではないし。まあ内容は良いので問題はないんですけど。普段よりはPOPな感じでキラキラしていて爽やかですね。ちょっとメジャーを意識しているのかもしれません。ほぼアッパーな4つ打ちテクノで疾走感があり、暑いこの時期をクールダウンさせてくれます。クラブで流れるにはちょっと明るすぎる気もするような感じもしますが、やっぱりプロダクションは上手い、流石の一言です。

Check "Hiroshi Watanabe"
| TECHNO1 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Kaito - Special Life (Kompakt:KOMPAKT CD 19)
Kaito-Special Life
Amazonで詳しく見る

引き続きKaitoことHiroshi Watanabeさんの作品をご紹介。このアルバムはドイツの大御所レーベル、Kompaktからのリリース。テックハウスやアンビエント、幽玄テクノ系を得意としているレーベルですが、Kaitoがまた新しい息吹をこのレーベルにもたらしました。アルバム前からのEPから盛り上がりを見せていましたが、アルバムも充実した内容となっています。彼曰く、ワイルドピッチスタイルと言う最初はじらしてじらして後半に音がどんどん被って盛り上がる様な曲が多いですね。このアルバムは基本的にダンスミュージックなので、曲の後半の盛り上がりはほんと凄いです。美しいメロディーを透き通る様なシンセ音で、手弾き?な感じで演奏して壮大で幻想的な空間を作り出しています。ヨーロッパを喚起させる日本人場離れした音には、ほんと脱帽ですね。最近テクノに傾向中のFrancois Kも良く回しているそうですよ。

試聴

Check "Hiroshi Watanabe"
| TECHNO1 | 20:50 | comments(3) | trackbacks(3) | |
Hiroshi Watanabe - Tiny Balance (Colorve:CLVC-001)
Hiroshi Watanabe-Tiny Balance
Amazonで詳しく見る

Kaito、Tread、Quadra等の複数の名義で良作を発表し続けているHiroshi Watanabe。幻想的なシンセ音で僕を虜にしている信頼出来るアーティストの一人です。普段はワイルドピッチスタイルで徐々にアッパーに盛り上げてゆくダンスミュージックが多いですが、今回は完全にリスニングミュージックです。彼は音楽活動と平行して写真活動も行っているのですが、Tiny Balanceと言うDVD作品から音楽だけを抜き出してサウンドトラックとしてこのCDを出しました。DVDは見ていないので良く分からないけど、音はいつも通り儚げで美しい。いつもよりは幽玄なシンセは控えめですが、その分落ち着きがあります。Treadが好きな方ならこのCDもきっと買っているはずですね。4曲いりですが30分強あるので、充分聴き応えはあります。寝る時のBGMにどうぞ。

Check "Hiroshi Watanabe"
| TECHNO1 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Aurora - Flare (Seeds And Ground:SAGCD005)
Aurora-Flare
Amazonで詳しく見る

Chari Chariこと井上薫と、Port Of Notesの小島大介によるユニット、Auroraのアルバムが遂に発売。井上のアジアンテイストな音と小島の哀愁を感じさせるギターが合体すると、そこには真夏の青空の下爽やかな風が吹き、うとうとと眠りにつくような心地よさが生まれる。どこまでも突き抜ける開放感のある風景。都会の喧噪に疲れた僕らを癒してくれる音楽だ。ここにはクラブミュージックとしての音はない。かといってチルアウトでもない。これは真夏のサウダージ(郷愁)なのだ。Chari Chari程アジアンでもないし、踊れる訳でもないけどきっと疲れた時には手を出してしまいそうな、そんな音楽。地味だけど好きです。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 22:35 | comments(1) | trackbacks(0) | |