CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Slam - Past Lessons/Future Theories (Distinct'ive Breaks Records :DISNCD65)
Slam-Past Lessons/Future Theories
Amazonで詳しく見る(US盤1)
 Amazonで詳しく見る(US盤2)
UK・グラスゴーのテクノシーンを支え、才能あるアーティストを数多く輩出しているSoma Recordings。そのレーベルの設立者であり中心的ユニットでもあるのが、このSlamです。ハードでアンダーグラウンドな硬派な面を見せつつも、デトロイトテクノからの影響を受けてメロディアスなトラックを量産しています。「Positive Education」等の大ヒット曲も出しながら日本での評価のされ方は不当な程の人気の無さですが、海外での評価は抜群でトラックメイカーのみならずDJとしても超一流です。この5年前に発売された2枚組MIXCDはテクノ、ハウスを分け隔て無く使いグルーヴィーかつタフでファットな傑作となっています。一枚目はハウス色が濃厚で、メロウでムーディーな流れから徐々に音を積み上げていき、終盤では音に厚みが出て来てアッパー目に盛り上げてきます。非常に丁寧なMIXを行っていて、スムースに盛り上がるその手腕にはベテランの円熟味を感じさせます。2枚目はテクノ色が強く出て、これぞいかにもSlamと言ったMIXになっています。メランコリックでアッパーな曲、パーカッシブな曲、洗練されたシャープな曲を展開を作るよりもひたすら気持ち良い状態を保ちつつ、アゲ目に繋いでいます。そしてラスト間際で自身の「Positive Education」からドラマティックに盛り上がる「Jaguar (Mad Mike String Mix)」の瞬間こそ、正に待ちわびた感動のエンディング。余りにも分かりやすい盛り上げ方ながらも、誰しも抗う事の出来ない感動が待ちわびています。Slam未聴の方は是非この機会に体験して頂きたいです。

Check "Slam"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Isolee - Rest (Playhouse:PLAYCD001)
Isolee-Rest
Amazonで詳しく見る

ドイツのジャーマンディープ/ミニマルハウス最先端のPlayhouseですが、その中でも最も注目を浴びていたのがこのIsoleeでしょう。今年のMetamorphoseでもライブ出演し、注目を浴びたかどうか…は定かではありません。とにかくこの廃盤だったアルバムがリイシューされたのだから、欲しかった人は今すぐ買うべしってな訳です。注目はあるんだけど、きっと「Beau Mot Plage」一発屋の印象でか過ぎ。ポムポムとしたリズムトラックに淡々とクールなベースが絡み、耽美でありつつも妖艶な電子音が不気味さを増すエクスペリメンタルかつディープなトラック一曲で注目を浴びたんですよね。アルバム全体も似た様な感じで、鈍く光るシンセ音が多用されつんのめる様な変則リズムで踊れるんだか踊れないんだか。なんだかニューウェーブな鋭く殺伐とした雰囲気を感じて、微妙に生温かくもありつつクール!生楽器を使用した様な音だから温もりを感じるんだろうけど、無味乾燥で能面つらでトラック作ってそうな感じだな。時々ソウルフルなトラックが導入されているのは、何故なんでしょう?同じアーティストが作ったとは思えません(笑)一発屋かもしれないけど、オリジナリティー溢れるサウンドだと思いますよ。

試聴

Check "Isolee"
| TECHNO2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Green Velvet - Walk in Love (Relief Records:RR2025-2)
Green Velvet-Walk in Love
Amazonで詳しく見る

Metamorphoseでも大盛り上がりの奇天烈ライブを見せたGreen Velvetのアルバムが、amazonでも購入出来る様になりました。なんと10月17日現在1300円と破格の値段です!Green Velvet又の名をCajmereは、シカゴハウスの中でも特に変態系サウンドを継承する者として、過去から現在においても高い評価を得ています。元々シカゴハウスなんて常人の聴く様な音ではないものの、Green Velvetはテクノやエレクトロ色を強めてよりハードでよりタフに、そしてシンプルかつイケイケで独特な音を奏でています。アナログシンセ万歳なピコピコなメロディーと、ガチガチの硬いリズムトラックをどこがシカゴハウスなんだと思ったりもしますが、根底にあるのはマッドでファンキーなシカゴグルーヴ。チープなんだか味があるんだかほんと微妙な音で懐古的な郷愁も感じさせつつ、現代版シカゴハウスと言う様な新鮮さもありましてオリジネーターの凄みを撒き散らしています。変態変態なんて言うけれど、しっかりとドスの利いた踊れるダンストラックを量産する辺りやっぱり天然かつ天才なんじゃないかと思ったりもします。痺れるシカゴハウス、お勧めの一枚!



Check "Green Velvet"
| HOUSE2 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
Yukihiro Fukutomi - Equality (File Records:FRCD-126)
Yukihiro Fukutomi-Equality
Amazonで詳しく見る

本日は家でだらだらとした一日を送っていましたが、気楽な一日のBGMに福富幸宏のアルバムを選びました。DJとしても活躍していますが、やはりアーティスト色の強いクロスーオーバーな人です。タイトルは「Equality」、ここでは対等と言うよりも音楽の等価性を表しているとは本人のお言葉。その通りハウス一色ではなく、ジャズやブラジリアン、ラテンも混ぜてバラエティーには富みつつもアルバムの統一性を確立しています。前半はメロウなブロークンビーツにボーカルを入れたトラックが中心で、アコースティックなサウンドには温かみと親近感を覚えます。重過ぎもなく軽過ぎもなく適度なゆったりさが、休みの日にぴったりみたいな。そして後半は前半とは打って変わって、フロア直結の4つ打ちインストハウストラックを連発。あぁ、やっぱり良いね4つ打ちは、素直に気持ち良いです。ファンキーでもあるんだけれどもどちらかと言うと耽美とでも言うのでしょうか、僕的には日本人的なあっさり味のハウスだと感じます(悪い意味ではなくて)。しっかりとバスドラも利いているしソウルフルでもありながら、喉越しすっきりみたいで何度も聴く事に耐えうる楽曲の水準の高さです。個々の曲でずば抜けてこれだって言うよりも、アルバム全体で一纏まりなトータル重視のアルバムですよね。そう言えば全てBPM125で統一されているらしいのですが、楽曲によってスロウに感じたりアッパーに感じたり、トラック構成でグルーヴの感じ方も全く違うんです。やっぱりアーティスト的な視点でアルバム作っているんだなと、実感致しました。

試聴

Check "Yukihiro Fukutomi"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
The Black Dog - Silenced (Dust Science Recordings:dustsnd003)
The Black Dog-Silenced
Amazonで詳しく見る

かつてのインテリジェンステクノ全盛期に於いて栄華を誇ったThe Black Dog。傑作「Bytes」を含むアルバムを数枚を出し確実な人気を得るものの、その後メンバーは分裂しThe Black Dogを抜けた二人の方がPlaidとして現在活躍しています。でKen Downie一人となったThe Black Dog本体はその後、いまいち精彩を欠いていたのですが、ここにきて自身のレーベルを設立し以前よりも更にミステリアスになって帰還しました。かつてはデトロイトテクノとトリップホップを足して2で割った様なリズム感溢れるサウンドだったのですが、今作は完全にオリジナリティー溢れる深淵なる瞑想の世界に変化していました。元々派手な作風でも無かったのですが、今までの中で一番ダウナーでそれ程リズム感を強調はしていません。しかしイマジネーションを刺激する様な神秘的な電子音、深層心理まで深く溶け込んでくる濃密な妖気は今までとは段違いです。曲名から推測するに神話を元にしたコンセプトアルバムなのかしらと思いましたが、確かに神話に迷い込んだ様なミステリアスな構成となっています。アンビエントと言うには快楽だけの音楽では無いし、むしろ厳かで宗教的な観念に満ちていますね。インテリジェンステクノ第一人者の復活に、ただただ感動しました。

試聴

Check "The Black Dog"
| TECHNO2 | 22:00 | comments(3) | trackbacks(1) | |