Miguel Migs - 24th Street Sounds - Nite:Life 020 (NRK Sound Division:NRKMX020)
Miguel Migs-24th Street Sounds
Amazonで詳しく見る

以前にもNite:Lifeシリーズに登場したミゲールが再度登場。もうこのシリーズには著名なDJが数多く参戦してきて既に定番化しているけれど、2度登場するのはミゲールが初めてです。余程前回のMIXCDの受けが良かったのでしょうか。ディープと言うにはそこまで深い訳でも無く、エロティックでもないし、かといってアッパーでも無いこのMIXCD。別に何か特別な物を感じるわけじゃあ無いんだけど、彼のMIXはただひたすら気持ち良い。スムースなMIXで余り雰囲気を変えずに淡々と同じ世界観が続いていく。ドラムが延々とドスドスと丁度良い大きさで響くのも良いし、程よいBPMで適度なゆったり感だし、ジャジーな雰囲気で統一されているのも気持ち良い。大人の為にハウスと言うのがあるのなら、正にこれがそうだと言い切れるミッドナイトハウス。もちろん若い人が聴いても問題はございませんよ、ええ。「Miguel Migs - nite:life 03」とそんなに大差は無いと思うけど、どっちも良いです。ついでに彼のEPを集めたCDも一緒に付いてくるので、お買い得感満載。

試聴

Check "Miguel Migs"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE1 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ian O'Brien - A History Of Things To Come (Peacefrog:PFG009CD)
Ian O'Brien-A History Of Things To Come
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
かつてはデトロイトフォロアーとして、Mad Mike病を公言していたIan O'Brien。それはそれで質も高いし良かったと思うけど、オリジナリティーが有ったかと言うと少々疑問。しかしそんな彼も作品を出す毎にデトロイトをゆったりと離れ、今ではデトロイトを通過したフューチャージャズを代表するアーティストと成っている。特にこの3rdアルバムは彼のジャズやフュージョンへの愛を深く示した壮大な作品だ。今まではテクノ的影響が大きかったが今作は生楽器を大胆に導入し、4つ打ちを排し複雑なビートが絡み合う。特にパーカッションが多様され、非常にリズミカルなトラックを作り出している。僕は4つ打ちが好きだけど、このブロークンビーツには何故か惹かれるものがある。きっとここには宇宙を超えたものを僕は感じている。かつてMad Mikeが「Galaxy 2 Galaxy」で銀河を横断したように、方法は違えどIan O'brienも同じ世界観を演出するなんて誰が思えただろうか。宇宙(そら)を見上げてごらん、そこには幾つもの星や惑星が輝いている。そしてIan O'Brienは銀河を超えて、未来へと進んでいく。そしてそこにはUK版「Hi-Tech Jazz」が待っている。これはアルバム一枚を通してストーリー性のある神秘的「Hi-Tech Jazz」なのだ。ラストには予想だにしなかった感動が貴方を待ちわびているだろう。

More Fusion, More Jazz, More Cosmic!

Check "Ian O'Brien"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Rays - Moonflowers (Horizon:HRZN-010)
Rays-Moonflowers
Amazonで詳しく見る

2004年1月2日、思い出の新宿Liquidroomはクローズした。ラストは「The Last Dance」と言うイベントだったのだが、その時の為に作られた曲が「Rays-The Last Dance」だった。このプロジェクトは今なお歩みを止めず、第2弾「Rays-MoonFlowers」を発表した。まずオリジナルは、哀愁あるPOPなソウルフルボーカルハウス。テック系な仕上がりなのでテクノ、ハウス両方でいけると思います。透明感のあるトラックに、エフェクトのかかったボーカル、単純にこれはカッコイイよ。そしてリミキサーにはKAITO a.k.a Hiroshi WatanabeやHousedust Sound System a.k.a DJ Shufflemaster等が参加。KAITOのリミックスは、やはりKAITOっぽい。この人がリミックスすると絶対KAITOって分かる音になります。静寂の中煌めくようなシンセが美しい。オリジナル以上にメランコリックで相変わらず良い作品を作りますね。で面白かったのが、Housedust Sound System。ブレイクビーツで始まって、中盤カオティックで渦を巻き、終盤は4つ打ちに成ると言う変遷が激しいトラック。最近はこの人はハードミニマルの人と言う認識ではなく、プログレ、アバンギャルド臭が漂っています。これからどんな作品を作って行くのか、興味がありますね。

さてRaysは今後はアルバムを出す予定もあるらしいけど、このシングルと「The Last Dance」では明らかに曲調が違うし幾人かのプロジェクトだと思われます。やはりリキッドルームに縁のある人なのでしょうか?

Who is Rays?

試聴
| HOUSE1 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(1) | |
Chateau Flight - Puzzle (Versatile:VERCD004)
Chateau Flight-Puzzle
Amazonで詳しく見る
フランスのハウスシーンと言えばやっぱりDaft Punkなんだろうけど、僕はI:CubeとDJ Gilb'Rから成るChateau Flightが一押しです。Chateau Flightと言えば近年の「Cosmic Race」が大ヒットしたので、耳にしている人も多いんではないかと思います。まあハウスだからと言ってNY系を想像してもらうと全く違うのですが。むしろデトロイトやジャズからの影響が大きくて、ブロークンビーツが中心ですね。キラキラした感じはデトロイトからの影響を感じるし、フレンチユニットらしくお洒落と言うか洗練されています。生っぽい楽曲を生かしてリズミカルなジャズテイストなんだけど、余り音は一杯詰め込んだりしていないので非常にすっきりしています。と思いきや中にはエレクトリックで神秘的な曲もあったり。こうゆうのを聴くと自分がハイソになった気分がしてくるのは、思い込みでしょうか。まあフレンチハウスだしお洒落である事は間違いない…かな?Ian O'Brienの「A History of Things to Come」なんかが好きな人には合いそうですね。

試聴

Check "Chateau Flight"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Ananda Project - Relight (AVEX INC:CTCR-14392)
Ananda Project-Relight
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
鬱の時期が終わったのでたまにはスウィートでハートフルな一枚でも紹介しよう。ハウスでは市民権を既に得た感もあるAnanda Projectのリミックスアルバム「Relight」。これは2NDオリジナルアルバム「Morning Light」を自らリミックスを行い、新曲を追加、そしてDJ SPINNA等のリミックスを追加したものである。オリジナルはダンスと言うよりはベッドルームを意識した大人しめの作品だったが、ここではフロアを意識したリミックスを施されて僕はむしろオリジナルより好きだったりする。ビートを強調して踊りやすくなったのだが、しかし逆にメロディーの良さも際立っている。踊らせるだけならビート主体でも良いのだろうけど、Ananda Projectは誰にでも受けいられるメロディーが基礎にあるのでどんな風に調理をしてもイケルのでしょう。官能的、セクシー(エロティックでは無い)なディープハウス。なのに上品な雰囲気も損なわず、若い人だけでなく年配のハウサーにも聴いて欲しいなと思う。寒い冬になってきたのでカップルで聴いて暖まってください。US盤は更に色々なリミックスを収録したボーナスディスク付きです。

試聴

Check "Ananda Project"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 19:33 | comments(6) | trackbacks(2) | |