CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Transit Kings - Token EP (Malicious Damage Records:MD602)
Transit Kings-Token EP
Amazonで詳しく見る

誰もが期待せずにはいられない面子がここに集まる。KLFのJimmy CautyとThe OrbのAlex Paterson…と後二人。世界中を見ても彼らほどユーモアに溢れ、お笑いと狂気に満ちた音楽を作る者はそうはいない(と言いたいだけw)。90年代初頭にも一緒に音楽を作ったりしていたが、ここ何年かでまた手を結び新ユニットの結成をした結果がこのEPだ。EPと言う事もあり5曲で25分程度、まだまだ物足りない感じもするがアルバムが出るまでは我慢。じゃあ内容はと言うと…時代錯誤にも程があるぞ!極度にレイドバックしたださめのシンセ音が嫌と言う程使われ、ボイスや車の音などのSEもばしばしと導入されている。テクノって言うよりダンスポップって方が分かりやすいか?しかしなんだかAlexの気持ちも分からないでも無い。UNITに「Le Petit Orb」として来日した時に、しょっちゅうフロアに現れては客と戯れて踊っていた。最近のAlexは妙に高揚していて楽観的なのではないか。そんな彼と旧友のJimmyが再会したんじゃ、そりゃ出てくる音だって意味も無く笑いに満ちているだろうさ。この路線で更にポジティブにナンセンスを追求したら、きっと面白いアルバムが出来るんじゃないかと。古臭いと言って聴かなければそれで終わりだが、彼らの原点がここにある。

試聴

Check "Alex Paterson" & "Jimmy Cauty"
| TECHNO2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Lawrence - The Night Will Last Forever (NovaMute:NoMu155CD)
Lawrence-The Night Will Last Forever
Amazonで詳しく見る

Kompaktなどからも作品を送り出しているLawrenceのアルバムが、名門テクノレーベルNovaMuteから出ています。Lawrenceが何者かは全く知りませんが、オンラインショップで試聴して良かったのでゲット。音的には流行のミニマルハウスって所でしょうか。そんなに特別な音を出している事もないですが、ポムポムと柔らかく鳴るドラムトラックの上に哀愁?いやもっと悲しげなメロディーラインが乗り、なんだか孤独な感じ。「The Night Will Last Forever」-「夜は永遠に続く」とはよくぞ言った感じで、真夜中の夢の中で彷徨い続ける様な迷宮組曲。寝ている時に真っ暗闇の中、顔の横でオルゴールが勝手に鳴っている様な不気味な感じもあり、しかしそんな中にも美しい一面があるのも意外。決して夢から覚める事の無く、敢えて感情を感じさせない様などこか冷え切ったグルーヴで終始一貫している。少ない音数であれども、隙間を生かした空間作りはPlastikmanと共通する所もあり。もっともPlastikmanほど陰鬱な感じもないですが、こちらも十分ダウナーな雰囲気でずぶずぶとはまりそう。

試聴

Check "Lawrence"
| HOUSE1 | 21:30 | comments(5) | trackbacks(2) | |
Marvin Dash - Model Turned Programmer (STIR15 Recordins:STIR15-CD6)
Marvin Dash-Model Turned Programmer
Amazonで詳しく見る

音が気に入ったので購入したのですが、アーティストに関しては全く詳細不明。ドイツのディープハウスクリエーターだと言う事です。しかし僕個人が感じたものは、ドイツと言うよりデトロイトハウス系の漆黒のグルーヴ。重心低めの締まりのあるリズムトラックに、迷走気味の浮ついたシンセライン。BPM120〜130のゆったりとした流れの中、重いドラムが変わらぬ4つ打ちで鳴り続ける。ファンキーさを感じるかと言うとそうでもないんだけど、MoodymannやTheo Parrishにも似たざらついた訝しさがある。音の一つ一つが心地良く奥深くまで鳴り響く辺りは、Basic Channelとも近いかもしれない。無名なだけか僕が全く知らないだけだったのか、それでもドイツからこういったデトロイトハウスにも似た音楽が出てくるのは興味深い。派手な所は皆無だけれども、真夜中のドライヴィングに最適そうです。

試聴

Check "Marvin Dash"
| HOUSE1 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Takkyu Ishino - In The Box〜LIVE at WOMB Tokyo〜 (Ki/oon Sony:KSCL618)
Takkyu Ishino-In The Box〜LIVE at WOMB Tokyo〜
Amazonで詳しく見る

日本でKen Ishiiと並ぶテクノスター、石野卓球。まあオリジナルアルバムも聴いたり聴かなかったり、電気グルーヴも頭の片隅に、彼のDJMIXも時々聴いたりする。と言ってもMIXCDでのみでまだ生で聴いた事はありません。このMIXCDもヤフオクで安かったので手を出してみただけですけど…結構良いですよ。2003年WOMBでのプレイを収録したこのMIXCDは、ライブプレイと言う事もあり荒々しく躍動感に溢れています。その上予想以上にデンデケ+ズンドコで、いやズンドコの方が割合が多いかもしれない。僕の中で卓球はジャーマンディスコ系のイメージで固まっていたんですけど、かなりハードなプレイもするんだねと。リズムトラック中心でぐいぐいと引っ張っていき、「Robert Hood-The Greatest Dancer」でデンデケ弾ける瞬間はホットですぞ。終盤はハードトライバル系で、最後まで暴走気味に突っ走ってるね。今まで卓球には大して注目してなかったけど、少しは良いかなと思えました。久しぶりですよ、こんな痛快なMIXCDは。こんなんで盛り上がらない訳がない。卓球がニヤニヤしながらプレイしてたのが、容易に想像出来ました。汗だくでプレイしてたんだろうね。

Check "Takkyu Ishino"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ash Ra Tempel - Deep Distance
Ash Ra Temple-Deep Distance
なんか考えが及ばなかった組み合わせによる一枚が出ています。ジャーマンプログレ〜ニューエイジ〜ミニマリズムを横断するManuel Gottsching率いるAsh Ra Tempelの曲を、スピリチュアルハウスを提唱するJoe Claussellがリミックス!原曲は6分にも及ばないのにそれをJoeが一球入魂の23分越えのリメイク。かなり長い曲にもかかわらず全く長さを感じさせず、むしろもっともっと遠くにダイブしたい気持ちにさせる様なロングジャーニー。どこか愛くるしさを感じるメロディーラインと奥行きのある空間、薄く薄く延びては繰り返すエコー、そして終わる事の無い4つ打ちのリズム。これを聴いた人はその時点でインナートラヴェラーと化す。派手さはないものの、確実に効く一枚。

試聴

Check "Manuel Gottsching"
| HOUSE1 | 21:33 | comments(6) | trackbacks(1) | |