CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Luciano - Sci.Fi.Hi.Fi Volume 2 (Soma Quality Recordings:SOMACD46)
Luciano-Sci.Fi.Hi.Fi Volume 2
Amazonで詳しく見る

クリック〜ミニマルハウスシーンではRicardo Villalobosと双璧を成すと言っても過言ではない存在、そしてVillalobosと同じくチリ人のLucien NicoletことLucianoのMIXCD。それもなんとリリースはグラスゴーの名門テクノレーベル・Somaからとはちょっと驚きです。まあSomaからリリースしたからと言ってテクノっぽくなる訳でもなくて、普段通りのゆる〜くてまったりしてしまう渋いプレイを披露するLucianoなのですが。しかしチリからこう言ったクラブミュージックに根ざした音が出てくるのも意外なんですが、Villalobosと言いLucianoと言いなんでチリ出身のこの二人は無味乾燥と言うか派手さがないんでしょうね。良く言えばスルメの様な酒のつまみだと思いますが、MIXCDの前半は味気無くてこのままだったら寂しいなって思いました。ところがどっこい、中盤以降はドライな音ながらもグルーヴィーにリズムも振れだし、音に厚みも出て来てポヨンポヨンした豊満さが心地良いです。これがチリのドライなファンキー加減とでも言うのかな、派手さはないけれどラテンの血が秘かに隠れている様な冷たさと熱さ。真夏に聴いても部屋の空気をクールに一変させる心地良さと、体の奥底から溢れ出る情熱が共存しています。

試聴

Check "Luciano"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
ウホッいい男!DVD Submerge: Live In Japan
HMVのレビューへリンク

神様ありがとう。いや、神様じゃなくてMad Mike様。随分とメジャーになったなぁと思いつつ、みんな買うだろうライブDVDでしょう。

Los Hermanos
1 Welcome To Los Hermanos
2 Very Existence
3 Deeper Presence
4 Aguila
5 Birth 3000
6 Guidance
7 Quetzal
8 Resurrection
9 Jaguar

Electrofunk feat. Mr. De'
10 Ass Jiglin'
11 Ass & Tities
12 Detroit Zoo
13 Give It Up
14 Sex On The Beach
15 Shake It Baby
16 Vine
17 Da Blues
18 Do It To It
19 Song 4 Sydney
20 Space Traveler
21 Full Circle
22 Throw

Galaxy 2 Galaxy
23 Return Of The Dragons
24 Final Frontier
25 Moo Horse
26 Time Line
27 Inspiration
28 First Galactic Baptist Church
29 Soul Saver
30 Jupiter Jazz
31 Afro's, Arps And Minimoogs
32 Momma's Basement
33 Birdland
34 Hi-tech Jazz
35 Amazon

日本盤ボーナス映像:Galaxy 2 Galaxy@Metamorphose 2005.8.2
36 Inspiration
37 Hi-tech Jazz
| TECHNO3 | 20:00 | comments(6) | trackbacks(0) | |
System 7 - Live Transmissions (A-Wave:AAWCDP010)
System 7-Live Transmissions
Amazonで詳しく見る

元プログレッシブバンド・GongのメンバーであったSteve Hillageがギターの代わりにシンセサイザーを手にすると…ハイパーサイケデリックユニット・System 7に大変身(今でもギターは演奏しているけどね)。時代に合わせてプログレッシブハウス〜アンビエントハウス〜テクノ〜サイケデリックトランスと貪欲に音楽を消化してゆく素晴らしきアーティスト。そんなSystem 7が2002年の8月17日に伝説の新宿リキッドルームでライブ公演を行い、それをそのまま収録したCDが出ました。今までは彼らのウェブサイト直販のみでしたが、今では普通の音楽ショップで購入出来る様になったんですよね。ちなみに僕もその時のライブを見に行ったのですが、System 7以外の面子は本当につまらないトランスばかりで正直しんどかった記憶が残っています。で当のSystem 7はと言うと、スペーシーで覚醒的なシンセサウンドとエコーのかかるサイケデリックなギターの相乗効果でかなり危なげな音を発し、ロック風のダイナミックな演奏で会場をもりもり盛り上げていました。齢50を越えた人達が奏でる音とは思えないすっごい迫力!何度も繰り返されるシンセリフで徐々に高揚感を増していき、広大でドラッギーな亜空間を見事に作り上げてしまうんですよね。一時期テクノにシフトしていた頃のSystem 7が個人的には好きなんだけど、この頃傾倒していたサイケデリックトランスも生半可なクオリティーではなく、つまらないパラパラトランスを聴いている人達にはこれを聴かせたいですね。「Alpha Wave」と言う曲では、わざわざアシッドテクノに作り替えられたPlastikman(Richie Hawtin) Remixを演奏しているのが興味深いです。全曲ノンストップミックス構成の疾走感溢れる展開で、文句の付けようもございません。

試聴

Check "System 7"
| TECHNO3 | 19:00 | comments(6) | trackbacks(1) | |
2006/04/28 Standard 4 @ WOMB
昨夜は世界のテクノゴッド・Ken Ishiiとテクノシーンの超新星・Joris Voornの豪華なイベントで、ちょー楽しみにしていたStandardに行ってきました。やっぱりJoris位の人気者が来ると結構混んでいて、でもまあそれ程不快感もなくイベントを満喫。ただ気になるのが、オイオイコールをするやつらは何なんだ?最近こうゆう人達本当に多いけど、イベントの趣旨に合わないし萎えるな。もう現在のクラブに昔の様な雰囲気を求めるのは、ただの時代錯誤なのでしょうか?
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 20:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
DJ Deep - Deep Session 01 (Distance:Di2382)
DJ Deep-Deep Session 01
Amazonで詳しく見る

最近テクノばかりレビューしてるからたまにはハウスもなんて思いつつ、なかなか紹介したいと思う新盤がございません。しょうがないので個人的に大好きな曲ばかりミックスされたMIXCDでも紹介します。フランスのハウスシーンと言えばフィルター系ハウスが注目を浴びていましたが、セレブなフランスにもディープハウスシーンは存在する訳で、その黎明期を支えてきたのがこのDJ Deepなんだとか。以前にもこの人がミックスした「Respect Is Burning Presents」(過去レビュー)や「City to City」(過去レビュー)を紹介したのですが、ディープハウス〜シカゴハウス〜デトロイトテクノまでをプレイするそのスタイルは自分のツボにはまっています。この「Deep Session」には見慣れぬアーティストの曲が並んでいますが、実はKerri ChandlerやRon Trentの変名、またはNeedsやArnold Jarvis、Masters At Work、Osunladeなどの大物の曲が収録され、かなり王道ど真ん中のディープハウスセットが繰り広げられています。最後から最後まで郷愁を誘うメロウな展開が分かり易くも、当たりの優しいスムースな流れがリラックス出来て本当に心地良いです。US本家よりもどっぷり重い展開でもなく、フランスのお洒落な感覚が注入されてコテコテ過ぎない重さも絶妙ですね。選曲が余りにも王道すぎるので身も蓋もないじゃないかと玄人に突っ込まれそうですが、それはそれ、これはこれ。良い曲揃いだしお洒落度もアップするし、普段ハウスを聴かない人にも絶対お勧め!

試聴

Check "DJ Deep"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |