CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
?
? (JUGEMレビュー »)
MASANORI NOZAWA
MASANORI NOZAWAの初のアルバムは美しく情熱的なテクノ/ハウス、バレアリックなムードも。リミキサーにはXtalやInner ScienceにHiroshi Watanabeなど。2枚組で充実した力作です。12/27リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Moodymann - Black Mahogani (Peacefrog:PFG050CD)
Moodymann-Black Mahogani
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Moodymannが変わった?今までの怪しげなサンプリング路線が少なくなって、温かみのある生音メインでの曲が殆どになっている。黒い雰囲気自体は変わってないんだろうけど、その内容がなんだか違う気がする。今までは怒りとか憎しみとかを含んだような音だったけど、今作は心暖まるソウルフルな一枚となっている。ハウスと言うよりジャジーな感じが強くて、喫茶店でかかってても違和感が無い官能的な音楽だ。しかし中盤以降は深く、そして混沌さも増してきて、これぞMoodymannと思える展開も待っています。僕個人的には今までのファンキーなサンプリング路線が好きだけど、これはこれでムーディーで良いと思います。しかし不機嫌な男と言う名前には似つかわしくない音楽ですね(笑)

-追記-
REMIX編集部の春日正信に依ると、「奪われ、打ちひしがれた者たちのための賛美歌」と言う事。Moodymannの抵抗は終わっていないのかもしれません。

試聴

Check "Moodymann"
| HOUSE1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Fusionism
Fusionism
Amazonで詳しく見る

クラブジャズ/フューチャージャズをメインに紹介しているREMIX編集部が制作したレビュー本。余り僕はクラブジャズとかには詳しくないので、こうゆう本があるととても有り難いです。4 HERO、Jazzanova、Kyoto Jazz Massive、Calm、Nicola Conte、Ian O'Brienと言ったクラブジャズ系が多く紹介されているけど、それだけではない。クラブミュージックはクロスオーバー化し、ハウスもテクノもソウルもファンクもラテンもブラジリアンも色々混ざる様になってきている。その為にクラブジャズを狭い範囲だけで語る事も出来ないので、USディープハウスや西ロン系、ヒップホップ等広範囲に渡ってCDの紹介がされている。Carl CraigやTheo Parrish、Moodymannが紹介されるのは嬉しい事だし、Joe ClaussellやRon Trentの紹介もある。その他有名無名関わらず膨大な数のレビューがある。読むだけでも楽しいし、読む内にあれこれCDが欲しくなってしまう。勉強本として重宝してます。
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 17:21 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Theo Parrish - Sound Signature Sounds (Nippon Crown:CRCL-2003)
Theo Parrish-Sound Signature Sounds
Amazonで詳しく見る

デトロイトハウスにおいてMoodymannと並ぶ2大巨頭の1人、Theo Parrish。今やイエローの最大動員数記録を作る程の人気者。しかしなんでこの人ってそんな人気あるんだろう?僕はMoodymannもTheo Parrishも最初は全然理解出来なかったんだよな。Moodymannがどす黒いファンクネスの固まりだとすると、Theo Parrishはジャズやソウル、R&B、ハウスをぐちゃぐちゃに混ぜた感じ(勿論Theoだってどす黒いさ)。古びたカセットテープを回しているかの様に、ざらついた音がねちっこく這いずり回る。なによりMoodymannもTheoもサンプリングの仕方がかっこいいです。くぐもった感じが本当に痺れる。時に静寂に、時に猛々しく、そして儚い美しさが同居したブラックミュージック。ビートダウンと言われる音楽がちょっと前に流行って、その最前線にいると思われるTheoだけど、この初期EPのコンピを聴く限りでは別にそこまでスロウではないかなって思う。しかしそれでも普通のHOUSEに比べればやはりビートは遅い。こんな音楽が今や大人気なんて、ある意味凄いと思う。

Check "Theo Parrish"
| HOUSE1 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Moodymann - Silentintroduction (Planet E:PE65234CD)
Moodymann-Silentintroduction
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
不機嫌な男-Moodymann。デトロイトハウスを世に知らしめた人の一人。僕は最初は余り理解出来なかった。その頃はHOUSEなんてつまんねーじゃんと思っていた。かの野田努(日本におけるデトロイトテクノを広めた人物)が大絶賛していても、僕の耳には届かなかった。しかしいつの日にかMoodymannは、僕を虜にした。こんなにもどす黒くて、ファンキーで、ダーティーな音楽って良いじゃん!黒いサイケデリックの渦にずぶずぶと引き込まれていく。なんだか古いディスコを濃縮しまくって、現代風に4つ打ちにした感じ。古くさくダーティーなのに彼の音楽から溢れんばかりのこの熱く美しいソウルはなんなのだろう。僕は黒人でないので黒人の怒りとか悲しみとかは分からないけれど、きっとこの音楽は黒人からしか生まれ得ない音楽なんだろう。世界で最もどす黒いHOUSE、それがMoodymann。デトロイトはTECHNOだけでは無い事を気付かせてくれる。NY HOUSEともChicago HOUSEとも違うアメリカのHOUSE。初期のEPをPlanet Eがアルバムとしてまとめた物なので、初期ベストに近いと思う。

試聴

Check "Moodymann"
| HOUSE1 | 22:21 | comments(2) | trackbacks(1) | |
The Advent - Sketched For Life (Tresor:Tresor195CD)
The Advent-Sketched For Life
Amazonで詳しく見る

Cisco FerreiraとColin McBean(現在は脱退)からなるイギリスの硬派テクノユニット、The Advent。もうベテランとも言える域に達しているが、それ程昔から内容的には変わりが無い様に思える。元々Cisco Ferreiraはエンジニアとして活動していた為、The Adventを開始した当初からハイクオリティな作品を出し続ける事が出来たのだろう。このアルバムもざっくりと分厚い音でハードな構成になっていて、昔からの男気溢れるハードでミニマルな曲調と言うのは変わっていない。The Adventも安易に流行のトライバルに流される事なく、機械的なテクノを貫いていると言う事は素晴らしい。確かにトライバル系ってノリも良いし僕も好きだけど、元々のミニマルはやっぱりこうゆう音楽なんじゃないかと思う。ミニマル系のアルバムでは、飽きずに聴く事が出来る名盤の中の1枚だと思います。2枚目はTresorからのEPをまとめた物で、お買い得ですね。エンジニア出身の音を是非堪能あれ。

試聴

Check "The Advent"
| TECHNO1 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |