CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Luke Slater's 7th Plain - The 4 Cornered Room (General Production Recordings:GPRCD03)
Luke Slater's 7th Plain-The 4 Cornered Room
Amazonで詳しく見る

正直この再発はまじで驚いた。これはテクノ聴いてる人でも持ってる人は相当少ないんじゃないかと…そしてその内容はみんなの予想以上に素晴らしいものなのです。Luke Slaterと言えばPlanetary Assault Systems名義での骨太なハードテクノが有名で、DJテクも相当のものでUKを代表する素晴らしいテクノアーティストであります。そんな彼が初期の頃にGPRから2枚アルバムを出していて、その1枚がコレなのです。GPRと言うとBlack Dogなんかもアルバムを出していたりして、マニアックな人には分かる様な隠れた名レーベルだったみたい。Black Dogがアルバムを出していたと言う事は…、そうこのアルバムも実はデトロイトフォロアーと言うか、インテリジェンステクノと言うか、とってもピュアで綺麗な世界観があります。Planetary Assault Systemsなんかじゃアナログでざらついた図太い音を出しているけど、この名義では本当に美しく切ないです。だからと言ってもちろん彼が作り出す音はヤワな音なんかでは無く、大変緻密に練られしっかりと踊らせる事も忘れてはいません。フロアに対応するハードなダンストラックと、そしてホームでのリスニングトラック、どちらも質の高い物を作れるUKのテクノ番長、Luke Slater。レコ屋の宣伝では無いけれど、デトロイトテクノ好きはマストバイ!!デトロイトテクノにマシーンソウルが存在する様に、Luke Slaterも同じ物を持っている証明です。

試聴

Check "Luke Slater"
| TECHNO2 | 21:57 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Can You Jack? (Chicago Acid And Experimental House 1985-1995) (Soul Jazz Records:SRJ CD111)
Can You Jack? (Chicago Acid And Experimental House 1985-1995)
Amazonで詳しく見る

何度もアシッドハウスのコンピは発売されているにも関わらず、昨今のアシッドリバイバルのせいかまたもやアシッドハウスのコンピレーションが発売。2枚組でかなりお腹一杯にアシッドを堪能する事が出来ます。1985年から10年間のアシッドハウスが収録されていて、その流れを感じる事が出来ると思っていると…アシッドハウスは10年経ってもあまり変化が無いんだねと言った感じです。TB-303のベースラインとTR-808のリズム、この二つの楽器をメインに作られているから変化が無いと言えば当然でしょうか。アシッドハウスはTB-303のビキビキウニョウニョのベースラインによって生まれた物、だからこれが必ず入っている訳であります。音自体は現在とテクノやハウスと比べるとかなりチープだし、こんなの誰でも作れるじゃんとか思ったりもします。実際パクリも多かったらしいし、技術とかなんて余り関係ないのかなと。生まれた時はアイデア一発、その後は全部勢いとかノリでアシッドハウスが大量生産されていたのでしょう。ただ今聴いてもやっぱりこの頃のファンキーさは本物で、現在のアシッドハウスリバイバルに負けてはいません。結局コロンブスの卵と言う事なのか。TB-303に酔いしれましょう。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | |
FUSE!!!!!!!!!!!!!!!!!!
http://kwur.wustl.edu/~bob/mp3/fuse/

デトロイトでのテクノイベント「FUSE」での音源がUPされてます。
しかも高音質!!!
Galaxy 2 Galaxyもあるぞ!!
| TECHNO2 | 22:03 | comments(5) | trackbacks(2) | |
Cristian Vogel - Rescate 137 (NovaMute:NoMu077CD)
Cristian Vogel-Rescate 137
Amazonで詳しく見る

実は今日はUNITでTRESOR関連のイベントがあり、そこにクリボーことCristian Vogelも来日している。クリボーと言えばノーフューチャーと言うアート集団の総帥であり、ノーフューチャーと言う言葉とは裏腹にテクノの未来の鍵を握っている人物でもある。テクノが生まれて早20年以上、その間にもテクノは変容し続け数多くの道を歩み始めた。しかしそれでもやはりスタイルが固定化されつつある今、クリボーの作り出す音楽にはまだ未知の可能性を感じる事が出来る。と言うよりも確実に既成概念をぶち壊す様なクレイジーな音を発している。テクノ?ロック?アシッド?エレクトロ?一体どんな風に例えればいいのだろ?一応4つ打ちのリズムは有るもののぎくしゃくとしたビートに、ノイズとも取れる捻れた機械音が被さり、Autechreの世界観に近い物を感じる。しかしAutechreと一線を画すのはクリボーにはパンクとかファンクとか、もっと肉体性を感じる事が出来る所。僕にとってAutechreはやはり無機質なマシーンミュージックであり、クリボーは人間の生々しいライブ感を感じられるのだ。世の中はAutechreばかり騒いでいるけれど、クリボーもかなりインパクトのある音楽を作っているんだけどな…。まあクラブでがつんと踊れる音楽では無いし、家で気難しく聴く様な音楽だから普通のテクノに飽きたら聴いてみると良いかもしれない。

Check "Cristian Vogel"
| TECHNO2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DJ Yogurt - Makin' Love Again Mix (Upset Recordings:MIXCD001)
DJ Yogurt-Makin' Love Again
UpsetsのメンバーであるDJ Yogurtのメロウでトロトロに溶ける様な夏に向けてのMIXCD。Upsetsは僕も以前にも紹介した様に、快適な睡眠薬と成り得るナチュラルなアンビエントミュージックを作っている地味だけど素晴らしいユニットです。そして今回のMIXCDはそういった快適性も保持しつつ、今度は真夏の男女の距離をぐっと近づける様なムードも持ち合わせています。今日の夕方これをかけながらベッドでゴロゴロしていたら、徐々にまどろみの中に落ちていってしまいました。本当にスロウでメロウで、すぅ〜っと心を楽にしてくれました。ダウンテンポなヴォーカル物がメインにMIXされていて、忙しい都会の生活を忘れさせてくれる様な空気が満ちてきます。Upsetsは都会では無いどこかの島みたいな快楽性を打ち出してきましたが、MIXCDでは普段の生活の中で一時的な快適性を感じる事が出来ます。何気ない日常の中にも心休める時間、空間があるんじゃないかと。そんな事を思い出させてくれます。また何よりもタイトル通り、これは男女の関係を深めるのにも持ってこいの一枚です。濃厚な甘さでは無く適度な甘さと、その場の空気を和ませる優しい音に依って、二人の距離はいつも以上に近くなる事間違いなし。女の子が自分の部屋に遊びに来たらテクノをかけないで、このMIXCDをかければ間違いなしです。後は電気を消してベッドイン…

Cisco、Union、Jet Set、HMVで購入可。

Check "DJ Yogurt"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 22:49 | comments(7) | trackbacks(0) | |