CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
ジ・ワン
ジ・ワン (JUGEMレビュー »)
ウィル・セッションズ & アンプ・フィドラー Feat. デイムス・ブラウン,DAMES BROWN WILL SESSIONS & AMP FIDDLER Feat
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Moomin - Yesterday's Tomorrows (Wolf Music Recordings:WOLFLP004)
Moomin - Yesterdays Tomorrows
Amazonで詳しく見る(MP3)

AimやWhiteといった繊細な美しさを放つディープ・ハウスのレーベルから、そしてハンブルクの特に叙情的なムードが強いディープ・ハウスを武器とするSmallville Recordsからのアルバムのリリースなどからも分かる通り、ダンス・ミュージックではありながらリスニングとしての性質に長けた音楽性を得意とするSebastian GenzことMoominの3枚目のアルバムがリリースされている。Smallvilleの美学を体現するような存在であった彼が、しかし意外にもWolf Musicからとなったその背景を知る由もないが、本作ではそんなレーベルの変化は音にも現れており今までの耽美な音を守りながらもヒップ・ホップやドラムン・ベースにまで手を広げて音楽の拡張を行っている。幕開けの"Daysdays"こそぼんやりとしたパッドのループと潜めた甘美なエレピ、そしてすっきりした4つ打ちで淡々としながらもムーディーの染めるディープ・ハウスで、途中から入ってくるボイス・サンプルの繰り返しでうっとりと微睡んでいく。続く"In Our Lifetime"も前作を踏襲するように膨らみのある大らかなハウス・グルーヴに合わせて耽美な鍵盤を合わせて、激しく訴えるかけるのではなくじんわりと染み込んでいく淡い情緒の世界観に心も温まる。しかし"Shibuya Feelings"では荒々しいハイハットと弾けるキックのブレイク・ビーツが現れ、Moominらしい優美な上モノとは対照的ながらも、揺れるリズム感を強調してやや意外性を含んでいる。ディスコ・サンプルであろうループを用いた"Maybe Tomorrow"はざっくりしたリズム感も相まってファンキーな鳴りもしているが、そこから続く4曲はドラムン・ベースとダウンテンポへと向かった正に彼にとっての新基軸だ。"Move On"は激しくもしなやかなリズムを刻むドラムン・ベースで、甘く誘うような女性ボーカルと幽玄な上モノのループを繰り返し、Moominらしい繊細な美麗音響を放ちながらもリズムは躍動するアートコア系。そこから一転してぐっとテンションを抑えたヒップ・ホップ調の"949494"も重心はずっしり低めながらも、ファンキーな管楽器のソロも加わってきたりと生っぽくざっくりした質感が新鮮だ。アルバムの前半と後半で表面的には作風はガラッと変わっているのが印象的で、しかしどんなリズムを用いようともMoominらしい幽玄な世界観は通底している。秋の夕暮が似合うようなしんみりしたアルバムだ。



Check Moomin
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Lovebirds - Dove Sei (Sirsounds Records:SS007)
Lovebirds - Dove Sei
Amazonで詳しく見る(MP3)

ニューディスコ〜ディープ・ハウス方面で人気を博すドイツのSebastian DoeringことLovebirds、ここ数年は一年に一枚程度とマイペースに新作をリリースしているが、その分だけ毎回のリリースの質は高くその意味では安心して聞けるアーティストではある。本作も実に一年ぶりとなるEPではあるが、彼らしい光沢感溢れるシンセのメロディーが展開されるディスコ/ブギー/イタロな作風で、懐かしい80年代フレーバーと共に現在のシーンに適合したずっしりしたグルーヴ感で正に現在形のニューディスコだ。先ずは自身によるオリジナルの"Dove Sei (Original Deep Mix)"、古典的なアナログシンセの光沢感あるメロディーが芳醇な響きを奏でており、そこにもっさりした生っぽくざらついた4つ打ちに快楽的なシンセベースでズンズンとリズムを刻むミッドテンポなディスコ・スタイルは、その快楽的で多幸感溢れるサウンドからイタロ・ハウスの系列に入っていてもおかしくはないだろう。呟き気味のボーカルが何処か呪術的でもあるが、やはり効果的に入ってくるシンセ・バーカッションやベースの鳴りによって煌めきのある音になっており、ゆっくりとリズムを刻みながらも外交的なエネルギーに溢れている。そしてリミックスは2曲収録されているが、その一つはイタロとデトロイトを結び付けるような音楽性を発揮するRaiders Of The Lost Arpによるもの。"Dove Sei (Raiders Of The Lost Arp Remix)"は原曲よりも隙間を埋めるように細かいパーカッションやギターのリフが加えられ、ディスコの成分を残しつつもよりファンキーな方向を推し進め、更にはコズミックなシンセや優美なエレピのソロも入ってくると途端に古き良き時代のディスコ感が戻ってくる原点回帰なりミックスか。一方で"Dove Sei (SIRS Cut)"は原曲の雰囲気に沿ったニューディスコで、幾分かビート感が平たく均されてスムースな4つ打ちになり、そしてビートレスなブレイクも用いてじわじわと盛り上がっていく構成が埋め込まれている。原曲のアナログシンセが豊かに鳴るバージョンは当然として、他のリミックスもファンクなりミニマルの性質を盛り込んでおり、どれもそれぞれ祝祭感溢れる曲として魅力的だ。



Check Lovebirds
| HOUSE13 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Deep'a & Biri - Dominance LP (Black Crow Records:BCLP001)
Deepa & Biri - Dominance LP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2009年頃から活動しているイスラエルのDeep'a & Biriはそれ程知名度が高いわけではないかもしれないが、しかし例えば特にデトロイト・テクノに興味のある人にとっては、その存在は記憶に植え付けられているかもしれない。過去にはAril Brikhaとのスプリット盤を制作し、2016年にはDerrick MayのTransmatからも作品をリリースしている事からも分かる通り、その音楽性は確かにデトロイト・テクノと親和性がある。とは言っても単に模倣ではなく、その叙情性を引き継ぎながらもよりミニマルな機能性やダブの深い音響、催眠的なメロディーなどを盛り込んでいて、デトロイト・テクノに影響を受けながらもヨーロッパ方面の音楽性として推し進めている。さて、本作は彼らにとってはアナログ媒体としては初のアルバムになり、そして自身のBlack Crow Recordsからのリリースなのだから、きっと大きな自信があるに違いない。アルバムと言うボリュームを活かして彼らの魅力をふんだんに体感出来る内容になっており、これこそが真のデビューアルバムと呼んでも差し支えないだろう。オープニングはこれから始まるであろう壮大な世界を予見させる"Theories Of Lonliness"、ビートレスな作風ながらも深いダブの音響と叙情的なシンセのレイヤーによって、ディープの極みへと誘いの手を差し伸べる。続く"Voltage"からは完全にフロア向けの機能的なグルーヴが走り出し、低音の効いたひんやりとした4つ打ちに深くも官能的ですらある残響を控え目に盛り込み、大きな展開で振らす事をせずに催眠的なループで一点に収束させるように意識を集中させる。"Alpha Cephei"も抑制された4つ打ちと仄かな残響を用いてはいるが、コズミックに展開する上モノがデトロイト・テクノの情緒的な世界観と共通しており、重力から解放されたような浮遊感もあって心地好い。中盤の"Avicenna"や"Alkalinaty"は完全にフロアでの機能性重視なミニマルなループと淡々とした4つ打ちで持続性を打ち出していて、硬質で金属的なパーカッションやひんやりとした電子音の響きが荒廃した世界を浮かび上がらせる。よりダビーな電子音の残響が強い"Ecole De Nancy"は奥深く暗い空間演出があり、一方で疾走感あるグルーヴに繊細で宝石が煌めくような電子音のメロディーで装飾した"Flow Diverter"はデトロイト・テクノのエモーショナル性をよりモダンに洗練したようで、曲毎に機能性と叙情性を振り分けながらもどれも冷たい音質と深い残響が特徴だ。Deep'a & Biriのファンにとっては期待に応えてくれたアルバムであり、そしてまだ彼らを知らない人にとってはこれが彼らの代表作となるべき一枚にはなるであろうし、デトロイト・テクノ好きは当然としてダブ・テクノやベルリンの硬質なテクノが好きな人にもお勧めしたい。



Check Deep'a & Biri
| TECHNO13 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Randolph - In The Company Of Others (Mahogani Music:M.M-39)
Randolph - In The Company Of Others
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

普段だったら素晴らしい音楽であればアナログ盤をお勧めする私も、本作についてはデータ配信で購入を是が非でもお勧めするアルバム(現在は配信は停止済み)。2017年にMahogani Musicからリリースされたアルバムは、デトロイトのボーカリストでありベーシストでありプロデューサーでもあるPaul Randolphによる7年ぶりのアルバムだ。とは言いながらもリミックスなり過去の他アーティストとの共作を含んでいたりと、そしてアナログでは8曲のところ配信では28曲収録だったりで大幅に内容が異なっていたりと、いまいち立ち位置の分かり辛い構成ではあるが質に関しては文句は付けようがない。単なるハウス・ミュージックのアーティストではなく、ソウルやR&Bにジャズやファンクなどブラック・ミュージックと言う大きな観点で語られるべき音楽性で、だからこそアルバムもそんな多様な要素が散りばめられている。現在では配信は行っていないのでアナログに収録された曲について言及するが、初っ端の"Heavy (Richard Dorfmeister Rmx)"からして甘いメロウなボーカルとしっとり湿り気を帯びて生っぽい質感を活かしたR&B調のリミックスで、誘惑するような官能に引き込まれる。本アルバムの先行EPに収録された曲のリミックスである"Not Gonna Let (Rodney Hunter Rmx)"は、紫煙が揺らぐスモーキーな原曲よりもはっきりとざっくりしたヒップ・ホップ調のビートを強調しているが、元からあった妖艶なエレガンスの雰囲気は壊さずにリズミカルに仕立て上げている。自身がボーカルで参加した"Don't Take It Personal"は正確にはWahooによる曲だが、この胸を締め付けるような熱く感情性豊かなアーバン・ソウルでは、Randolphのシンガーとしての面も光っている。Dial 81による"Luminous Stasis"でもRandolphは歌を披露しているが、エレクトロ調のざらついたロービートのトラックに合わせ、艶っぽくも渋いボーカルでミステリアスなムードを引き立てている。そして原曲はP-Funk風にベースラインがうねりコズミックなシンセが弾ける曲も、"Shake House (Opolopo Mix)"では洗練されたハウス・グルーヴへと塗り替えられる事で、メロウでソウルな大人びた感性が強調されている。アナログだと僅か8曲のみ収録ではあるが、それでもRandolphのブラック・ミュージックを元にした豊潤なソウルは十分に感じられるだろう。尚、配信ではKez YMやKuniyuki、Charles WebsterやDez Andresのリミックスに未発表曲も収録されているので、間違いなく配信の方がお勧めなだけにリリースを停止したのが残念である。



Check Randolph
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Seb Wildblood - The One With The Remixes (Omena:OMR001)
Seb Wildblood - The One With The Remixes
Amazonで詳しく見る(MP3)

Seb Wildbloodなるアーティストについて特に存じていたわけではないが、アルバム『:~^』からのリミックス企画となる本作には注目すべきアーティストがリミックスを提供しており、十分な話題性を持っている。バレアリック・ハウスの新世代として注目を集めるTelephonesやD.K.、You're Meの一人であるYu Su、話題のStudio Barnhusを主宰するKornel Kovacsと、それぞれ異なる音楽方向を向きながらも皆が個性を持ち確かな実力を持っているのだから、当然リミックス企画としても期待しないわけにはいかない。何はともあれ11分にも及ぶ大作の"Wet Plants (Telephones Remix)"がお世辞抜きに素晴らしいバレアリック・ハウスで、ポコポコとした抜けのよいパーカッションと跳ねるようなキックの4つ打ちのハウス・グルーヴは意外にもタフだが、そこに澄んだように透明でメロウなシンセがレイヤーとなって覆い尽くしていくドリーミーな世界は南国の新緑が茂り水飛沫が弾けるエキゾチックかつトロピカルなムードで、フロア受けする事間違いなしのリミックスだ。対してブロークン・ビーツ寄りに崩れたビートとローファイな音質の"The One With The Emoticon (Yu Su Remix)"は、その無駄が無く骨が浮かび上がったリズム感に物哀しげに望郷の念が込められたような切ないメロディーでダウナーにさせる音楽性で、確かにYu Suの淡くメロウな音の鳴りをしている。"Wet Summer (Kornel Kovacs Remix)"も同様にメロウではあるが、更にローファイ寄りで音の隙間はありながらも硬いブレイク・ビーツでリズミカルに躍動しつつ、牧歌的で淡くほのぼのした音使いが昼下がりのうたた寝を誘う。そして神々しいボイスも用いて幻想的かつ神秘のニューエイジ風に仕上げた"Interlude (DK Remix)"は、オーガニックで温かい響きを活かしながらドリーミーな旋律ともやもやとした音響でぼかして、トロトロ甘い夢の世界へ誘うようだ。おおよそどのリミックスも大雑把に括ればバレアリックな方向性があり快適性は抜群だが、それでもダンスからリスニングまで明確に各々の個性を打ち出して、十分に手腕が発揮されたリミックス集で素晴らしい。



Check Seb Wildblood
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |